Amazonの出店料は?基本料金と販売手数料のほかFBA料金も解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
Amazon出店の手数料について知りたい(わからない)
という方のために、Amazon出店の際の基本料金と販売手数料、またFBAを利用した際の費用について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Amazonに出店する際の基本的な料金がわかる
  2. FBAを利用した際の費用がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Amazon出店の手数料について解説していきます。

 

現在ではさまざまなネットショップサービスがありますが、

出店する際の手数料などはそれぞれ異なります。

Amazonでの出店を検討しているなら、

出品する際にどれくらいの費用がかかるのか把握しておきたいものです。

Amazonの出店料金の仕組み

Amazonは買い物をするだけでなく、マーケットプレイスで商品販売ができます。

その際には出店料が必要です。

Amazonマーケットプレイスを利用して出店する場合、大口出品と小口出品があり、

どちらを選ぶかで利用料が変わります。

また、AmazonにはFBA(フルフィルメント by Amazon)というサービスがあり、

こちらを利用する場合は別途利用料などがかかります。

Amazonに出店する際の基本料金

Amazonに出店するには、どの程度の費用が必要なのでしょうか。

大口出品の場合、小口出品の場合、それぞれの基本料金とメリットについて解説します。

大口出品

大口出品の場合、月額登録料が4,900円(税抜)と、

商品が売れた際に必要な販売手数料がかかります。

小口出品では月額手数料がかかりませんが、1点ごとの注文にかかる基本成約料はかかります。

基本的に大口出品は、取り扱う商品点数が多い場合におすすめのプランです。

数多くの商品をまとめて出品登録ができたり、

データ分析レポートを利用したりすることもできます。

Amazonのカタログにない新規の商品を販売できるのも、大口出品のみです。

大口出品ならオリジナル商品を販売し、売上を伸ばすこともできるでしょう。

また、Amazonの売上を左右するカートを獲得できるのも、大口出品です。

登録料はかかりますが、Amazonで売上を伸ばすには大口出品がおすすめです。

小口出品

小口出品は月額登録料が無料です。

ただし、注文1点ごとに100円の基本成約料と売れた際に必要な販売手数料がかかります。

小口出品は商品点数が少ない出品者におすすめのプランです。

売れなければ手数料もかからないので、

ネットショップで販売するのが初めてで売れるかどうかわからない、

ネットショップを経験してみたい、という人に向いているでしょう。

大口出品プランのように、オリジナル商品など新規の商品を販売できない、

大量の商品をまとめて登録できるなどの機能が利用できないといったデメリットはありますが、

それを必要としなければデメリットにはなりません。

すでにAmazonで販売されている商品に相乗りをすれば、

商品ページを作成する手間も省けて手軽に出品できます。

Amazonの販売手数料

Amazonでは商品が売れた際に手数料かかります。

これが販売手数料です。

販売手数料は大口出品でも小口出品でも同じで、商品カテゴリによって細かく分かれています。

商品カテゴリー別販売手数料

販売手数料は8%~45%まであり、商品カテゴリー別に分かれています。

主なものを挙げてみましょう。

8%の販売手数料には、エレクトロニクス(AV機器&携帯電話)、

パソコン・周辺機器、カメラ、大型家電あります。

10%は、楽器、スポーツ&アウトドア、車やバイク用品、おもちゃやホビー関連など。

15%は本やCD・レコード、DVD、ビデオ、TVゲーム、PCソフト、DIY・工具、

産業・研究開発用品などです。

20%のものは美容コスメなどの一部、45%の販売手数料がかかるのは、

Amazonデバイス用のアクセサリです。

また、ペット用品やドラッグストア、ビューティのように、

1商品あたりの売上の合計が1,500円以下の場合は8%、

1,500円を超える場合は15%など、売上合計によって販売手数料が異なるものがあります。

カテゴリー成約料

カテゴリー成約料は商品が売れる際に発生する費用ですが、

カテゴリー成約料がかかるのは次のような、一部の商品だけです。

• 本
• DVD
• CD・レコード
• PCソフト&コンピューターゲーム/TVゲーム
• TVゲーム機本体
• TVゲームアクセサリ

以上のカテゴリーのカテゴリー成約料は、商品1点あたり1.80ドルです。

FBAを利用する際にかかる費用

FBAは在庫の保管や管理、配送、返品処理やクレーム対応などを行ってくれるサービスで、

特に大量の商品を配送する際には便利なサービスです。

FBAは大口出品だけでなく、小口出品でも利用可能です。

FBAを利用する際にかかる費用について解説します。

配送代行手数料

配送代行手数料は、商品のサイズと重さによって、商品1点ごとにかかります。

サイズ区分は、小型サイズ、標準サイズ、大型サイズ、特大型サイズに分かれています。

小型サイズの場合は、250g以下で290円、標準サイズは1kg以下~9kg以下までで381円~603円。

大型サイズは2kg以下~40kg以下で589円~1,756円、

特大サイズは50kg以下で寸法により2,755円~5,625円です。

在庫保管手数料

在庫保管手数料は、FBAに商品を保管する際にかかる費用です。

商品サイズ、日数(日割り)の料金が月単位で発生します。

こちらの手数料は、毎月7日~15日に前月分の手数料が計算され、次の決済時に請求されます。

手数料は期間によっても変わるので注意しましょう。

商品が売れずに長期間保管すれば、その分費用がかかるので注意が必要です。

在庫返送・所有権放棄にかかる手数料

FBAの倉庫にある商品が破損してしまい販売できなくなった際、

出品者に返送するか、もしくは破棄しなければなりません。

返送・所有権の放棄手数料は、その際にかかる費用です。

商品1点あたり、小型・標準サイズは1,000gまでは30円~60円、

1001gを超えると商品1点あたり100円と1,000gを超えた分の1,000gにつき4円が掛かります。

大型・特大型サイズでは5,000gまで80円~200円、5,001g~を超えると商品1点あたり350円と

5,000gを超えた分の1,000gにつき40円が掛かります。

販売できなくなった商品をそのまま保管していると保管手数料がかかるので、

早めに返送か所有権の放棄をしましょう。

長期保管手数料

FBAでは毎月1回・15日に、在庫一掃チェックを実施します。

その際に、365日を超えて保管されている商品には、長期保管手数料がかかります。

手数料は、10cm✕10cm✕10cmあたり17.773円です。

なお、メディア商品に関しては、商品1点あたり10円の手数料がかかるので注意しましょう。

預けている商品が対象になるかどうかは、返送推奨レポートと在庫健全性管理から確認可能です。

気になる場合は、チェックしておいてください。

商品ラベル貼付サービス料金

FBAラベル貼付サービス料は、商品にラベルを貼付してくれるサービスの料金です。

通常、出品者が自分で商品にラベルを貼って納品しますが、FBAラベル貼付サービスに登録すれば、

FBAで代行してくれます。

ラベル貼りは数が多いと時間も手間もかかるものなので、

時間のない人にとっては便利なサービスといえます。

料金は次の通りです。

• 小型サイズ(25✕18✕2cm以下、250g以下):20円
• 標準サイズ(45✕35✕20cm以下、250g以上9kg以下):20円
• 大型サイズ(45✕35✕20cmを一辺でも超えた場合、9kg超):51円

梱包準備サービス料金

FBA梱包準備サービス手数料は、商品の梱包をFBAに依頼した場合にかかる料金です。

袋入れやテープ貼り、エアキャップ(商品ラベル貼付サービス込)があります。

1点あたり、袋入れが25円~92円、テープ貼りが20円~51円、エアキャップが51円~143円です。

また、商品によって費用がかかります。

割れ物やガラスにはエアキャップ、液体にはビニール袋などが必要で、費用は25円~143円です。

破損しやすい商品は、FBAに発送する際にも緩衝材などを入れて、

破損対策をするようにしましょう。

納品不備受領作業料金

FBAに納品した商品に不備があった場合、不備を修正する際にかかる作業料金です。

ラベルの貼付不備やエラーの場合は軽いもので51円、重大なものは81円かかります。

必要な商品にビニール袋やエアキャップなどがない場合は、92円~122円の費用がかかります。

また、テープでの梱包が必要な場合は51円~81円です。

FBAには商品の破損を防ぐ、FBAでの作業をスムーズにするなどの目的により、

納品する際には細かいルールを決めているのです。

それらが守られていない場合、FBAで作業をしなければなりません。

費用は商品ごとにかかるので、納品する際はルールをきちんと確認し、

不備のないように行いましょう。

費用がかかってもメリットの多いFBA

FBAを利用すれば、配送代行手数料をはじめ保管料や在庫処理などに手数料がかかります。

また納品時に不備があれば、作業料を請求されることもあります。

それでも、FBAの利用はAmazon出品者にとってメリットが多いものです。

どのようなメリットがあるのか、把握しておきましょう。

保管や出荷、配送などの作業が減る

FBAの大きなメリットの一つが、販売した後の作業の負担が大きく減ることです。

FBAでは、注文処理、出荷、配送、返品などを行ってくれます。

そのため、出品者は画面で操作をするだけで済むのです。

商品が売れればうれしいですが、その後に待っているのは商品の梱包・発送です。

商品は破損しないよう、1つずつていねいに梱包しなければなりません。

数が多ければ時間がかかり、焦って梱包すれば乱雑になってしまうこともあるでしょう。

それでは、購入者に低い評価をつけられてしまう可能性もあります。

FBAを利用すれば、そのような失敗をしなくてすむでしょう。

費用はかかりますが、ラベル貼りサービスなどもあります。

さらに購入者からの問い合わせの対応や、返品の対応もしてくれるのもメリットです。

24時間365日稼働なので迅速な対応が可能

FBAは24時間365日稼働しているので、注文から出荷までの時間が短く、

購入者の手元に早く到着します。

注文した購入者は少しでも早く商品が欲しいものです。

しかし出品者が発送するとなれば、毎日作業ができるとは限らず、

すぐの配送はできないこともあるでしょう。

早く届くほど購入者からはよい評価がつきやすいため、

FBAを利用することで高評価になりやすいです。

カート獲得率がアップしやすい

カート獲得の条件には、スピーディな配送サービス、という点があると言われています。

FBAを導入した商品には、Amazonプライム会員に対してPrimeマークがつき、

お急ぎ便やお届け日時指定便などを無料で利用できることになっています。

注文した商品がすぐに届けば、購入者にとってうれしいことです。

そして、そのような出品者はカート獲得率が高まりやすいのです。

Amazonでは、カートを獲得しないと売上を伸ばすのは難しいもの。

カートの獲得を目指すなら、FBAを利用するのがおすすめです。

FBA小型軽量プログラムが利用でき手数料が安くなる

FBA小型軽量プログラムでは、サイズが小さく軽い、

販売価格が安い商品は手数料が安くなります

もちろん、Primeマークもつきます。

最低納品数は24点、独自の梱包ルールなど注意点はありますが、

代行手数料が安くなるのはメリットです。

Amazonの手数料を把握して適切なコスト管理をしよう

Amazonへの出店料は、大口出品か小口出品かによって異なります。

また、どちらのプランでも販売手数料がかかるのを忘れないようにしましょう。

販売手数料はカテゴリー別になっているので、注意が必要です。

また、FBAのメリットを把握すると同時に、手数料や保管料などを計算して利用しましょう。

Amazon出店で利益を出すには手数料をしっかり把握し、適切なコスト管理をすることが必要です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。