Amazonで副業をするメリットと進め方とは?失敗しないコツも解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
Amazonの副業について知りたい(わからない)
という方のために、Amazonで副業をするメリットや注意点、副業の進め方、失敗しないコツについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Amazonでの副業のメリットとデメリットがわかる
  2. Amazonでの副業のやり方がわかる
  3. Amazonでの副業で失敗しないコツがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Amazonの副業について解説していきます。

 

Amazonでの副業は簡単で稼ぎやすい、と聞くことも多いでしょう。

集客力もあり、手軽に出品できるAmazonは、

副業ビジネスとして選ばれることも少なくありません。

Amazonの副業に興味があれば、メリットや進め方について知っておきたいところです。

Amazonで副業をするメリット

副業ビジネスとして、ネットを使い商品を販売するせどりを選ぶ人は多いものです。

その際、どのプラットフォームを利用するかで、売上や作業が変わってきます。

Amazonで副業をしている人は多くいます。

では、Amazonでの副業は、どのようなメリットがあるのでしょう。

集客力がある

Amazonで副業をする大きなメリットは、集客力があることです。

ネット販売は集客力が重要です。

多くの人に商品を見てもらわなければ、販売することができません。

もし個人でネットショップを起ち上げても、サイトを見つけてもらうことさえ難しいでしょう。

しかし、Amazonに出店すればそのようなことはありませんし、自ら広告を出す必要もないのです。

多くの人はネットで買い物をしたいと思う際に、Amazonを見ます。

また商品の検索をすれば、Amazonは上位に検索されやすいです。

Googleなどで上位に表示されれば、商品ページへのアクセスも増えるでしょう。

相乗りなど手軽に出品できる

Amazonは、非常に手軽に出品できるプラットフォームです。

ネットショップサービスを利用すれば、

テンプレートなどを利用して簡単にネット販売ができますが、

基本的な構築やデザインが必要です。

Amazonには相乗りという方法があり、

商品ページを一から作成することなく、出品できます。

もちろん、Webサイト制作やHTMLなどの知識もスキルも必要ありません。

出品者は、商品に関する必要事項を入力するだけで出品できてしまいます。

時間や手間がかからないのは、副業としては便利で仕事しやすいといえるのです。

FBAがあり出荷や配送作業の効率化が図れる

ネットショップを副業にする際、商品が売れた後の配送作業に苦労をすることも多いですが、

AmazonにはFBA(フルフィルメント by Amazon)があるので心配ありません。

FBAは注文処理から発送、商品の保管、返品対応などを行ってくれるので、

配送作業の負担がなくなります

FBAへの納品は必要ですが、

売れたタイミングで商品を1個ずつ梱包し慌てて発送する必要がありません。

在庫を家に置いておく必要もないので、部屋が狭くなることもないのです。

特別な資格やスキルがなくてもできる

Amazonへの出品は、特別な資格やスキルは必要ありません

先に述べたように、商品ページを一から作成する必要がないので、

デザインスキルやコーディング、

サイト構築などの知識やスキルがなくてもネット販売ができます。

より売上をアップさせるためのSEO対策などは必要ですが、

サイトの利便性を高めるために勉強したり、オリジナル性を追求したりする必要もありません。

Amazonで副業をしたいと思ったら、

アカウントを作成し販売する商品を登録すれば、すぐにでも出品できるでしょう。

専門学校に通ったり、通信教育で勉強したりしなくても、副業ビジネスができます。

作業効率をアップするFBAとは?

副業は基本的に本業の合間に行うことが多く、

手間や時間をたくさんかけられる人は多くはないでしょう。

ネットショップでの販売はネットに商品を出品するだけでなく、

売れた後には商品を梱包して発送したり、返品があれば処理をしたりしなければなりません。

そういった作業負担を軽減してくれるのがFBAなのです。

FBAとは?

FBA(フルフィルメント by Amazon)は、

出品手続きをした商品をAmazonの専用倉庫に送っておき、

保管・売れた際の発送をしてくれるサービスです。

さらに、問い合わせの対応や返品対応もしてくれますし、

有料にはなりますが、依頼をすれば梱包もしてくれます。

保管できる商品には制限があり、

保管しにくいもの(時間が経つと素材や色が変化してしまうなど)もありますが、

いろいろな商品を扱ってもらえて便利です。

基本的には代行手数料と保管料金などがかかります。

FBAのメリット

大きなメリットは、売れたタイミングですぐに発送してもらえることです。

24時間365日稼働しているので、迅速に配送をしてくれるため、

購入者からの評価が高くなりやすいです。

発送作業はネット販売において負担が大きく、

個数が増えれば一つひとつていねいに梱包するだけでも時間がかかります。

しかも、それを売れたタイミングで迅速に行わなければなりません。

FBAなら、すでに保管してある商品をピッキングし、スピーディーに配送してくれます。

FBAのデメリット

デメリットとしては料金がかかることです。

おもに配送代行手数料と在庫保管手数料がかかり、

商品が売れずに長期に保管すれば、長期保管手数料もかかります。

利益を出すには、FBAにかかる費用を踏まえた価格設定が必要になり、

商品価格が上がってしまう可能性があります。

価格が上がると、Amazonでは売れにくくなるリスクも生じるでしょう。

また、FBAへの納品が慣れるまでは手間に感じることがあるかもしれません。

納品する際には細かいルールがあり、それらを守らないと受け取り拒否をされてしまいます。

覚えるまでは、手間や時間がかかるかもしれないことを、頭に入れておいてください。

Amazonで副業をするデメリット

集客力がありFBA等の作業効率を高めてくれるサービスもあるなど、

メリットの多いAmazonでの副業ですが、デメリットもあります。

Amazonで副業をするデメリットを把握しておきましょう。

手数料がかかる

デメリットとしておさえておきたいのは、Amazonへの出品には手数料がかかることです。

この手数料を計算しておかないと、赤字になってしまうこともあります。

Amazonでは次のような手数料がかかります。

• 大口出品:月額登録料が4,900円+販売手数料
• 小口出品:基本成約料100円+販売手数料

販売手数料は商品が売れた場合に支払う手数料です。

商品カテゴリー別で8%~45%で設定されています。

また、本やCD、DVD、VHSビデオといったメディア商品は、カテゴリー成約料がかかります。

さらにFBAを利用する際には、配送代行手数料と在庫保管手数料がかかります。

在庫リスクがある

仕入れた商品が売れればよいのですが、売れない場合は在庫を抱えることになります。

在庫があるということは、その分の利益が出ないということです。

FBAに在庫を保管しておけば費用がかさみます。

かといって家に置いておけば、居住スペースが狭くなるでしょう。

商品によっては時間の経過とともに素材が変化したり、劣化したりするものもあります。

また、タイミングを逃せば売れない商品も出てくるでしょう。

仕入れの際は、在庫リスクを考えた仕入れの仕方が必要です。

価格競争になりやすい

Amazonで副業をする大きなデメリットとしては、価格競争になりやすいことです。

Amazonでは相乗り出品といって、1つの商品に複数の出品者がいます。

その中で売るには、ほとんど価格で勝負するしかありません。

ネットショップによっては、ショップのオリジナル性を出して販売するケースもありますが、

Amazonは商品と価格で勝負します。

少しでも安い方が売れやすいため、他の出品者が価格を下げたら自分も下げる、

という競争になってしまいがちです。

結果、売れても利益が少しになってしまう、場合によっては赤字になってしまう可能性もあります。

取り扱う商品によっては資金が必要

取り扱う商品によっては、資金を準備する必要があります。

単価の低い商品を販売すれば、売れなくても損害を安くおさええられますが、

売れても利益が少ないでしょう。

薄利多売を繰り返していると、副業をしているメリットがあまり感じられないものです。

作業に見合った利益が得られなければ、面白味もありません。

効率よく利益を上げるには、単価の高いものを販売するのが方法の一つです。

しかし、高額商品の仕入れには資金が必要です。

すぐに売れるとは限らないので、収入が入ってくるまでの資金も用意する必要があるでしょう。

Amazonで副業ビジネスを始める際の準備

Amazonでの副業は、基本的にネット環境があれば始めることができます。

くわえて、Amazonに出品する商品を仕入れるための資金も必要です。

その際にはクレジットカードもあった方がよいでしょう。

Amazonで副業をする際の準備について解説します。

ビジネスを行う環境づくり

まずは、Amazonで副業ビジネスを行う環境を整えましょう

インターネットが接続できる環境が必要です。

接続が悪く、サイトが開かないという問題が起きないよう、ネット回線も確認してください。

スマホやタブレットだけでなく、パソコンもあった方が画面が見やすく、作業がしやすいです。

またFBAを利用する際は、家でラベルを印刷することがあるので、

プリンターがあると便利に使えます。

さらに、副業ビジネス専用のメールアドレスがあった方が安心です。

経費などを計算する際も便利なので、

ビジネス用は別のメールアドレスを用意するとよいでしょう。

出品用アカウント

アマゾンに出品するには、出品用アカウントが必要です。

Amazonの出品方法(大口出品か小口出品か)を決め、出品用アカウントを作成しましょう。

Amazonで買い物をしたことがあればそのアカウントを使用できますが、

ビジネス用のメールアドレスで新規に作成することもできます。

出品用アカウントの作成をする前には、

• 行政機関発行の顔写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポート)
• 銀行もしくはクレジットカード会社から発行された取引明細書
• Amazonアカウント
• 電話番号
• クレジットカード
• Amazonからの売上を受け取る銀行口座

を用意しておきましょう。

クレジットカード

Amazonでは月間登録料などの手数料の支払いは、クレジットカードで行います

売上から相殺されるので、手数料以上の売上があれば支払わずにすむということです。

反対に売上がない場合は、クレジットカードで引き落としがかかります。

普段使用しているクレジットカードでもよいのですが、

経費の計算や利益計算をする際にわかりにくくなるので、

ビジネス用のクレジットカードがあるとよいでしょう。

クレジットカードが用意できない場合は、デビットカードでも大丈夫です。

仕入れ資金

商品を仕入れる資金が必要です。

いくらの商品をどれくらいの数仕入れるかによって、用意する資金は変わりますが、

最初はあまり高額な買い物をしない方がよいでしょう。

いま人気があって売れているとしても、

タイミングがズレてしまうと売れなくなってしまうことがあります。

利益が出なければ、運転資金から送料や梱包に使う材料、通信費などを払わなければなりません。

どれくらい経てば売れるかはわからないものなので、

資金は余裕を持って用意しておいた方が安心です。

古物商許可証

中古品を扱う場合は、古物商許可が必要な場合があります。

古着や中古家電などを扱う場合は、古物商許可証を取っておきましょう。

住民票と身分証明書、申請書類を用意して、警察署を経由して公安委員会に申請します。

ただし、申請には手数料がかかるので注意してください。

個人での申請は難しい場合もあるので、

行政書士などに依頼を検討するのも選択肢の一つです。

もし、違法販売と判断されると罰則を受けなければなりません。

Amazonからはペナルティとしてアカウント停止になる可能性もあるので注意しましょう。

Amazonでの副業ビジネスの進め方

副業ビジネスとして利益を出すには、

商品リサーチや仕入れのコツなどを知っておく必要があります。

Amazonでの副業ビジネスの進め方を解説します。

商品リサーチ

人気ランキングを参考にするのもリサーチ方法の一つですが、

ほかにもさまざまなリサーチ方法があります

一つは、売れている出品者をチェックすることです。

売れている出品者はどのような商品をいくらで販売しているか、

などをチェックしてみましょう。

また、1つの商品に多数の出品者がいる場合があります。

それはすなわち、売れる可能性が高いため、出品者が集まっていると言えます。

相乗りしている数をチェックし、売れそうな商品を見つけましょう。

また、商品ページの下の方に

「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」という部分があります。

ここを見れば、ユーザーの興味の対象がわかります。

商品の仕入れ

商品の仕入れ方法には、インターネットで仕入れる方法と、

店舗に出向いて仕入れる方法があります。

家電量販店やリサイクルショップ、ディスカウントストアなど、

店舗での仕入れは手間も時間もかかりますが、セール品や掘り出し物を見つけることも可能です。

仕入れ先の店舗をチェックしておいて、会社帰りなどに立ち寄ってみるとよいでしょう。

インターネットでの仕入れ先はさまざまですが、海外AmazonやeBay、

また中国から輸入するという方法もあります。

最初は出品して売る、発送する、という流れをつかむことと、

売れるという実感を得るためにも価格が低く売れやすいもの、

回転率のよいものを選ぶとよいでしょう。

出品する商品の登録

出品する商品が決まったら、商品の登録をします。

すでに商品ページがある商品を出品する場合は、

セラーセントラルの「カタログ」もしくは「在庫」から商品登録を選んでください。

JANコードや商品名を入力して販売したい商品を検索し、選択して出品します。

商品登録画面で必要事項を入力し、完了です。

Amazonのカタログにない商品を販売する場合は、

セラーセントラルの「カタログ」→「商品登録」を選び、新規に商品ページを作成していきます。

商品の発送

商品が売れたら、商品を発送します。

商品のサイズや重量によって、配送業者の配送料を比較し、安い配送業者を選びましょう。

商品の梱包はていねいに行うことが大切です。

万が一届いたときに破損していたら、返品やクレームがついてしまう可能性があります。

梱包がしっかりしていなかったことが原因であれば、評価が悪くなってしまうでしょう。

出品者の評価は売上に影響するので、十分に注意が必要です。

FBAを利用している場合は、売れたタイミングで発送してもらえます。

副業ビジネスで失敗しないための注意点

現在では副業をしている会社員も増えています。

しかし、誰もがスムーズに副業をしているとは限りません。

副業ビジネスで失敗しないためには、どのような点に注意すればよいのでしょう。

Amazonのルールを把握し違反をしないようにする

Amazonで副業を続けたいなら、Amazonのルールを把握し、

違反をしないように気をつける必要があります。

どのプラットフォームにもルールがあり、すべてが同じではありません。

Amazonにも出品できない商品や制限があるもの、

許可や申請が必要なものなど、ルールがあります。

また、商標権や知的財産への侵害、商品の出荷遅れ、

出荷前のキャンセルなどもしないようにしましょう。

自分では「大丈夫」と思っていても、実際は違反だったということもあります。

最初にAmazonのルールを一読し、十分に把握しておいてください。

ルール違反をすれば、

内容によってはアカウントの停止や削除といったペナルティが課せられることがあります。

ペナルティを課せられれば副業ビジネスができなくなってしまうので、

細かい点までしっかりチェックして違反をしないようにしましょう。

違法性のある商品の仕入れには注意する

違法性のある商品は仕入れないようにしましょう。

特に注意したいのがブランド品です。

安い価格でブランド品が販売されていることがありますが、

それが本物かどうかは判断が難しいものです。

ブランドのコピー商品を売るのは違法となります。

本物かどうかが判断しにくい商品は、仕入れない方がよいでしょう。

最初から高額商品を取り扱わない

単価が高い高額商品は利益率も高く、効率的に売上を伸ばすことも可能です。

しかし、最初から高額商品を取り扱うのは危険です。

高い商品といっても種類もいろいろで、何が売れるのかを見極めるのは簡単ではありません。

売れる商品の見極めには、経験値も必要です。

売れないと在庫を抱えることになり、利益も上がってきません。

売れないまま時間だけが過ぎていけば、ビジネスの面白さもわからないでしょう。

最初は安い価格で仕入れられるものからスタートし、

経験を増やしながら資金も増やしていくとよいです。

資金が増えたら、無理のない範囲で高額商品に挑戦してみてください。

本業の副業に関する規則を確認

本業の会社の副業に関する規則を確認することを忘れないようにしてください。

近年では副業を許可している会社も増えてきましたが、

まだ副業を禁止している会社も多いものです。

過重労働になれば本業に影響しますし、会社の機密事項の漏洩などのリスクもあることから、

会社では副業を禁止しているケースが少なくありません。

内緒にしていても、どこかでバレてしまう可能性もあります。

就業規則を確認し、もし禁止されているようなら無理をせず慎重に行いましょう。

本業に影響が出てしまうようなら、副業のやり方や比重を変えることも必要です。

何より、副業に夢中になりすぎて体を壊さないよう、

体調管理もしっかり行いながら副業にいそしみましょう。

集客力があり手軽に出品できるAmazonで副業ビジネスを始めよう

Amazonは集客力があり、Web制作の知識やスキルがなくても

手軽に出品できるなどのメリットも多いものです。

扱う商品の量にもよりますが、在宅でできる仕事なので、

本業に影響しないよう無理なく進められるのもメリットです。

そのため副業初心者でも、ネット販売初心者でも、始めやすいでしょう。

一方でAmazonでの副業は、価格競争になりやすく、手数料もかかるなどデメリットもあります。

薄利多売で疲れてしまい、ストレスを溜めてしまうこともあるかもしれません。

副業を成功させるためにも、商品リサーチや仕入れ方法などを勉強し、

最初は低価格の商品を出品することから始めましょう。

また、失敗を避けるためにも注意点を踏まえ、ルールを守って出品することが大切です。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。