ラクマの詐欺行為や詐欺商品を通報する流れを解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
ラクマの詐欺行為や詐欺商品を通報する方法について知りたい(わからない)
という方のために、具体的な方法や流れについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ラクマで発生しうる詐欺の被害についてわかる
  2. 詐欺に遭ったときの対処方法がわかる
  3. 運営に通報するときの流れがわかる
  4. 詐欺や違反商品を見つけたときにとるべき行動がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ラクマの詐欺行為や詐欺商品を通報する方法について、解説をしていきます。

 

ラクマで発生しうる詐欺の被害

多くのユーザーが利用しているフリマアプリ、ラクマではさまざまな詐欺被害が発生しています。

運営側も、詐欺行為や偽物の出品に目を光らせており、

以前より厳しい監視体制が整っていますが、それでもいまだに被害はなくなりません。

まずは、ラクマで発生しうる詐欺の被害について、

どのようなものがあるのか把握しておきましょう。

このような状況に遭遇したときは、詐欺の被害に遭ったのかもしれません。

商品が送られてこない

決済したのに商品が送られてこない、といったケースは少なくありません。

発送予定日もすぎているのに届かない、連絡をしても返信がない、といったケースです。

出品者が詐欺を目的としていたのなら、商品はまず届きません。

お金の詐取が目的であるため、決済された時点で目的は達成されています。

ただ、商品が届かないからといって、すべてのケースが詐欺とは断定できないため、

注意が必要です。

もしかすると、出品者側に何かしらの事情があり、発送が遅れている可能性があります。

発送作業の遅れやイレギュラーなトラブルの発生などがあったのかもしれません。

ただ、可能性のひとつとして、詐欺が考えられるということです。

偽物が送られてくる

これも、ラクマでは比較的多い詐欺の手口です。

ラクマでは、偽物の販売を禁止していますが、いまだに扱う出品者が少なくありません。

特に、人気の高いアイテムの偽物や、偽ブランド品などは高利益が見込めるため、

詐欺業者にとって扱わない手はないのです。

中には、偽物を高額で販売し、バレてしまう前にアカウントを削除してしまうケースがあります。

その後、別のアカウントで再度偽物を販売する、といったケースも少なくありません。

偽物を購入してしまうと、お金を損してしまうだけでなく、品物の扱いにも困ってしまいます。

偽物の売買は違法であるため、転売もできないのです。

偽物であることを黙って販売してしまうと、

自身も罪に問われてしまうおそれがあるため、絶対にしてはいけません。

注文したものとまったく違うものが届く

商品ページに掲載されていたものとはまったく違うものが届いた、

といった詐欺被害が多く報告されています。

これも、典型的な詐欺の手口といえるでしょう。

出品者が、誤って別の商品を発送してしまった可能性もありますが、

この場合は問い合わせをすれば対応してもらえるはずです。

しかし、悪質な出品者の場合は、

別のものが届いたと訴えても相手にしてもらえない可能性があります。

新品同様の写真を掲載していたのに、

実際届いたものは傷だらけで著しくコンディションが悪かった、

といった被害も少なくありません。

詐欺に遭ったときは通報を

詐欺の被害に遭ったことが明らかであれば、きちんとラクマの運営へ通報をしましょう。

通報をしないと泣き寝入りになってしまいます。

すべてのケースで適用されるわけではありませんが、

通報により被害に遭った金額を返金してもらえる可能性も。

通報をしない弊害はほかにもあります。

通報をしないと、詐欺行為を行う出品者を野放しにすることになります。

詐欺業者を放置してしまうと、さらに被害が広がってしまい、

同じような思いをする方がほかにも出てきてしまうのです。

ラクマを、より安全かつ安心して利用できる環境にするためにも、

詐欺に遭ったときは必ず通報してください。

通報により、運営側の監視が厳しくなり、詐欺行為を働きにくくなります。

今後、仕入れ先として安全に利用できるよう、

万が一被害に遭ったときは速やかに運営へ通報してください。

詐欺に遭ったときの対処

詐欺の被害に遭ったときの対処法としては、出品者への連絡と運営への通報が挙げられます。

商品が送られてこない、異なるものが送られてきた、

といった場合には、詐欺ではなく出品者の手違いである可能性も否めません。

それを確認するためにも、まずは出品者に連絡してみましょう。

それでも問題が解決しない場合、ラクマの運営に問い合わせをしてください。

ラクマの運営に問い合わせをし、詐欺の被害に遭ったことを伝えれば、

返金される可能性もあります。

出品者に連絡

購入者がまずとるべき行動としては、出品者への連絡です。

商品がまったく届かない、異なるアイテムが送られてきた、といったケースでは、

とりあえず出品者に連絡をしてください。

この段階では、まだ詐欺なのかどうかわかりません。

突発的なトラブルや連絡ミスなどで、発送が遅延している・誤って違う商品を発送した、

といったことも考えられます。

そのため、メッセージを送るときは、丁寧な文面を心がけましょう。

最初から詐欺と決めつけて、攻撃的なメッセージを送るのはNGです。

丁寧な文面で、どのような状況なのか、問題を解決できるのかを質問してみましょう。

ラクマ運営に問い合わせ

出品者に連絡をしたものの、返信がない・誠意ある対応をしてくれない、

といったときには、ラクマの運営に問い合わせをしてみましょう。

また、詐欺の被害に遭ったことが明らかなときも、

最初からラクマの運営に問い合わせをしてください。

以下、ラクマの運営に問い合わせをするときの具体的な流れについて解説をします。

取引画面にアクセス

まず、詐欺の被害に遭ったときの取引画面にアクセスします。

取引画面には商品のIDが記載されています。

[商品ID]の項目を長押しすると、コピーできるので、

メモ帳などにペーストして保管してください。

次に、画面左上にあるメニューを開きます。

メインメニューから、[ヘルプ]の項目を選びタップしましょう。

キャンセルのQ&Aを選択

先ほどまでの操作を行うと、ヘルプページへ移動します。

出品者とのトラブル、購入者とのトラブルなどの項目があり、

その下に[キャンセルのQ&A]の項目があるので、そこをタップしてください。

タップすると、プルダウンメニューが展開します。

そこから、[購入者向け取引をキャンセルしたい]を選んでください。

注意事項が表示されるので、一通り目を通しておきましょう。

下にスライドしていくと、運営に問い合わせをするためのボタンが用意されています。

問い合わせるをタップ

続いて[問い合わせる]をタップしてください。

[お問い合わせの内容]のページに移動し、テキストを入力できるフォームが表示されます。

まずは、最初のステップでコピーした、商品IDをペーストしてください。

ペーストしたら、問い合わせをしたい内容を入力します。

このとき、できるだけ詳細な内容を記載することを、心がましょう。

どのような状況だったのか、どういった被害を受けたのかなど、詳しく説明してください。

多くの場合は1~2日くらいで返信があります。

もう少し時間がかかることもありますが、運営から返事が返ってくるのを待ちましょう。

詐欺の被害に遭ったことが明白であった場合、

運営へ問い合わせることで返金される可能性は大きくなります。

返金してもらい、詐欺行為への監視を厳しくしてもらうためにも、

きちんと問い合わせをすることが大切です。

警察に相談

出品者や運営に連絡・問い合わせをしたものの、

解決の糸口が見えないといったケースでは、警察への相談も選択肢のひとつです。

いきなり警察に相談することに抵抗があるのなら、弁護士に相談するのもよいでしょう。

弁護士や警察に相談するときも、できるだけ状況を正確に伝えてください。

正確な情報を提供しないと、弁護士や警察もどう動けばよいのかわかりません。

取引画面や、やり取りのスクショがあるのなら、それを証拠として提出するのも有効です。

詐欺や違反商品を見つけたときには

もし、詐欺行為や違反商品をラクマで発見したときには、

どのように行動すればよいのでしょうか。

ラクマには、このような問題を報告できるシステムが実装されています。

問題を運営に報告することで、出品者に警告する、

出品を削除するといった具体的なアクションを起こしてくれます。

ラクマの安全性を保つためにも、詐欺行為や違反商品の報告は積極的に行ってください。

問題を報告を選択

問題のある出品を発見したら、ページ上の「…」をタップしてください。

メニューが展開するので、[問題を報告]を選びましょう。

タップすると、問題を報告できる画面が展開します。

ここでは、報告理由や詳しい内容を記載してください。

フォームに内容を記述

まずは、報告理由をプルダウンメニューの中から選択します。

偽造品・レプリカ商品、知的財産権侵害商品、

医薬品、公序良俗に反する商品といった項目があるので、該当するものを選んでください。

報告理由の選択だけで、問題の送信は可能です。

ただ、もっと詳細な情報を伝えたいときには、[詳しい内容]に記入しましょう。

確認して送信

報告理由や詳しい内容を記載したら、送信する前に再度確認をしておきます。

運営側が読んで、きちんと理解できる内容になっているか確認してください。

特に問題がなければ、画面右上の[送信]をタップします。

これで、問題が運営に報告されました。

なお、問題を通報したからといって、その出品者に誰が通報したか通知されることはありません。

そのため、問題を発見したときは積極的に通報することをおすすめします。

詐欺に遭ったときはきちんと通報することが大切

以前から、ラクマは詐欺が横行しているといわれていたため、

運営はルールの厳格化や監視体制の強化を進めています。

それでも、いまだに巧妙な手口で詐欺を働く人達がいるため、注意しなくてはなりません。

詐欺に遭ったときは、泣き寝入りすることなく、きちんと通報を行いましょう。

利用者による通報が、ラクマの安全性を向上させることにつながります。

詐欺に遭ったときだけでなく、

問題を発見したときも積極的に通報することをおすすめします。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。