ラクマで注意すべき偽物詐欺!回避するポイントや対処法を紹介

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
ラクマで注意すべき偽物詐欺について知りたい(わからない)
という方のために、回避するポイントや対処法を解説します。

この記事を読むことで、

  1. ラクマに偽物の詐欺商品が多いかどうかわかる
  2. 偽物詐欺に遭わない方法がわかる
  3. 偽物が届いたときの対処法がわかる
  4. 偽物の購入で発生するリスクがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ラクマで注意すべき偽物詐欺について、解説をしていきます。

 

ラクマには偽物の詐欺商品が多い?

ラクマにおける偽物詐欺とは、偽物を本物のように偽って出品する手口です。

ラクマでは、以前からこのような偽物詐欺が横行しており、被害に遭う方が後を絶ちません。

偽物の出品が多い理由としては、誰でも気軽にサービスを利用できることが挙げられます。

面倒な登録手続きはほとんどなく、誰でも簡単にさまざまなアイテムの売買ができます。

自由に開かれたマーケットであるため、詐欺を働こうとする人達も紛れ込みやすい環境なのです。

もちろん、多くのユーザーは、ルールに則って売買を行っていますが、

詐欺を目的にラクマを利用している者も、一定数いるため注意が必要です。

インターネット上でリサーチしても、ラクマで偽物を買わされた、

本物だと思って購入したのに偽物だった、といった声がいくつも見受けられます。

誰もがこのような被害に遭う可能性があるため、利用にあたっては注意しなくてはなりません。

ラクマで偽物詐欺に遭わないためには

ラクマで偽物詐欺の被害に遭わないためには、自分で自分を守る必要があります。

ハードルが高そうに聞こえる方もいるかもしれませんが、

ポイントさえ押さえておけば、詐欺を回避することはできます。

ここでは、ラクマで取引をするにあたって、

偽物詐欺に遭わないポイントをピックアップしてまとめました。

偽物詐欺の被害に遭い、お金を無駄にしないよう、

ここでお伝えするポイントをきちんと押さえておきましょう。

取引相手を見極める

ラクマで偽物詐欺に遭わないためには、取引相手をきちんと見極めることが大切です。

これが、詐欺を回避するためにもっとも重要なポイントなので、きちんと覚えておいてください。

では、いったいどのようにして取引相手を見極めればよいのでしょうか。

チェックすべきは、取引相手の評価です。

ラクマには評価システムが設けられており、この評価の数値である程度の信頼性を判断できます。

評価の数値は取引の実績に応じて加算されるため、評価が多いほど信頼性が高いと判断可能です。

取引を避けるべきは、評価が0、もしくは2~3といった、少ない数値の相手です。

このようなユーザーは、ほとんど取引実績がないため、あまり信頼できません。

絶対に詐欺だとは断言できませんが、リスクのある相手だと認識しておいてください。

信頼に足る相手かどうか、判断できかねるため、評価が0、

もしくは著しく低い相手との取引は控えたほうが無難でしょう。

スムーズなやり取りができない相手は注意

質問をしたのに返信がない、途中で連絡がとれなくなったなど、

スムーズなやり取りができない相手とは、取引をしないほうがよいでしょう。

偽物を扱っている業者や、詐欺を働こうとしているユーザーは、

そもそもまじめにやり取りする気がない可能性があります。

優良なユーザーや、まじめにビジネスとして売買をしている方は、

気持ちよく取引をしたいためスムーズなやり取りができます。

ですが、詐欺を働こうとしている人は最初からそのような気がないため、

スムーズにやり取りできません。

もちろん、これだけですべて判断してしまうのは少し乱暴かもしれませんが、

詐欺の被害を回避するにはリスクを極力排除する必要があるのです。

価格が安すぎる商品は危険

価格が安すぎる商品は、偽物である可能性が高いので注意が必要です。

人気の品やブランドアイテムなどは、

相場を大きく下回る価格で取引されることはあまりありません。

価格が安すぎるのは、何かしら理由があると考えられます。

偽物の場合、相場を大きく下回る価格で販売しても、

売った側は利益を得られるため、驚くほどの低価格で売られているケースがあります。

このような商品を見つけた場合には、なぜ相場よりはるかに安いのか、

その理由を質問してみるのもひとつの手です。

また、傷がある・アウトレットなど、訳アリゆえに安く販売しているケースもあります。

このような確かな根拠がある場合には、詐欺ではないかもしれません。

気をつけないといけないのは、何の根拠もなく、安すぎる価格で販売しているようなケースです。

実際の商品の画像か確認

偽物詐欺の場合、実物とは異なる画像を掲載している可能性があります。

実物の写真を載せてしまうと、偽物だと見破られてしまうおそれがあるからです。

そのため、偽物を扱っているユーザーの中には、

メーカーの公式サイトや、

ショップのホームページから画像を転載しているケースが少なくありません。

デジカメやスマホで撮影した写真ではなく、

いかにもサイトやショップの商品ページから切り取ったような画像には注意が必要です。

また、掲載している画像が極端に少ない出品者にも、注意しましょう。

たくさんの画像を掲載してしまうと、偽物であることが見破られるため、

少ない枚数しか掲載していないのかもしれません。

鑑定書や保証書などの有無を確認

商品によっては、鑑定書や保証書などが付属しているものもあります。

ハイブランドのアイテムをはじめとした高価な品には、鑑定書や保証書が付属しています。

基本的に、偽物ではこれらの鑑定書や保証書がつくことはまずありません。

そのため、これらの書類が付属しているかどうかで、偽物かどうかをある程度判断できます。

もちろん、出品者が鑑定書や保証書をなくしてしまった、

といったことも考えられるため、絶対ではありません。

あくまで、判断基準のひとつとして覚えておいてください。

商品ページに鑑定書や保証書の画像が掲載されていないのなら、

有無を質問してみるのもよいでしょう。

ある場合には画像を掲載してもらい、本物かどうか確認してください。

偽物が届いたときの対処法

理想的なのは、偽物や詐欺まがいの行為をしている出品者を事前に見極め、取引をしないことです。

ただ、近年は詐欺の手口も巧妙化しているため、

気をつけていても偽物を購入してしまう可能性もあります。

では、偽物と気づかず商品を購入してしまったときには、どう対処すればよいのでしょうか。

方法としては出品者や運営に連絡、それでも解決しないときは警察に相談などが挙げられます。

出品者に連絡

まずすべきことは、出品者への連絡です。

送られてきた商品が偽物であることを伝え、返品や返金が可能であるかを質問してみてください。

偽物を販売しているからといって、すべてのユーザーが詐欺業者とは限りません。

中には、偽物とは気づかず商品を出品してしまった方もいます。

このようなユーザーであれば、偽物であることを伝えることで、

返金や返品に応じてくれる可能性があります。

メッセージを送るときは、できるだけ丁寧な文面で送りましょう。

偽物を購入してしまい、腹立たしい気持ちになっているかもしれませんが、

本物と勘違いして出品している方もいます。

返金をスムーズにしてもらうためにも、丁寧な文面でメッセージを送ることを心掛けてください。

出品者と連絡がとれないときはトラブル報告を

詐欺目的で出品していたユーザーなら、メッセージを送っても真摯な対応は期待できません。

メッセージを送っても無視される、そもそも連絡がつかなくなる、といったことも考えられれます。

このようなときは運営にトラブル報告をしてください。

ラクマの取引で何らかのトラブルが発生したときは、カスタマーサポートへの相談が可能です。

取引ページから、[トラブルを報告する]を選択し、カスタマーサポートへ連絡しましょう。

具体的に、どのような対応をしてもらえるかはケースバイケースですが、

何らかの対処をしてもらえる可能性があります。

なお、カスタマーサポートへのトラブル報告は、受け取り評価前にしか利用できません。

すでに評価をしてしまっていると、

カスタマーサポートへのトラブル報告ができないため注意が必要です。

解決しないのなら警察に相談

出品者に連絡がつかない、トラブル報告をしたものの解決の糸口が見えない、

といった場合には、警察への相談も視野に入れましょう。

詐欺を働く業者を野放しにしないためにも、警察へ相談してください。

警察に相談するときは、できるだけ状況がわかるように詳しく説明します。

どのような経緯で詐欺に遭ったのか、

詐欺だと気づいた後どのような対処をしたのかなどを詳しく説明してください。

また、やり取りの内容を記録しているのなら、

それを証拠として提出できるようにしておきましょう。

偽物の購入で発生するリスク

物販ビジネスの仕入れ先としてラクマを利用し、偽物を購入してしまうケースは少なくありません。

偽物の購入にはさまざまなリスクがつきまとうため、できるだけ回避するのがベストです。

ここでは、偽物の購入により発生すると考えられるリスクをいくつか紹介します。

詐欺罪や商標権侵害になるおそれ

仕入れた偽物を転売してしまった場合、詐欺罪や商標権侵害などの罪に問われる可能性があります。

物販ビジネスの仕入れ先としてラクマを利用している方は、

このような罪に問われないためにも細心の注意が必要です。

たとえば、商標登録された偽ブランド品を偽物と理解したうえで転売してしまうと、

商標権の侵害行為に該当します。

この場合、10年以下の懲役、もしくは1,000万円以下の罰金が課される可能性があります。

また、購入した偽物を本物と語って転売した場合は、詐欺罪が成立する可能性があり、

この場合は10年以下の懲役となるおそれがあるので注意しください。

信頼の失墜

購入した偽物を転売してしまうと、

その事実が明るみに出たときショップの信頼を損ねてしまいます。

これは、物販ビジネスを営んでいる者として、何より避けたいことです。

しかし情報社会である現代では、このような話題はすぐに広がってしまいます。

その結果、今後物販ビジネスに取り組めなくなる、といった可能性も否めません。

このような事態にならないよう、ラクマで仕入れを行うときは、細心の注意を払いましょう。

一度失墜した信頼を取り戻すには、相当な時間がかかります。

偽物を本物と偽って販売した訳ではなくても、

「偽物を売るショップ」との汚名を着せられてしまい、事業の継続が困難になってしまいます。

ラクマの詐欺に注意し、被害に遭ったときは適切な対処を

物販ビジネスの仕入れ先として人気のラクマですが、偽物の出品はいまだに横行しています。

誤って偽物を購入しないよう、きちんと見極めたうえで購入するかどうかを判断しましょう。

また、偽物を購入してしまったときは、出品者や運営に連絡し、

それでも解決しないときは警察への相談も検討してください。

何も対処をしないと、悪質な詐欺業者を野放しにしてしまいます。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。