電脳せどりを外注化しよう!時間をかけずに売上アップする方法を解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
電脳せどりを外注化する方法について知りたい(わからない)
という方のために、
電脳せどりを外注化する方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 電脳せどりが外注化できるかどうかがわかる
  2. 電脳せどりを外注化するメリットを知ることができる
  3. 電脳せどりを外注化する方法を理解できる
  4. 電脳せどりを外注化するときにスムーズに進めるコツがわかる
  5. 電脳せどりの外注化について理解して、どこから外注化するか選べるようになる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは電脳せどりを外注化する方法について解説していきます。

 

電脳せどりは外注できる?

パソコンやスマホを使って商品を仕入れ、

販売する電脳せどりは多くの人がおこなっているビジネスです。

上手く軌道に乗れば、少ない作業量で大きな利益を上げることもできるでしょう。

しかし、その一方で電脳せどりは作業が多くて儲けにくい、

作業時間が確保できないといった声も聞かれます。

こういった悩みを解決するのが、電脳せどりの外注化です。

せどりは仕入れて出品、販売をおこなう作業。

それぞれの作業を列挙すると以下のようになります。

・仕入れ
・出品
・FBA(フルフィルメント by Amazon)を使っている場合はFBA倉庫に納品(梱包・ラベル貼り含む)
・FBAを使わない場合には梱包と発送手続き
・売上管理

一連の作業をいきなり誰かにしてもらおうとすれば、マニュアルの用意や人材の確保が大変です。

また、全てを任せてしまえば、ノウハウを盗まれてしまうリスクもあります。

しかし、作業工程のどれかだけを外注化する場合はどうでしょうか。

一度に全てを外注化しようとせずに、ひとつずつ工程を手放すことで徐々にでも外注化できます。

もちろん、仕入れだけは自分でおこないたい、

出品は自分でするといった形で自分がおこなう作業を残す方法もあります。

まずは外注化できそうな部分からスタートしてみてください。

電脳せどりを外注化するメリット

電脳せどりをスタートして、ようやく利益が安定するようになったという人もいるでしょう。

失敗したくないからと外注化に踏み切れない人もいるかもしれません。

しかし、外注化することにはビジネス上の多くのメリットがあります。

どういったメリットがあるのか紹介します。

作業負担が減る

せどりは、工程ごとに多くの作業があります。

仕入れだけでも、商材になりそうな商品と仕入れ先の選定、利益の計算が必要です。

さらに利益を計算して売値を設定してから出品します。

出品にも商品の魅力を伝える画像を用意したり、説明文を添えたりと多くの手間がかかります。

商品ごとに同じように作業を繰り返していれば当然作業負担は大きく、時間もかかるでしょう。

利益を上げようとすれば、負担は大きくなって自由な時間も無くなってしまいます。

しかし、外注化して誰かに作業を任せてしまえば、

その分作業の負担は小さくなり余裕が生まれるでしょう。

余暇を楽しんだり、新しいことにチャレンジしたりするためにも、

外注化で作業負担を減らすことは大きな意味があります。

効率良く利益を上げられる

せどりには数々の工程があることは説明しましたが、

その中でも事業者がしなければいけない作業はそこまで多くはありません。

誰にでもできる作業や機械的に繰り返す作業であれば、

外注化したほうが効率的に必要な作業を進められます。

作業効率が上がれば、ビジネスの集中すべき部分に尽力できるでしょう。

外注を請け負った人も、作業を進めることで対応スピードがアップして

より作業効率が良くなります。

利益を増やしつつ効率化するためにも外注化は有効な手段です。

電脳せどりを外注化するデメリット

電脳せどりの外注化には数多くのメリットがあります。

しかし、デメリットが全くないとは言い切れません。

電脳せどりの外注化をスタートするときには、デメリットも確認しておきましょう。

電脳せどりを外注化するデメリットをまとめました。

お金がかかる

外注化することは、誰かにお金を払って作業を依頼することを意味します。

そのため、費用がかかることは覚悟して置きましょう。

特に初めのうちは、外注を受ける人の教育や管理に時間がかかってしまい、

むしろ作業が増えたように感じたり、利益が減ったりする可能性もあります。

せっかくお金を払って依頼しても、利益が上がらなければ本末転倒です。

時間をかけて外注化を進めた効果は徐々にあらわれます。

すぐに外注化して利益が上がるとは考えずに、根気強く作業を一つ一つ最適化していきましょう。

外注化してから利益が上がらなくなった場合には、外注の方法や教育、

管理に問題がないか見直すようにおすすめします。

外注相手を探さなければいけない

外注化は、その作業の外注を受けてくれる相手がいなければ成立しません。

外注を受けてくれる人はクラウドソーシングや専門の業者で探すこともできますが、

人材を募集して選別する手間はかかってしまいます。

また、良い人材がいたとしても教育と管理は必須です。

中にはせっかく人材として育てたのに、短期で辞められてしまうケースもあります。

長期で作業してくれる人や、

要望を汲み取ってくれる人を見つけられれば外注化もスムーズですが、

良い人材が見つかるまでは求人に苦労します。

ノウハウが漏洩することがある

電脳せどりは、仕入れる商品の選定から、

商品を売れやすくする出品までひとつの工程にさまざまなノウハウがあります。

工程を外注化することによって、

今まで苦労して蓄積したノウハウが漏洩してしまうかもしれません。

もちろん、ひとつのノウハウを盗んだとしても、それだけですぐに稼ぐのは困難です。

しかし、ノウハウを盗まれてしまうことでライバルが増える可能性がないわけではありません。

他のショップには真似が難しい付加価値や競争力を身につけておく必要があります。

電脳せどりで外注化する方法

電脳せどりを外注化する方法にはいくつかあります。

手軽なところでは、知人や家族にやってもらうこともひとつの外注化です。

電脳せどりで外注化するには、どのような方法があるのかメリットデメリットとともに紹介します。

誰かを雇う

電脳せどりは、人に業務として依頼することができます。

近年は、インターネットを使って求人手段はいろいろあり、

個人であっても条件を公開して人に業務を依頼することができます。

場所にとらわれることなく広く応募者を探せる点は大きなメリットです。

条件が限定されている、報酬は少なめでも引き受けてもらえるケースもあります。

ただし、求める人材を探して教育や管理をすることで負担がかかります。

インターネットで探しているため、つながりも薄く、

いつ辞められてしまうのかわからない点もデメリット。

専門業者に依頼するよりも外注費を抑えやすいものの、

知識がない人に仕事を教える手間や時間はかかると考えておきましょう。

求める人材が見つかるまでは、求人方法や条件、求人サイトをいろいろ試してみることです。

また、求人と人材育成を繰り返すことによって、

どのような教育をすれば良いのかがわかるようになっていきます。

専門業者と契約する

外注するために人を雇う以外に、専門の業者を探す方法もあります。

専門の業者であれば、すでに知識があったり他の事業者と契約した実績があるため、

教育と管理の手間はかかりません。

業者とのやり取りであれば、個人とやり取りするよりも外注化するハードルは低くなるでしょう。

インターネットで探せば、出品や納品の専門の業者は見つかります。

しかし、自分が外注化したい業務に合う代行業者がいるとは限りません。

完全に外注化するのは、専門の業者だけでは困難なことが多いでしょう。

スムーズに外注化するためのコツ

電脳せどりの方法が人によって違うように、

外注化もどこから始めるかどうやって進めるかによって全く違います。

スムーズに外注化するために必要なことをまとめました。

利益を高める

外注化するには、外注するための経費が必要です。

利益を増やすために外注化しているのに、外注費で利益が少なくなってしまえば本末転倒。

利益が安定していない、外注費を支払ってどれだけ利益が残るか読めないといった場合には、

まだ外注化に進む段階ではないのかもしれません。

利益率が低くて外注化が難しい場合には、

利益率が高い商品やリピート購入してもらいやすい商品を扱うことも検討してください。

作業をマニュアル化する

今まで一人だけで電脳せどりをしてきた人だと、

具体的にどのような作業をしているのか自分で把握していない可能性があります。

なんとなくやっているコツやテクニックは、外注化しやすいようにまとめておきましょう。

作業はできるだけマニュアル化しておいたほうが、

外注を引き受けてもらうときにも説明しやすくなります。

自分がどういった基準で判断しているのか、作業フローはどうなっているのか、

曖昧な部分がないようにマニュアルを作成してください。

教え方をマニュアル化したり、

あらかじめ教育資料を用意すれば教育にかかるコストは減っていくでしょう。

作業を分類してできるところから外注化を進めてみよう

電脳せどりはノウハウや経験、テクニックが必要なビジネスですが、

やり方によっては外注化は可能です。

収益が安定化してきたら、

少しずつでも作業を手放して利益を上げるために必要なことに集中しましょう。

電脳せどりはインターネットで完結するため、外注化しやすいビジネスです。

いきなり全作業を外注化するのは困難なので、

まずはひとつ電脳せどりの工程を外注化してみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。