コストコせどりで失敗を避けるために知っておきたい注意点と対策

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
コストコせどりで失敗を避ける方法について知りたい(わからない)
という方のために、失敗を避けるために知っておきたい注意点と対策について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. コストコせどりで失敗しやすい点がわかる
  2. コストコせどりで失敗を避ける方法がわかる
  3. コストコせどりで利益を出すコツがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、コストコせどりで失敗を避けるための対策や注意点について解説していきます。

 

安く仕入れられ、売りやすい商品が多いのがコストコの魅力です。

購入数に制限もないので、大量買いもできます。

しかし注意しないと損をしたり、利益が出なかったりして失敗をしてしまうこともあります。

どのようなことに注意すればいいのか、見ていきましょう。

コストコせどりでやってしまいがちな失敗

せどりをしやすいと言われているコストコですが、

損をしたり利益が少なかったりすることもあります。

そのような失敗をしないためには、失敗の原因を把握することが重要です。

コストコせどりでやってしまいがちな失敗について紹介します。

商品が大きい、重くて仕入れ作業に苦労する

コストコの商品は大きくて重くなることが多いので、仕入れ作業が大変です。

そのため、仕入れができても疲れてしまい、ほかの作業ができなくなることがあります。

コストコで販売している商品はまとめ買いしやすくなっているため、商品が大きくなりがちです。

洗剤や缶詰などを大量に仕入れれば、重さもかなりのものになります。

店内は広く、大きなカートに商品を乗せて歩くのは体力が必要です。

男性ならまだしも、女性一人では作業が大変でしょう。

また、あまりたくさん買い過ぎて車に入りきらないということも考えられます。

数量が多くなりそうな場合は、荷物を乗せやすい車で行くことをおすすめします。

納品(FBA利用の場合)や梱包に時間がかかる

販売する数量が多くなれば、梱包に時間がかかります

一気にできればよいですが、梱包や発送に時間がかかってしまい、

売れるタイミングを逃してしまえば利益につながりません。

まとめ売りをするなら梱包をする数も減りますが、

バラにして売るとなれば梱包する数も増えてしまいます。

しっかり梱包しないと、商品が破損したり傷がついてしまったりするなど、

トラブルの原因になります。

特にAmazonのFBA(フルフィルメント by Amazon)を利用する場合は注意が必要です。

納品する商品数が多ければ、ラベルを貼り付けるなどの手間がかかります。

まとめて納品すれば楽ですが、早めに売らないと在庫保管料がかかってしまいます。

在庫保管料がかからないように何回にも分けて納品すればいいと考えるかもしれませんが、

その分送料がかかるので注意してください。

Amazonの出品制限にかかる

安いからと大量に仕入れるのはいいのですが、

Amazonなど販売するプラットフォームで売れなければ逆に損をしてしまいます。

Amazonには出品禁止や出品制限があるので注意が必要です。

食品など許可が必要なものもあります。

許可を取る前に仕入れてしまい許可が下りなかったとなれば、

販売方法を考え直さなければなりません。

Amazonですでに出品されているものであれば問題ありませんが、

新規で出品する場合は確認をしてから仕入れるようにしましょう。

商品の種類が多く何を仕入れるか迷う

リサーチや利益を出すコツを把握しないままコストコに行けば、

何を仕入れるか迷ってしまい結果何も仕入れられない、ということになりかねません。

広い店内の商品を見て回っているだけで、体力的にも疲弊してしまうでしょう。

コストコの取り扱い商品のジャンルは多種多様です。

食品、衣料、缶詰、お菓子、家電、カー用品、日用品、キッチン用品など、

あらゆる種類の商品があります。

人気商品も多く、低価格で仕入れられる商品も数多くあります。

しかし、だからといって何を買っても利益につながるわけではありません。

価格競争となり、赤字になってしまうこともあります。

安いからと大量に仕入れて売り切れない

安いから、人気商品だからといって大量に仕入れても、すべてが売り切れるとは限りません

在庫が残ればその分赤字になる可能性もあります。

コストコは卸売り価格なので、安く仕入れることができますが、

安く仕入れても売れなければ利益になりません。

また、価格次第では赤字になることも。

特に人気のある商品や大幅値下げがされている商品はライバルも同じものを販売する可能性が高く、

結果価格競争になることもあります。

最安値よりも値下げをしなければ売れず、売り切った時には利益がなくなってしまう、

ということもあるので、仕入れる数量はリサーチをしてから判断しましょう。

高額商品を仕入れて赤字になる

高額商品を販売した方が高い利益率が期待できますが、売れないと赤字になってしまいます。

コストコせどりは薄利多売になることが多く、労力の割に利益が少ないことも多いものです。

利益が少ないとモチベーションも上がりません。

そうかといって高額商品を仕入れても、タイミングや種類によっては売れないこともあります。

ライバルがもっと安い価格で販売していれば、価格競争になってしまうでしょう。

売れなければ価格を安くするほかなく、結果利益につながらないこともあります。

値下げ競争に巻き込まれて赤字になる

コストコせどりでは、特に値下げ競争になりやすく、結果赤字になってしまうことがあります。

低価格で販売できるので仕入れはしやすいですが、それは販売価格も安いということです。

特にセールなどで大幅に値下げしている商品は仕入れやすいですが、

ライバルも同じことを考えるので、たくさんの商品が安く売られる状態になります。

自分では「これだけ安いのだからすぐに売れる」と思っても、

ほかのライバルが10円でも安い価格で販売していればユーザーはそちらを買うでしょう。

負けられないとさらに安くしてもまたほかのライバルが安くする、

といったことが繰り返されると、利益が出ない可能性があります。

コストコのオンラインで仕入れて利益が出ない

コストコの商品をオンラインで仕入れることはできますが、

店舗での価格より高めに設定されているのできちんと計算しないと

利益につながらないことがあります。

コストコのオンラインは、送料込みの価格です。

送料が無料ということではないので、注意してください。

ガソリン代や時間の節約になると安易に利用すると、損をしてしまうこともあります。

特にサイズが大きいものは送料も高くなるでしょう。

ただし、中には小さいサイズでも安いとは限らないので、確認が必要です。

コストコせどりで失敗を避けるための基本

コストコは安く仕入れられる商品も多く定番商品も数多くあるので、

売れやすい商品を見つけやすいでしょう。

しかし、リサーチをせずに「売れる」と考えてまとめ買いをしても、売れるとは限りません。

売れても利益が出ない場合もあります。

そのような失敗を避けるための基本的なことを把握しておきましょう。

むやみに大量に仕入れない

低価格で買えるからと、リサーチもせずに大量買いをしないようにしましょう。

コストコの商品は人気があるから売れる、安いから売れるとは言われていますが、

すべてにおいてそう言い切れるものではありません。

回転率のよい商品でも、季節やタイミングによっては売れにくい場合もあります。

また、全店舗がセールをしている商品には注意が必要です。

セールなど値引商品は多くのライバルが仕入れて販売する可能性があり、

値引き競争になることがあります。

ほかの店舗やAmazon、

家電量販店などをチェックしてセールが行われているかどうかを確認しましょう。

回転率のよい商品を売って手元の資金を増やす

回転率のよい商品は売れやすいものです。

トイレットペーパーやキッチンペーパーなどの日用品、

お菓子類などは低価格で仕入れることができ、売れる確率も高いです。

コツコツ売れば手元資金を増やすことができるでしょう。

最初から高額商品で利益を出そうとしても売れるとは限らず、

仕入れにたくさんのお金を使うことになります。

手元に資金がないと仕入れたい商品が出てきても買うことができません。

資金が増えれば、高額商品を仕入れることもできるでしょう。

賞味期限のある商品には注意する

賞味期限や消費期限のある商品には注意しましょう。

仕入れた商品がすべて売れればいいですが、売れ残ってしまうと在庫となってしまいます。

在庫として置いておけるものならタイミングを見計らって再度販売することができますが、

期限のあるものは売ることができません。

売れずに残ってしまえば、その分は損をしたことになります。

値札チェックをして商品を選ぶ

コストコ商品の値札には、記号が記されています。

その記号をチェックして、仕入れをしましょう。

たとえば、「*」マークは在庫限りで入荷しないという意味、

「+」マークは次回の入荷が未定といった意味があります。

これらは大幅に値下げされている可能性が高いので、チェックしましょう。

さらに価格の末尾が「77」は値下げされている商品です。

コストコせどりで利益を出すコツ

コストコせどりで利益を出すには、失敗しないための基本を守るほか、

利益を出すコツがあります。

コストコせどりで利益を出すコツを紹介します。

コストコメールマガジンに登録

コストコのメールマガジンに登録しましょう。

登録しておけば、コストコに関する最新情報をいち早く入手することができます。

誰よりも早く情報をキャッチして行動することが、コストコで利益を出すコツです。

メルマガにはセールの情報だけでなくお得なクーポンなどもついてくるので、

まずはメルマガへの登録をおすすめします。

円高のタイミングで仕入れる

コストコでの仕入れのタイミングとして、円高で仕入れるのがおすすめです。

コストコの商品は本社があるアメリカから輸入されているものが多く、

円高の時は商品の価格が安くなります。

いつも円高とは限りませんが、

円高の時をねらって仕入れを多くするなど仕入れ時期にも配慮しましょう。

型落ち商品を仕入れる

型落ちの商品を仕入れるのも、コストコで利益を出すコツの一つです。

新しいタイプの商品が出れば、その前のモデルは安くなります。

新しいモデルが出る時期をチェックし、その前のモデルの商品価格を確認してみましょう。

安くなっていれば仕入れのチャンスです。

イベントやセールを見逃さない

コストコで開催されるイベントやセールを見逃さないようにしましょう。

イベントやセールでは、大幅値下げをすることが多いです。

その時に仕入れれば、商品を低価格で買うことができます。

コストコでは基本的に、クリスマスやお正月セール、感謝祭やブラックフライデー、

ハロウィンなど季節ごとにセールを行っています。

ほかにもセールを行う時期があるので、

メルマガなどをチェックして安く仕入れられる機会を逃さないようにしましょう。

転売におすすめのコストコ商品を把握

基本的なことですが、転売におすすめのコストコ商品を把握しておきましょう。

一つは、コストコのオリジナルブランドである「カークランド」商品です。

キッチンペーパーなどのに日用品のほか、さまざまなジャンルの商品があります。

どれも使いやすい、丈夫、使い心地がいいなど、魅力がたくさんあり、

リピートして購入する人が多いです。

また、日用品などの回転率の高い商品もおすすめです。

消耗品はまとめ買いができるので、単価も安くなります。

購入者も多いので、在庫を抱える心配も少ないです。

輸入品のチョコレートやお菓子類もおすすめです。

目新しい種類が多いので、売りやすいでしょう。

やってしまいがちな失敗を把握し対策をしよう

コストコはさまざまな商品があり、単価も安くなることから、

大量買いをすることも多いかもしれません。

しかし、買った商品を売り切らないと在庫となってしまいます。

また、オンラインで買い物をする際には価格に注意することも必要です。

せどりをしやすいと言われるコストコですが、落とし穴もあります。

コストコせどりでやってしまがちな失敗を把握し、対策をとって利益を上げましょう

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。