コストコせどりの攻略法とは?メリットを活かした仕入れのコツ

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
この記事ではコストコせどりについて知りたい(わからない)
という方のために、コストコせどりのメリットをはじめ、攻略法や注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. コストコせどりのメリット・デメリットがわかる
  2. コストコせどりにおける商品の選び方がわかる
  3. コストコせどりで利益を出すコツがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、コストコせどりの攻略法について解説をしていきます。

 

コストコは倉庫型の大型スーパーで、さまざまなジャンルの商品があります。

仕入れの数量に制限はなく、せどりもしやすいでしょう。

大量仕入れで安く売ることができるのも、コストコのメリットです。

ただし、会員制で登録が必要なことや、

店舗数は多くはないので近くにないと車で仕入れに行かなければならないなど、

デメリットもあります。

コストコせどりのメリットを活かし、利益を出すにはどういった方法があるでしょう。

コストコせどりのメリット

倉庫型のスーパーであるコストコは家族連れでやってくる人も多く、

平日でもにぎわいを見せています。

多くの人に人気がある店舗は仕入れ先としてもさまざまなメリットがあるものです。

どのようなメリットがあるかを紹介しましょう。

数量制限がなく大量仕入れができる

コストコには数量制限がありません

コストコは1つの商品の数が多いのが特徴で、まとめ買いができてお得です。

通常の店舗では一人で買える数量が決まっている場合があり、

たくさん買いたくてもできないことがありますが、コストコではそれがありません。

家族の人数が多い家庭はもちろん、大量買いをしてママ友同士で分け合う、

といった買い方をするケースもあります。

誰が何をどれくらい買おうとかまわないのです。

欲しい商品があれば、いくらでも購入できます。

取り扱い商品が多く選びやすい

倉庫型スーパーであるコストコは、食品だけでなくさまざまな商品を取り扱っています

ヘルスケア用品やキッチン用品、ベビー用品、おもちゃ、洗剤などの日用品、コスメ、

衣料品、カー用品やスポーツ用品などジャンルはさまざま。

食品においては、調味料から食肉加工品、野菜、パン、スープ、缶詰、チーズなどのほか、

冷凍食品やインスタント食品など、あらゆるものがそろっています。

さまざまな商品の中から、自分の扱いたいジャンルを選べます。

会員制で店舗数が少ないためライバルが減る

「倉庫」であるコストコにはさまざまな商品があり、

制限なく仕入れられるコストコせどりはライバルも多いのでは?と思う人も多いかもしれません。

しかし、意外にもライバルは多くないと言われています。

理由として考えられるのは、会員制で年会費がかかることと、店舗数が少ないことです。

年会費はゴールドスター会員で4,840円(税込)、

エグゼクティブ・ゴールドスター会員で9,900円(税込)です。

金額を見ると安くはない、と思ってしまうかもしれませんが割引や還元などの特典もあります。

しかし家電量販店で購入する際に、年会費は必要ありません。

そのため、利益率を考えると会員になるのをためらってしまうのでしょう。

コストコの店舗数は約30店舗で、今後も増えていくようです。

全国で30店舗というのは多い数ではなく、

自宅や会社帰りに寄れる店舗がない場合も多いでしょう。

便利な場所にないと、仕入れに行けません。

そういった理由から、ライバルがほかのせどりと比べると少ないと考えられます。

価格が安く仕入れやすい

価格が安いのがコストコの大きな魅力です。

卸売店舗であり、まとめ買いで1個あたりの価格も安くなります。

さらにセールやイベントの割引率が半端ではありません。

売れるかどうかわからない商品を高額で買うのは危険ですが、

安い価格であればそれほど不安にならずにすむでしょう。

手元の資金が少なくてもできるので、初心者でも始めやすいです。

コストコせどりのデメリット

店舗せどりを行う際の仕入れ先としては、

家電量販店やリサイクルショップなどが浮かべる人も多いかもしれません。

身近にあるお店なら行き慣れていて勝手もわかりやすいものです。

コストコは身近にない、

あまり利用したことがないという場合は不自由さを感じるかもしれません。

コストコせどりのデメリットを挙げてみましょう。

商品の種類が多いため選び方に注意が必要

商品の種類が多くどのようなジャンルにも挑戦できるといった点ではメリットですが、

反対にデメリットにもなります。

何を選んで売ればよいのか、迷ってしまうことがあるからです。

人気商品も多く価格も安いなど、せどりとして売りやすい商品が数多くあります。

売るためには、タイミングなどを調べたり、

より利益率がよいものを選んだりしなければなりません。

商品選びを誤ると薄利多売になり、利益が出にくくなってしまうでしょう。

オンラインサービスはあるが店舗数が少ないため仕入れがしにくい

店舗数が少ないと仕入れがしにくくなります

自宅のそばにある、会社帰りに立ち寄れるなど便利な場所にないと、

わざわざ出かけなければなりません。

場所が遠ければ交通費がかかります。

そもそも大量に仕入れるには車がないと持って帰れません。

レンタカー代やガソリン代がかかることを考えると、

お店に行くのもためらってしまうでしょう。

コストコにはオンラインサービスもあるのですが、

こちらは店舗よりも若干高めの価格設定なので、メリットが減ってしまいます。

利益率が期待できない

コストコの魅力は、回転率のよい商品をたくさん売って利益を出せることです。

しかしそれは薄利多売になりやすく、高い利益率は期待できないでしょう。

労働力に対する益が少ないと、ビジネスは嫌になってしまうものです。

せどりを始めたばかりであれば、

売れることにやりがいを感じられるものですが慣れてくれば利益を追求したくなるでしょう。

利益を出すためのリサーチやコスト管理が必要になってきます。

使用できるクレジットカードが限定される

コストコでは、使用できるクレジットカードが限定されているので注意しましょう。

コストコで使えるのは、MasterCardブランドのみです。

VISAやJCB、AMERICAN EXPRESSなどのブランドは使用できません。

仕入れ価格が安くても大量に購入すれば費用がかかります。

現金だけで支払うのは資金繰りにおいても苦しくなる可能性があります。

クレジットカードを使う場合は、MasterCardブランドのクレジットカードを作るか、

もしくはコストコグローバルカードを作成しなければなりません。

店内が広く買い物に時間がかかる

コストコでの買い物には時間がかかります

倉庫と言うだけあり、さまざまな商品が大量に陳列されています。

売り場面積は小さい店舗でも約9,000平方メートル、

大型店になると約15,000平方メートルもあり、野球のグラウンドくらいの広さです。

ここにさまざまな商品が並んでいますので、

一つひとつ価格や商品をチェックしながら見て周るのは時間も体力も必要です。

コストコのカートは大きく、

お客さんがたくさんいる中でそれを押して長時間歩くだけでも重労働でしょう。

せどりをするなら知っておきたいコストコの特徴

コストコには普通のスーパーとは違った特徴があります。

大きな違いは会員制であることです。

買い物をするには会員にならなければなりません。

そのほか、コストコの特徴について紹介します。

会員制なので登録が必要

コストコは会員制なので買い物をする前に、会員登録が必要です。

会員の種類には次のようなものがあります。

ゴールドスター

一般的な会員カードで、年会費は4,840円(税込)。

コストコグローバルカードを使えば、

キャッシュバックリワード(買い物でもらえるポイント)が付与されます。

エグゼクティブ・ゴールドスター

年会費が9,900円(税込)で、年間購入金額の最大2%のエグゼクティブリワードを獲得可能です。

会員限定の特別割引クーポンやコストコグローバルカードとの併用で、

リワード還元率最大3%といった特典があります。

このほかに、法人用の「ビジネス」(年会費4,235円税込)、

エグゼクティブ・ビジネス(年会費9,900円税込)があります。

店内が広い

前述しましたが、店内は倉庫のように広いです。

目当ての商品にたどり着くまでも大変で、

カートも大きいためスピーディに動き回るのは難しいです。

店内にはさまざまな商品が置いてあるので、目移りしてしまうかもしれません。

目当ての商品にたどり着くまで、時間がかかってしまうこともあるでしょう。

仕入れに時間をかけたくない場合は、来店前に連絡をすると用意してくれます。

効率的に仕入れをするためにも、仕入れる商品が決まっているなら連絡をしておくとよいでしょう。

配送サービスがある

コストコには配送サービスがあります

コストコの商品は大きくて重いので、持って帰ることが不可能です。

そのため車が必要なのですが、車を持っていないからといってあきらめる必要はありません。

コストコの配送サービスを利用すればよいのです。

常温の商品だけでなく、クール便も利用できます。

おおよそ1,000~2,000円かかります

(県外やサイズ、重量によて料金は変わるので確認しましょう)が、

レンタカーを借りるよりは安いでしょう。

オンラインサービスがある

コストコにはオンラインサービスがあります

店舗まで行って、広い店内を歩き回る必要もないのが、オンラインサービスのメリットです。

オンラインサービスにおいても店舗同様、会員登録が必要で年会費がかかります。

オンラインであれば、効率的に仕入れる商品をチェックできます。

いつでも、どこでも商品チェックができるのはメリットですが、

実店舗よりも価格は高めなので注意しましょう。

コストコで転売をする際におすすめの商品

数ある商品の中でも、特に人気があるものや、回転率がよい商品など、

コストコにはせどりにおすすめの商品が数多くあります。

コストコで転売をする際におすすめの商品を紹介しましょう。

コストコプライベートブランド「カークランド」商品

コストコブランドの「カークランド」商品はおすすめの一つです。

Amazonでも取り扱っている商品で、売りやすいでしょう。

カークランド製品には、トイレットペーパーやキッチンペーパー、

マイクロファイバータオル、ティーバッグ、

エコフレンドリー洗濯洗剤などさまざまなものがあります。

中でもトイレットペーパーはやわらかくてふかふかの肌ざわりが好評で、

リピートする人も少なくありません。

キッチンペーパーは厚みがありサイズも大きく、水分をしっかり吸収してくれます。

マイクロファイバータオルも人気があります。

洗車用なのですが、家の掃除にぴったりです。

細かいホコリもしっかり吸着し、掃除がしやすいです。

回転率の高い商品

コストコで利益を出すには、回転率の高い商品を選ぶとよいです。

トイレットペーパーやキッチンペーパー、油や洗剤など日用品がおすすめ。

高額商品であれば高い利益率が期待できますが、

売れなかった場合は在庫を抱えることになります。

仕入れの費用も必要です。

仕入れ費用にたくさんお金を使ってしまうと、

仕入れたい商品が出たときに買えなくなってしまうこともあるでしょう。

まずは低価格で仕入れしやすく、どんどん売れる商品を扱うことです。

コツコツ資金を貯まったところで、少し高額の商品を選ぶのもよいでしょう。

消費期限が長い商品

消費期限が長い商品も、コストコせどりでおすすめです。

缶詰、瓶製品、家電や紅茶などを選びましょう。

消費期限が長ければ、万が一売れ残ったとしても次のタイミングを待つことができます。

長く販売することもできるでしょう。

消費期限が短い商品は、早めに売らなければならず、

そのためには価格を下げて売るしかないため、注意が必要です。

コストコせどりで利益を出すコツ

コストコせどりで利益を出すためには、ちょっとしたコツがあります。

まずは、できることから始めてみましょう。

メルマガ登録をする

コストコにもメルマガがありますので、登録しましょう。

配信されるメルマガで最新情報を知ることができます。

最新情報には値下がり商品や、格安商品情報もあるので、

いち早く情報を把握しより早く行動することができます。

ライバルから遅れてしまうと、

売れなくなってしまうのでせどりに必要な情報はしっかり入手しましょう。

また、会員限定のメルマガは登録すればSALE情報だけでなく、クーポンなども配信されます。

セールを利用する

季節商品やイベント商品、型落ちなどの在庫処分セールを利用しない手はありません。

大幅値下げなどをしていることも多いので、チェックすることです。

ただし、低価格であっても、ほかでもセールをしているものには注意が必要。

Amazonや家電量販店と価格を比較し、損をしない、売りやすい商品を選びましょう。

大量に仕入れ安く売る

コストコせどりは、大量に仕入れて安く売れるのがメリットです。

仕入れ数が多いので費用はかかりますが、1個ごとの商品単価は安くなります。

価格であれば、売れ行きもよくなるでしょう。

季節ごとに売れる商品や人気商品を仕入れるのもポイントです。

ただし、食品は賞味期限に注意しましょう。

万が一売れ残ってしまった場合、期限を過ぎてしまうと売れなくなってしまいます。

セット購入してバラ売りをする

まとめて購入した商品をバラで販売するという方法も販売方法の一つです。

まとめて購入する商品の中で個包装になっていれば、

それを1つの商品として販売することが可能です。

同じジャンルの違った種類の商品を集めてセットにして売ることもできます。

値札をチェック

コストコの値札の表記をチェックしましょう。

値札には暗号が記載されています。

「*」や「+」、「77」などの記号は値下げされているケースが多いです。

商品の値札をチェックしてみましょう。

コストコのメリットを把握し利益を出す仕入れをしよう

コストコのメリットは、数量制限がなく大量に仕入れることができることです。

しかも安い価格で買えるので、手元の資金が少なくても仕入れ可能です。

さまざまなジャンルの商品が数多くあり、売りやすい商品を見つけることもできるでしょう。

店舗数も少なく、仕入れにくいことでライバルもほかと比べると少ないと考えられます。

コストコせどりは、大量仕入れで安く売れば利益を出すことが可能です。

売れ筋商品や回転率の高い商品を仕入れ、利益を出しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。