転売とは?意義や定義・違法か合法なのか丁寧に解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
転売とはどのようなビジネスモデルなのか知りたい(わからない)
という方のために、意義や定義などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 転売がどのようなビジネスモデルなのかわかる
  2. 転売が違法なのかどうかわかる
  3. 定価以上の価格で売っていいのかわかる
  4. 転売ビジネスを始める流れがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、転売とはどのようなビジネスモデルなのかについて、解説をしていきます。

 

転売とはどんなビジネスモデル?

そもそも、転売とはどのようなビジネスモデルなのでしょう。

これから、転売ビジネスに取り組んでみたいと考えているのなら、

意味や定義なども理解しておくことをおすすめします。

転売は、実店舗やオンラインショップなどで購入した物品を、

別の場所で販売する行為を指します。

購入したときの価格と、販売時の価格差で利益を得るビジネスモデルです。

詳しく見ていきます。

転売の意味

転売の意味は、一方から仕入れた(購入した)商品を、ほかの場所で販売する行為です。

安く仕入れたものを、別の場所で高く売って、価格差で利益を得るビジネスモデルです。

つまり、一般的な物販ビジネスと転売ビジネスは、ほぼ同じといって差し支えありません。

一般的な物販ビジネスも、卸業者や卸サイトなどから商品を仕入れ、

実店舗やオンラインショップで販売をします。

仕入れ値と販売時の価格差で利益を得る仕組みなので、

物販ビジネスと転売ビジネスには何ら変わりがありません。

転売の定義とは

転売の定義は、実店舗やオンラインショップなどで購入した品物を、別の人に販売する行為です。

家電量販店やホームセンター、ドラッグストアなどで購入した商品に、

自身で値段を付け直して販売します。

転売の意味でもお伝えしたように、

転売ビジネスそのものは通常の物販ビジネスと何ら変わりありませんが、

ではなぜ転売にネガティブなイメージがあるのでしょうか。

それは、転売で利益を得ている方の中には、

希少な品を買い占めて販売しているような方もいるため、

ネガティブなイメージがついたのだと考えられます。

また、インターネットの普及により、

こうした転売ヤーの行動を容易に知れるようになったのも、理由かもしれません。

転売は違法?

これから転売ビジネスを始めるにあたり、

違法なのか合法なのかと気になっている方もいるかもしれません。

転売にはどうしてもネガティブなイメージがつきまとうため、

違法なのではないかと心配している方は一定数いるようです。

不安な気持ちを抱えたままではビジネスをスタートさせることはできないので、

ここで解消しておきましょう。

転売は合法だから犯罪ではない

転売は、一般的な物販ビジネスと利益を得る仕組みは何ら変わりないため、

合法的なビジネスモデルです。

実際、転売を生業としている個人や法人は多く、合法的に利益を得ています。

転売自体にはまったく違法性がないため、安心して取り組んでください。

ただ、転売そのものに違法性はなくても、絶対に違法とならないわけではありません。

実は、扱う商品によっては違法になってしまうケースがあるのです。

実際、過去には扱ってはいけない商品を転売してしまい、逮捕されてしまった例もあります。

これについては、後ほど詳しくお話ししましょう。

転売ヤーが捕まる可能性はある

合法である転売ビジネスですが、転売ヤーが逮捕されてしまう可能性はあります。

転売では、扱ってはいけない商品があるのです。

たとえば、チケットの転売が代表的です。

転売目的でチケットを購入し、利益を得る行為は違法となるため注意しなければいけません。

また、営利目的で酒類を仕入れて販売するのも違法です。

酒類を販売するには免許が必要なので、扱ってしまうと無免許販売となってしまいます。

さらに、中古品を扱うときも注意が必要です。

中古品を扱っている転売ヤーは少なくありませんが、

厳密には古物商許可を取得しなくてはなりません。

古物商許可を取得せずに中古品の転売をしてしまうと、

罪に問われてしまうおそれがあるため、注意しましょう。

法律違反となり受ける罰則は?罪状や罰金は?

たとえば、古物商許可を取得せずに中古品を転売してしまうと、

古物営業法違反に問われるおそれがあります。

この場合、3年以下の懲役または100万円以下の罰金、

科料に処されるおそれがあるため、注意が必要です。

チケットの転売は、チケット不正転売禁止法違反が適用されます。

こちらは、1年以下の懲役、または100万円以下の罰金もしくは科料に処されます。

酒類の転売では、酒税法違反に問われる可能性があり、

医薬品の転売は薬機法違反になるおそれがあるため注意が必要です。

定価以上の価格で売っていいのか

転売ビジネスでは、ときに定価以上の価格を付けて販売するケースがあります。

ネットオークションでも、定価以上の価格で販売されているものを

目にすることは少なくありません。

基本的に、定価以上の価格で販売してはいけない法律はなく、

自由競争の範囲内とみなされています。

そのため、定価以上の価格で転売をしたとしても、罪に問われることはありません。

定価以上の価格で売られているものとしては、プレミアがついたもの、

希少なもの、雑誌などで取り上げられたものなどが挙げられます。

転売ビジネスを始める流れ

転売ビジネスの始め方は、まったく難しくありません。

中古品を扱うには古物商許可が必要ですが、

新品を販売するのであれば、特にこれといった免許や資格は不要です。

誰でも気軽にチャレンジできるのは、転売ビジネスの大きなメリットといえるでしょう。

以下、一般的な転売ビジネスの始め方、流れを解説します。

商品のリサーチ

転売ビジネスで利益を得るには、商品のリサーチが必須です。

需要がない商品を仕入れても、購入に結び付かず、利益につながらないからです。

まずは扱う商品を選定しますが、そのためにリサーチをしなくてはなりません。

どのような商品が売れているのか、需要があるのか、

利益を出しやすいのか、といったことをリサーチします。

すべて手作業でリサーチをするのは時間も手間もかかるので、ツールの利用がおすすめです。

リサーチを効率的に行えるツールがいくつもリリースされているので、

利用を検討してみてはいかがでしょうか。

無料で利用できるツールもありますが、有料でより強力な機能を実装したツールも多数あります。

機能や操作性、費用などを比較しつつ、ツールを選んでみましょう。

仕入れ先の選定

転売する商品を、どこで仕入れるかも大切なポイントです。

何を扱うかにもよりますが、転売の仕入れ先としては、家電量販店やホームセンター、

ドラッグストア、リサイクルショップなどが考えられます。

仕入れ先選びのポイントとしては、安く仕入れられるかどうかです。

物販ビジネスの利益を最大化するには、少しでも安く仕入れる必要があります。

安く仕入れられるか、安定した供給を受けられるか、

といった部分を重視しつつ選定してください。

仕入れ先を決めたら、実際に商品を仕入れます。

仕入れた商品は、お客様のもとへ届けるまで大切に保管しなくてはなりません。

そのため、できれば在庫を管理する専用のスペースも用意したほうがよいでしょう。

販売先の選定

仕入れた商品を販売するお店を決めます。

候補としては、Amazonやヤフオク、メルカリなどが挙げられます。

初心者の方におすすめなのはAmazonです。

さまざまなジャンルの商品を扱っている大手通販サイトであり、集客力も抜群です。

競合は多いものの、圧倒的な集客力は軽視できません。

また、Amazonには商品の梱包や発送などを代行してくれる、

FBA(フルフィルメント by Amazon)サービスもあります。

このサービスを利用すれば、自身で在庫管理や梱包、発送業務をしなくてよいため、

仕入れに集中できます。

費用はかかりますが、ある程度ビジネスが軌道にのったら、FBAの利用も検討してみましょう。

なお、Amazonは商品によって出品制限が設けられるため、そこは注意が必要です。

あらかじめ自身の扱おうとしている商品が、

Amazonで出品制限がかかっていないかどうか、確かめておいてください。

実際に販売する

売れるまでに時間がかかっても、諦めずに続けることが転売ビジネスを成功に導くコツです。

どうしても商品が売れないときは、競合の売り方を参考にするのもひとつのアイデアです。

商品の説明にも工夫が必要で、消費者は同じ商品であれば、

できるだけ説明が充実しているほうを選びます。

そのため出品時には、できるだけ商品説明を充実させましょう。

発送するときは、ちょっとしたお礼のメッセージを書いたカードなどを添えると、

リピーターになってもらえるかもしれません。

転売は物販ビジネス初心者にも取り組みやすい

転売は合法なビジネスモデルですが、扱う商品によっては違法になってしまうため、

そこは注意してください。

それさえ気を付ければ、転売で利益を得ることは十分可能といえます。

転売の魅力は、誰でも容易に取り組めることです。

物販ビジネスの初心者にも、転売ビジネスはおすすめです。

転売ビジネスに取り組み始めたばかりのころは、

なかなか成果を出せずに焦ってしまうかもしれません。

ただ、これは多くの方が通る道です。

焦らずじっくりと取り組んでいけば、いずれ結果はついてくるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。