転売と物販の違いは?初心者向きなのはどっち?

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
転売と物販の違いについて知りたい(わからない)
という方のために、それぞれの特徴や初心者向きなのはどちらなのかについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 転売と物販の違いがわかる
  2. 初心者向きなのはどちらかわかる
  3. 転売ビジネスのメリットがわかる
  4. 転売ビジネスの注意点がわかる
  5. 物販ビジネスのメリットがわかる
  6. 物販ビジネスの注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、

現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、

指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、転売と物販の違いや特徴、

初心者向きなのはどちらなのかについて解説をしていきます。

 

転売と物販の違いとは

転売も物販も、商品を仕入れて販売するビジネスモデルです。

そのため、双方はまったく同じビジネスモデルではないのか、

どこに違いがあるのか、といった疑問をもつ方は少なくありません。

たしかに、

ビジネスモデルとしてはとてもよく似ていますが、

仕入れ先や売り方などに多少違いがあります

物販の場合、卸業者や卸サイトなどを中心に商品を仕入れ、

自社ECサイトやネットショップなどで販売をします。

一方、転売は小売店やネットショップなどから商品を仕入れ、

フリマサイトやネットオークション、

ECサイトなどで販売をすることがほとんどです。

このように、ビジネスモデルとしてはほぼ違いがありませんが、

仕入れ先や販売先などに違いがあります。

初心者向きなのはどっち?

転売と物販を比較した場合、初心者向きなのは転売です。

なぜなら、転売は誰でも手軽に取り組め、

成果を得られるのも早いからです。

転売を始めるにあたり、必要なものはほとんどありません。

インターネットに接続できるパソコンやスマートフォン、

タブレット端末、商品を仕入れるための資金などがあれば、

転売は始められます。

一方、本格的に物販ビジネスに取り組むとなると、

商品を販売するためのプラットフォームを構築しなくてはなりません。

実店舗やネットショップを構築する必要があるため、

ある程度のコストがかかります。

ビジネスを開始するまでにも一定の期間が必要となるため、

すぐに始めたいと思っても開始できません。

このような理由から、

初心者におすすめなのは転売ビジネスです。

転売ビジネスのメリット

購入する側であったユーザーが、

販売する側になる転売ビジネスには様々なメリットがあります。

一つ目は手軽に取り組みやすい、

二つ目は手間がかからない、三つ目は高利益を狙える、

以上3点が転売ビジネスにおける代表的なメリットです。

他にも市場分析能力向上や販売実績の構築、

流行の察知や予見等の転売の経験が多くなれば、

販売者個人の販売能力が高くなる等のメリットがあります。

以下、転売ビジネスの代表的なメリット3点をそれぞれ詳しく解説します。

手軽に取り組みやすい

転売のメリットは、取り組みやすさです。

転売は気軽に取り組めるのが大きなメリットと言えます。

転売はインターネット環境とパソコンとスマートフォンが整っていれば、

商品の仕入れや販売ができるためです。

低コストで手軽に始められるため、

誰にでも転売で稼ぐチャンスがあります。

思い立ったその日に、転売ビジネスを開始できるのも大きな魅力です。

転売はすぐに始められる取り組みやすさこそ、

転売ビジネスのメリットになります。

手間がかからない

転売ビジネスは、手間をかけずに取り組める事が大きなメリットです。

スマートフォンがあれば取り組めるので、

電車やバスの移動中にも取り組めます。

そのため、仕入れから販売まですべてオンラインで完了するので、

店舗まで足を運ぶ必要がなく、

外出をして仕入れをする必要がありません。

出品もオンラインで済ませられる為、手間がかからないのが大きな魅力です。

しかし、転売ビジネスは手間がかからないのかといわれればそうではありません。

商品の仕入れ先の開拓等をしないといけないため、

必要最低限の手間はかかりますが、

工夫次第で手間を大幅に削減できるので、

空いた時間を有効に活用できれば、効率的に稼ぐ事ができます。

高利益を狙える

転売ビジネスは、高い利益率を実現できるのも魅力です。

扱う商品にもよりますが、

限定商品や希少品などは高値で売れる可能性があります。

転売は様々な仕入れ先を利用することが多く、

希少品等が低価格で出品されていることも珍しくありません。

スピーディーに商品の仕入れと販売ができるのも、

転売ビジネスの大きな強みなので、

大きい利幅で高利益を出す事が重要です。

その為、転売ビジネスに取り組んでいる方の中には、

希少品や限定品などの高値がつく商品ばかりを専門に扱う方もいます。

しかし、利幅が大きい額を狙う商品等の取引には売ることが

できなくて在庫を抱えてしまうリスクが伴う事も理解した上で、

高額品の販売には十分注意をしなければなりません。

転売ビジネスの注意点

転売ビジネスの注意点として、

転売ビジネスへの手軽さや取り組みやすさがある為に、

競合が多い事や仕入れから販売への商品を購入する為の資金が

必要であることが挙げられます。

他にも在庫を抱えすぎてしまう等の、

取引商品におけるリスクがある事も把握し、

様々なトラブルリスクを回避しながらも注意点をしっかりと念頭に置いて、

健全な転売ビジネスに取り組めるようにしていく事が今後の注意点として重要です。

以下の2点を解説していきます。

競合が多い

転売ビジネスには多くの競合が存在します。

転売は誰にでも気軽に取り組む事ができるので、

早く成果を得ようとする競合が多くなることが懸念点です。

このような理由から、

あらゆる商品のジャンルにおいて、多くの競合がいると考えて差し支えありません。

同じ商品が並べば価格競争が起き、

値下げが起きれば仕入れに対する利幅が狭くなり、

商品が売れても利益が出なくなるといった状況に陥る可能性も十分にあります。

競合との差別化を図るのであれば、

流行に沿った商品が多く並んでしまう可能性が出たとしても、

素早い出品で販売速度を上げる、

需要の高い販売先を絞り込むなどの創意工夫が大切です。

ある程度資金が必要

インターネット環境が整い、

スマートフォンやパソコンなどの端末があれば転売ビジネスを始められますが、

商品を仕入れるには資金が必要です。

商品を仕入れる資金がない状況では、

転売ビジネスを始められません。

そのため、転売ビジネスを始めるにあたっては、ある程度の資金が必要にです。

資金が少なすぎると、

希少品等を見つけたとしても仕入れられず、

競合に奪われてしまいます。

資金がほとんどない状態で始めると、

安定した仕入れもできません。

本格的に転売ビジネスを始めるのであれば、

ある程度まとまった額の資金が必要です。

転売ビジネスを始める予定があるのなら、

今すぐに不用品を集めて出品するなどを始めてみる事を勧めます。

また、金融機関から融資を受けるのもひとつの手段です。

物販ビジネスのメリット

物販ビジネスは、転売に比べて自分のペースで取り組めるのが魅力です。

また、開設したネットショップは資産になり、

安定した利益を得られる可能性がある等のメリットもあります。

物販ビジネスのメリットを把握し、

転売ビジネスとどちらが自分に適しているのか、

しっかりとした判断が必要です。

自分のペースで取り組める

物販ビジネスのメリットは、自分のペースで取り組めることです。

ネットショップを開設すれば、

あとはいつも利用する仕入れ先から定期的に商品を仕入れ、

販売や商品管理を行うだけで、収益を上げることができます。

希少品や限定品をメインで扱う転売の場合、

常に商品をリサーチしなくてはなりません。

スマートフォンやタブレット端末が手放せず、

その時々に応じて仕入れを行う必要も出てきます。

最初の仕組み作りが大変なのは転売も同じですが、

マイペースに取り組みながら将来性を高められるのは、

物販ビジネスの魅力です。

ショップが資産になる

物販ビジネスでは、自身で登録したネットショップや、

開設したECサイトを運営することで、

それまでの実績がビジネスの資産になります。

転売ビジネスの場合、

販売先が閉鎖したら新たな販売先を見つけなくてはなりません。

一方、物販ビジネスであれば、様々な登録先のネットショップや自身で

開設したECサイトがあるため、安定したビジネスを展開できます。

安定した利益を得られる可能性がある

定期的な商品の仕入れ先を確保できれば、安定した利益を得られます。

転売ビジネスで利用する販売先サイト等に依存しないため、

さまざまな施策が実行できればより利益を高められる可能性が幅広いです。

自身で運営しているネットショップやECサイトであれば、

独自のアイデアを活かして戦略を組み立てられます。

競合にはない独自のサービスを提供できるので、

創意工夫を凝らした魅力的なネットショップを

構築できれば利用者の満足度を高くできるので、

安定した収益を得る為のリピーターを多く増やすことが重要です。

そして、継続的に利用してくれるリピーターを増やせば増やすほど、

安定した収益につながります。

物販ビジネスの注意点

物販ビジネスにも、

転売同様にショップ開設時に

出品する商品個数の在庫が必要となるなど、いくつかの注意点があります。

物販ビジネスの注意点としての一つ目は、

転売以上に資金が必要になるケースが多い、

二つ目は、ショップを運営する為の経営力が求められるの2点です。

転売以上に資金が必要になるケースが多い

ネットショップやECサイトを運営するなら、常に在庫を用意しておく必要があります。

お客様が商品を注文したら、

すぐに配送の手配をしなくてはならず、

常に在庫を抱えなくてはなりません。

転売であれば、商品がなければ出品しなければよいだけです。

一方、ネットショップやECサイトの運営ではそのようなわけにはいきません。

常に在庫が必要なので、転売以上に資金力が必要になります。

ショップを運営するのなら経営力も必要

ネットショップやECサイトを運営し、

安定した収益を得るには経営力も求められます。

魅力ある商品を仕入れるだけでなく、

独自の経営戦略を組み立て、

長期的な視点でビジネスを展開しなくてはなりません

経営力がなければ、

ネットショップやECサイトの運営を始めてもすぐに撤退です。

経営力を磨く為に、

日頃から書籍やネットで情報収集を行い、

成長の努力を続けることが重要です。

初心者向きの転売ビジネスで成功を狙おう

転売ビジネスであれば、

物販ビジネスと比べて低リスクで始める事ができる為、

初心者に適しています。

転売も物販を含めた販売方法なので、

転売か物販で悩んでいるのなら、

転売から始めれば物販ビジネスのノウハウの構築できます。

もちろん、

いくら転売ビジネスが物販に比べて初心者向けとはいっても、

注意点があるのは事実です。

初心者が始め易いビジネスモデルが転売なので、

今すぐ行動して転売ビジネスを始めましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、

丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。