カード転売で稼ぐ方法とは?おすすめの種類とコツや注意点も解説!

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
カード転売の方法について知りたい(わからない)
という方のために、カード転売のやり方とコツや注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. カードの転売におすすめの種類を知ることができる
  2. カードの転売に必要な仕入先と販売場所を知ることができる
  3. カードの転売のメリット・デメリットがわかる
  4. カードを転売する際のコツがわかる
  5. カードを転売する際の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、カードの転売の方法について解説していきます。

 

転売におすすめのカードの種類

カードの転売で稼ぐコツは、需要のある人気おすすめカードを転売することです。

何年も前から人気で、現在でも人気が衰えず高額で取引されているカードもあります。

いま流行りのおすすめカードもあるので、細かくリサーチして転売するのがコツです。

ここでは転売におすすめのカードの種類を紹介するので参考にしてください。

ポケモン

ポケモンカードは、誰もが知っている人気トレーディングカードです。

アニメ「ポケットモンスター」のキャラクターカードで、圧倒的な価格で転売されています。

レアキャラや限定カードが人気で、希少で高額であっても取引されています。

ポケモンイラストレーターの入賞者のみに配られたカードや、

20周年記念のカードは最大で200万円から4200万円といった高額で転売されているのです。

日本の文化となったポケモンは、今後も高騰しそうです。

遊戯王

遊戯王は、2014年に最も売れているカードゲームとしてギネスブックに載りました。

公式の大会で上位になったカード、少年ジャンプのイベントで配られたカードが人気です。

レア度の高いシークレットレアカードは、数百万円という高額な価格で取引されています。

遊戯王初代など、最近より以前に販売されていたカードの方が価値が高いです。

人気が10位のカードでも50万円以上の価格で取引されているので、転売におすすめです。

ドラゴンボール

ドラゴンボールのトレーディングカードも非常に人気で、

特にドラゴンボールカードダスという種類は1988年~1997年の限定販売のため、

希少価値が高くておすすめです。

人気なのは少年ジャンプのイベントで配られたカードで、

孫悟空やご飯といった主役キャラのカードは50万円以上もの高額な価格で転売されています。

ドラゴンボールのカードにはさまざまな種類があり、

どれも人気で転売されていてこれからも高騰しそうです。

デュエル・マスターズ

デュエル・マスターズのカードは大人や子供まで幅広い年齢層に人気があります。

デュエル・マスターズは遊戯王と並ぶくらい人気度が高く、高額な価格で転売されています。

デュエル・マスターズのカードは単品よりも箱買いが人気で、

意外にもお得に仕入れられる場合もあり、

限定数や希少価値の高いカードの方がより高額で購入されていておすすめです。

漫画の付録として付いていたカードやレアカードも人気で、転売のポイントになります。

マジック・ザ・ギャザリング

マジック・ザ・ギャザリングは1993年に、世界で初めて販売されたカードゲームです。

短い間で爆発的な売上を生み出したことから、

世界中の多くのメーカーがカード販売を開始し、

トレーディングカードの火付け役となった有名なカードゲームです。

マジック・ザ・ギャザリングのカードには、

アーティストプルーフというイラストをデザインした本人にのみ渡されるプリント見本があり、

50枚しかないため高額転売されています。

プロ野球

プロ野球選手の写真がプリントされたカードは、大人から子供まで人気のある種類です。

プロ野球カードはJリーグカードと同様に、ポテトチップスのおまけに付いていました。

子供のおこづかいでも買える価格だったので、男の子たちがこぞって集めていたカードです。

現役選手から引退選手まであり、引退選手はレアカードとなり人気で高額転売されています。

今シーズン活躍した選手は、一時的に価格が高騰するなどして転売におすすめです。

転売するカードの仕入先

転売するカードの仕入先のおすすめはおもに3つあります。

仕入先探しに難しいことはなく、普段何気なく使う場所で仕入れられます。

仕入れ先によって特長があるので、自分の仕入れ条件に合う場所で購入しましょう。

ここでは転売するカードの仕入先のおすすめを紹介します。

仕入先で価格が異なるので参考にしてください。

カード取り扱い店舗

転売するカードの仕入先に最もおすすめなのが、カード取り扱い店舗です。

カードゲームを専門に扱う店舗の利用は、豊富な種類のカードがあり効率が良いです。

バラ売りから購入できることがほとんどで、拡張パックはランダムで注意も必要。

カード取り扱い店舗で購入する前に平均的な相場を知っていると、

リサイクルショップで思わぬレアカードが安値で手に入る可能性もあります。

カード取り扱い店舗は状態が綺麗です。

オンラインショップ

オンラインショップで転売するカードを仕入れることは、

24時間誰でも時間のあるときに仕入れられて、

店舗へ直接出向かなくてもいいというメリットもありおすすめです。

カード転売を副業にしていて昼間は忙しいという人にも、仕入れやすいのがポイント。

実店舗でなくオンラインショップでも大量販売されていて、オークションでも同様です。

オークションは入札で熱くなり過ぎて、高額仕入れで損しないよう気をつけましょう。

フリマアプリ

最近流行りのフリマアプリは、オンラインショップ同様に大量販売されています。

フリマアプリは送料込みの価格がほとんどなので、ここがオンラインショップとの違い。

オンラインショップでの送料は無料や有料が混在しているので、無料を選ぶのが手間です。

レアカードや希少価値の高い種類が転売されていて、

お得な価格で仕入れられることもありますが、

自宅保管というデメリットもあるので状態の確認はしっかりおこなってください。

転売するカードのおすすめの販売場所

転売するカードのおすすめの販売場所は、おもに3つあります。

仕入先を探すのと同時に、転売する販売場所も探すことがコツです。

おすすめの販売場所は、普段から人気があるので売れやすさもあります。

ここでは転売するカードのおすすめの販売場所を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Amazon

Amazonはカードを転売する際に人気と知名度があっておすすめです。

Amazonの会員登録の必要があって、小口出品か大口出品かを選んで契約します。

小口は100円、大口は4900円のプラン料金がかかり、ほかには販売手数料が発生。

Amazonは世界中の多くの人が利用しているので、売れやすさがあるのがおすすめです。

送料は販売者が持たないと売れにくい傾向がありますが、それでも高い価格で取引されています。

ヤフオク!

ヤフオク!はカードの出品数が多くライバルもいますが、

利用者の年齢層の幅が広いので、売れ残りの心配が少なくお金に余裕のある人の落札が多いです。

高額な取り引きの際は丁寧なやり取りを求められますが、

安く仕入れて高く売れる販売場所なので、1度は利用してみてください。

ヤフオク!の利用は2種類どちらかの月額料がかかるので、選ぶ際のポイントです。

有料である分サポートもしっかりしているので、初心者にもおすすめです。

フリマアプリ

フリマアプリも転売するカードのおすすめの販売場所です。

メルカリやラクマなど種類も増えていますが、特にメルカリがおすすめです。

メルカリはフリマアプリのなかでもカードの出品数が最も多いサイト。

利用者の年齢層が幅広く、主婦が子供のためにカードを購入して集めています。

パソコンとスマホの両方が使えるので、注文のしやすさも売上に大きく影響しています。

販売者が送料を負担しますが、その送料が安いのもメリットです。

カード転売のメリット

カード転売自体は薄利多売で、ある程度の努力が必要なビジネスです。

カードは全ての種類が高価なわけではないので、初心者にも始めやすいです。

さまざまな転売があるなかで、カードだからこそのメリットがあります。

ここからはカード転売のメリットを説明していきます。

カード転売を決めるポイントにしてください。

初心者にも始めやすい

カード転売は初心者も始めやすいところがメリットです。

カードは安い通常のカードから高い高額なカードの種類まであり、

カード転売に挑戦したいという際に価格にこだわらなければ数百円から始めることができます。

カード転売する際の資金が少額で済むのは、リスクが少ないので非常にメリットです。

資金がなかなか貯まらない、手元にお金が無いという人が転売をしたい際はおすすめ。

失敗した際も数百円ならリスクが低いです。

回転率が高い

カード転売は回転率が高いことがメリットで、ほとんどが出品から1か月以内で売れます。

カードを常に狙っているコレクターが多くいるため、短期間で売ることが可能です。

カード転売はマニアに向けて販売しているので、出品後直ぐに売れる傾向が高いです。

カードは新しいカードが直ぐに販売され、

古いカードはプレミアが付くのでどちらも人気で在庫を抱える心配がありません。

仕入れた先から売れるので自信になるビジネスです。

利益率が高い

カード転売はカードの種類にもよりますが、30%~50%という高い利益率です。

売れやすく稼ぎやすいビジネスで、

レアカードは仕入れの何倍もの価格で取り引きされるので

プレミアが付きやすく儲けやすさがあります。

新しいカードが販売される期間が早く、

回転良くカードの種類を変更できて飽ずに継続して転売することができます。

新しいカードと古いカードを組み合わせることで、

今までより効果的に使えるカードもあるので、

もとの相場が高騰する傾向が高いのもメリットです。

販売が終了したカードも同様で初心者も稼ぎやすいでしょう。

保管場所に困らない

カード転売は商品そのものが小さくて場所を取らないので、保管場所に困らないです。

広いスペースがなくても自宅の一角を使って大量仕入れすることができるのもメリット。

カード転売は転売商品のなかでも場所を取らないことで人気です。

転売をしているとどうしても商品が増えすぎて置くスペースが無くなってくるので、

そういった悩みが起きない面においても、継続しやすいビジネスであるといえます。

自宅が狭い人も始めやすいです。

海外にも人気がある

カード転売は世界共通で人気があることをご存知でしょうか。

人気アニメキャラなど日本だけでなく海外にも人気があって、

ポケモンやドラゴンボールなどは世界中にマニアが存在するため、

スケール大きく販売することができるのがメリット。

海外にも人気のあるキャラクターのリサーチが必須ですが、

日本で人気のある種類と共通しているので、難しく考えなくても稼ぐことができます。

日本国内よりも高額で転売できる可能性もあります。

カード転売のデメリット

カード転売は初心者も稼ぎやすいのがメリットですが、一方でデメリットもあります。

カード転売は少額で始められて誰でも気軽にできるのでライバルが多く、

ライバルと差をつけた転売が重要です。

1枚売っただけではなかなか儲けにならないし薄利多売で価格も常に変わります。

ここからはカード転売のデメリットを説明します。

相場の変動が激しい

カード転売は常に相場が一定でないことがデメリットです。

いまの相場はいくらなのかといったリサーチを怠らずおこなう必要があります。

大会の優勝者が使っていた、上位互換カードが発売された、

ルールの変更、使用禁止など、

その時で状況が変わるので情報の変化に敏感にならないといけません。

ずっと同じカードを売り続けて販売することは難しいので、

カードの入れ替えをしたりカードの販売を一時的に止めたりすることになります。

大量に転売する必要がある

カード転売は1枚売っただけでは単価が安いと稼ぐことはできないので、

利益率をあげるためには大量に転売しなければ稼げないというデメリットがあります。

カード1枚当たりの単価は数百円と考えておくのが妥当で、

レアカードや希少価値の高いカードに出会える回数はなかなかないため、

一気に売上を上げることは難しいです。

大量に転売する必要があるので薄利多売で、手間や作業の回数が多くなります。

コツコツ努力して稼ぐ転売です。

カード転売をする際のコツ

カード転売は単価が安く大量に売る必要がありますが、転売する際のコツがあります。

どの転売も安く仕入れて高く売ることは鉄則で、

できるだけ余計な出費を抑えることがポイントなので、いま自分の転売状況はどうなのか、

見直すことも重要です。

ここではカード転売をする際のコツを説明します。

今日から見直せる内容です。

相場をリサーチしてから転売する

カード転売は価格の変動が激しいとお話ししました。

価格の変動に動揺せずに対処するために常に相場をリサーチします。

カード転売の価格は日々変動するので確実なリサーチが必須です。

人気のないカードを間違えて仕入れて販売し、失敗することのないように注意します。

カード転売の価格のリサーチはインターネットで検索して、いまの価格はいくらか、

そのカードを出品している人はどのくらいいるのかなどをポイントに見ていきます。

経費を抑える

カード転売で稼ぐためのコツは、余計な出費を抑えることが鉄則です。

余計な出費は人気のないカードを買うことや、高額なカードの買い過ぎだけでなく、

日々の経費をなるべくかけないようにすることも重要なポイント。

手数料、梱包代、送料など、経費は地味にかかるので、

経費にいくらかかっているのかを把握することも稼ぐために大切なコツです。

送料や梱包代をできるだけ安くすることで、意外にも経費を抑えることができます。

カード転売をする際の注意点

カード転売する際は注意点があります。

カード転売を始める前に知っておくことでリスク回避になり、後々慌てずに済みます。

始めてから知ったでは遅いのでビジネス意識が大切です。

カード転売には資格が必要など、驚きの注意ポイントもあるので覚えておきましょう。

ここからはカード転売をする際の注意点について説明します。

カードを転売するには資格が必要

カード転売には古物商許可証という資格が必要で、

資格がないとカードを転売することができません。

カード転売に資格が必要なことを知らずに販売している人も多く、

バレてしまったら警察に逮捕や罰則を受ける場合があるので注意が必要です。

古物許可証はカードを販売する全ての人に必要なわけではなく、

転売目的でカードを買い取る際に必要な資格なので、カード転売においては必要な資格です。

資格なく営業すると3年以下の懲役または100万円以下の罰金が課せられる可能性があります。

カードの状態を確認してから転売する

カードを転売する際は、必ずカードの状態を確認してから転売するようにしてください。

カードに凹みがあったり小さな傷があったりする場合がありますが、

カード転売はその些細な内容で転売価格に大きな影響があるので、

綺麗な保管の徹底をすることが重要です。

購入者とのトラブルを防ぐためにも、

カードを出品する前に光の角度などでしっかり表面を確認して、

カードの淵などに削れや汚れがないかなど注意して見るようにしましょう。

偽物のカードがある

カード転売する際は、仕入れ時に偽物のカードを購入しないように注意してください。

トレーディングカードは人気で高値で取り引きされることから、偽物の販売が多いです。

特にレアカードは数万円という高額で取り引きされるので、

偽物を販売してバレなければいいと悪行をおこなう人がいます。

偽物のカードは、素人が見ただけでは全く区別がつかないほど巧みな仕上りです。

出品者の評価を確認して信頼性を調べてから購入しましょう。

転売におすすめのカードで稼ぎましょう

カード転売で稼ぐ方法と、おすすめのカードの種類やコツについて解説しました。

カード転売は少額の資金で始められるので、初心者にも挑戦しやすいビジネスです。

最初は数百円の安い単価のカードで転売して、慣れたら高額なカードを転売します。

レアカードは高騰するのでおすすめで、価格変動があるのでリサーチを徹底しましょう。

カードを転売するには古物商許可証という資格が必要で、

偽物を仕入れないように注意してください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。