転売でメルカリを利用する際の失敗しないコツとは?アカウント停止にも注意

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
メルカリでの転売について知りたい(わからない)
という方のために、転売でメルカリを利用する際の失敗しないコツや利益を上げる方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. メルカリ出の転売で注意したいことがわかる
  2. 売るためのコツがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、転売でメルカリを利用する際の失敗しないコツや

利益を上げる方法について解説していきます。

 

メルカリ転売で稼ぐためにしておきたいこと

登録も出品も簡単にできるメルカリは多くの人が物を売ったり、買ったりしています。

しかし、出品すれば必ず売れるとは限りません。

転売をするなら利益を上げたいものです。

メルカリでより多くの利益を上げるためには、次のようなことに配慮しましょう。

プロフィール作成に手を抜かない

メルカリで稼ぐには、プロフィール作成をしっかり行いましょう

メルカリのプロフィール欄をチェックしてから、

出品されている物を購入するという人も少なくないからです。

プロフィール欄では、ニックネームや出品数、

評価や自己紹介文などをチェックすることができ、

購入者はどのような人が出品しているのかを確認することができます。

精通している商品ジャンルや取引に対する心がけやスタンスなどを記載し、

安心して取引ができる相手であることを印象づけることが大切です。

売れている人のプロフィールを参考にして、

購入者によい印象を与えるプロフィール作成をしましょう。

タイトルと説明文で売上アップ

タイトルと説明文は適切に、情報がしっかり伝わるようにしましょう。

注意点の一つは、キーワードを意識して作成することです。

多くのユーザーはキーワード検索で欲しい商品を探します。

ユーザーが入力するキーワードにヒットするほど、閲覧される回数が増えるのです。

財布であれば、「三つ折り」「革製品」などのワードも入れるとヒットする回数が増えます。

商品情報は、ユーザーの立場になり、知りたい情報をきちんと盛り込むことが重要です。

サイズや型番、使用期間などを記載しておきましょう。

写真撮影は慎重に

スマホで写真を撮影し簡単に出品できるのがメルカリのメリットでもありますが、

手抜き写真では売れる可能性が低くなってしまいます。

写真撮影には配慮して、商品の魅力が伝わるようにすることが大切です。

さまざまな角度からの写真や、細かい部分のアップなど、

ユーザーがチェックしたいと思われる点やメリットを伝えられる写真を用意しましょう。

商品の輪郭などがわかりやすいよう、背景は白にするのがおすすめです。

アパレルなどの商品なら、タイル柄などオシャレな雰囲気を出すのもよいでしょう。

適正価格を付ける

販売価格は適正価格であることが必要です。

自分で価格設定ができるので、高く売りたい気持ちもあるかもしれません。

しかし、同じような商品があれば安い方が売れやすいものです。

そうは言っても、安すぎれば赤字になってしまうこともあります。

似た商品の価格帯をチェックし、適正な価格を付けましょう。

商品によっては送料も高くなることがあります。

送料や手数料、梱包する際の材料費なども含め販売価格を設定しましょう。

梱包に手を抜かない

商品を購入者に送る際には、ていねいな梱包をすることが必要です。

商品が売れればそれで利益になるわけではありません。

商品が購入者の元に届くまでは気を抜かないことです。

届いた商品が破損していれば、返品される可能性もあります。

衣類であればきちんと畳んでビニール袋に入れるなど、ていねいな梱包を意識しましょう。

形が崩れやすい物は、緩衝材などを使用してつぶれない工夫も必要です。

梱包用の材料は100円ショップでも手に入るので、チェックしてみましょう。

出品前のリサーチで失敗を避ける

転売で稼ぐにはリサーチが欠かせません。

今何が売れているのか、いくらくらいで売れるのか、売れる速さはどうか、

などリサーチをきちんとすることが、売れるコツです。

売れている商品や売上高をチェック

何が売れているのか、また売上高をチェックしましょう。

出品されている商品ではなく、売れた商品を確認します。

何がいくらで売れているのかをチェックし、価格相場を把握してください。

方法の一つは、売り切れ検索です。

検索ボックスに商品名を入力し、絞り込み機能で「売り切れ」を設定します。

検索結果が出たら、売れた頻度と価格をチェック。

1日で売れているなら、回転率が高い商品であると判断できます。

ライバルの商品ページをチェック

利益を出しているライバルの商品ページをチェックしましょう。

なぜ売れるのかを見つけるきっかけになります。

売れているライバルの商品ページには、次のような特徴があります。

一つは商品の写真がきれいで魅力的に見えること。

写真は商品購入に大きく影響します。

実際の商品が良くても、写真でそれが伝わらなければ売れません。

また、商品説明も読んでみてください。

検索されやすいキーワードが盛り込まれ、詳細に商品の情報が分かりやすく書かれているはずです。

転売でメルカリを利用する際の注意点

メルカリで稼ぐには、メルカリでのルールや規約違反などをしないことが前提です。

また、利益を得るにはコスト計算も重要です。

メルカリで転売をする際に注意したい点について解説します。

値下げ交渉をされることが多い

メルカリでは値下げ交渉ができます

「安くしてくれれば買う」と言われれば、安くしたくなるものですが、

コストを考えて値下げをすることが必要です。

ただし、値下げ交渉をしてきたからといって必ずしも

値下げをしなければならないわけではありません。

3,000円の商品を半額にしてほしいなど、非常識な値下げ交渉には、

きちんとお断りをすることも必要です。

また、断る際には値下げできる金額を提示するなど、ていねいな断り方をしましょう。

送料は出品者負担

メルカリでは基本的に送料は出品者が負担することが多いです。

出品する時には、送料込みでの価格を提示するのが普通です。

送料別、などとすると売れない可能性があるので注意しましょう。

送料はサイズや重さ、厚みで決まります。

商品のサイズが大きいほど送料もかかるということです。

らくらくメルカリ便やクロネコヤマト、ゆうパック、クリックポストなどを比較し、

安く遅れる配送方法を選びましょう。

手数料を含めたコスト計算が必要

コスト計算は出品にかかる費用をすべて計算することが必要です。

すべて漏れのないように把握しておかなければ、適正価格を付けることもできません。

商品の仕入れ費用のほか、メルカリの手数料や送料、梱包した際の材料費、

お店で仕入れた場合は交通費なども計算に入れておくことを忘れずに。

メルカリの手数料は出品のみであればかかりませんが、

商品が売れた場合には商品代金の10%の販売手数料がかかります。

また、一部のカテゴリーではライセンス料が別途かかる場合があります。

メルカリで出品できないものを把握

メルカリで出品できないものを把握しておきましょう。

自己判断で出品し、違反と判断されればメルカリを利用できなくなる可能性があります。

メルカリで出品できないものには、

• 偽ブランド品や正規品である確証のないもの
• 知的財産権を侵害するもの
• 武器などの危険物
• 医薬品
• たばこ
• 農薬

などさまざまなものがあります。

また、新型コロナウイルスに伴い、衛生マスクや体温計、ハンドソープなどの取引も禁止です。

さらに、食品を出品する場合は、消費(賞味)期限や

食品表示が確認できる画像を掲載することになっています。

メルカリのガイドをよく読んで、違反のないようにしましょう。

メルカリの転売対策に注意

転売は違法ではありませんが、プラットフォームによっては禁止していたり、

禁止の方向性であったりすることがあります。

メルカリは個人間のやり取りをするフリマアプリという位置づけなので、

利害目的の転売と判断されると、ペナルティを受ける可能性があるので注意が必要です。

ペナルティを避けるためにも、次のような点に注意しましょう。

短時間の大量出品をしない

1日に何度も同じ商品を大量に出品しないようにしましょう。

何度も再出品を繰り返していると、業者と判断されてしまう可能性があります。

公平性に欠けるということで、ペナルティの対象になってしまうかもしれません。

フリマアプリのメルカリは、あくまでも個人と個人との

やり取りが目的であることを念頭に置いて出品しましょう。

定価より高い価格を付けない

定価より高い価格は付けない方が安全です。

定価より1.5倍、2倍といった価格にすると、

転売目的でメルカリを利用していると判断されてしまうことがあります。

特に人気アニメ商品、限定品、一番くじ、非売品などには注意しましょう。

メルカリで評価を落とさないために

他のプラットフォームでもあるように、メルカリにも出品者の評価があります。

ユーザーは信頼できる出品者から購入したいと考えるものなので、

評価がよい出品者であることが重要です。

評価が悪いといくら安い価格を付けても売れないことがあります。

メルカリで評価を落とさないためにも、次のことに注意しましょう。

コメントはていねいに

返信をする際も、質問などをする際も、コメントはていねいな文章を心がけましょう

顔が見えない知らない相手との取引は、コメントの印象が大きく影響します。

乱暴な雰囲気の人とは関わりたくないと思ってしまうユーザーもいるでしょう。

敬語などを使わないフレンドリーな雰囲気も相手によってはよいこともありますが、

年配の人の場合もあるので、注意が必要です。

質問には誠意を持って回答

ユーザーからの質問には、適当な返信をせず誠意を持って回答しましょう。

写真と商品説明だけでは分からないことを、いろいろ聞かれることもあります。

面倒だからと適当に回答していれば、信用を失ってしまうかもしれません。

分からないことがあれば調べて回答する方が親切です。

ただし、調べても分からない場合は、ていねいな言葉を選んでそれを伝えましょう。

誤った情報を伝えると、トラブルにつながることもあるので適当な回答は控えることです。

返信はスピーディに

質問や値下げ交渉などのコメントには、できる限りスピーディに返信しましょう。

忙しいからと後回しにすれば、売上のチャンスを逃してしまうことがあります。

スマホでいつでも見られる環境なので、

返信がなかなか来ないと質問者に悪い印象を与えてしまうことも。

出品している時にはこまめにコメントのチェックをしましょう。

値下げ交渉はていねいさが必要

メルカリでの値下げ交渉は慎重に、ていねいに行いたいものです。

購入希望者の意向に沿った方がよい印象を与えると思いがちですが、

言われるままに値下げしていては利益が出ません。

いくらまでの値下げができるかをきちんと決めて、それ以下は値下げしないことが必要です。

断る際にも、ぶっきらぼうな言葉は避け、ていねいに断りましょう。

きちんと断ることが必要ですが、その際に許容範囲内での価格を提示するのも一つの方法です。

クレームには真摯に対応

「商品が破損していた」「商品が期日通りに届かない」などのクレームが生じる可能性もあります。

自分の不注意で起こったのであれば、真摯に対応しましょう。

返品や交換、商品の配送状況の確認など、迅速に調べ対応することが大切です。

中には悪質なクレームもあります。

相手のプロフィールや評価をチェックし、必要に応じてブロックをしましょう。

そのままブロックせずに取引を続けても、結果損害を被ってしまうこともあるので注意が必要です。

メルカリ転売の注意点を把握し失敗を避けよう

メルカリ転売で失敗を避けるには、メルカリの基本的なルールや注意点を把握することです。

プラットフォームにはそれぞれ特徴やルールがあり、どれも同じではありません。

自己判断で行うと、規則違反となりペナルティを受けることもあります。

メルカリではコメントでの質問や値下げ交渉も可能です。

ていねいなコメントのやり取りを心がけ、評価を落とさないようにしましょう。

商品リサーチや売れるための準備をしっかり行い、利益を上げられる転売を目指してください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。