転売は儲からない?売れない・稼げない理由や解決策を解説

こんにちは。中川瞬(@buppan_system)です。

中川
転売ビジネスは儲からないというのは本当なのかについて知りたい(わからない)
という方のために、転売ビジネスが儲からない理由や解決策について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 転売ビジネスが儲からない原因がわかる
  2. 転売ビジネスが儲からない人の特徴がわかる
  3. 初心者が転売ビジネスで儲かりにくい商品を知ることができる
  4. 転売ビジネスで儲かるためのコツを知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、

輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、

忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは転売ビジネスが儲からない原因や解決策について解説していきます。

 

転売ビジネスが儲からない原因

転売ビジネスが儲からない原因とは、どんなことがあるのでしょう。

売れるはずの商品を出品しているのに、利益が増えないと悩んでいる人は何か理由があるはずです。

転売ビジネスが儲からない原因について、みていきます。

情報収集をしていない

転売ビジネスが儲からないと悩んでいる人は、

商品の情報収集を十分に行っていない可能性があります。

転売の基本は、安い商品を仕入れて高値で販売すれば利益が多くなることです。

だからといって、メルカリなどをチェックしてただ安いから仕入れるだけでは、

売れなくても仕方ありません。

売れる商品をリサーチした上で、できるだけ安く仕入れることが大事なポイントです。

安いものをやみくもに仕入れても売れなければマイナスになるだけで、

在庫過多になってしまいます。

転売ビジネスで儲かるためには、入念な商品リサーチが重要となるのです。

資金不足で資金捻出ができない

転売ビジネスが儲からないと感じている人は、資金不足の理由が考えられます。

どんなビジネスでもそうですが、ある程度大きく動くことで利益を増やすことができるものです。

リスクは多少背負いながらも、

大きく勝負することでプラスの利益を作っていくことはビジネスの戦略です。

しかし、資金が少ない場合はそういった勝負に出られないため、

コンスタントに売れたとしても利益を伸ばすことができなくなります。

転売ビジネスでもうからないと思っている人は、

転売に使える資金が少ないため大きな利益を得られていない可能性が考えられます。

作業効率が悪い

転売ビジネスを行う上で作業効率も売上に影響します。

商品を仕入れて、出品をし売れたら発送の手配を行うという基本作業以外に、

商品のリサーチを行わなければいけません。

出品作業も慣れないうちは時間が掛かることも多く、

1人で行うとはかどらないということもあります。

早く稼ぎたいとたくさん商品を仕入れて出品を行った結果、

作業効率が悪くて発送が遅れ評価が下がったというケースもあるのです。

作業効率が悪ければ商品の回転率も落ちるため、転売で儲からないと感じてしまいます。

初心者のうちは、あまり無理なことをせずに効率がよくなるための方法を優先しましょう。

ライバルが多すぎて儲からない

転売ビジネスは儲かると言われ、多くの人が参入しているマーケットです。

特に昨今は副業ではじめる人が増えたことなどから、ライバルがたくさんいることになります。

売りたい商品というのは被ることが多いため、

ライバルが増えれば価格競争に巻き込まれたり利益を出しづらくなったりするのです。

その影響から、在庫の回転率も落ちるため商品が売れないという状況になります。

ライバルが多いジャンルで勝負すると、価格競争によって赤字になることもあるのです。

供給過多となる商品を扱うと当然高額取引は望めず、売れないこともあります。

回転率が悪い仕入れをしている

転売ビジネス初心者が陥りやすいのは、

利益追求の転売をしていることでもうからないという状況です。

利益を追求することはもちろん大事なのですが、

初心者は回転率がいい商品を仕入れて転売する方が利益を出しやすいのです。

たとえば、利益率が高い商品を仕入れても売れるまでに1ヶ月かかったとします。

一方、利益率はそこそこでも仕入れてすぐに売れるとすれば、

コンスタントに回転率がいい商品を売った方がキャッシュフローは安定します。

初心者のうちは、回転率を意識した商品を転売することで安定した転売をはじめることが可能です。

転売ビジネスが儲かるコツ

転売が儲からないと嘆く人がいる一方で、儲かっている人もいます。

転売ビジネスが儲からないと感じている人は、儲かるコツを知っておくのがおすすめです。

転売ビジネスが儲かるコツについて、みていきましょう。

興味があるジャンルをリサーチする

どんな商品を転売すれば良いのかという悩みを持つ人もいます。

実際、転売はジャンルを絞らず売れる商品を仕入れて売っていけば良いのですが、

取っ掛かりとして興味があるジャンルをリサーチしてみるのがおすすめです。

興味があるジャンルなら、

知識があるためリサーチをするのが楽しくなり継続しやすいメリットもあります。

まったく興味がない分野からはじめるよりは、

知識がある好きなジャンルからはじめた方が早く結果を出すことにつながります。

たとえば、ゲームが好きな人なら価値を知っているため

価格の相場や売れる商品を理解することが可能です。

まったくゲームを知らない人が、

急にリサーチをしても予備知識がないことから時間がかかります。

リサーチにツールを利用する

商品リサーチは転売ビジネスにとって、重要な作業です。

入念な商品リサーチが儲かるか儲からないかを分けるといっても過言ではないと言えます。

商品リサーチをするとき、FBAやKeepaなどのツールを利用することが重要な点です。

たとえば、FBA料金シミュレーターはAmazonで販売するときの利益を計算することができます。

Keepaは商品の需要を知るために使えるツールです。

その他にもさまざまなリサーチツールがあるので、

積極的に利用すればより多くの情報収集ができます。

むしろツールを使わなければ十分なリサーチができないと言えます。

転売ビジネスで稼ぎたいなら、ツールを利用した商品リサーチをしていきましょう。

売れるジャンルを選ぶ

転売ビジネスで扱う商品は、売れるジャンルを選ぶことが大事です。

どんなに自分が好きなジャンルでも、

売れる需要が見込めなければ在庫を抱えて赤字になってしまいます。

大きな金額でなくても、

確実に売れるジャンルを狙った方がキャッシュフローを安定させることができます。

売れるジャンルというのは、

需要が多いジャンルとなるのでリサーチすることで知ることが可能です。

一般的に売れると言われているのは、ゲームやおもちゃ、アパレルなどがあります。

これらのジャンルは商品の回転率が良く、

常に新しい商品が発売されるため転売で売りやすいジャンルとなっています。

ただし、状況によってはジャンルが偏りすぎると売れなくなることもあるので、

リサーチをしながら広げていくことも大事です。

利益よりも回転率を意識する

回転率が良い商品を選ぶことは、コンスタントな利益を得ることができます。

単価が高くなくても、仕入れから販売までの時間がかからなければ売上が安定します。

逆にいくら高額でも、仕入れてから売れるまで時間がかかってしまうと、

その間利益は生まれません。

1つで大きな利益を得ようと回転率が悪い商品ばかり選んでしまうと、

結果的に利益を得るまでに時間がかかり儲からないことになります。

そのため、商品を仕入れる際は回転率を意識することが大事です。

回転率が良い商品を常に仕入れて販売していくことが、転売ビジネスの基礎を作ることになります。

転売で儲からない人は、回転率の良い商品を仕入れることで挽回する可能性があります。

作業の効率化を図る

転売ビジネスの作業時間をうまく最適化して、作業効率を図ることは儲かるためのポイントです。

作業に時間を多く取られてしまい、

商品リサーチがおざなりになってしまうと儲からないことにつながります。

ある程度転売ビジネスに慣れてきたのなら、リサーチ以外の作業を外注してしまうのも1つです。

作業効率を図ることで、商品リサーチの時間を増やすことができるためです。

外注をしたり、アルバイトを雇ったりすると経費がかかりますが、

それ以上に儲かる可能性が広がります。

そこまでの資金を掛けられないのであれば、

商品仕入れを効率的にできる方法を探すのも良いでしょう。

慣れるまでは難しいかもしれませんが、

作業効率を上げることは時間で生む利益を高めることになります。

転売ビジネスが儲からない人の特徴

転売ビジネスが儲からない人は、それぞれに共通の特徴があります。

考え方や行動を変えるだけで、儲かる転売ビジネスに変わることもできるのです。

転売ビジネスが儲からない人の特徴について、みていきましょう。

すぐに諦めてしまう人

ちょっと転売をして、儲からないと言う人がいます。

そういった人は、簡単にすぐ儲かるという言葉を信じてしまうタイプです。

当然ですが、転売ビジネスがすぐに簡単に儲かるわけはありません。

商品リサーチや、転売に関する情報を勉強するだけでも時間がかかります。

何も努力をしないまま仕入れて転売し売れないからやめたという人は、

転売ビジネスで儲けられない典型です。

どんなビジネスでもすぐに諦めてしまう性格は、せっかくのチャンスを逃すことになります。

転売ビジネスで儲けるためには、根気と継続する強さが必要です。

転売は儲からないと決めつけている人

転売ビジネスは儲からないと決めつけている人は、儲かる転売はできません。

少しかじっただけで儲かるわけがないと決めつけてしまい、

友人などに儲からないと吹き込むタイプです。

諦めてしまう性格と同じく、

努力もなしにやってみましただけで転売をかじる人は稼ぐこととは縁遠くなります。

そして、人に流されやすいタイプも転売は儲からないという話を信じてしまう傾向があるため、

せっかくある儲けのチャンスを逃してしまうこともあります。

転売が儲かるかどうかは、自分で努力した結果があってはじめて言えることです。

自分に見合う目標設定がない人

転売ビジネスに限ったことではありませんが、

目標設定が自分に見合わずズレてしまうと儲からないと感じてしまうことがあります。

極端ですが、初心者なのに1年で年収1,000万円を目標にして儲からないとしたら、

明らかに目標設定が見合っていないことになります。

自分に見合う目標設定がズレていたり、まったく目標がなかったりすると儲かる基準が見えません。

儲かる人は自分に見合う目標設定をこまめに決め、目標に向かった計画を立てています。

目標と実績をグラフにするなど、目に見える形で定めておくことが儲かるコツです。

在庫管理などをこまめにできない人

転売で儲からない人は、在庫管理をこまめに正しくできない人です。

在庫管理や資金管理は、ビジネスを行う上でとても大事なこととなります。

いくら仕入れて売上がいくらあったのか、

資金の流れはどうだったのか在庫管理シートなどを作成して

目に見える形にしておく必要があります。

なんとなく頭の中でわかっていると、

ザル計算していると儲けていないのに儲かっていると勘違いしていることもあるのです。

こまめに正しく在庫管理を行っていれば、

売れている商品を把握できるためリピート仕入れをすぐ行うことができるなど、

メリットがたくさんあります。

初心者が儲かりにくい転売商品の特徴

転売初心者が扱うと、儲かりにくい商品があります。

転売する上で儲からない商品ではなくても、初心者には難しい商品もあるのです。

転売初心者が儲かりにくいと言われる商品の特徴について、みていきましょう。

人気も需要もない商品

当然ですが、人気も需要もない商品を扱えば初心者でなくても売れないことになります。

商品リサーチをしっかりやらずに安いから仕入れてみたら、

鳴かず飛ばずだった結果調べるとまったく売れていない商品だったというようなケースです。

初心者の場合、商品リサーチ不足が原因となり安さで仕入れてしまうということがあります。

その結果、まったく需要がない商品を仕入れて在庫が余るということが起きます。

人気も需要もない商品を仕入れないためには、入念な商品リサーチが重要です。

商品リサーチをすることで、売れない商品を仕入れることを防ぐことができるのです。

供給過多の商品

多くの人が既に大量仕入れをしているような供給過多の商品は、

既にタイミングを逃している可能性が高いと言えます。

高額で出品され勢いよく売れていた時期があったとしても、

現時点で値崩れしていれば仕入れても意味がないことになります。

定価どころか薄利多売で売らなければいけなくなったり、在庫が残ったりするだけです。

転売初心者の場合、こういった商品を仕入れるタイミングを掴むのは難しいことがあります。

わずかなタイミングで変化するマーケットの先を見なければいけないため、

価格競争に勝つよりも安定した利益を狙うべきなのです。

モデルチェンジ直後の商品

モデルチェンジしたばかりの商品は、売れるまでに時間が掛かることが多く、

売れ出す頃には値崩れしてしまっていることがよくあります。

そのため、確実に売れるという判断をしづらいことから難しいことが多いのです。

新しくモデルチェンジした商品を消費者は、実際どうなのか知った上で購入すべきか考えます。

そのため、レビューなどが出始めてようやく動きが出るためなかなか売れないことがネックです。

もしそのレビューが良くないものばかりだと、購入を考えてしまう人も多いでしょう。

そのため、目利きが必要なジャンルとなるので、初心者にはハードルが高いと考えられます。

転売ビジネスが儲からないなら儲かるコツを取り入れよう

転売ビジネスが儲からない理由や対処法などについて解説しました。

人によって転売ビジネスの評価は異なり、儲かるという人もいれば儲からないという人もいます。

これは、どのビジネスにも言えることで、儲かるかどうかはその人のやり方次第です。

簡単に儲かるなどと思わず、努力をすることで大きな利益を生み出すこともできます。

努力もせず儲からないと言っている人の話はうのみにせず、自分で努力することが大事です。

転売ビジネスが儲からないなら、儲かるコツを取り入れて努力しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、

下の記事ぜひ読んでください。