主婦が起業!儲かるビジネスの成功例と失敗しないためのアイデアを解説します!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
主婦の起業について知りたい
という方のために、主婦が起業するメリットとデメリット、儲かる方法や失敗しないためのアイデアについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 主婦が起業してよかったことがわかる
  2. 主婦が起業して悪かったことがわかる
  3. 主婦が起業して成功するためのコツがわかる
  4. 主婦の起業の成功例を知ることができる
  5. 主婦の起業の失敗しないための注意点がわかる
  6. 主婦の起業の失敗しないアイデアを知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、主婦が起業するメリットとデメリット、儲かる方法や失敗しないためのアイデアについて解説をしていきます。

主婦が起業してよかったことは?

起業とは自分で仕事を見つけ、利益を出す方法を研究し、仕事を成り立たせていくことです。
主婦業をやりながら起業するのは、苦労することも多いでしょう。
精神的にも身体的にも苦しいことがあるかもしれません。

それでも、主婦が起業するメリットはたくさんあります。
主婦が起業してよかったと思うことは何なのか、紹介していきます。

収入が増える

主婦が起業することでよかったと思うことの一つは、収入が増えることでしょう。
夫の収入だけでは貯金ができなかったり、生活が苦しかったりすれば、収入を増やさなければなりません。
また、家を購入したい、車を買いたい、年に1回は海外旅行をしたいなど、お金があればできることはいろいろあります。

夫がサラリーマンである限り、得られる収入は大体決まっています。
収入を増やすには、妻が稼ぐしかありません。
しかし、子どもが小さかったり、幼稚園や保育園に行ったりしていればなおのこと、働く時間は制限されてしまいます。

パートやアルバイトは曜日や時間を決めて仕事に行かなければならず、子どもに手がかかるうちはフルタイムで働くのは簡単ではありません。
1日数時間、週に3日程度の収入では、生活の足しにはなっても、ぜいたくができるほど稼げないことも多いでしょう。

しかし、起業をすれば、働く時間に関係なく稼ぐことが可能です。
ビジネスの内容によっては、少しの時間で大きな利益を出すこともできます。
成功すれば大きな収入につながるはずです。

自分のペースで仕事ができる

起業をして仕事をするメリットは、自分のペースで仕事ができることです。
パートやアルバイトのように時間が決められているわけではなく、出勤をするわけでもありません。
仕事量や内容によっては、家事の合間にできるなど自分の都合で仕事ができます。

会社に勤務していると、子どもを預かっている保育園などから「発熱したのでお迎えお願いします」などと言われ、急に早退しなければならないこともあります。
その場合、子どもを放っておくわけにはいかず、夫や実家の親などに頼めないとなると、心苦しい思いをしながら仕事を職場の人に頼んで帰らなければなりません。

自分で仕事をしていれば、突発的なことがあっても対処しやすく、周りに気を遣うなど精神的苦痛は少ないです。
仕事内容にもよりますが、自分でスケジュールを管理できるので、自分の都合を優先し自分のペースで仕事をすることができます。

仲間が増える

仕事をしていればさまざまな人と関わることもあります。
起業に関するセミナーなどに行けば、同じ目的を持つ仲間ができるかもしれません。
仕事によっては、今まで主婦をしているだけでは関わることのなかった人と知り合いになることもあるでしょう。
仲間が増えることで、世界が広がります。

世界が広がれば仕事にもよい影響を与えることもあります。
起業仲間ができれば、悩んだときには相談にのってもらったり、分からなことがあれば教えてもったりできることも。
人脈ができれば、仕事が広がる可能性もあります。

やりがいができ生き生きと生活できる

起業が成功すれば、仕事が楽しく感じられます。
楽しいことをしていれば、精神的にも余裕ができ生き生きと生活ができるでしょう。
収入が増えることも、精神的な余裕につながります。

パートなどを探しても、自分のやりたい仕事ができるとは限りません。
向いていない仕事でも、生活費のためと我慢して仕事をしていれば、ストレスも溜まります。
また、パートに出れば、専業主婦のように掃除や料理などの家事を完璧にこなせないかもしれません。
そんな自分に、イライラしてしまうことも。
仕事と家事の両立は、体力も使い精神的にもつらいものです。
精神的余裕がないと、家庭内もうまくいかなくなってしまいます。

しかし、起業をすれば自分の好きな仕事ができ、収入が増え、精神的余裕ができます。
気持ちが穏やかになり、夫や子どもにも優しく接することができるため、その結果、家庭円満にもつながるでしょう。

趣味が増える

仕事をしていると、さまざまな勉強をする機会も増えます。
主婦としてだけの生活では興味を持たなかったことにも、違う視点で見ることで好奇心がわき、趣味が増えるかもしれません。

趣味が増えれば楽しみが増えます。
夫や子どもと一緒に楽しめることなら、家族での楽しみも増えるはずです。

また、趣味がストレス解消につながることもあります。
楽しくできる趣味があればストレスを溜めることなく、精神的余裕ができます。

社会や経済に関して知識が増え活用できる

起業をするうえで必要な勉強をしていると、仕事のことだけでなく税金や社会資源に関する知識も増えます。
社会や政治、経済の仕組みなどを知ることで、仕事に活かせるだけでなく、日常生活をサポートする情報や知識を得られるメリットがあります。

節税や子どもの受験、習い事に対してなど、有益な情報を把握し、活用することができるかもしれません。

主婦が起業することで悪かったこと?

主婦が起業してよかったと思えるのは、起業が成功している、自分の計画通りに仕事ができている、といった場合です。
インターネットが利用でき、SNSなどで誰でも情報発信ができ、それらを使用すれば在宅でも簡単に仕事ができる時代、主婦でも起業する人が増えています。
しかし、簡単にできることもあり、失敗も少なくありません。

起業が失敗した場合、起業したことを後悔する羽目になってしまいます。
そうならないためにも、主婦が起業することで悪かったことを知っておきましょう。

収入が増えない

起業をして仕事を始めたからといって、収入が増えると決まったわけではありません。
パートやアルバイトなら仕事をすれば給料が必ず入ってきますが、起業をした場合仕事が成功していなければ収入を得ることは不可能です。

販売をしても商品やサービスが売れない、教室を開いても生徒が来ない、といったことは想定しておかなければならないことです。
長く続けることで成功することもありますが、そうならない場合もあります。

また、収入があっても、支出が多ければ利益になりません。
先行投資をしすぎれば、それを回収できずに家計を圧迫してしまう、という危険性もあります。
起業をしても、収入が増えるとは限らないのです。

無理をして体を壊す

利益を増やそうと、仕事の時間を増やして睡眠時間を削れば、体を壊してしまいます。
収入が増え、仕事量も増え、仕事がうまくいっていても、無理をすれば体調不良になってしまいます。
主婦で起業をすれば、今までより体力も精神力も必要です。

自分で仕事をするということは、責任を負わなければならないことも多く、体調不良だからといって誰かに頼むことも休むこともできません。
体調を崩せば、仕事先だけでなく家族にも迷惑がかかるでしょう。
企業をするなら、今まで以上に体調管理が必要となります。

ケンカが絶えない家庭になる

起業がうまくいっていなくても、うまくいっていても、精神的な余裕がないと、家庭内で問題が起こることがあります。
一生懸命仕事をしているのに、それに見合った収入がなければイライラしてしまいます。
仕事量が増え、家事もできないくらいに忙しくなれば、家族や家のことに目が行かなくなることも。

夫も子どもも寂しい思いをするかもしれません。
妻や母親が家庭内でイライラしていたり、暗い顔をしていたりすれば、家族にもつらい思いをさせてしまうでしょう。

疲れていればちょっとしたことにも腹が立ち、家族とケンカになってしまうかもしれません。
精神的な余裕を作らないと、ケンカが絶えない家庭になってしまいます。

悪徳業者に引っかかり損をするリスクがある

起業にはリスクがつきものです。
収入を増やしたい、仕事を起動に乗せたい、という思いが強いと、悪徳業者の「うまい話」に乗せられ、損をしてしまう可能性もあります。

偽物を高額な価格で買ってしまったり、前金でお金を払ったら商品が届かなかったり、自分のミスで損をしてしまうこともあるでしょう。
収入を増やすどころか、借金になってしまうこともあります。

また、ビジネスに必要なものをクレジットカードで購入する際は、注意しないと使い過ぎてしまうことがあります。
生活費が足りなくなってお金を借りなければならない、などといったことにならないようにしなければなりません。

家族との時間が減る

仕事ばかりに集中してしまうと、家族との時間が減ってしまうこともあります。
妻として母親として、家族との関わりは重要です。
家族のことをないがしろにしていると、子どものことも、夫のことも把握できなくなってしまいます。

スケジュール管理や仕事量、仕事のやり方や取り組み方などを考えながら行わないと、家族との会話が減り、殺伐とした家庭になってしまうかもしれません。

主婦が起業して成功するためのコツと成功例を紹介します!

「起業なんてしなければよかった」などと後悔しないために、成功するコツを知っておきましょう。
起業を成功に導くために必要なことや、注意点について解説します。
また、主婦の起業の成功例も紹介します。

楽しみながらできるビジネスを選ぶ

起業を成功させるコツの一つは、楽しみながらできるビジネスを選ぶことです。
ビジネスなので利益の追求は必要です。
起業を始める理由が稼ぐためならなおのこと、たくさん稼げるビジネスを選びたくなるものです。

しかし、どのようなビジネスを選んでも、成功する人は成功します。
反対に失敗する人は、どんなに稼げると言われるビジネスを選んでも失敗してしまいます。
失敗する要因の一つは、ビジネスに興味を持てないことです。
興味のないことにはやりがいも感じないし、稼げなければつらいだけかもしれません。

興味のあることや得意なこと、好きなことであれば少しくらいつらくても辛抱できます。
好きなことであれば勉強するのも苦ではないので、知識もつきやすく失敗を避けたり、成功のポイントをつかみやすかったりします。

最初は興味がなくても、仕事をしていくうちに興味がわくこともあるかもしれません。
必ずしも最初から好きなことでなければいけないわけではありませんが、何をしたらよいかわからない場合は、得意なことや興味のあること、日常生活で「こんなものがあれば便利」と思うことなどから初めてみるとよいでしょう。
大切なのは楽しみながら仕事をすることです。

資金をかけすぎない

ビジネスを始めるにあたり、最初から資金をかけすぎないようにしましょう。
起業すれば必ず稼げるというわけではなく、むしろ最初は赤字が続くことも多いものです。
売上が最初からよいことは、少ないです。
その状況でかなりの資金を使ってしまうと、黒字にするのに時間がかかってしまいます。
資金に余裕があればよいのですが、赤字続きではビジネスをやめなければならなくなってしまいます。

パソコンが必要だからといって、機能が充実した高額なものを購入しても、仕事を始めたらそこまでの機能は必要なかった、ということもあります。
知識もないのに高額商品を取り扱い、売れずに購入資金だけが増えていけば赤字にしかなりません。

資格が必要だからといっていろいろな資格の勉強をして、資格を取得しているとそれだけで満足してしまい、ビジネスにつながらないなどの失敗例もあります。
資格取得も無料ではないため、その資格が必要ないとなると、お金の無駄遣いになってしまいます。

ビジネスを始めるにあたり必要ないことと必要あるものを見極め、ムダなお金を使わないようにしましょう。

焦って稼ごうとしない

焦って稼ごうとすると失敗につながります。
なかなか収入につながらない、売上が上がらないという状況が続いても、焦らないことです。
焦ってしまうと、高額商品などを購入して早く利益を出そうとしたり、商品の価格を下げ過ぎて赤字になってしまったりすることがあります。

精神的に余裕がないと、詐欺まがいの儲け話を魅力的に感じてしまい、判断ミスをしてしまうかもしれません。
焦らっていつもと違うことをする前に、なぜ利益が出ないのかをじっくりと分析してみてください。

何事も無理をしない

どのようなことも無理は禁物です。
自分ではできない量の仕事を安請け合いしたり、専門知識が必要な商品を扱ったり、予算を大幅に越してしまう投資をしたりしないようにしましょう。

また、体調が悪いのに無理をするのもよくありません。
無理がたたって病気になってしまっては、治療費や入院費も必要になります。
その結果、仕事先にも迷惑をかけてしまい、今後のビジネス展開に悪影響を与えてしまうかもしれません。
家族にも心配と迷惑をかけることになってしまうので、自分の体調管理をきちんとしてください。

最初は小さな目標を立てる

仕事を成功させるには目標を立てることが必要です。
将来の大きな目標も大切ですが、まずは目先の小さな目標を立ててみましょう。

今週の目標、今月の目標などを目安に、達成できそうな行動や利益を書いてみることです。
今月の売上目標を立て、そのためには何をどれくらい売ればよいか、またはどれくらい仕事を進めればよいか、そのためにはどのような行動や準備が必要かなどを考え、計画を立ててください。

大きな成功は小さな成功の積み重ねです。
小さな目標を達成するごとに、大きな目標達成に近づいていきます。

収支を踏まえてビジネスを展開する

ビジネスは、収支を把握することが必要です。
例えばハンドメイド作品の販売をするとしても、材料費やネット運営費、宣伝費や配送料など経費がかかるものです。
販売価格よりも経費がかかってしまうと赤字になってしまいます。

入ってくるお金だけでなく、出ていくお金を把握していなければビジネスが成り立ちません。
収支の把握が甘いと、確かな利益がわからなくなってしまうことも。
クレジットカードなどで支払ったお金も、きちんと管理するようにしましょう。

主婦の起業の成功例

・長年やってきたお稽古事を活かして成功
長い間習ってきたものは、知識も技術も身についているもので、ビジネスに直結しやすいです。
生け花のスキルがあれば教室を開くこともできますが、教室を借りたり時間の拘束があったりするのは避けたいものです。

教室を開くより、出張をして花を生けるビジネスをスタートするのもいいかもしれません。
特にお正月やクリスマスなど、イベントがあるときには玄関に素敵な花が生けられていると家そのものの雰囲気もよくなるものです。
花器に花を生けるのは簡単そうに見えて、なかなか格好がつかないもの。
プロに依頼すれば素敵な空間ができます。

最初は友人や知人の家に花を飾り、材料費と技術代を請求すれば、初期投資がほとんどかからず、料金を高くする必要もないので重宝がられます。

・出張ネイルで成功
ネイリストとして活躍していたスキルを活かして独立する、という例です。
ネイルサロンも選択肢の一つですが、予約をして家に来てもらうのはネイルサロンと変わらず、子どもがいる人などがなかなか行けないものです。

出張してネイルをすれば、小さなお子さんがいる主婦でも好きな時間にネイルをすることができます。
子どもをサロンで待たせることもなく、サロンに行く時間や交通費もかかりません。
ネイリストが来てネイルをしてもらえるのは、時間の融通が利きにくい主婦にとってはありがたいものです。

・アレルギーを気にせず食べられるパンレシピブログで成功
栄養士の資格を持ち、料理も得意な主婦が、グルテンフリーのパンやクッキーのレシピをブログに掲載して成功したという例もあります。
アレルギーを気にして、大好きなパンやクッキーを我慢させるのは、ママとしてもつらいものです。
しかし、自分で勉強して料理をするのは簡単ではありません。

そこで、子どものアレルギーやグルテンフリーのスイーツやパンなどのレシピが毎日見られれば、便利で使いたくなります。
アレルギーに関する豆知識なども知ることができれば、日常生活にも役立つでしょう。

栄養士としての資格や経験があれば信頼度も高く、さまざまなレシピを日替わりで掲載すれば、注目度もアップするはずです。
関係性の高いアフィリエイトも活用すれば、収入アップにつながります。

主婦でも起業できる!失敗しないためのアイデアとは?

主婦目線で考えると、起業できるアイデアはたくさんあります。
しかし、「これは人気が出るかも」と思っても、すでに多くの人が手掛けていれば、ビジネスとして足り立たせるのは難しいでしょう。

起業して成功させるにはアイデアが大切です。
そのアイデアは失敗しないものでなければなりません。
失敗しないためアイデアとはどういったものなのか、紹介します。

ほかとの差別化がある

失敗しないアイデアとは、ほかと何か違う点があるなど差別化があるものです。
人気のある商品を取り扱っても、人気商品は誰もが扱うので差別化を図るのは難しいです。
同じものであれば価格の安い方が選ばれますが、価格を安くすれば利益が減ってしまいます。

同じ人気商品を扱う場合でも、それを購入するとおまけがついてくるなど、差別化が必要です。
ネイルサロンを経営するとしても、デザインがユニーク、ハンドマッサージサービスがあるなど、他とは違ったサービスを提供する必要があります。

日常生活における需要がある

日常生活において、さまざまなアイデアが出てくるという主婦の方もいるかもしれません。
時短料理レシピ、時短でできる掃除道具、便利なキッチン家電やグッズ、コスメやメイク道具など、いろいろなところにビジネスのアイデアがあります。
自分にとってこれがあると便利、こんなサービスがあれば利用したい、と思うことがビジネスになります。

さらに、そう感じた商品やサービスはどれくらい需要があるのかを調べてみることが必要です。
自分はそう思っていても、自分の住んでいる地域ではそれほど需要がなかったり、年代によって違ったりすることもあります。

年代や職業によっても需要の多さなどは変わるものです。
ターゲットを決めて、アイデアを考えることも必要でしょう。

ビジネスを継続させるための費用がかかりすぎない

起業をするための資金がかかりすぎるのも避けたいところですが、継続するための資金が必要なものも避けたいものです。
サービスを提供するために、毎月高額の費用がかかれば、毎月それ以上の収益が必要になります。

ビジネスはどう転ぶかわかりません。
今は稼げる商品やサービスでも、数ヶ月先も稼げるとは限らないでしょう。
収支が安定するまで、大きな支出は避けたいものです。

稼げる月がよくても、利益が少ない月には支払いができないとなると困ってしまいます。
できるだけ運転資金が少ないビジネスがおすすめです。

将来的には規模を広げ、人材を雇うなどの構想はあっても、最初は人件費や家賃などがかからない形でビジネスを始めた方がよいと言えます。

周りの環境に影響されない

ヨガ教室を開き近隣のお客様が増えて軌道に乗ったら夫が転勤になり、教室を閉めることになった、など、周りの環境に影響されないビジネスがおすすめです。
場所だけの問題ではなく、子どもの受験や親の介護など、主婦としてやらなければならないこともいろいろあります。
そういった環境に影響されず、また影響があっても両立できることが大切です。

主婦業との両立ができる

主婦として起業をし、ビジネスが軌道に乗っても主婦として仕事をするなら、主婦業とビジネスの両立ができるアイデアやビジネスを選ぶことがおすすめです。
ビジネスがうまくいき、家事ができなくなることがあるかもしれませんが、家族が協力してくれれば乗り越えていけるでしょう。

しかし、それも程度によります。
仕事で1日中外出しなければならなかったり、毎晩のように夜遅くまで帰ってこなかったりする生活では、家族との会話もなくなってしまいます。
家族が幸せになるために起業をするとしたら、それでは本末転倒です。

主婦の起業は家族の協力がなければできないものです。
家族が賛成できる範囲でできるアイデアを、またビジネスの方法を選んでください。

主婦におすすめの起業アイデア

主婦におすすめの起業アイデアには、次のようなものがあります。

・ネット販売
転売であれば、パソコンとネット環境さえあればすぐにでも始めることが可能です。
ネットショップや店舗で売れそうな商品を選び購入して、利益を乗せてネットショップで販売します。
大きな利益を追求しなければ、仕入れ費用も安くすむはずです。

ただし、ネット転売を手掛けている人は多く、男性もライバルになります。
売れ筋商品の研究や仕入れ先の選び方など、知識と経験が必要です。
主婦目線で売れそうな商品を選ぶのが稼ぐコツです。

・教える、相談にのる
今まで習ってきたことや主婦としての経験から教える、相談にのるといったビジネスもおすすめです。
ネットを活用すれば、初期費用はほとんどかかりません。
ブログなどSNSを通して読者を集めたり、教室を開いて生徒を集めたりします。

健康・ダイエットの料理のコツや調味料の使い方、育児の悩み相談、働くママの時短調理、大掃除に便利なアイテムと使い方、介護相談など、テーマはいろいろあります。
その中で、オリジナルな内容を伝えるのがコツです。

・スキルを商品にする
フラワーアレンジメントの資格がある、ネイリストとしての経験がある、またはイラストが描ける、Webサイトの作成ができるなど、スキルがあればそれを活かすのもおすすめです。
お花を生けたり、ネイルをしてあげたりといった仕事のほか、方法を教えることで稼ぐことができます。

スキルがあってもレベルが低かったり、知識や技術が古かったりすると人気が出ません。
スキルを磨くことや、オリジナルの作品が作れるなど、差別化が必要です。

・ハンドメイド作品の販売
ハンドメイド作品の販売で稼ぐことも可能です。
アクセサリーや子供服、パッチワークやぬいぐるみなど、さまざまなハンドメイド作品があります。
個性的なものやおしゃれなもの、温かみのあるものなどが人気です。

主婦が起業する際の成功例と失敗しないためのアイデアまとめ

主婦が起業するのは近年では珍しいことではありません。
夫の収入だけに頼るのではなく、自分の収入を増やして有意義な生活をしたいと考える主婦もいます。
ただし、主婦に限ったことではありませんが、起業しても儲かるとは限りません。

ビジネスを成功させるには、楽しく仕事ができることや収支を把握すること、初期投資をし過ぎないことなどが必要です。
また、主婦が起業する際には家庭のことを考え、無理をしないようにしましょう。

主婦で在宅でビジネスをしていて結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。