子育て中の主婦・30代・40代・50代と年代別の起業方法を解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
年代別の主婦の起業について知りたい
という方のために、年代別の起業方法やコツ、注意点などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 子育てママができる起業方法がわかる
  2. 30代におすすめの起業ビジネスと注意点がわかる
  3. 40代・50代の起業メリットがわかる
  4. 40代・50代におすすめの起業ビジネスと注意点がわかる
  5. 主婦の起業と年齢の関係がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、年代別の主婦の起業について解説をしていきます。

主婦に人気の起業の職種!子育てママにもできる起業方法

主婦が起業することで、収入が増える、楽しく生活ができる、社会とのつながりができるなどさまざまなメリットがあります。
特に夫の収入だけではなく自分が稼ぐことで貯金にまわすなど、家計の足しにできるのは大きなメリットでしょう。
さらに、自分で稼いだお金なら自由に使うこともできます。

主婦の起業はパートやアルバイトのように出勤する必要もなく、自分の都合で仕事ができる点も、大きなメリットです。
子どもを保育園などに預けていても、いつ呼び出されるかわかりません。
在宅で仕事ができれば、急な呼び出しにも対応しやすく、周りに迷惑をかけるなどの精神的苦痛も避けられます。

起業とまではいかなくても、フリマアプリなどに使わなくなった子ども用品を売ったり、ブログでハンドメイド作品を販売したりしている主婦も少なくありません。
パートに出なくても、主婦が簡単に稼ぐ方法はいろいろあります。

そうは言っても、誰もが気軽に起業でき、稼げるわけではありません。
特に子育て中のママは、仕事に多くの時間をかけられない場合もあるでしょう。
ここでは、子育て中のママでもできる起業方法を紹介します。

在宅でできるビジネスを選ぶ

子育て中のママや主婦が起業する際の基本は、「在宅でできるビジネスで起業する」ということです。
ただし、本気で起業し、夫の収入に頼らずに生活したいという人は別です。
主婦としての仕事もきちんとこなし、子育てもしっかりやりながら起業したい場合は、在宅でできるビジネスがおすすめです。

手のかかる年齢の子どもがいるなら、なおさら外には出られません。
家にいた方がミルクをあげるのも、寝かしつけるのも楽です。
保育園や幼稚園などに行く年齢でも、送り迎えが必要です。
子どもの体調が悪いなど、突発的な呼び出しがあっても、在宅で仕事をしていればすぐに迎えに行くことができます。

在宅での仕事なら、自分の都合によるスケジュール調整もしやすいです。

子どもや夫が家に帰ってきたときに、「おかえりなさい」と言ってあげたいという方は、多いかもしれません。
在宅で仕事ができれば、そういったこともすべて可能です。

あまり時間をかけずにできるビジネスを選ぶ

子育て中のママが起業をするなら、短時間でできるビジネスを選ぶこともポイントです。
1日に何時間もかかる仕事では、子育ても主婦の仕事もおろそかになってしまう可能性があります。
育児や家事をやりながら、効率的に稼げるビジネスがおすすめです。

在宅でできる仕事でも、1日中パソコンの前に座っていなければならないと、融通が利きません。
何かあったときはすぐに対応できるなど、時間に拘束されずできる仕事を選びましょう。

まずはプチ起業から始める

最初は手軽にできるプチ起業に挑戦してみましょう。
プチ起業とは、

・初期投資をほとんどかけずにできる
・短時間で利益が出る
・経費がかからない
・専門的な知識や技術をそれほど必要としない、もしくは自分の持つスキルでできる

といったビジネスです。

例えば、コーチング。
自分の知識や技術を人に教えて利益を出すビジネスです。
生徒を募集して自宅で教えれば、それほど初期投資も必要ありません。
ブログで情報を発信したり、疑問に答えたりする方法もあります。
子育て中の家事や掃除など、自分が工夫していることを教えられるのが主婦の強みです。

ネットショップでの販売も人気の起業ビジネスです。
しかし、Webサイトを自分で作成し、集客をするのは簡単ではありません。
STORESやBASEといったネットショップでの販売をサポートしてくれるサービスを利用するのもおすすめです。

ネイリストの経験があれば出張ネイル、塾講師のアルバイト経験などがあれば家庭教師など、子どもに勉強を教えるビジネスもおすすめです。

適度に休憩をしながら仕事をする

体調を崩さないためにも、適度に休憩をしながら仕事をしましょう。
料理や掃除など、主婦の仕事や子育てをするだけでも、体力や精神力も必要です。
そのうえ、起業して仕事をするとなれば、どんなに短時間でも疲労するものです。

特に最初は慣れないことも多く、戸惑ったり、悩んだりすることも多いかもしれません。
うまくいかないと気分も落ち込み、そのせいで家の中が暗くなってしまう可能性もあります。

また、体調を崩せば仕事にも支障が出ることもあり、家族にも迷惑をかけてしまいます。
睡眠をしっかり取り、うまくいかなくても焦らずコツコツと取り組んでいきましょう。

楽しくできる仕事を選ぶ

起業を成功させるコツとして、楽しくできるビジネスを選ぶことも大切です。
楽しくできる仕事とは、自分の好きな分野や得意なこと、知識や技術などスキルのあるもの、興味のあることと関係のある仕事をすることです。

いくら稼げるからといって苦手な分野に挑戦すると、最初はわからないことばかりで失敗しやすくなってしまいます。
起業に関する経験もないと、勉強することだらけでストレスが溜まるばかり。
好きなことや興味のあることなら、勉強も楽しめるはずです。
やりがいを感じやすく、楽しく仕事ができます。

家族とのコミュニケーションは欠かさない

主婦の起業は家族の協力が必要です。
在宅で仕事をするとしても、短時間でも、今までとは生活が変わる部分も出てきます。
時には、掃除や料理ができないこともあるかもしれません。

楽しく仕事をしていても、疲れることはあります。
そんなとき、家事を手伝ってくれるなどサポートをしてくれる家族がいれば、安心して仕事に取り組むことができます。
起業を始める際も、夫をはじめ子どもたちにも相談し、理解を求めましょう。

30代から始める起業オススメのお仕事の種類

30代は結婚したばかり、子どもがまだ小さい、といった人も多いかもしれません。
30歳から主婦が始める起業としてはどのような種類の仕事がよいか解説します。

30代主婦の起業ビジネスのコツ

30代の主婦の場合、主婦としても母親としてもまだ初心者で、結婚や子育てに苦労をしている方も多いでしょう。
仕事と結婚・子育ての両立でがんばっている人も多いかもしれません。

30代ともなると、肌や体型に変化が現れ始めるものです。
リアルな思いや体験を活かし、解消方法などを伝えるビジネスもおすすめです。

30代だと、結婚して会社勤務を辞めたばかり、といった人もいるはずです。
会社に勤務していたときに学んだ知識やスキルはまだ活用できます。
それらを活かしたビジネスを立ち上げるのも一つの方法です。

会社に勤めていた頃に社内・社外にさまざまな知り合いがいた場合、そのネットワークを利用するという方法もあります。

30代主婦が起業する際の注意点

・仕事にのめり込み過ぎない
体力もあり仕事をバリバリとしてきた人は、起業をするとなると研究熱心でついのめり込んでしまう傾向があります。
起業するには片手間ではできないとも言えますが、主婦であることを忘れないようにしてください。
仕事ばかりしていると、家族との時間が減ってしまいます。
家事や育児もしっかり行い、そのうえでビジネスに力を注ぎましょう。

・体力を過信しない
どんなに体力自慢の人でも、疲れは溜まるものです。
家事に育児、ビジネスとすべてに全力を出すのは悪いことではありませんが、無理をしないことも大切です。
体力を過信すると、ある日突然倒れてしまうことも。
健康診断も忘れずに受け、きちんと病気を予防してください。

・家族との会話を大切にする
家族とのコミュニケーションは大切にしましょう。
ビジネスが軌道に乗り、忙しくなると家族とのすれ違いなどが生じる場合もあります。
または最初は勉強することが多く、家族と過ごす時間が減ってしまう可能性もあります。
そういった姿は、夫から見れば自分や子どものことを後回しにしていると感じるかもしれません。

それが原因でケンカになってしまう可能性もあります。
主婦の起業は家族の協力なしではうまくいきません。
どんなに忙しくなっても、家族との会話は忘れないようにしてください。

・無謀な初期投資をしない
最初は資金をあまりかけずにビジネスをすることをおすすめします。
起業の成功例ばかり見ていると、自分も成功したつもりになり最初から自宅をリフォームして教室を作ったり、高額で売れそうな商品をたくさん購入したりしてしまうことも。

失敗して借金になっても、30代だからまだ就職できる、などと甘い考えでお金をかけてはいけません。
30代で子育てをしながら就職先を探すのは、簡単にはいかないものです。
ビジネスはどんなに稼げると言われているものでも、必ずしも成功するとは限りません。

初期投資をし過ぎると、資金がなくなってしまいます。
利益がないまま長い間生活をしていく可能性もあります。
最初から大きなお金はつぎ込まない方がよいでしょう。

・収支計算をきちんとする
利益だけでなく、ビジネスをする際にかかった費用もきちんと把握しておくことが大切です。
クレジットカードなどで支払うと、いくら使ったのかわからなくなることもあります。
特に生活費とカードを同じにしておくと、わかりにくくなるので、生活用とビジネス用はわけておくことをおすすめします。

支出が多ければ利益も少なくなってしまいます。
収支計算はおおざっぱではなく、できるだけ細かくするようにしましょう。

30代主婦の起業におすすめのビジネス

30代主婦の起業におすすめのビジネスには、次のようなものがあります。

・癒しサロンの経営
ハンドマッサージやリンパマッサージ、タイ古式マッサージなど、癒しを与えられるサロンを経営です。
人数制限をすれば、自宅の一室で開業することができます。
全身マッサージではなくても、ハンドマッサージや頭皮マッサージなどもおすすめです。

主婦や働く女性は癒しを求めています。
人の手によってほぐされるのは気持ちがよいものです。
マッサージができなければ、ぐっすり眠れる場所を提供するだけでも構いません。
癒し効果が期待できるアロマを焚いて、静かな環境でぐっすり眠ってもらいましょう。

・ヨガのインストラクター&ヨガ教室を開く
ヨガのインストラクターとして、ヨガ教室やスポーツジムなどでヨガを教えるのもビジネスの一つですが、個人宅に行ってヨガ教室を開く方法もあります。
自宅でサロンを開いてもよいのですが、場所が確保できなければ出張してヨガを教えるのもいいかもしれません。

・出張リフレクソロジー
足つぼマッサージは人気があります。
足のむくみが気になる女性は、リフレクソロジーに定期的に通っています。
主婦は決まった時間にリフレに行くことは難しいものです。
そこで、自宅に行って足つぼマッサージや足のケアをするビジネスもあります。
足のケアだけでなく、ネイルもできれば需要が増えるかもしれません。

・仕事と家事の両立のコツを伝えるビジネス
仕事と家事の両立で悩む主婦に、コツを教えるビジネスです。
ブログで情報発信をしたり、電話やメールなどで相談にのったりアドバイスをしたりします。
残業にならない仕事の方法や時短料理、時短でできる掃除の方法などをレクチャーしましょう。

・時短家事に役立つ商品・サービスの販売
時短料理や、時短でできる掃除に役立つアイテムの販売をするビジネスです。
ネットショップを立ち上げ集客をして販売する方法や、ネットショップサービスを利用する方法もあります。

40代・50代主婦でも起業できる?を検証します

40代、50代になると育児も一段落し、自分の時間を有効に使える年代です。
しかし、新しいことに挑戦するのは不安だと感じるかもしれません。
40歳、50歳ともなると主婦の自分が起業なんてできないだろう、とあきらめている人も少なくないでしょう。

しかし、20代や30代の人より主婦の経験が豊富な年代だからこそ、できるビジネスがあります。
40代・50代の主婦が起業をして成功するコツやおすすめのビジネスを紹介しながら、40代・50代でも起業できることを検証してみます。

40代・50代主婦の起業のメリット

40代・50代の主婦が起業する理由として、もちろん老後の蓄えのためもありますが、ハリのある生活を望むから、という理由もあります。
子育てや家事に追われ一段落つき、自分の時間が増えたとき、趣味では物足りなさを感じる人も多いのかもしれません。

そうはいっても年齢的に就職して仕事をするのは難しいものです。
しかし、起業なら就職活動をする必要はなく、自分の好きな仕事ができます。
40代・50代の主婦は若い年代に比べれば貯金もあり、時間や資金に余裕もあるので焦って利益を追求する必要はなく、じっくりと起業に向き合えるのもメリットです。
起業して仕事をしていれば、認知症予防にもなります。

もっと年を取れば、さらに新しいことへの挑戦がしにくくなってしまいます。
40代・50代の主婦の起業は、余裕を持ちながらじっくりと仕事をすることが可能です。
特別なスキルがなくても、今までの経験を活かしビジネスをすることができるのが、40代・50代主婦のメリットです。

40台・50代主婦の起業ビジネスのコツ

40代・50代は、主婦として家事や育児の経験も豊富な年代です。
掃除のコツや料理のコツなどがたくさんあるという方もいます。
そういった知識を伝えるビジネスがおすすめです。

また、育児に悩むママの相談に乗ったり、家計のやりくりに悩んでいる主婦のアドバイザーになったりするビジネスもよいでしょう。
体験者の声はリアルで、信頼しやすいです。
経験を積んだ40代、50代の主婦だから伝えられることもあります。

さらに老後のことを考える年代でもあり、資金や施設、子どもたちとの関わり方などの情報を伝えるビジネスを手掛けるのもおすすめです。

40代・50代主婦が起業する際の注意点

・体力的に無理をしない
40代ならまだ体力に自信を持てるかもしれませんが、50代になると集中力もなくなり、肩こりや腰痛がひどくなることもあります。
更年期を迎える年代でもあり、疲労しやすくなるでしょう。

疲れたまま仕事をしてもうまくいきません。
疲れたときは休息を取り、ゆっくり体を休めてください。
また、体力をつけるためにも、スポーツジムに行ったり、ジョギングをしたりして体力づくりをすることをおすすめします。

・柔軟な考え方をする
時代が変われば、考え方ややり方などが変わることがあります。
一つの考え方に固執していると、ビジネスは発展しません。
長年培ってきた経験や考え方は役に立つこともあれば、デメリットとなることもあります。
時代のニーズを把握し、今までとは違ったものを取り入れる柔軟さも大切です。

また、技術や知識は年々進化していきます。
古い知識やスキルが役に立たないこともあるかもしれません。
新しい情報を取り入れ、勉強することも必要です。

・億劫がらずに挑戦する
新しいことや自分のやったことがないことは、覚えるのも大変なので避けてしまいがちですが、何事も挑戦してみることもビジネスにおいては必要です。

まだ40代・50代ならパソコンができない、という方は少ないでしょう。
しかし、専門的な知識や技術がない場合、さまざまな便利な機能を使いこなせる50代は少ないかもしれません。
パソコンに限らず、新しいことに挑戦するのは労力が必要です。
面倒だ、億劫だ、と思わず、学ぶ楽しみを感じながら仕事をしてください。

・困ったときは助けてもらう
年を取るにつれ、誰かに教えもらったり、助けてもらったりすることはしにくくなるものです。
しかし、困ったときやわからないことがあったときには、家族をはじめ、知識のある人に助けてもらってください。
また、ビジネスに行き詰まったときなども、一人で悩まず相談することで前に進めます。

40代・50代主婦におすすめの起業ビジネス

40代・50代主婦におすすめの起業ビジネスには、次のようなものがあります。

・育児の悩み相談
自分の経験から生まれるアドバイスや、具体的な解決方法を教えるビジネスです。

育児放棄や虐待など、育児に関する問題は深刻です。
一人で悩み解決できずに苦しんでいる母親は多くなっています。
話を聞いてくれる人がいれば、気持ちも軽くなるはずです。

そこまで深刻ではなくても、育児に疲れているママもいます。
そんなママに、夜泣きをしずめるには?離乳食は何を食べさせたらいいの?など、ネットだけではわからないリアルなアドバイスを提供することができます。

・時短でできる料理をメインに教える料理教室
料理教室なら自宅でできて、生徒さえ集まれば楽しく仕事ができます。
働くママだけでなく、趣味で忙しい女性などを対象に、時短料理をメインにするのも一つの方法です。
手抜きではなく、時短でできるおいしい料理を作りたいと思う女性は多いです。
時短料理のコツや野菜の保存方法、食材の選び方などもアドバイスするとよいでしょう。

・収納アドバイザー
収納アドバイザーとして、家に出向いて実際に片付けをしながら収納のコツを伝授します。
片付けが苦手、忙しくて片付けられないといった人は多いです。
収納に便利なグッズや家具の配置などもあわせてアドバイスします。

・出張ハウスクリーニング
体力に自信があるなら、ハウスクリーニングビジネスもおすすめです。
掃除が得意という方も、も多いでしょう。
掃除をしてピカピカになることで、ストレス解消になるという人もいます。
そのような人には、掃除をビジネスにするのがおすすめです。

・健康を維持するためのビジネス
健康を維持するためのビジネスに着目してみてください。
近年では高齢の女性を対象としたフィットネスクラブも増えています。
年を感じると健康により配慮をするものです。

健康体操教室、健康に配慮した料理に関する情報発信、健康のためのお酒選びと飲み方ブログなど、健康な体でいられる方法を伝えるビジネスもおすすめです。

主婦が起業するのに年齢は関係あるのか?

起業への就職に関しては、年齢が大いに関係しますが、起業に関して年齢は関係ありません。
その理由を解説します。

年齢に応じた起業ができる

起業は年齢に応じたビジネスで成功することが可能です。
知識や技術があれば、年齢に関係なくそれを活かした仕事ができます。
専門的な知識やスキルがなくても、経験があればできるビジネスもあります。
特に主婦は、経験をしているからこそニーズを把握しやすく、求めているものを提案することが可能です。

年齢が上で経験をしているから信頼できる、と言えます。
また、主婦としての経験が浅くても、同じ立場からの情報発信は共感しやすく、受け入れやすいです。
主婦の起業に年齢は関係ありません。

得意なことをビジネスにできる

得意なことをするのに、年齢は関係ありません。
若くても得意なものに関しては、知識も技術も身についています。
年齢が上なら、その分経験もあり信頼を得やすいでしょう。

仕事内容によっては資格が必ずしも必要なわけでないので、今から専門学校に行かなければならないということもありません。
学校に何年も通う必要があったり、新しいことを一から覚えたりする場合は年齢も関係しますが、起業は得意なことをビジネスにできるので、年齢は関係ないと言えます。

体力に合わせた方法でできる

年齢が上だと体力的に無理かも、と思う人もいるかもしれません。
起業ビジネスは、体力に合わせて方法を選ぶことができます。

毎日電車やバスに乗って通勤しなくても、在宅でできるビジネスはたくさんあります。
自宅で教室を開いたり、お客様に来てもらったり、またはインターネットで完結するビジネスもあります。
年齢や体力だけでなく、ライフスタイルに合わせ希望する方法で仕事をすることが可能です。

自分に合った規模でできる

ビジネスの規模も、自分の都合や目的に合わせてできます。
それほど利益を追求しないのであれば、短時間でやれるだけやる、在宅で生徒の数を少なくした教室を開くなど、要望に合わせたビジネスが可能です。

ビジネスの内容によっては体力や経験が必要なこともあるでしょう。
しかし、起業は自分の希望に合わせてできます。
若いから、年だから、といった理由は、起業できない理由にはなりません。

主婦でもできる!年代別起業方法は違うの?まとめ

結婚してすぐに起業をしたくなる人もいれば、子育てが終わってから起業を考える人もいるでしょう。
特に40代、50代の主婦が起業をしたくても二の足を踏んでしまうかもしれませんし、20代、30代での起業は、人生経験も少なく不安になるかもしれません。
しかし、起業は年齢に関係なく、自分に合ったビジネスができるものです。

起業ビジネスの種類もさまざまで、方法もさまざまです。
自分の生活や目的に合わせた形でビジネスができます。
主婦目線での起業アイデアは、主婦層に受け入れやすいのもメリットです。
同じ立場からなので、ニーズも把握しやすいため、ビジネスの成功につながりやすいとされています。

年齢を気にせず、無理をせず、自分に合った起業ビジネスに挑戦してみてください。

主婦の方で在宅で起業をしている方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。