主婦が家で起業・独立をして稼ぐ方法とメリットをデメリットとは!?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
主婦の起業について知りたい
という方のために、主婦の起業の方法やメリット、デメリット、注意点などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 起業とは何か?がわかる
  2. 主婦が起業する際の始め方がわかる
  3. 主婦の起業でおススメのビジネスを知ることができる
  4. 主婦の起業のメリットがわかる
  5. 主婦の起業のデメリットと注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、主婦の起業について解説をしていきます。

主婦で起業したいと考える人も少なくありません。
現に、主婦でありながら起業し、成功している人もたくさんいます。
起業をする理由は人それぞれで、もっと収入を得たいが都合のよいパートやアルバイトが見つからない、子どもも成長し手がかからなくなったので何かを始めたい、自分のスキルを活かして稼ぎたいなど、さまざまです。

しかし、起業のための資金や、失敗して借金を背負ってしまうリスク、経営の知識不足など、いろいろな疑問や不安が出てくるでしょう。

主婦でも起業できる!そもそも起業って?

起業とは、会社を設立すること、または個人事業主となり開業することです。
会社を設立するには税務署に、法人設立届出書を提出し、個人事業主として起業する際には、開業届を提出します。

“起業”というとたくさんの資金や人材を集め、事務所を用意して会社を作ること、などといったイメージを持っている方も多いかもしれません。
確かに会社を設立して事業を始める場合は、それなりの資金が必要です。
法人として株式会社を設立するなら、20万円程度の費用が必要だと言われています。

さらに株式会社として起業すれば、住民税が増える、社会保険加入で従業員の保険料の半分を負担するなど、継続するための費用も必要です。
その分、利益を出さなければならないということです。

しかし、起業は、資金がなくても仲間がいなくてもできます。
個人事業主としての起業なら、仕事によってはパソコンさえあればできてしまうこともあります。
規模によっては従業員を雇う必要もなく、社会保険に加入する必要もありません。
家でできる仕事であれば、事務所を借りる必要もないです。
主婦でも資金調達ができれば会社を設立することもでき、個人事業主として起業することができます。

主婦が起業するには何から始めたらいいの?

起業をしようと思っても、実際は何をどうすればよいのか悩んでしまうものです。
主婦が起業するには、まず何から始めればよいのか知りたい方のために、主婦が起業をするにあたり考えるべきこと、準備しておきたいことについて解説します。

なぜ起業をしたいか目的を明確にする

まずは、なぜ起業したいと考えたのか、理由や目的を明確にしてください。
理由や目的によってビジネスの内容や方向性が異なります。
また、目的が明確であれば、モチベーションの維持につながるでしょう。

起業をしたい理由・目的は必ずしもこうでなければならない、ということはありません。
もっと収入を増やしたい、好きなことを仕事にしたいなど、思っていることが目的になります。
ただし、収入を増やすなら、どれくらい増やしたいかによって、ビジネスの内容や方法も異なります。

ビジネスにどれくらい時間を費やせるのか考える

起業することによって、今までより忙しくなる可能性もあります。
主婦の仕事との両立も大切です。
どれくらいビジネスに時間をかけられるのか、家族は協力してくれるのかなどをしっかり検討する必要があります。

隙間時間でやれればいい、時間をかけて本格的に仕事がしたい、といったことも含め、考えてみましょう。
主婦が起業しビジネスを始めるとなると、家族に無関係というわけにはいきません。
多かれ少なかれ生活が変わることが予測されるため、しっかり家族に相談し、ビジネスにかけられる時間、もしくはかけたい時間を決めてください。

扶養のまま仕事をするか、扶養から外れるのか考える

扶養については、法人として会社を設立するのでなければ、すぐに決めなければならないことではありません。
ただし、納税などの問題があるので、扶養に関する知識や法人化に関する基本的な知識は持っておきましょう。

・個人事業主として扶養のまま仕事をしたいなら「130万円以内」
個人事業主として起業する場合でも、基本的に130万円以内の年収(所得)であれば扶養として認められます。
年収(所得)とは収入から必要経費を差し引いた金額です。
必要経費が認められる範囲は、扶養者の加入している健康保険組合によっても異なるので確認しておいてください。

・法人として起業する場合のメリットとデメリット
法人として起業する場合は、夫からの扶養から外れ社会保険に加入することになります。
扶養者とは別に社会保険料を支払わなければなりません。
赤字になっても税金は払わなければならず、確定申告を始めとした会計関連の事務作業なども複雑で時間がかかります。
税理士に依頼すればその分コストもかかるでしょう。

しかし、個人事業主としてより節税ができたり、信用度が上がるので取引がしやすくなったり、資金調達がしやすくなったりします。

主婦の起業で人気のビジネス!オススメランキングを発表します!

主婦に人気なのは、同じ立場である主婦の悩みを解決したり、サポートしたりするビジネスです。
同じ立場ならどういったサポートがあれば便利か、役に立つかといった視点を持ちやすく、提案しやすくなります。
また、資金などもほとんど必要なく、手軽に始められるビジネスも人気です。
主事の起業で人気のおすすめビジネスランキングを紹介します。

ランキング1位:ネットを利用した販売ビジネス

インターネットを利用した販売なら、店舗を用意しなくてすむので資金がなくても仕事ができます。
お店にいる必要もないので、時間に拘束されることもありません。
ネットを利用した販売ビジネスには次のような方法があります。

・自分でネットショップを作成し販売する
実店舗は必要なくても、ネット上のショップが必要です。
自分でネットショップを作成し運営する方法もありますが、集客が難しかったり、Webサイトの作成に慣れていなかったりすると苦労するかもしれません。

その場合は、STORESやBASEのような、ネットショップをサポートするサービスを利用するのもおすすめです。
利用料などはかかりますが、集客力もありショップのサイト作成が格段に楽になります。
デザインもおしゃれなので、自分の理想のショップができるでしょう。
ネットショップ運営に関する情報やセミナーなどを開催しているケースも多く、勉強がしやすい点もメリットです。

・転売ビジネスという方法も
ネットショップで自作のアクセサリーや小物、服などを販売する方法もありますが、転売という方法もあります。
人気商品など売れそうな商品を見つけ、ネットで販売する方法です。

メルカリやヤフオクなどで物を売ったことがある人も多いでしょう。
仕組みはそれと同じです。
安く仕入れて高く売ることで利益を出すというシンプルなビジネスなので、販売経験のない人でも始めやすいとされています。

ただし、高額商品を売ろうとして売れなかったり、売れると見込んで大量に仕入れて売れなかったり、という失敗もあるので、転売に関する研究が必要です。

ランキング2位:スキルを活かした教室運営

自分の得意分野を教える教室を開くビジネスも人気です。
英会話や料理、手芸やフラワーアレンジメントなど、自分のスキルを活かした仕事ができるので、楽しくやりがいを感じられます。

ただし、集客が難しいことと内容によっては自宅をリフォームするなど、教室用の部屋を用意しなければならないかもしれません。
その場合、フランチャイズというビジネス手法もあります。

フランチャイズは本部からのサポートを受けながらお店を経営する仕組みです。
研修などもあるので未経験でも挑戦できます。
フランチャイズは自己資金が少なくても始められる点もメリットです。
ただし、契約内容やマージン料などを確認し、検討することも必要です。

英会話を始めとする学習塾、在宅リハビリマッサージなどのほか、占星術やリフレクソロジーなど講座を選んでスクールを運営できるサービスもあります。
最初はフランチャイズで経験を積み、独立して起業することも可能です。

ランキング3位:アフィリエイト

すでにブログなどで情報発信をしている人には、アフィリエイトがおすすめです。
アフィリエイトとは、ブログで商品やサービスを紹介し、ユーザーがその情報を見て商品を購入した場合に報酬を得る、という仕組みのビジネスです。
働く女性や主婦などターゲットを絞りやすいうえに化粧品や健康食品、料理の際の便利グッズや調味料など、実際に使用した内容を掲載できるので、商品が売れやすいというメリットがあります。

始めるのに資金はほとんど必要ありません。
ただし、毎日コンスタントにブログを更新できる人、アクセス数を増やす努力ができる人に向いています。

主婦が起業するときにやって良かったと思えるメリットとは?

収入が増える、やりがいを感じて生活にメリハリができるなど、主婦が起業するメリットはさまざまです。
主婦の起業におけるメリットを紹介します。

自分のやりたい仕事ができる

起業をするにあたり、自分のやりたい仕事や興味のある分野のビジネスができる点は大きなメリットです。
例えば、英会話を活かしたくても、スキルを活かせる企業に就職するのはなかなか難しいです。
外資系企業に就職できても、英会話のスキルが活かせるとは限りません。

そこで、自分で英会話教室を開くことで、スキルをフル活用することができます。
英語を教えるだけでなく、子どもの英会話教室の選び方や英会話の重要性をアドバイスしたり情報発信したりすることも可能です。
やりたい仕事なら、楽しくやりがいを持ってビジネスを展開していくことができます。

時間に拘束されない

パートや契約社員、派遣などの働き方がありますが、多くは時間の拘束があります。
子どもが小さいうちは特に、早退や遅刻などをしなければならないこともあるでしょう。
会社に勤務するとなると、いくら融通のきく会社だとしても精神的な負担となります。

起業すれば都合がつけやすく、スケジュールも立てやすいものです。
子どもが急に体調不良になっても、会社の上司や仲間に許可を得る必要がなく、迅速な対応が可能です。
子どもの学校行事にも参加しやすく、仕事の量を調節すれば忙しくて家族との時間が取れないということもなくなります。

稼げるテーマを見つけやすい

主婦目線で考えると、身の周りには起業して稼げるテーマが豊富にあります。
時短でできる料理や掃除、食育、便利で簡単に汚れが落とせる掃除グッズなどの家事関連、忙しい朝の時短メイクにおすすめのコスメ、アンチエイジング化粧品などコスメ関連など、テーマの中にもさまざまな“稼げる商品やサービス”があります。

しかも、自分の立場で考えればよいので、どういったものがあれば便利か、どのようなものを求めているか、を探しやすく、欲しいタイミングや価格なども把握しやすいです。
その結果、的を外すことなく稼げる可能性が高くなります。

ブランクが気にならない

一度会社を辞めてしまうと、復職はできても仕事についていけないなどブランクを気にしてしまうものです。
ブランクやスキル・経験によっては再就職が難しいケースもあります。

起業はブランクを気にすることはありません。
さらに、未経験の分野にも挑戦することが可能です。
経験やスキルを活かした起業も一つの方法ですが、それに縛られる必要はありません。

主婦が起業してからわかるデメリットについて解説します

主婦に限ったことではありませんが、起業は成功するとは限りません。
主婦の起業におけるデメリットと注意点について解説します。

家庭不和につながることがある

起業をすればビジネスに費やす時間が増え、家事や家族との時間が取れなくなることがあります。
家事がおろそかになれば、自分を含めた家族が快適に生活できる空間がなくなってしまいます。
時間は自由になっても、忙しくなれば幼稚園の迎えなどに行けず、夫や実家に託さなければならないこともあるでしょう。

起業で頑張ることを応援してくれる家族なら安心ですが、そのようなケースばかりではありません。
最初は応援してくれていても、程度によっては家族に負担をかけてしまう可能性もあります。
ケンカが絶えない家庭になることは避けたいものです。

自分のやりたいビジネスを成功させるには、家族の理解と協力が必要です。
どの程度までビジネスに時間や労力をかけるのかを含め、家族と相談しながら進めていってください。

無理をすると体調を崩す

無理をすれば体調を崩してしまいます。
主婦業だけでも重労働です。
そのうえ、睡眠を削って仕事をしたり、食事をとらずに仕事にのめりこんだりすれば、病気になってしまうこともあるでしょう。

健康でなければ仕事はできません。
結果、ビジネスに関わっている人やクライアント、家族にも迷惑をかけることになります。
自分の健康管理はしっかりすることが大切です。

うまく稼げない

起業するなら成功させたいものですが、稼ぎやすい市場があっても、それをうまく利用できなければ稼ぐことはできません。
スキルがあるなら、それをどのように活かせるか、どれくらい稼げるかを考えることが大切です。
また、経費はどれくらいかかるかといった、収支計画を立てることが必要です。

自分の持っているスキルや知識だけでは稼げない場合もあります。
常に情報収集や勉強も必要です。

また、最初から大きな利益を求めないようにしましょう。
期待が大きすぎると落胆も大きくなり、やる気を喪失してしまいます。
最初から大きな利益を出すのは難しいうえ、最初は稼げてもそれが継続するとは限りません。
起業してビジネスをしても、パートやアルバイトのように仕事をすれば必ず稼げるというものでもないです。
収入がゼロ、という月もあるかもしれません。

ビジネス経営の知識や経験がないなら、最初から高額な投資も避けた方がよいでしょう。
借金がかさんで家計に影響を与えたり、返済が多すぎていくら稼いでも利益にならなかったり、といったことのないよう、最初は小さな利益を目標にして資金をかけずに始めた方が安全です。

主婦でも起業できる?!その方法とメリットのまとめ

主婦の起業は稼ぎやすいテーマを見つけやすく、取り掛かりやすいと言えます。
ビジネスの方法も多く、初期投資をせずに起業をすることもできるでしょう。
失敗を避けるには費用も時間もかけすぎず、無理をしないことが大切です。

また、成功させるには収支をしっかりと把握し、ビジネスに関する勉強や研究を重ねていくことが必要です。
家族の理解を得ることも欠かせないことなので、家族との関係性を大切にしながら楽しく仕事をしてください。

主婦で自宅で起業をして収入を得ている方をご紹介していますので、、下の記事ぜひ読んでみてください。