シングルマザーに必要な生活費はいくら?生活を安定させる働き方を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
子育てと仕事を両立させやたい
というシングルマザーの方のために、生活にかかるお金と自宅で収入を得ることできる働き方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. シングルマザーの方がかかる生活費がわかる
  2. シングルマザーの方が受けることができる生活支援について知ることができる
  3. シングルマザーの方が自宅で子育てと両立して収入を得る方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

今回シングルマザーの方が十分な生活をするのに必要な生活費の金額と、生活支援で得ることができる補助金や自宅で収入を得て子育てと仕事を両立する方法について話していきます。

2人のお子さんを子育てをしているシングルマザーの方がネット物販で、自宅で収入を得ているのでぜひこちらの記事も読んでみてください。

シングルマザーの方の働き方と必要な生活費

シングルマザーの方の働き方

シングルマザーの方が働く上で1番気になるとことは、勤め先で仕事をする際にどれだけ融通がきくか?ということです。

たとえ給料が高い正社員だとしても、子供の幼稚園のお迎えや急に体調を崩したときに、仕事を抜けることができるのか?

自分が急に休みを取らなければならない時に、引き継ぎなどが問題ができるか?という点がとても重要になってきます。

そうは言っても、そんな条件が良い勤め先が簡単に見つかる訳もなく、多くの方がアルバイトやパートといった選択肢となってしまうことが非常に多くなっています。

しかしながら最近ではコロナの影響もあり、会社に通わなくても働くことができるリモートワークや、ネットですることができる在宅ワークも増えてきています。

今回は自宅で自分のペースですることができる、ネット物販についても最後にご紹介します。

シングルマザーの方の生活費の内訳

先ほど働き方では、給料面よりも融通がきくかなどを優先をすると話しました。

ただ、生活をしていくにはやはりお金が必要で、それは今日1日を過ごすお金はもちろん、これからの将来のためのお金も得ていかなければなりません。

まず大事なことは生活をするには、最低どのくらいのお金が必要かを自分で把握することが必要です。

もちろん、子どもの数や年齢によって生活費はなってきますが、生活費の中には節約できるものもあれば、削れないものもあります。

まずは今自分がお金を使っているものを、全て書き出していきましょう。

一般的なものを紹介していきます。

家賃

実家に住む、住宅を購入してありローンを払う必要もない、もしくは持ち家があるなどの場合を除いては、住む場所を確保しなければなりません。

多くは賃貸物件を契約し、賃料を払っていくことになります。

住む地域や広さ、設備などによって異なりますが、安くても50,000円程度はかかるとされています。

上を見ればきりがありませんが、80,000円~100,000円程度かかることも。

一方、都営住宅や県営住宅、市営住宅などの公営住宅であれば、10,000円~60,000円程度の家賃で済むことが可能です。

食費

食費は子どもの人数や年齢によって大きく変わります。

人数が多いほど出費はかさみますが、1ヵ月あたり30,000円~40,000円、小学生高学年以上の子どもが2人以上いれば、50,000円程度かかることもあります。

食費を節約することはできますが、育ち盛りの子どもの成長を考えれば、栄養バランスのとれた食事を用意してあげたいと考えますよね。

手作りやお買い得品など工夫を凝らして節約をしながら、自分を含め子どもたちの健康を考えた食事を作っていくことが大事になってきます。

水道光熱費

水道、電気、ガスなどの費用は、一般的に10,000円~20,000円くらいかかると考えておいてください。

使用する人数や部屋の広さ、季節などによっても変わるので、1年間を通してどれくらいかかるのかを把握しておくことが必要です。

こまめに電気を消す、使用していないコンセントを抜くなどの節約は大切です。

しかし、エアコンをつけるのを我慢したり、シャワーだけで済ませたり、節約のためと思ってしたことが健康を損ねることにつながるので、間違った節約はしないようにしましょう。

日用品などの雑費

ティッシュペーパーやトイレットペーパー、洗剤やシャンプー、石鹸などの日用品費の目安は、5,000円~10,000円程度かかる場合が多いです。

家庭や学校で使う鉛筆やボールペン、消しゴムやノートなどの文具費用もかかります。

一つひとつは安くても、子どもの人数などに比例して数がかさむので、家計簿にはしっかりつけておきたい費用です。

通信費

固定電話や携帯電話、インターネットの費用もけっこうかかります。

現在では固定電話を使わない代わりに、スマホを一人1台持っている時代です。

インターネットやスマホは機種やサービスなどによって大きく費用が異なりますが、目安として10,000円~20,000円ほどになります。

インターネットのプラン変更、格安スマホなどもあるので、検討してみましょう。

医療費・保険料

正社員で勤務している場合は社会保険に加入でき、給料から天引きされますが、パートやアルバイトの場合、国民健康保険料や国民年金を自分で支払うことになります。

また子どもが小さければ、風邪を引いたり、ケガをすることも多く、病院にいく機会が増えます。

そのために、1ヵ月5,000円~10,000円程の金額、時によってはもっと大きな金額になることもあります。

生命保険なもありますが、生命保険のお金をかけすぎて生活を圧迫しすぎることに気をつけましょう。

また子どもの将来に備えての学資保険についても同じになります。

教育費

教育費は公立や私立かなど、通学する学校によって費用が異なります。

公立の場合、授業料のほか給食費やPTA会費、学年費などで1ヵ月10,000円~30,000円程度です。

私立の場合、授業料や制服代などが高くなり、50,000円~100,000円程度、もしくはそれ以上かかることもあります。

大学にかかる1年間の費用は、国立大学の場合600,000~700,000円程度、私立大学の場合は1,000,000万円程度が相場です。

さらに初年度は入学金がどちらの場合も200,000~300,000万円程度かかります。

教育費として、塾や家庭教師などの費用も考慮しておくことが必要です。

塾の内容などにもよりますが、1ヵ月最低でも10,000円、内容や頻度によってはそれ以上かかります。

交際費・レジャー費

本人の友人や仲間との付き合いのほか、冠婚葬祭費用も必要です。

突然何があるかわからないので、急な出費に備えておいた方が安心です。

また、子どもたちを連れて出かければ、交通費や食事費用、場所によっては入館・入園料などもかかります。

休日などには息抜きを兼ねて、子どもと出かける方も多いかと思いますが、交際費やレジャー費用は1ヵ月最低でも10,000円、できれば20,000~30,000円あると安心です。

美容・衣服費用

化粧品代やヘアカット代、衣類、靴、靴下などの費用も考える必要があります。

子どもの人数などにもよりますが、5,000円~10,000円程度用意できるといいでしょう。

シングルマザーの生活は苦しい?その理由

厚生労働省「平成30年国民生活基礎調査(平成28年)の結果からグラフで見る世帯の状況」によると、世帯別の相対的貧困率は、全体平均が15.7%なのに対して、子どもがいる現役世代で大人が一人の世帯では50.8%です。

ひとり親世帯の90%近くがシングルマザーであり、データからはシングルマザーの約半数が貧困状態であることがわかります。

なぜ、シングルマザーは生活が苦しくなるのか、その理由について、見ていきます。

収入が少ない

シングルマザーに関わらず、収入が少なければ生活は楽になりません。

特にシングルマザーの場合は、次のような問題があります。

  • フルタイムで働けない

まだ手のかかる子どもがいる場合、フルタイムで働くのは難しいことが多いです。

働く時間が制限されるので、その分収入は少なくなります。

子どもを預けられる場所があればよいのですが、実家にも頼めない、保育園やベビーシッターに預けるのは費用がかります。

結果、自分で子どもの面倒を見ながら、パートやアルバイトで働くことになります。

パートやアルバイトはボーナスや有給休暇などがないことも多く、子どもが病気やケガをすれば仕事を休まなければなければいけません

また、仕事をする時間が限られてしまうことが多いので、収入を増やすことができない、安定した収入が得られないということになります。

  • 正規雇用になりにくい

正規雇用であれば収入は安定し、ボーナスや昇給があります。

しかし、シングルマザーの場合、フルタイムで働けない以上、正規雇用で働けない現実があります。

シングルファザーの場合は、正規雇用で働いている人が多く、収入もシングルマザーより多いです。シングルマザーの場合、結婚しているときは専業主婦や正規雇用でなかったケースも多く、離婚後に就職活動を始めることも少なくありません。

子育てをしながらの就職活動は難しいものです。

働く時間が限られる、フルタイムで働けないといったこと以外にも、会社によっては育児をしながら仕事をする女性に対して、「すぐに休まれると困る」などといった理由で採用されないケースもあります。

  • 就職活動が難しい

離婚後に就職活動をするとなると、子どもの世話をしながら就職活動をしなければなりません。

ハローワークに通うのも、面接を受けに行くのも、子どもを連れていくことになります。

途中で子どもの体調が悪くなったり、泣き出してしまったりすることもあるでしょう。面接に出かけるのも交通費や履歴書の写真代のほか、服装や靴などの身だしなみにも費用がかかります。

さらに、就職活動と同時に、保育園探しもしなければなりません。

そういった状況の中で、働ける時間や曜日、仕事内容、勤務地などにおいて自分に合った職場を探すのは至難の業です。

なかなか就職が決まらないまま出費だけがかさみ、生活が苦しくなってしまうことも考えられます。

慰謝料や養育費がもらえない

離婚をしてシングルマザーとなった場合、父親は養育費を支払う義務があります。

離婚の原因によっては、慰謝料も請求できます。
しかし、養育費をもらっていないシングルマザーは約半数。

相手ともう関わり合いになりたくないという理由が多いようです。

また、相手に支払う意思がないというケースも少なくありません。

相手に支払う経済的余裕がない、という理由で養育費の支払いができないケースもあります。

シングルマザーを助ける生活支援について知っておこう

行政ではシングルマザーが生活に困らないよう、安心して子育てや仕事ができるよう、さまざまな支援を行っています。

条件や期限が決まっているものの利用する価値は十分にありますので、どのような支援があるか、主なものを紹介します。

児童手当

シングルマザーだけでなく、子どもを養育するすべての人が対象です。

子どもの年齢に応じて、中学校を卒業するまで子ども一人あたり10,000円~15,000円が支給されます。

ただし、所得制限限度額があるため、扶養親族等の人数ごとに規定の所得を超えた収入がある場合は、児童一人あたり月額5,000円の支給になります。

児童扶養手当

児童扶養手当は、シングルマザーやシングルファザーを対象とした支援制度です。

子どもが18歳になって最初の3月31日を迎えるまで手当が支給されます。

支給額は所得((収入+養育費の8割)-控除額)によって異なり、所得が87万円未満であれば全部支給されますが、87万円以上は一部支給、230万円以上は支給されません(子ども一人の場合)。

ひとり親家庭の住宅手当

シングルマザー・シングルファザーの家庭で、賃貸物件に住んでいる人が対象の、家賃の一部をサポートしてくれる制度です。

ただし、居住年数や所得など、支給額や条件は自治体によって異なるので確認が必要です。

ひとり親家族の医療補助制度

シングルマザー・シングルファザーの親子が医療費の助成を受けられる制度です。

所得などの条件があるなど、自治体によって要件が異なりますので、確認してください。

子育て援助活動支援事業

保育園の送迎をしてほしい、子どもを少しの時間預かってほしい、などの要望がある人と、要望に応えたい人をとマッチングする支援事業です。

利用料金がかかる、利用料金を援助しているなど、自治体によって要件が異なります。

学習支援ボランティア事業

塾や家庭教師など、子どもの学習をサポートする事業です。

利用料は原則無料ですが、交通費などは負担するケースが多いです。

内容は自治体によって異なるので確認してください。

シングルマザーの暮らしを安定させるためにできること

シングルマザーにとってお金の問題は大きいものです。

お金に追われる生活は本人にも、子どもにとってもストレスになってしまうかもしれません。

そうかといって、仕事をかけもちして無理をすれば体を壊してしまう可能性もあります。

自分も子どもも元気で笑顔でいられるよう、暮らしを安定させる方法について紹介します。

正規雇用を目指す

シングルマザーの働き方としては正規雇用を目指してみてください。

厚生労働省の「平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告」によると、就業しているシングルマザーは81.8%で、そのうち正規の職員・従業員は44.2%ともっと多い割合です。

正規雇用の年間収入は305万円、一方パートやアルバイトの場合133万円という調査結果が出ています。

収入面だけでなく、雇用も安定し社会保険にも加入できます。

保険料の半分は会社負担になり厚生年金にも加入できるので、老後は国民年金よりも年金が多く受け取れるのもメリットです。

有給休暇も取れますし、退職金も出ます。

シングルマザーが正規雇用を目指すには、次のような点がポイントです。

  • 資格を取得する

資格を持っていた方が、就職先の幅が広がります。

子どもが小さいうちはパートやアルバイトをしながら、資格を取得しておくと雇用されやすくなります。

  • シングルマザーを支援してくれる企業を選ぶ

シングルマザーとして働く女性は少なくありません。

企業の中には、シングルマザーが働きやすい環境づくりをしているところがあるので、そういった企業を選ぶとよいでしょう。

  • 転職エージェントに登録する

自分一人で就職活動をするより、転職エージェントに登録した方が希望の会社に就職できる可能性が高くなります。

転職エージェントは、シングルマザーとして働く女性をサポートする企業の情報も多く持っています。

収入や働き方、勤務地、仕事内容を含め、適した就職先を見つけられるかもしれません。

マザーズハローワークを利用する

正規雇用を目指すのは難しいという場合でも、パートやアルバイトを探す人は多いもの。

シングルマザーが利用しやすい、マザーズハローワークを利用するのもおすすめです。

マザーズハローワークは子どもを連れてでも来所しやすい環境があり、それぞれのシングルマザーの要望に適した就職を支援してくれる機関です。

全国に20ヵ所以上あり、一般のハローワークの中にもマザーズコーナーを設けているところが180ヵ所以上あります。

マザーズハローワークには、授乳室やチャイルドルーム、託児ルームなどが設置され、子ども連れでも安心して就職相談ができる環境です。

マザーズハローワークでは、専任制予約相談を行っています。

働くための環境の整え方や求人の選び方、履歴書など応募書類の書き方など、細かい点をアドバイスしてくれたり、相談にのってくれたりします。

就職活動で悩んでいるなら、一度利用してみるとよいでしょう。

シングルマザーのための生活支援を利用する

シングルマザーは、自治体などの行政機関から手当や助成金などの生活支援が受けられます。

行政では、児童手当や自動扶養手当などの経済支援をはじめ、子どもの教育支援、母親の就労支援などを行っています。

どのようなサポートがあるかは自治体によっても異なるので、住んでいる地域の自治体に確認してみてください。

また、地域のボランティアが運営する子ども預かりルームや、子ども食堂などを利用するのもおすすめです。

子ども食堂は栄養を考えた食事が提供されるだけでなく、同じ境遇の子どもたちや母親の交流の場となっています。

温かい食事をにぎやかな環境で楽しく食べることができるのは、親子にとってもいい影響をもたらしてくれるかもしれません。

母親としても信頼できる場所に子どもを預け、おいしい食事をさせてくれる子ども食堂があれば、安心して仕事ができます。

養育費をもらえるよう話し合う

理由はいろいろだと思われますが、養育費をもらっていない場合、もらえるようにした方がよいです。

養育費の目安としては1ヵ月50,000円程度。

毎月50,000円があるかないかは、大きな違いです。

栄養のある食事や衣類などの生活における質にも影響しますが、学校で必要な文房具類や体操服、楽器などを買えないと、子どもがつらい思いをしてしまいます。

元夫と話しもしたくない、という理由で養育費をもらっていないケースもあるかと思いますし、相手に払う意思がなく、催促をしても払ってもらえないということもあり得ます。

養育費は子どものためのものです。

元夫には、養育費を支払う義務はあり、子どもには養育費を受け取る権利があります。

元夫と話し合うことができれば、きちんと話し合い養育費をもらうようにしてください。

養育費を確実にもらうには、次のようなことが必要です。

  • 公正証書を作成

口約束ではなく、法的に効力のある公正証書を作成してください。

公正証書によって、養育費の金額、支払期間が決められ、支払いが滞った場合に給料などを差し押さえることが可能になります。

  • 連帯保証人をつける

転職などを繰り返していたり、支払いに対して協力的でなかったりする場合は、連帯保証人をつけることをおすすめします。

一般的には元夫の両親などが連帯保証人となります。

連帯保証人をつけることで、支払いの確実性が高まると同時に、連帯保証人に迷惑をかけられないという意識ができ支払いをするというケースもあります。

  • 子どもとの交流

元夫婦としての関係性がうまくいかなくても、子どもとの関係は良好であることが大切です。

我が子とはいえ、離婚後に全く会わない子どもや子どもに嫌われているような関係では、毎月養育費を支払うモチベーションが続かなくなるかもしれません。

お互いの現在の生活を尊重しながらも、元夫と子どもとの交流を遮断させないなど、良い関係を作れる配慮をすることも必要です。

貯金をする

少しずつでもいいので、貯金をすることを心掛けてください。

生活をするだけで精一杯なのに貯金をする余裕はない、という家庭もあるかもしれませんが、生活の中で急に大きなお金が必要になることがあります。

時に病気やケガなどをしたとき、治療費や入院費などが用意できないと治療に専念できません。

必要なときにお金が用意できないと、借金をしなければならないことも。

借金をしたり、クレジットカードでキャッシングをしたりすれば返済をしなければならず、さらに負担がかかってしまいます。

自分だけでなく、子どもがいつ病気やケガをするかはわかりません。

どのような場合でもすぐに用意できるよう、貯金をしておきましょう。

精神的安定を手に入れる

お金のことだけでなく、シングルマザーとして生きていくのは苦労が多いものです。

そのような場合に頼りになる友人がいると、精神的にも心強いはずです。

同じシングルマザーであれば、気持ちもわかりあえることが多いかもしれません。

養育費のことや生活支援、保育園や塾など、シングルマザーとしての悩みを分かちあったり、自分の知らないことを教えてもらったりすることもできます。

母親の気持ちが安定していないと、子どもの気持ちも不安定になりやすくなります。

子どもが安心して元気に生活していくためにも、まずは自分が精神的に安定することが大切です。

副業を始める

暮らしを安定させるために大切なのはやはり収入です。

しかし全ての人が安定した企業で正規雇用として働けるというわけではありません。

非正規雇用であってもしっかりとした収入があれば日々の不安はかなり違ってきます。

そのために副業という手段を視野にいれるのも良いのではないでしょうか。

副業と聞いて難しそう、初期費用がかかりそうといった不安を持たれる方もいると思いますが、一言に副業と言っても様々な業種があり手軽に始めらる仕事もあります。

シングルマザーで在宅で収入を得ている方もいらっしゃいます。

是非合わせて記事も読んでみて下さい。

まとめ

シングルマザーに必要な1ヵ月の生活費は、15万円~20万円とされています。

しかし、住居や学校などによってはもっと多くの生活費が必要になることもあります。

子どもが成長し大学や専門学校などに行くなら、入学金や授業料も準備しておかなければなりません。

生活が苦しいと、自分だけでなく子どもにもストレスを与えてしまう可能性も、十分に考えられます。

シングルマザーとしての働き方を考え、安定した生活をすることが必要です。

また、自分で働くほか、自治体の生活支援などを利用するのも一つの方法です。

利用できるサポートは積極的に活用し、安定した生活をしていきましょう。