シングルマザーの貧困問題。利用すべき支援やおすすめ対策をご紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ひとり親家庭の生活費について知りたい
という方のために、具体的な生活費や貧困対策について解説をしていきます。

この記事を読むことで、

  1. ひとり親家庭の生活費用がわかる
  2. シングルマザーが貧困に陥る原因がわかる
  3. 貧困状態を避けるための養育費の請求方法がわかる
  4. 貧困状態に陥った時に利用するべき支援がわかる
  5. 収入を少しでもアップさせるためのおすすめの方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではまず、ひとり親家庭の生活費について解説をしていきます。

夫との離婚や死別でシングルマザーになってしまい、これから先どのような生活になっていくのか漠然とした不安を抱えている方もいるでしょう。

シングルマザーとなった場合、世帯収入が大きく落ち込んでしまうので、貧困状態に陥ってしまうケースも多くあるようです。

シングルマザーの生活費

シングルマザーとなると、できるだけ生活費を減らさなければいけない状況に陥ることがあります。

そのような場合、どの部分を節約すればいいのかわからないかもしれません。まずは生活費としてどのような費用があるのかを整理するところから、スタートしましょう。

生活すると発生する様々な出費

シングルマザーに限らず、生活する上ではさまざまな費用が発生します。

シングルマザーになると必然的に収入が減ってしまうので、できるだけ節約をしなければいけなくなるかもしれません。

節約をするのであれば、まずどのような出費があるのかを知る必要があります。

  • 家賃

マンションやアパートを借りている方は、毎月家賃を支払いますが、家賃は引っ越しをしない限り節約することができません。

子供がいる場合に引っ越しをすると学校が変わってしまうほか、引越費用もそれなりに発生してしまうので、なかなか難しいでしょう。

  • 食費

健康的な生活をする上で、食費はある程度確保しておきたいものです。

食費を減らししまうと栄養不足に陥ってしまう危険性もある上、食の楽しみが無くなってしまうため、生活にもハリがなくなってしまいます。

  • 日用品

生活をしているとさまざまな日用品費が発生します。

できるだけ無駄遣いをおさえて、安い時にまとめ買いをするなどして節約することが大切です。

  • 光熱費

さまざまな電化製品を使用していると光熱費は高くなりがちですが、特に冷暖房について無理な節約は控えましょう。

節約のために冷暖房の使用を控えたことが原因で体調を崩してしまったら本末転倒です。

  • 保険料

シングルマザーは働いているのが自分だけなので、ある程度保険には加入しておかなければいけません。

しかし、必要以上に保険に加入しているケースがあるかもしれないので、適宜見直していきましょう。

  • 通信費

インターネットやスマートフォンは私達の日常生活にとって必要不可欠なものになりましたが、通信会社の選び方によって通信費に違いが出ます。

この他にもさまざまな費用がありますが、シングルマザーになったらさまざまな工夫を凝らして節約することが必要になるかもしれません。

具体的にどのような部分を節約することができるのか

シングルマザーとなり収入が減少してしまったのであれば、できるだけ節約を心がけたいものです。

この項では具体的な節約の方法についてチェックしていきます。

  • 食品は基本的にまとめ買いを

子供がたくさんいる家庭であれば、必然的に食費はかさんでしまいます。

しかし、できるだけ栄養のあるものを食べさせたいと考え、食費は削らない方針を持っている方も多いかもしれません。

主要な食材の中でも、特に家計を圧迫してしまうのが野菜です。

その年の収穫数によっては高騰する野菜もあり、たくさん購入することが難しいケースもあります。

野菜はその都度購入するよりも、冷凍野菜を購入して大量に冷凍しておくことをおすすめします。

  • 引越資金があるなら公営住宅へ

節約のためには固定費を削ることが何より大切ですが、その時に考えたいのが家賃です。

引っ越しをすることにより大幅に固定費を下げることができるかもしれませんが、引越費用が高額になってしまったら本末転倒だと思い、なかなか次の一歩を踏み出せないという方も多いです。

もし引越費用を捻出できるだけの余裕があるなら、公営住宅への引っ越しを検討してみましょう。

公営住宅というと競争率が高いイメージがあるかもしれませんが、実際の競争率は自治体によってバラつきがあり、人気がない自治体であれば競争率はそこまで高くなりません。

また、市営住宅には家賃の減免制度が設けられていて、減免対象となればお得に部屋を借りることができます。

  • 保険は支援制度と合わせて考える

シングルマザーは、自分が働けなくなった時のためにさまざまな保険に加入している方も多いです。

医療費に関しては「ひとり親家庭医療費助成制度」などを活用することにより、負担割合を低くすることができます。

  • スマホは格安スマホで

これは既に実践している方も多いかもしれませんが、基本的にスマホは格安スマホで十分です。

大手キャリアも低価格なプランを打ち出してきましたが、格安スマホと比べるとまだまだ料金が高いのが現状です。

この他にもさまざまな節約方法がありますが、食費や光熱費を節約するなどのストイックな節約は長続きせず、節約の結果体調を崩してしまうこともあります。

節約をするのであれば、まずは固定費の削減からということを覚えておいてください。

シングルマザーはどうして貧困に陥るのか

シングルマザーの中でも多くの方は貧困に苦しんでいる状態です。

では、どうしてシングルマザーの方は貧困状態に陥ってしまうのかを考えてみましょう。

単純に収入が減少するから

夫と離婚する、もしくは夫が死別してしまった場合、世帯収入はその分減少してしまいます。

シングルマザーとなった場合にさまざまな支援を受けられるのは事実ですが、以前まで夫が稼いでいた給料を穴埋めできるほどのものではないしょう。

そのため、やはり収入はある程度減少してしまいます。

シングルマザーとなり一生懸命稼げる仕事を探そうとしても、未だに男女間の給与格差が残っている状態なので、なかなか給料のいい仕事を見つけることも難しいことが多いです。

仮に仕事を見つけられたとしても、シングルマザーはさまざまな理由で正社員として登用されにくい現状があるため、なかなか収入がアップしないかもしれません。

  • シングルマザーはどうして正規採用されにくいのか

収入アップを目指すのであれば、できれば正社員として採用されたいものです。

派遣社員や契約社員などの非正規雇用と正社員との間では、収入面で大きな隔たりがあります。

少しでも稼ぎたいと思うシングルマザーは正社員での採用を狙うわけですが、企業の中にはシングルマザーを正社員として採用することに消極的な企業も多いです。

なぜシングルマザーは正規雇用されにくいのかというと、シングルマザーは家事や育児の負担が大きいという理由が挙げられます。

特にまだ子供が小さければ手がかかり、夜は必ず家に戻っていないといけません。

そう考えると突発的な残業に対応することができないため、正社員として迎え入れることが難しいという現実があります。

  • 長い時間働けないことが収入アップの妨げに

時給が低いのであればその分長く働いてカバーしようと考えるのは自然なことですが、シングルマザーの場合はそれも難しい状況です。

シングルマザーは先述の通り、家事や育児の負担が大きいため、どうしても長い時間働くことが難しいです。

また、子供が急に熱を出してしまった時には看病や病院への付き添いをしなければいけないので、シフトに穴を開けてしまう可能性もあります。

  • 養育費が支払われない

夫と別れる場合、養育費に関して取り決めをしておくことになるでしょう。しかし、仮に取り決めがあったとしても、その通りに養育費を支払ってもらえるとは限りません。

また、夫と別れる時にどうしても夫の力を借りたくないと思い、養育費に関する相談をせずに後悔したというシングルマザーの方もいるようです。

離婚を選択するほど夫のことを嫌っているために力を借りたくないという気持ちも理解できますが、その後の生活が成り立たなくなるおそれがあるなら、やはり事前に養育費に関する相談はするべきでしょう。

養育費に関する取り決めの内容や養育費に関する取り決めをしていても、養育費を支払ってもらえない時の対処法などは後述します。

貧困状態が子供に与える悪影響

子育て世代の貧困は子供に悪影響を与えてしまう恐れもあります。

しっかりとした食事を摂らせることができない

シングルマザーが貧困状態に陥ってしまうと、とにかくたくさん仕事に出て給料を稼いで来なければいけなくなります。

そうなるとゆっくりと料理の時間を取ることができなくなってしまうので、惣菜やインスタント食品がたくさん食卓に上ることになるでしょう。

栄養が偏った食事が連続してしまうと、子供の発育に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので要注意です。

また、仕事ばかりしていると子供とともに食事をすること自体ができなくなってしまいます。

「孤食」の状態が続くと子供のメンタルに悪影響を及ぼす可能性があるので、できれば避けたい事態です。

教育環境に差が出る

義務教育だけで満足に勉強を行うということも難しいかもしれません。

かといって収入が少ない貧困家庭では、子供を塾に入れることも家庭教師を雇うこともできないでしょう。

そうなってしまうと義務教育と自主勉強だけでカバーしなければいけないため、教育格差が生まれてしまいます。

このように、貧困は子供にさまざまな悪影響を与えてしまいますが、自分の給与所得を劇的にアップさせるのは少々現実的ではありません。

そこで重要になるのが養育費に関する取り決めです。

次の項では養育に関する取り決めについて紹介していきたいと思うので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

貧困状態を防ぐには養育費は必ずもらう

シングルマザーが貧困状態に陥ってしまうのは、単純に収入が下がってしまうからだということについて説明しました。

しかし、シングルマザーになったからと言って、必ず貧困状態に陥るわけではありません。

シングルマザーが貧困状態に陥ってしまう理由はさまざまですが、特に「養育費」を受け取ることができないと貧困状態に陥ってしまう可能性が高くなります。

基本的に養育費はどれだけの金額をどれだけの期間に渡り支払っていくのかを取り決めておくのが一般的です。

しかし、別れた夫と話し合いの場を設けることができなかったなどのトラブルがあり、養育費を受け取ることができなくなってしまう場合もあります。

また、養育費に関して離婚時に取り決めを交わしておいたものの、実際は支払いをしてもらえなかったというケースもあるようなので、口約束をしただけでは安心できません。

しっかりと取り決めを交わしていたのにも関わらず、約束の養育費を振り込んでもらえない場合、シングルマザー側はどのような手段に出ればいいのかを紹介していきます。

まずは自分で連絡してみる

約束していた養育費が予定通りに振り込まれなかった場合、単純に相手が振り込みを忘れている可能性があります。

このような時は、自分から連絡して振り込みを催促してみるのがおすすめです。

未払いの養育費を支払ってもらうためには弁護士に依頼する方法もありますが、弁護士に依頼をすると弁護士費用が発生してしまいます。

そのうえ、いきなり弁護士の名前で支払いを要求されてしまったら、相手の立場も硬化してしまうかもしれません。

未払いの養育費の支払いを依頼する時に気をつけなければいけないのは、「相手に対して威圧的な態度を取ること」です。

確かに未払いに関しては相手の落ち度ではあるのですが、それを責めてしまうと相手もいい気分はしないでしょう。

簡単に解決できたはずの問題が複雑な問題に発展してしまう可能性もあります。

問題となるのは、こちらから連絡を取ろうと思っていたのに、相手が電話に出なかったりLINEを無視したりするケースです。

こうなると一歩踏み込んだ対応が必要になってきます。

内容証明郵便を利用する

支払われるべき養育費が一切支払われず、こちらからの連絡にも応じないのであれば、内容証明郵便を利用してこちらの意思を相手に理解させましょう。

内容証明郵便とは、差し出した手紙の内容を郵便局が証明してくれるサービスのことです。

内容証明郵便を差し出すだけでは相手は受け取っていないと言う可能性があるので、内容証明郵便を利用する際はそれに合わせて配達記録郵便などを利用すると、受け取ったことが記録されるので安心です。

内容証明郵便は通常の手紙と異なり、フォーマットが定められているので注意してください。

内容証明郵便を利用しても相手から一切反応が無いのであれば、いよいよ弁護士などの専門家への依頼を行うことになります。

弁護士に内容証明郵便を送ってもらう

内容証明郵便自体には法的拘束力が無いので、それを受け取ったからといって、別れた夫が素直に養育費を支払ってくれる可能性はそこまで高くありません。

自分の名前で内容証明郵便を差し出したのにも関わらず反応が無いのならば、次は弁護士に内容証明郵便を送ってもらうようにしてください。

自分の名前で送った時は手応えがなかったとしても、弁護士の名前で内容証明郵便を送れば、相手にかなりのプレッシャーを感じさせることができるでしょう。

弁護士に依頼したということが相手に伝わり、裁判まで発展する可能性を示唆することができれば、この段階で養育費が振り込まれる可能性も十分あります。

家庭裁判所の制度を利用する

弁護士の名前で内容証明郵便を送ったにも関わらず一切の反応が無いのであれば、いよいよ別れた夫は養育費を支払うつもりが無いかもしれません。

次に取るべき手段は「家庭裁判所から催促してもらう」ことですが、家庭裁判所は養育費を支払わない人に対して「履行勧告」と「履行命令」という方法で養育費の支払いを促すことができます。

普通に生活していれば家庭裁判所からの連絡が来ることはないため、家庭裁判所から支払いを促されることはかなりのプレッシャーになるはずです。

しかし、弁護士からの催促にも応じなかったのであれば、そこまで効いていない可能性もあるので注意が必要です。

履行勧告について

履行勧告とは、家庭裁判所から電話や郵送で養育費を支払わない相手に養育費を支払うように促してもらう制度のことで、費用がかからず書面での手続きなども必要無いことがメリットです。

家庭裁判所を経由してプレッシャーをかけたいのであれば、履行勧告という手段は非常に有効です。

履行命令について

履行勧告が「お願い」だとしたら、履行命令は「指示」なので、履行命令を受けた側はそれに従わなければいけません。

もしそれに従わなければ10万円以下の罰金となるので、いよいよ養育費の支払いに応じる可能性も高まるでしょう。

ただ、罰金額が少額であるため、そこまでの強制力が無いのが履行命令の弱点と言えます。

家庭裁判所からの履行命令が出たにも関わらず、それに応じないのであればいよいよ「差し押さえ」をしなければいけません。

最終的には強制執行(差し押さえ)で回収する!

さまざまな手段で養育費の支払いを催促しても、どうしても支払いをしてもらえないのであれば、ついに最終手段を利用することになります。

その最終手段とは、「強制執行(差し押さえ)」です。

強制執行の対象となるのは、不動産、動産、給料、預貯金ですが、対象は養育費の支払いなので、不動産や動産、預貯金には期待できないかもしれません。

しかし、給料は別れた夫が働いていればこれから入ってくることが期待できるので、それを差し押さえの対象とすればいいのです。

ただし、別れた夫にも自分の生活があるので、給料の全てを差し押さえとすることはできません。

養育費の支払いについて差し押さえを行う場合、給料の半分が差し押さえの対象になります。(それ以外で差し押さえをする場合は4分の1が差し押さえ対象)

また、別れた夫が役員報酬を受け取っていた場合、その役員報酬については全額が差し押さえの対象となります。

養育費については他の債権と比べると、回収しやすいのが特徴です。

養育費以外の債権は給料の4分の1までしか差し押さえの対象になりませんが、養育費の場合は半分まで差し押さえの対象とすることができます。

養育費については、簡単な手続きで将来支払われる給料に対して差し押さえを行うことが可能です。

養育費について取り決めを交わす時に注意したいこと

別れる夫との関係が最悪で、どうしても話し合いの場を持ちたくないと考える方もいるでしょう。

しかし、養育費が受け取れないとなると生活がかなり苦しくなってしまう可能性があるので、養育費を受け取れるようにじっくりと協議を重ねていかなければいけません。

養育費に関して話し合いを行う際は、口約束だけで終わらせてしまわないように注意してください。

口約束をしただけでは、後々「そんな取り決めは交わしていない」と反故にされてしまう可能性がります。

そのため、養育費に関して取り決めを交わす場合は「公正証書」を作成してください。

養育費の支払いに関して「公正証書」が作成されてあると、万が一トラブルになった時でも、スムーズに問題を解消できるかもしれません。

先程、家庭裁判所から解決を促してもらう方法を紹介しましたが、この方法は少々時間がかかります。

しかし、公正証書が存在していれば、差し押さえまでが非常にスムーズに行われます。

公正証書を作成する時に意識してもらいたいポイントは、「認諾文言」を盛り込むということです。

認諾文言とは、「もし養育費の支払いが遅れてしまったら、強制執行されても異議を唱えない」などの文章のことで、これを公正証書に盛り込むことにより、万が一の際に強制執行をスムーズに行えます。

養育費保証サービスの利用がおすすめ

ここまで養育費が未払いとなってしまった時の対処法についていくつか紹介してきましたが、実際に一つ一つ手続きを進めていると時間がかかってしまいます。

可能であれば1日でも早く養育費を受け取りたいのに手続きが長引いてしまい、養育費の受け取りが遅れてしまっては意味がありません。

なかなか支払いに応じてもらえなそうであれば、「養育費保証サービス」の利用をおすすめします。

養育費保証サービスとは、未払いとなってしまった養育費を建て替え、建て替え分を請求するサービスのことです。

未払いとなった養育費を迅速に受け取れることに加え、相手と連絡をしなくていいというメリットがあります。

養育費に関することで特にストレスが溜まるのが、相手とのやりとりでしょう。

離婚まで発展してしまった相手と冷静に話し合うことが難しいのであれば、養育費保証サービスは積極的に利用したいものです。

養育費を受け取らない場合、その後の生活は全て自力でまかなうわけですが、かなりの困難が伴ってしまうのは言うまでもありません。

可能であれば養育費を受け取る方向で調整を行い、ときには強硬な手段を取ることも辞さない構えを持つことが大切です。

シングルマザーが積極的に利用するべき制度

シングルマザーの貧困問題は根深く、国を挙げて解決しなければ行けない問題の一つです。

そのため、さまざまな支援策を利用することができます。

この項ではシングルマザーが利用できる支援制度をいくつか紹介していきます。

各種補助金

  • 児童手当

シングルマザーに関係無く、子供を育てている世帯であれば受け取ることができる手当です。

受け取り期間は15歳の誕生日が来て、次の3月31日までで、受け取れる金額は子供の年齢と子供の人数によって異なります。

  • 児童扶養手当

児童手当が子供を育てているなら誰でも受け取れる手当である一方、児童扶養手当は母子家庭、もしくは父子家庭が受け取れる手当のことです。

児童手当の支給額は所得によって異なり、所得が一定を上回った場合は児童扶養手当を受け取ることはできません。

  • 各自治体が採用している制度をチェック

児童手当と児童扶養手当以外にも、シングルマザーを支援する制度を各自治体が設けていることがあります。

シングルマザーなら在宅ワークにチャレンジしてみよう

今の収入では生活が苦いものの、生活保護に頼るほどでは無いという場合もあります。

そういった場合はなんらかの方法で収入を増やすことが求められますが、子供が家にいると外で働くのは難しいでしょう。

外で働けないのならば、思い切って在宅ワークに挑戦してみる方法もあります。

この項では、在宅ワークにおすすめの職種をいくつか紹介していきます。

在宅ワークのメリット

在宅ワークのメリットは、なんと言っても自宅にいながらにして仕事ができることです。

特に小さな子供がいるシングルマザーは、子供のためにできるだけ家にいたいものです。

在宅ワークであれば自宅で仕事をすることができるので、子供を見守りながら稼いでいくことができます。

インターネットを使用して、在宅で収入を得ているシングルマザーの方がいますので、記事をぜひ読んでみてください。

在宅ワークでおすすめの仕事とは?

在宅ワークにもさまざまな仕事があります

初心者の方でも挑戦しやすいークをご紹介します。

  • WEBライター 

Webライターには日本語に関する力が必要ですが、それ以外の特別な技能は必要としないので副業にはぴったりです。

最初は案件を獲得するのに苦労するかもしれませんが、案件をいくつかこなしていくと実績として認められるようになり、さまざまな仕事ができるようになるでしょう。

  • ネットショップ運営

インターネット上にお店を開き、商品を販売する仕事です。

ハンドメイド商品や他の店舗やサイトから仕入れた商品を販売する方法があります。

STORESやBASEといった、ネットショップサービスを利用することで、利用料を払うだけでネットショップを運営することが出来ます。

Webサイト制作の知識がなくても、簡単にショップを作成できるので良いですね。

ネットショップの運営はパソコンがあれば可能なので、いつでもどこでも作業ができるのもメリットです。

ネットショップについて詳しく知りたいと思った方はこちらの記事も参考にしてみて下さい。

副業として在宅ワークをする時の注意点

少しでも収入をアップさせたい時におすすめなのが在宅ワークですが、副業として在宅ワークをするときの注意点をいくつか紹介していきます。

  • 本業の会社の副業規定を確認する

現在は副業に対する見方が変わってきて、副業を推奨するような企業も増えてきました。その一方で、副業を禁止している企業は未だにたくさん存在しています。

そのような企業に在籍しているのに副業をしていることがバレてしまったら、服務規程違反としてなんらかの処分が下されてしまう危険性もあります。

副業はバレなければ問題ないと考えている方もいるようですが、税金の処理の際に判明してしまうためごまかしが効きません。

  • オーバーワークにならないように注意する

副業でバリバリ稼ごうと思い仕事のスケジュールを詰め込んでしまい、その結果体調を崩してしまわないように注意してください。本業であれば、体調を崩してしまってもカバーしてもらえます。

しかし副業の場合は、基本的に個人での仕事となるため誰も穴埋めをしてくれません。

体調を崩してしまい仕事を完遂することができなければ、それまで積み上げてきた信頼が水の泡となってしまいます。

また、依頼された仕事をかたっぱしから受注するのも避けるべきでしょう。

お金のためとはいえ、気が進まない仕事は進みが遅くなってしまいます。やりたくない仕事であれば、基本的にお断りするべきです。

また、副業としても挑戦しやすい在宅ワークをご紹介している記事がありますので参考にしてみて下さい。

まとめ

シングルマザーになれば収入は激減してしまうので、生活費を一度全て見直すなど、問題点をあらわにしなければいけません。

国や自治体の制度の確認もしておきましょう。

副業などにも挑戦してみて収入を増やすのも、貧困状態を避けるための一つの手段です。

体調面なども見ながら自分にあった仕事の仕方を検討していきましょう。