シングルマザーの仕事探しや悩み事の解決方法をご紹介します!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
シングルマザーの仕事の探し方について知りたい
という方のために、シングルマザーの仕事の探し方や悩み事の解決方法、おすすめの職種について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. シングルマザーに適した職場環境について把握できる
  2. シングルマザーの仕事探しにおける悩み事と解決方法がわかる
  3. シングルマザーにおすすめの資格について知ることができる
  4. シングルマザーにおすすめの職種がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではシングルマザーの仕事の探し方や悩み事の解決方法、おすすめの職種について解説をしていきます。

子どもの送り迎えもしなければならないし、子どもが熱を出したら仕事も早退しなくては…こんな調子で仕事ができるのか不安、というシングルマザーの方も多いでしょう。

土日や年末年始は休みたいし、残業はできない、週に5日出勤するのも厳しい、というさまざまな制約もある中で、自分に合った職場を見つけるのは簡単ではありません。

しかし、世の中のシングルマザーの8割は仕事をして、収入を得ています。

シングルマザーだからといって、就職できないわけではありません。

近頃は働きに出る以外にも在宅ワークなどで収入を得ているシングルマザーも増えています。

仕事探しや悩みをどのように解決していけば良いか紹介いたします。

お悩み①シングルマザーに最適な職場環境が少ない!

シングルマザーとなり仕事探しをする上で、悩みどころの一つがシングルマザーに適した職場環境がある会社が少ないということです。

シングルマザーが働きやすい職場環境とはどういったものなのでしょう。

また、職場環境が整っていても、自分に不向きな仕事では続けていくことが難しいかもしれません。

シングルマザーの仕事探しとしては、働きやすくやりがいを持って仕事ができる会社探しが重要です。

シングルマザーは家事・育児と仕事の両立はできるのか?不安を解消していきます!

シングルマザーは家事と育児を両立させなければなりません。

夫婦そろっている家庭でも、共働きで子育てをするのは簡単ではないです。

母親だけで家事と子育てをしっかりやっていけるのか?と不安になるシングルマザーも多いでしょう。

しかし、世の中には家事も子育てもきちんとこなしているシングルマザーは少なくありません。

厚生労働省の平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果によると、母子世帯の母親の81.8%が就業。

そのうち、正規職員として仕事をしているシングルマザーは44.2%、パート・アルバイトで働いているシングルマザーが43.8%となっています。

調査結果からは、多くのシングルマザーが仕事をしていることがわかります。

職場の理解が得られるかで働きやすさが変わる?!

多くのシングルマザーが仕事をしているとはいえ、どういった職場でも働きやすいとは言えません。

シングルマザーが快適に働くには、シングルマザーに理解のある職場であることが重要です。

特に子どもがまだ小さいうちは、職場に迷惑をかけることも少なくないからです。

保育園に預けても発熱したり、ケガをしたりすればお迎えに行かなければなりません。

朝、子どもの体調が優れなければ会社を遅刻してでも、病院に連れていくことになるでしょう。

病気やケガがなくても、保育園や幼稚園の送り迎えが必要になることもあります。

残業ができない、ということもシングルマザーの仕事探しを困難にさせる要因の一つです。

そんなシングルマザーの生活を理解し、サポートしてくれる職場が理想です。

時短勤務ができたり、遅刻や早退をしても周りにあまり迷惑をかけない仕事ができたりする職場であれば、精神的負担も少なくなります。

また、子育てをしている人や子育ての経験がある人が多く、協力してくれる体制がある職場なら、働きやすいものです。

シングルマザーが快適に働き続けるには、そういった職場を見つけることが必要です。

やりがいのある仕事なんだろうか?

シングルマザーが仕事を探す上で、やりがいが得られるのだろうか?と悩むこともあるかもしれません。

働きやすい環境でも、仕事へのやりがいは大切です。

お金のためだけに働くより、自分に適した仕事の方が楽しいもの。

仕事が楽しければ、ストレス発散になったり、家でも元気でいられたりします。

仕事がつらくなるとゆううつになり、家でもつらい顔を子どもに見せてしまうかもしれません。

仕事内容もさることながら、スキルアップできたり、がんばっただけ給料が増えたりすることもやりがいにつながるでしょう。

何度も職場を変えるより、一つの職場で長く働くことで仕事にも慣れやすくキャリアを積むこともできます。

しかし、精神的にも体力的にも無理をしていては、長く働くことはできません。

働きやすい環境も大切ですが、やりがいを感じながら働ける職場選びも必要です。

お悩み②仕事探しが難しい!

シングルマザーの仕事探しは簡単ではありません。

多くの職場は、早退や遅刻をしないのはもちろん、残業ができたり、スキルを求められたりすることも多いものです。

しかし、シングルマザーは、子どもの年齢によっては勤務時間に制限があったり、急な遅刻や早退をしたりしなければならない可能性もあります。

それでも正社員として働くシングルマザーも少なくありません。

シングルマザーは仕事の探し方を知っておくことも必要です。

シングルマザーはどのように仕事探しをしたらよいのでしょう。

シングルマザーの仕事探しはどのようにしたらよいか難易度や募集状況について解説します!

  • パートと正社員、どちらがいい?

シングルマザーはパートやアルバイトとして働いている人も多いです。

シフト制で勤務時間の融通が利きやすく、正社員としての職場を探すよりも募集も多く、採用されやすいといった点がメリットとなります。

しかし、正社員と比べると賞与も有給休暇もないことがほとんどで、給料が少ない点がデメリットです。

会社の福利厚生制度が使えないことも少なくありません。

安定した収入を得るなら、正社員を目指した方が良いと言えます。

一方、安定した給料がもらえて、収入もパートやアルバイトよりも増えることが多い点が正社員のメリットです。

育児休業制度や時短勤務などの福利厚生も利用できたり、休みを取っても給料が減ったりすることはありません。

キャリアアップ制度などを利用でき、スキルアップもサポートしてもらえることもあるでしょう。

長く働き続けられるのも、正社員のメリットです。ただし、パートやアルバイトよりも就職活動は難しくなります。

  • シングルマザーの雇用は少なくない

シングルマザーの就業率が80%を超えていることからもわかるように、シングルマザーの雇用が少ないわけではありません。

確かに、勤務時間に制限があるといった、シングルマザーが就職できないケースもあります。

特に正社員としての雇用を目指すのは、容易なことではありません。

一方で、“シングルマザー”が要因で不採用にならないケースもあります。

シングルマザーであってもスキルがある、本気で仕事に取り組む姿勢があれば、採用してもらえるケースも。

急な遅刻や早退をする不具合よりも、働きたいという熱意やスキルのある人材を選ぶ方が会社にとって利益となることもあります。

さらに、シングルマザーとして働いている人が多かったり、育児経験者が多かったりする企業であれば、シングルマザーであることが会社の不利益にならないことを把握しています。

そういった職場を選べば、シングルマザーであってもバリバリ仕事をすることができるでしょう。

  • マザーズハローワークの利用で仕事探しがしやすくなる

シングルマザーの仕事探しをサポートしてくれる、マザーズハローワークという場所があります。

シングルマザーでも仕事をしている人は多いとはいえ、実際に就職活動をするのは苦労が多いものです。

シングルマザーが働きやすい職場はどのように探せばよいのか?といった悩みをはじめ、採用されるためには面接でどのように注意すればよいのか?また、勤務時間の交渉などはどのように言えばよいのか?など、さまざまな悩みや疑問があるはずです。

そもそもシングルマザーが就職活動をしようとしても、一般的な就職活動と比べると、時間の制限があるなど、身軽に動けません。

そのようなシングルマザーの就職活動をサポートしてくれるのが、マザーズハローワークです。

マザーズハローワークなら、子どもを連れて安心して就職相談に行くことが可能です。

子どもを連れて就職相談に行くのは、周りに気を遣うなど面倒に感じてしまうもの。

そのため、自然と足が遠のいてしまうこともあるでしょう。

マザーズハローワークなら、託児所があったり、おむつ替え用のベッドや授乳室などがあったりするところもあります。

おもちゃなどが用意されているキッズコーナーの設置や、ベビーカーのまま移動しやすいスペースが確保されているなど、子どもを連れて就職相談に行きやすい設備や環境が整っているのです。

子育てを経験した女性が相談員となっているケースも多く、子どもの年齢やライフスタイルなどを把握しやすく、適切な仕事探しをサポートしてくれます。

就職相談のほか、パソコン講座やビジネスマナー、面接対策などいろいろなセミナーを無料で受けられるのも魅力です。

マザーズハローワークのほか、通常のハローワークの中にマザーズコーナーを設置しているケースもあり、それらの就職支援による就職率は90%以上です。

一人での就職活動に限界を感じているなら、マザーズハローワークやマザーズコーナーを利用して、就職活動をしてみるとよいでしょう。

シングルマザーで資格なしでも働けるのか?学歴は必要か?お悩みを解決します!

シングルマザーで資格を持っている人は61.2%(平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告「ひとり親世帯の親が現在有している主な資格」より)で、その資格が役に立っていると答えた人は、60.9%です。

資格を持っているシングルマザーは半数以上で、やはり資格はあった方が就職しやすいと言えるでしょう。

一方で、約40%の人は、資格を持っていなくても就職しています。

しかも、資格を持っていても役に立っていないという人も約4割いるので、必ずしも資格を持っていないと働けないというわけではありません。

ただし、シングルマザーに人気の職種の一つに看護師がありますが、国家資格を持つ看護師は就職しやすい仕事です。

仕事先も病院のほかクリニックや介護施設、キャリアがあれば訪問看護ステーションなど幅広い職場の中から自分に適した職場選びが可能です。

さらに、シフト制であったり、短時間勤務が可能だったり、働き方も選びやすいのでシングルマザーにとってはメリットも大きいものです。

看護師に限らず資格があれば、信頼されやすいのでシングルマザーでも仕事を探しやすいでしょう。
しかし、それはシングルマザーに限ったことではありません。

一般的な転職においても、資格があった方が就職しやすいと言えます。

学歴に関しても同じことです。

確かに職種の中には大学卒が条件となっていることもありますが、スキルがあれば学歴は関係ありません。

それはシングルマザーだからと言うわけではなく、一般的な就職活動においても同じです。

資格や学歴があった方が、就職先は幅広く仕事探しもしやすいでしょう。

自分のやりたい仕事があり資格が必要であれば、通信講座や専門学校で勉強する方法もあります。

シングルマザーの仕事は未経験でも大丈夫なのかを検証します!

資格やスキルがあればシングルマザーでも仕事探しは有利ですが、未経験でもできる仕事は数多くあります。

平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告によれば、パート・正社員ともに、サービス職業や事務、販売の仕事に就いている人が多く、それらは未経験でもできる仕事も少なくありません。

シングルマザーの仕事選びのポイントとしては、休みが取りやすく時間の融通が利きやすいことです。

未経験でも就職しやすくシングルマザーが働きやすい職種としては、医療事務や介護職、保育補助などがあります。

これらの仕事は安定して長く働けること、未経験で初めても仕事をしながら資格を取得することで仕事の幅が広がり、またキャリアを積んで給料アップができることもメリットです。

また、需要も多いので、自分に合った職場を探しやすくなっています。

未経験可能な仕事を探すには就職エージェントを利用するのもおすすめです。

先に解説したマザーズワークをはじめ、シングルマザーの仕事探しをサポートしてくれる就職エージェントなら未経験でも働ける職場を探しやすいです。

就職エージェントの中には、資格取得のサポートをしてくれたり、条件などの交渉をしてくれたりするケースも少なくありません。

一人で就職先を探すより効率的に、自分に適した職場を見つけることが可能です。

お悩み③面接で不採用になってしまう

シングルマザーの仕事探しにおいて、面接で不採用になってしまうという悩みがあります。

シングルマザーの仕事がなかなか決まらない理由としては、育児との両立で勤務時間に制限があったり、急な早退や遅刻、欠勤などの可能性があったりすることです。

子どもはいつ体調を崩すかわからないもの。

保育園に預けていても、発熱するなど体調を崩せばお迎えに行かなければなりません。

子どもが小さいうちは、残業もままならないでしょう。

会社側としてはそういったシングルマザーがいることで、他の従業員に負担がかかったり、仕事が中途半端になったりするのでは?という懸念があります。

シングルマザーとして働くには、そういった問題点を解消し面接に受からなければなりません。

そのためには、どのような方法や対策があるのでしょう。

面接で落とされないためにもスキルアップは必要?

シングルマザーであってもスキルがあり、会社に必要な人材であると判断すれば採用につながります。

スキルアップはシングルマザーの面接合格率を高めると言えます。

また、職種によってはスキルがあれば在宅で仕事ができるかもしれません。

スキルを高めるには資格を取得したり、経験を積んだりすることですが、育児をしながらスキルアップをするのは難しいものです。

しかし、中には働きながら取れる資格もあります。

また、資格を取得するまで、親にサポートを頼んだりベビーシッターなどを依頼したりするのも、検討してみましょう。

シングルマザーにおすすめの資格をご紹介します!

時間が確保できれば、シングルマザーであってもさまざまな資格取得を目指せますが、シングルマザーとして働きやすい仕事に役立つ資格がおすすめです。

シングルマザーにおすすめなのは、次のような資格です。

  • 介護福祉士

介護の仕事における国家資格です。国家資格を持っていることで、仕事の幅が広がり面接にも受かりやすくなります。

学歴も必要ありません。

介護のサポートや看護助手として働きながら資格取得を目指せるのもメリットです。

  • 保育士

育児の経験を活かせる保育士は、シングルマザーにもおすすめです。保育士のサポートをしながら保育士の勉強も可能です。

共働き家庭が増えている現在、保育士は常に人材不足で保需要は増えています。

保育園のほか、企業の託児所やベビーシッター派遣など、資格を持つことで、仕事を探しやすくなります。

通信教育で資格を取得することも可能です。

  • 歯科衛生士

歯科衛生士は国家資格で、スクールでの勉強が必要ですが試験に合格すれば安定した収入が期待できます。

夜間の学校に通う方法もあり、シングルマザーであっても資格取得は可能です。

  • 秘書検定

社会人として必要な、一般常識やビジネスマナーなどを身につけられるのがメリットです。電話対応や来客対応、言葉遣いやビジネスシーンにふさわしい身だしなみ、お茶の出し方など、秘書としてはもちろん、さまざまな分野の仕事において役立つ知識が得られます。

話し方やや立ち居振る舞いなども勉強できるので、面接でも良い印象を与えることができるでしょう。

仕事で必須とも言えるメール文書の作成やファイリングの方法、報告書の書き方なども習得できるので、事務関連の仕事では即戦力となることも可能です。

  • MOS

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は、Excel、Word、PowerPoint、Access、Outlookの操作ができることを証明できる資格です。世界においても約200ヵ国で同じ基準なので、国際的にもスキル証明ができます。

オフィスの種類やバージョン、難易度などによって試験科目がわかれているので、自分に必要な科目ごとに受験可能です。

事務職に就きたいなら、Excel、Word、PowerPointの資格を取得しておくと良いでしょう。

  • 行政書士

年齢や性別、学歴などに関係なく誰でも受験できる国家資格です。婚姻や賃貸契約、相続などシングルマザーとして知っておいて損はない知識を得ることもできます。

通信講座もあり、比較的短期間で資格取得ができる点もメリットと言えます。

将来は独立して仕事をすることも可能です。

  • 宅建

通信講座で比較的短期間で取得可能です。家の売買や賃貸契約に関する知識など、シングルマザーにとっても役立つ知識を習得できます。

不動産業界への就職がしやすくなり、資格手当をもらえるケースも少なくありません。

仕事しながらファイナンシャルプランナーやマンション管理士などの資格を取得し、キャリアを積んで独立することもできます。

シングルマザーが資格を取るのに使える給付金

スキルアップのためにも、面接に通りやすくなるためにも資格は必要ですが、費用もかかります。

学校に通うとなれば何十万もかかり、通信講座においても数万円~かかることも多いです。

誰もが費用は少しでも節約をしたいと考えるでしょう。

そこで利用したいのがシングルマザーへの支援制度です。

シングルマザーとなり就職もままならない状況では、子どもの教育資金どころか生活も困窮してしまいます。

まずはシングルマザーが就職し、収入を得られることが重要です。

しかし、時間制限などが多いシングルマザーの就職は難しく、手に職がないと面接も通りにくくなってしまいます。

そんなシングルマザーの就業や自立を、国がサポートしてくれています。

国が支援してくれる制度の一つが、母子家庭自立支援給付金・父子家庭自立支援給付金です。

これらの事業によって、母子家庭や父子家庭の母親や父親の就職を支援し、経済的に自立することを目指しています。

特にシングルマザーの場合、専業主婦で就業経験も少ない、無資格でスキルもない、などといったことも多く、就職も難しいケースが少なくありません。

そういったシングルマザーが就職活動をしても、思い通りに就業できないことも多いものです。
まずは就職するための支援として、給付金事業があります。

給付金事業には、自立支援教育訓練給付金と高等職業訓練促進給付金等事業があります。

資格が必要という方は利用を検討してみても良いかもしれません。

子育て支援制度、サービスを確認しておく

まだ小さな子どもがいる場合、面接で良く聞かれる質問は「お子さんが急に風邪や怪我をしてしまった場合の対応」です。

行政や民間でどのようなサービスを行っているか確認しておきましょう。

嘘やオーバーな返答は採用後トラブルの元になりますので控えた方が良いでしょう。

子どもの発熱や怪我は仕方のない事ではありますが、どのような対策をしているのかという事を面接で使える事が重要になってきます。

  • 延長保育

保育園の場合延長保育を行っている所も少なくありません。

早朝や夜何時まで預かってもらえるか確認しましょう。

  • 学童保育や児童クラブ

小学校の子どもには学童保育や児童クラブといった支援制度があります。

学校によって違いはありますが、校内に学童がある又は小学校近くに学童がある場合が多いです。

夏休みや冬休みといった長期の休みでも対応してくれます。

  • 病児保育・病後児保育

働く親にとって子どもの病気が一番心配です。

有給休暇や看護休暇が利用できればいいですが、難しい場合も多いです。

そこで知っておきたいのが病児保育・病後保育です。

病気の子どもや熱は下がったけれどまだ登園が難しい場合など親に代わり世話をしてくれる施設です。

小児科が併設されている機関もあるので安心です。

ただし、事前に登録が必要だったり地域によっては小学生の受け入れをしていない所もありますのでしっかり確認しておきましょう。

  • ファミリーサポート

地域のファミリーサポートセンターに事前登録をしておけば、子どもを預かってくれたり保育園のお迎えを代行してくれます。

地域によってサービス内容や金額が違う場合がありますが、確認しておくといいでしょう。

その他にもベビーシッターなどもあります。

【番外編】シングルマザーにおすすめの仕事

時間に制限があったり、スキルやキャリアがなかったりするシングルマザーも少なくありません。

そんなシングルマザーでも働きやすく、働きながらスキルアップでき、収入も安定する仕事を見つけたいものです。

シングルマザーにはどのような職種がおすすめか、紹介します。

医療事務

医療事務は受付や会計業務、レセプト業務のほか、クラーク業務があります。

未経験でも就業しやすく、年末年始やお盆などの休暇も取りやすいです。

職場によっては週に3日~OKなど、曜日を選択できるケースも。

レセプトに関する知識は働きながら習得することも可能で、資格を取得すれば正社員登用の道もあります。

介護福祉士

介護の専門家と言われる介護福祉士は、人材不足と言われる介護業界の中でも需要の高い職種です。

募集も多く、自分に適した職場を見つけやすいでしょう。

働きながらキャリアを積み、資格取得に役立てることも可能です。

資格があれば年収もアップするため、安定した収入が期待できる点もメリットです。

保育士

共働き夫婦が増えている現在、保育園のほか会社の託児所、ベビーシッター登録会社など、活躍の場も多く求人も多い仕事です。

保育園の数も増えているので、自宅の近くで勤務できる可能性もあります。

子育て経験を活かし、仕事ができるのもメリットです。

保育士としての資格がない場合は、保育補助として仕事が可能です。

保育士不足が問題となっている中、給料のアップや職場環境の見直しなどがされているケースも多く、働きやすい職場を見つけられるでしょう。

看護助手

看護師のサポートを行う看護助手は、資格がなくても医療現場で働ける仕事です。

人の役に立てる仕事であり、看護に興味のある人におすすめです。

求人も多く、安定した収入が見込めます。

歯科衛生士

病院のほかクリニックや保健所など求人も多く、職場も豊富で、自分に適した職場を見つけやすいです。

残業などもないので、定時で帰宅できるケースがほとんど。

歯科衛生士として働くシングルマザーも少なくないため、シングルマザーへの理解も得られやすいので働きやすい職場も少なくありません。

在宅ワーク

場所や時間を選ばずに働くことが出来る在宅ワーク。

一言で在宅ワークと言っても様々な職種があります。

WEBライターやネットショップ運営、アフィリエイトなど副業としても始めやすい仕事が沢山あります。

仕組みや方法を理解し活用していけばしっかりとした収入が得られます

インターネットを使用して、在宅で収入を得ているシングルマザーの方がいますので、記事をぜひ読んでみてください。

まとめ

一人で子育てをしながら生活をしていかなければならないシングルマザーの仕事探しは、悩みも多いものです。

時間制限があり、仕事によってはシングルマザーというだけで面接を落とされるケースもあります。

スキルや資格を持っていないシングルマザーの就職活動は、さらに苦しいものです。

しかし、資格がなくても、未経験でも、実家や保育園に子どもを預けたり、時間に融通が利く仕事を見つけたり、さまざまな方法で仕事をして収入を得ているシングルマザーは数多くいます。

シングルマザーにおすすめのハローワークや転職エージェントを利用するのも一つの方法です。

安定した収入はもちろんですが、やりがいを感じながらできる仕事を見つけることも大切です。