シングルマザーは正社員を目指すべき?様々な働き方を解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
シングルマザーは正社員がいいのか、パートとして働く方がいいのか知りたい
という方のために、シングルマザーの様々な働き方について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. シングルマザーで正社員になることのメリットとデメリットがわかる
  2. シングルマザーが派遣で働くことのメリットとデメリットがわかる
  3. シングルマザーがパートで働くことのメリットとデメリットがわかる
  4. シングルマザーの副業や在宅ワークのメリットとデメリットがわかる
  5. シングルマザーの妊娠中の働き方について知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、シングルマザーの様々な働き方について解説をしていきます。

 

シングルマザーは一人で育児や家事をしなければならず、その上で仕事をしなければなりません。

シングルマザーの働き方には正社員やパート、派遣などがあります。

正社員は安定した収入を得られるものですが、勤務時間の融通が利きにくかったり、残業があったりすることもあり、正社員として働くことに不安を覚えるシングルマザーも多いでしょう。

正社員がいいのか、それともパートの方がいいのか、悩むシングルマザーは少なくありません。

シングルマザーで正社員になることのメリットデメリットについて解説します!

平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告によると、シングルマザーの正社員の割合は44.2%、パート・アルバイトの割合は43.8%と、同じくらいの割合です。

正社員とパート・アルバイトでは、収入や働き方において様々な違いがあります。

正社員の方が収入はよくなりますが、勤務時間の融通などは利きにくいです。

シングルマザーで正社員になるメリットとデメリットを把握しておきましょう。

正社員になるメリット

正社員の大きなメリットは収入が安定しているため、パートやアルバイトよりも年収が高くなる点です。

ボーナスや昇給があり、有給休暇もあります。

福利厚生制度も充実し、社会保険もあります。

家族手当や通勤手当、児童手当などがある点もメリットです。

多くは雇用期間に制限がなく長期的に働けるので、キャリアアップもしやすくなっています。

正社員になるデメリット

正社員として働くとなると、残業や休日出勤をしなければならないこともあります。

急な早退や遅刻、休みなどを取りにくいことも多いでしょう。

子どもが体調を崩しても、急な早退がしにくく、頻繁に遅刻や休みを取っていると周りへの負担が生じるなど、仕事がしにくくなることがあります。

シングルマザーの派遣での働き方のメリットデメリットを解説します!

派遣という働き方も、選択肢の一つです。

シングルマザーが派遣で働く際のメリットとデメリットについて解説します。

派遣で働くメリット

週休3日、時短勤務などの職場を探しやすい点が、派遣のメリットです。

ボーナスなどはないものの、派遣は時給が高いこともあります。

派遣会社によっては、資格取得制度があったり、ビジネスマナーやパソコンスキルの習得などの無料セミナーが受講できたりするケースもあります。

将来を見据えた資格を働きながら取得することも可能です。

派遣会社には専属の担当者がつき、仕事内容や勤務時間、時給など要望に合わせた職場を提案してくれるのもメリットです。

勤務条件などの交渉も担当者が行ってくれるので、精神的負担もありませんし、勤務先で残業などを依頼されても、無理に行う必要もありません。

また、子どもがいることを理解している職場も多く、急な休みなども取りやすいという点も派遣のメリットでしょう。

派遣で働くデメリット

派遣のデメリットとしては、安定性に欠けることです。

派遣は契約期間があり、契約期間が終了すれば次の職場を見つけなければなりません。

仕事が途切れてしまうと、収入にも影響してしまいます。

派遣先の事情で、契約を途中で打ち切られる可能性もあります。

どんなに働きやすい職場でも、契約が満了すれば同じ会社で働くことができないのは残念なことです。

また、正社員と比べると責任のある仕事は任せてもらえないことがあります。

その分、休みが取りやすいのはシングルマザーにとってはメリットですが、やりがいを感じられないこともあるでしょう。

シングルマザーがパートをするときのメリット・デメリットについて解説します!

パートやアルバイトで働くシングルマザーも多いです。

仕事も見つけやすく、すぐにでも働けるのはメリットですが、正社員に比べると年収は半分程度と低くなってしまうこともあります。

シングルマザーがパートをする際のメリットとデメリットについて解説します。

パートで働くメリット

基本的に残業がなく、シフト制だったり、週に3日~など時間の融通が利きやすかったりするのがメリットです。

1日のうち3時間だけ、などといった短時間での勤務ができ、子どもとの時間を取りやすいでしょう。
パートは主婦も多く、子育てに理解を示してくれる環境もあります。

そのため、子どもが熱を出したなど急な休みにも快く対応してくれるため、精神的にも楽です。

パートで働くデメリット

パートの大きなデメリットは正社員に比べて収入が少ないことです。

時給で働くため、休みを取ればその分給料も減ってしまいます。

職場によっては希望通りの勤務ができず、月給が少ない月もあるかもしれません。

ボーナスや昇給もなく、社会保険がないこともほとんどです。

また、雇用期間に期限があるケースも少なくないため、雇用期間が過ぎれば再度就職先を探さなければなりません。

その間、収入がなくなってしまう点はデメリットです。

シングルマザーが副業、在宅ワークのメリットデメリットについて解説します!

シングルマザーで副業をしている人も少なくありません。

特に在宅での副業は、時間的に融通が利きやすく自分の都合でできるのがメリットです。

シングルマザーの副業や在宅ワークのメリットやデメリットについて見ていきましょう。

副業のメリットとデメリット

副業のメリットは収入が増えることです。

仕事によっては将来本業にするための勉強を兼ねて行えば、スキルアップにもつながります。

ただし、時間も限られているので、初めから高収入は期待できません。

昼間仕事をして、育児と家事をして、その上でさらに仕事をするのは、体力的にもつらいことです。

体調管理も必要です。

無理をして働いても収入はそれほど多くない場合、精神的につらくなることもあるでしょう。

在宅ワークのメリットとデメリット

在宅で仕事ができれば、シングルマザーにとってこれ以上便利なことはありません。

自分の都合で仕事ができるので、子どもと過ごす時間も取りやすいです。

会社に勤務しているわけではないので、保育園からの呼び出しにも誰に気兼ねすることもなく応じることができます。

学校行事にも、仕事のスケジュールを調整すれば自由に出席できます。

ただし、在宅ワークは自己管理が大切です。

仕事のスケジュールを自分できちんと立て、こなさないと信頼を失ってしまい、その結果収入も減ってしまいます。

また、スキルや資格がないと、高収入は期待できない仕事もあります。

初めから高収入を望むことは難しい場合も多いため、副業として少しずつスタートさせるのも良いかもしれません。

インターネットを使用して、在宅で収入を得ているシングルマザーの方がいますので、記事をぜひ読んでみてください。

【番外編】シングルマザーは妊娠中でも働けるのかを検証します!

妊娠中でも仕事をすることは可能ですが、普段通りというわけにはいきません。

妊娠中に仕事をするには、会社の協力や理解が必要です。

妊娠8~9ヶ月まで働く妊婦さんも多いですが、体調不良になることも多いため、安心して働くには様々な注意が必要です。

フルタイムではなく週に3日程度の勤務や短時間勤務にしたり、仕事内容も体に負担がかからない内容にしてもらったりしましょう。

妊娠中は疲れやすくなり、つわりや貧血、腰痛、便秘など様々な体調不良が生じます。

体調が悪くなったら休憩を取り、無理をしないことが大切です。

また、通勤ラッシュは避け、勤務時間をずらしてもらうことも必要となります。

妊娠中はいつ体調が変化するかわからないものです。

仕事中なら周りの人が助けてくれますが、自宅で子どもと二人きりだけで具合が悪くなれば子どもを不安にさせてしまいます。

できれば妊娠中のときだけでも実家暮らしをするなど、実家に頼った方が子どもにとっても良いでしょう。

また、社会保険に加入していれば、健康保険から出産手当などが支給されます。

出産後は、児童手当や児童扶養手当などをきちんと申請してください。

妊娠中は収入の面でも不安は大きいです。

自宅で収入を得る方法を検討するのも良いでしょう。

まとめ

シングルマザーで仕事をしている人の中で、正社員で働いている人は約半数、パートやアルバイト働いている人も約半数です。

正社員の方が収入は高く、社会保険もあり安心して働くことができます。

しかし、残業があったり、勤務時間の融通は利きにくかったりすることも。

一方、パートやアルバイトは、収入は正社員と比べると少ないものの、勤務時間に融通が利きやすく子どもとの時間も取りやすいのがメリットです。

就職もしやすいでしょう。

将来のことを考えると、シングルマザーとしては収入を少しでも増やしたいと考えているはずです。

そのためには、正社員としてフルタイムで働くか、掛け持ちをして収入を増やしたり、副業をはじめるといった自分に合ったなどの方法を選択する必要があります。

仕事の時間を増やせば、子どものとの時間が減ってしまうことも考えられます。

少しでも子どもとの時間を増やすためにも、会社でも家でも上手な時間の使い方をしてください。

正社員でもパートでも、それぞれメリットとデメリットがあります。

現在の状況などを踏まえ、自分に適した働き方を見つけましょう。