シングルマザーに人気の職業を公開!メリットデメリットも紹介します

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
シングルマザーが就きやすい仕事や業種について知りたい
という方のために、シングルマザーが就職しやすく働きやすい職種について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. シングルマザーが就きやすい職種の特徴がわかる
  2. シングルマザーが介護職で働くメリットとデメリットがわかる
  3. シングルマザーがスーパーのパートで働く時のメリットとデメリットがわかる
  4. シングルマザーがアパレルで働くメリットとデメリットがわかる
  5. シングルマザーが事務職に就くメリットとでデメリットがわかる
  6. シングルマザーが営業職に就くメリットと注意点がわかる
  7. シングルマザーにおすすめの在宅での副業について知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、シングルマザーが就職しやすく働きやすい職種について解説をしていきます。

 

子どもに手のかかる時期、シングルマザーの仕事探しは簡単ではありません。

残業なし、週に3日程度、1日に3~4時間程度、急な休みにも対応してもらえるなど、さまざまな条件に合った職場探しとなると、難しいものです。

しかし、仕事内容や職種によっては、シングルマザーのさまざまな条件をクリアできるかもしれません。

目次

シングルマザーが就きやすい職種について解説します!

シングルマザーが働きやすい、就きやすい職種としては、次のようなポイントが挙げられます。

勤務時間の融通が利きやすい

シングルマザーが就きやすいのは、子育てと両立できる職種です。

子育てと仕事を両立するためには、勤務時間が重要となります。

子どもが高校生や大学生であれば別ですが、まだ手のかかる年齢であれば、部屋に一人で置いておくのは心配です。

また、保育園などの送り迎えも必要でしょう。

その場合、残業があるかないか、短時間勤務ができるか、週に3~4日勤務などが可能か、といった条件をクリアできる職種の方が働きやすいはずです。

シングルマザーに理解がある

仕事をするシングルマザーの状況を理解し、サポートしてくれる、または精神的に負担にならない職場環境がある職種であることも必要です。

子どもが幼い時期は、体調を崩すことも多いので、会社を早退したり遅刻したり急に休むことになったりすることもあります。

それはシングルマザーとしては仕方のないことなのですが、通常勤務をしている人にとっては、「勝手だ」「仕事の負担が増えて困る」などと思われてしまうかもしれません。

休みを取るたびに嫌な顔をされたり、職場の雰囲気が悪くなってしまったりするような職種や職場は、ストレスが溜まってしまいます。

シングルマザーや子育て経験のある女性が多いなど、シングルマザーの状況や苦労を理解し、協力体制があるような職種が理想です。

自宅から近い

自宅から近い場所で働ける仕事の方が、シングルマザーとしては便利で安心です。

育児や家事、仕事とやるべきことが多いシングルマザーは、少しの時間でも無駄にしたくないもの。

勤務場所が遠いほど、通勤に時間がかかり無駄な時間を作ってしまいます。

特定の地域でしか働けないという職種より、勤務地が多く職場が選びやすいという職種の方が、シングルマザーとして働きやすいでしょう。

シングルマザーが介護職で働くメリット・デメリットについて解説します!

シングルマザーにおすすめの職種の一つに介護職があります。

介護福祉士やヘルパーといった介護職は、介護施設や在宅で暮らす高齢者や自分の身の回りのことをするのが困難な人の、身の回りのお世話をするのが仕事です。

具体的には、利用者の食事の介助や着替え、排せつ、入浴のサポートなどのほか、掃除や洗濯、さらにはレクリエーションの提供、メンタルケアなども介護職の仕事です。

介護職の仕事は体力も必要で、介護に関する勉強も必要となります。

仕事は忙しく、育児や家事などに影響するのでは?と思ってしまうかもしれません。

しかし、シングルマザーで介護職に就いている人もいます。

シングルマザーにとって、介護職のメリットはどういった点なのでしょう。

併せて、デメリットについても解説します。

シングルマザーが介護職で働くメリット

  • 自分の状況に合わせた勤務ができる

介護職は、正社員はもちろんパートや派遣、契約社員など多様な働き方が可能です。

正社員でも夜勤がない職場を選んだり、パートであれば週に3日出勤など、勤務日を選べたりする職場もあります。

自分の現状に合わせた働き方ができるのは、シングルマザーにとってメリットになるはずです。

  • 未経験でも働ける

介護職は未経験でも、資格がなくても働けます。

学歴も関係ありません。

そのため、仕事経験の少ないシングルマザーでも、就きやすい職種となっています。

  • キャリアアップがしやすい

未経験でも資格がなくても、働きながら資格を取得することも可能です。

中には、資格支援制度を設けている職場もあります。

介護職員初任者研修、介護福祉士などの資格があれば資格手当がつき、収入アップにつながります。

資格を取ってキャリアを積めば、介護職の仕事の幅も広がり、さらにやりがいを感じられるでしょう。

  • 求人が多い

介護職は病院のほか、介護施設や老人ホームなど働く職場が多いです。

高齢者は増え、介護を必要とするケースも多いので、求人も多くなっています。

求人が多いほど就職できる確率は高まり、さらに自分に適した職場を見つけやすくなります。

  • やりがいを感じられる

介護職は直接人の役に立っていることがわかる仕事です。

介護を受ける利用者には、「ありがとう」と感謝されることも多く、やりがいを感じることができます。

シングルマザーが介護職で働くデメリット

  • 給料は高くない

介護職の給料は、同じ医療業界で働く看護師などと比べると高い方ではありません。

キャリアを積んでも、それほど高収入になることはほとんど期待できないとされています。

特に夜勤ができないと給料が増えないので、シングルマザーにとっては苦しいかもしれません。

  • 体力を使うので疲労しやすい

介護職は体力を使います。

1日働けば体はへとへとになり、家に帰って家事を行う気力もなくなるかもしれません。

腰を曲げる姿勢も多いので、腰痛に悩まされることも。

疲労を翌日に残さないためにも、湯船に浸かったりストレッチをしたりするなど、体のケアが必要です。

シングルマザーがスーパーのパートをする時のメリット・デメリットを解説します!

スーパーでパートをする主婦も多いです。

スーパーのレジなどはほとんどが女性だという光景も、日常的です。

さらに品出しや在庫管理、値付けや陳列など、パートの仕事はいろいろあります。

シングルマザーがスーパーのパートをする際のメリットとデメリットについて解説します。

シングルマザーがスーパーでパートをするメリット

  • シフト制で勤務日の融通が利きやすい

スーパーのパートはほとんどがシフト制で、都合に合わせて勤務日を決めることができます。

曜日や時間帯なども選びやすいのは、子どもが小さいシングルマザーにとっては便利でしょう。

子どもの学校行事なども踏まえて、勤務日の希望を出すことが可能です。

スーパーの規模にもよりますが、大きなところでは人数も多く、急な休みにも対応してもらえます。

  • シングルマザーに協力的な職場が多い

女性が多く働く職場であり、シングルマザーや子育て経験者も多くいます。

そのため、シングルマザーに理解を示してくれる人も多く、困った時などは協力してくれる雰囲気もあるので、働きやすくなっています。

  • 自宅の近くで働ける

近所のスーパーでパートを募集している、というケースも少なくありません。

近所で仕事ができるのは便利であり、子どもに何かあってもすぐに帰れます。

通勤時間もかからないので、その分育児や家事の時間を増やせるのもメリットです。

  • すぐに仕事が決まりやすい

未経験者でも採用されやすく、すぐにでも働けることが多いです。

少しでも早く仕事を決めて、収入を得たいというシングルマザーもいるでしょう。

スーパーの求人は数多くあるので、適した職場を選びやすいのもメリットです。

  • タイムセールなどを利用できてお得

仕事帰りに夕食の買い物ができたり、タイムセールでお得に買い物ができたりします。

買い物をする時間を短縮することができ、節約にもつながります。

シングルマザーがスーパーでパートをするデメリット

  • 土日に休めないことがある

スーパーは土日や祝日などは忙しいため、仕事を休みにくいです。

シングルマザーとしては、土日や祝日は子どもと一緒に過ごしたいもの。

それは周りも同じため、自分ばかり土日祝日を休みにすることは難しいかもしれません。

そのため、月に数回は土日祝日に出勤しなければならないこともあります。

  • 体力的にキツいことも

店内は基本的に冷えていることが多く、体を冷やしてしまうこともあります。

レジスタッフはお金や品物をたくさん触るため、手荒れをしてしまうことも。

シングルマザーが体調を崩すと、収入に響き、子どもにも迷惑をかけてしまいます。

店内での体温調節やケアをするなど健康管理が必要です。

シングルマザーがアパレルで働くメリット・デメリットについて解説します!

ファッション関係が好きなシングルマザーなら、アパレルで働きたいと考える方も多いでしょう。

アパレルの仕事は基本的に接客業です。

お店によってパートの人が担当する仕事は多少異なりますが、お客様にファッションに関するアドバイスをしたり、商品を販売したりするほか、商品の陳列やディスプレイの装飾などを行います。

求人も多く、未経験でも働けるお店も少なくありません。

シングルマザーがアパレルで働くメリットとデメリットについて解説します。

シングルマザーがアパレルで働くメリット

  • 常にキレイでいられる

アパレルで働く以上、服装はもちろんメイクやヘアスタイル、ネイルケアなどおしゃれにも気を遣わなければなりません。

必然的に女性はキレイになります。

シングルマザーは化粧品や服にお金をかけられないことも多く、おしゃれとは縁遠くなってしまうこともあります。

しかし、シングルマザーであっても女性であることを忘れたくないものです。

子どもにとっても、キレイなママはうれしいでしょう。

アパレルで働き、接客などをしていることで、スタイルなどにも注意したり、表情も明るくなったりします。

接客が好きな人であれば、仕事を楽しく感じられるはずです。

充実した時間を過ごすことで、美しさに磨きがかかるかもしれません。

  • 商品を割引で購入できる

お店の商品を割引価格で購入できます。

洋服を買うのも節約することの多いシングルマザーにとって、素敵な服を割引価格で購入できるのはメリットです。

  • 勤務日や時間を選べることも多い

お店によっては、週3日~OK、1日3時間以上でOKなど、勤務日や時間を選べる求人もあります。

子どもの送り迎えや、子どもと一緒にいられる時間などを考慮し、都合に合わせた働き方ができるでしょう。

  • 子ども向けなら経験を活かせる

子ども向けのアパレルショップであれば、自分の経験を生かしたアドバイスができるかもしれません。

適確なアドバイスや提案は、お客様を喜びますし、信頼にもつながります。

仕事を楽しめて、やりがいを感じることもできるはずです。

シングルマザーがアパレルで働くデメリット

  • 土日祝日に休みにくい

アパレルショップは土日や祝日、連休などは繁忙期であり、出勤を希望されることも多いです。

シングルマザーで学校が休みの日は子どもと一緒にいたいという希望は考慮してもらえますが、月に何度かは土曜出勤、日曜出勤をしなければならないかもしれません。

また、年末年始やクリスマス、夏や冬のセールシーズンは休みを取ることが難しい時期です。

休みを取らせてもらえるお店を選ぶか、その際には実家に預けるなどの対策が必要です。

  • 給料は高くない

時給はそれほど高くないショップが多いです。

特に働く日数や時間が限られてしまうと、収入は低くなります。

  • ショップの服を購入しなければならない

お店によってはお店の服を購入しなければなりません。

割引で購入できるとは言え、出費となってしまいます。

ブランド商品などは高額になるため、出費がかさんでしまうこともあります。

  • お店によっては急な休みに対応できない

多くのアパレルショップは、スタッフの数が多くはありません。

そのため、子どもが病気になったからといって急な休み、早退などに対応できないことがあります。

ある程度融通が利くショップを選ぶ必要があります。

シングルマザーで事務職に就くメリットデメリットを解説します!

事務職はシングルマザーの人気職種の一つです。

体力的な負担も軽く、未経験でも採用されやすいのがメリットです。

土日や祝日は休みで、求人数も多いので自分に合った職場を見つけやすいでしょう。

そんな事務職のメリットとデメリットを見ていきます。

シングルマザーが事務職に就くメリット

  • 体力的負担が軽い

デスクワークが中心の事務職は、体力的な負担は軽い仕事です。

1日中立ちっぱなし、歩きっぱなしという仕事は疲労を感じやすく、家事や育児にも支障が出てしまうことも。

体力を使う仕事を長く続けると、体力のない人は体を壊してしまう可能性もあります。

デスクワークであれば、肩こりや腰痛などはあるもののケアをしていれば、疲れてしまい家事ができないということは少ないでしょう。

  • 土日が休みで残業もほとんどない

事務職は土日や祝日は休みの会社がほとんどです。

年末年始や夏休みなどもあるので、子どもの学校の休みに合わせて休めます。

残業もほとんどないので、子どもの送り迎えなども問題ありません。

  • 求人数が多く希望に合った職場を見つけやすい

事務職は求人数が多いのもメリットです。

そのため、残業なし、未経験者可、週に3日~OKなど、希望条件に合った職場を見つけやすいです。

自宅に近い職場で働くこともできるでしょう。

  • 急な休みにも対応しやすい

仕事内容にもよりますが、子どもが体調を崩してしまい急に早退しなければならない、休まなければならないといった場合、対応してもらいやすいです。

同じシングルマザーや子育て経験のある主婦も多いので、シングルマザーに対する理解も深く、困った時には協力してくれる雰囲気があります。

  • 未経験でもできる仕事が多い

専門的スキルや知識がなく、未経験でもできる仕事が多いです。

WordやExcelなど基本的なパソコンスキルは求められることが多いですが、より専門的なスキルがなくても採用してもらえるケースもあります。

シングルマザーが事務職に就くデメリット

  • 人気職種のため採用されにくい

事務職はシングルマザーにとっても、そうでなくても人気のある職種です。

そのため、競争率が激しく採用されにくいという点がデメリットです。

シングルマザーとしていいと感じられる条件の職場は、多くの人が同じように感じるため、スキルがある人の方が優先されることもあります。

  • 給料は高くない

一般事務に関しては、他の専門性の高い仕事より時給が安い傾向にあります。

事務の中でも比較的給料が高いとされているのは、人事(労務)事務や経理事務、総務事務や貿易事務です。

給料アップを目指すなら、資格取得が必要です。

  • やりがいを感じにくい

事務職はルーティンワークが多く、同じ仕事をコツコツと行うケースが多いです。

そういった仕事はやりがいを感じにくいかもしれません。

几帳面でコツコツと地道に仕事ができない人には向いていないでしょう。

シングルマザーでも営業職はできるのか?を検証していきます!

営業職は精神的な負担が大きそうで、ノルマがキツそう、などといった印象を持っている方も多かもしれません。

一方で、歩合制の場合は給料アップも期待できます。

体力的にも精神的にも大変そうな営業職は、シングルマザーでもできるのか、営業職のメリットや注意点などについても解説します。

シングルマザーが営業職に就くメリット

  • 収入アップにつながる

営業職の多くは歩合制を導入しています。

そのため、販売実績によって収入が増えるのが大きなメリットです。

経験や学歴、経験など一切関係なく、販売の数が多いほど、契約の金額が大きいほど給料がアップする仕組みです。

時給で決まった金額しか得られない仕事より、がんばった分だけ給料が増えるのはやりがいにもつながり、生活のうるおいにもつながるでしょう。

営業職の中には完全歩合制のケースもありますが、固定給プラス歩合制のケースもあります。

自分に合った会社を選ぶようにしてください。

  • 仕事量やスケジュール調整がしやすい

営業職は基本的自己完結で仕事をするので、自分が仕事を休んでも周り迷惑をかけることはありません。

仕事量やスケジュール調整を自分で行うため、子どもの学校行事や体調を崩しても融通を利かせて子どものそばにいることができます。

時間内に提出書類を完成させるなど、効率的に仕事をすれば残業になることもありません。

シングルマザーが営業職に就く際の注意点

  • スケジュール管理が重要

仕事量やスケジュール調整がしやすい営業職ですが、クライアントのスケジュールは優先しなければなりません。
時には、自分の都合では動けない場合もあるでしょう。

育児、家事、営業の仕事をこなすには、無駄のない仕事と綿密なスケジュール管理が必要です。

  • ノルマが精神的負担になることがある

中にはノルマが課せられる営業職もあります。

調子がいい時は問題ありませんが、ノルマが達成できないと精神的につらくなります。

家でもイライラしたり、子どもにあたってしまったりするかもしれません。

営業職は、自分の気持ちをコントロールできる精神的強さが求められます。

営業職が向いているシングルマザーとは?

とにかく収入アップをしたいというシングルマザーに、営業職はおすすめです。

ただし、コミュニケーションスキルがあり、販売するための知識やノウハウを自ら勉強できる人が向いています。

営業職は売れなかったり話を聞いてもらえなかったりすることも多いため、精神的なタフさも必要です。

それを乗り越えていけるシングルマザーなら、高い収入を得て貯金などもできるでしょう。

営業職といっても種類はさまざまです。

保険外交員のように時間を自由に使って顧客を増やす営業もあれば、不動産の営業のように1件の契約で大きな報酬を得られる営業もあります。

営業の種類はいろいろなので、自分が興味のある商品を選ぶことをおすすめします。

営業が未経験なら、最初は未経験者歓迎の企業で営業のノウハウを学びながら、営業職を経験してみてください。

自分に合った職種が見つからない!そんな時は在宅の副業もあります!

人気の職種はなかなか採用してもらえない、給料はいいのだけれど週に5日は無理…など自分に合った仕事を見つけられないこともあるはずです。

そのような場合は、在宅で副業をするという方法もあります。

シングルマザーにおすすめの在宅の副業

シングルマザーには次のような在宅での副業がおすすめです。

  • ネットショップで販売

ネットショップを立ち上げ、商品を販売する方法があります。

ものづくりをするのが好きなら、ハンドメイド作品などを販売するのもよいかもしれません。

子ども服や靴下、帽子、またはアクセサリーやインテリア雑貨など、さまざまな種類の商品があるので、好きなものを作ってみましょう。

自分でショップを立ち上げると集客が難しいですが、ハンドメイド専門の通販サイトやネットショップサービスBASEやSTORESなどを利用すれば、簡単にキレイなサイトが作成でき、ある程度集客も見込めます。

子どもと一緒に作品を作るなど、楽しみながらできる副業です。

しかし自分のショップを持つというのは不安がある、という方はこちの記事も参考にしてみて下さい。

  • WebライティングやWebサイトの作成

ライティングやWebサイト制作などのスキルがあれば、それを活かした副業がおすすめです。

ライターやWeb制作者を募集している会社を探したり、クラウドソーシングサイトに登録して自分でできる仕事を探したりすれば、仕事を見つけることができます。

  • アフィリエイト

自分のブログで商品(広告)を掲載し、その広告を見た人が商品を購入すると報酬(広告収入)が得られるのがアフィリエイトです。

魅力的なブログを作成することが重要ですが、自分の好きなテーマで文章を書いたり、画像を載せたり、楽しみながらできます。

また、インターネットを使用して、在宅で収入を得ているシングルマザーの方がいますので、記事をぜひ読んでみてください。

シングルマザーが在宅で副業をする際の注意点

在宅で仕事をする場合、次のような点に注意しましょう。

  • 無理をしない

自宅でできるからと、体力的に無理をしないことです。

睡眠時間を削ったり、自分にキツいノルマを作って根を詰めたりすれば、体調を崩してしまいます。

本業に支障をきたすようでは、本末転倒です。

副業に割り当てる時間は決めて、それ以上はしないこと。

少しでも体調が優れない場合は、無理をせずに休憩を取りながら仕事をしてください。

  • 納期を守れるスケジュール管理をする

副業は仕事を依頼され、納期までに仕上げるという仕事がほとんどです。

納期を守ることは重要で、守れないと信頼を失い仕事の依頼がなくなってしまいます。

シングルマザーは子どもが急に体調不良になるなど、予想できないトラブルなども生じやすいものです。

しかし、そのせいで納期を遅らせることはできません。

何があっても納期に間に合うよう、余裕を持って仕事を進めていけるスケジュール管理が必要です。

  • 家事の効率を考える

シングルマザーだけの問題ではありませんが、仕事をしながら家事育児を行うのは大変です。全てを頑張り過ぎてしまうと心身ともに疲れてしまいます。

時短でできる掃除グッズを利用したり、こまめに掃除をしたりすること、また作り置きをしたり、電子レンジなどを利用して時短でできる料理方法を利用するなど無理なく生活が送れるよう工夫しましょう。

  • 子どもとの時間を確保する

仕事に励むママはたくましく、子どもにとってもいいお手本となります。

しかし、子どもに背を向けてパソコンばかり見ているママは、子どもに寂しい思いをさせてしまうかもしれません。

一日のうち数分でも良いので子どもとの会話を楽しむ時間を確保するようにしましょう。

まとめ

時間に制約があるなど、仕事探しも簡単にはいかないシングルマザーですが、介護職や事務職などシングルマザーが就きやすい職種もいろいろあります。

それぞれの職種のメリットだけでなく、デメリットも把握し、自分に適した職種を選びましょう。

この職種だから働きやすいと思っても、中には条件が異なることもあります。

また、シングルマザーには難しいと感じる仕事でも、条件次第では快適に働ける職場もあります。

仕事を選ぶ際には、企業の就業条件やシングルマザーへの理解、職場の雰囲気なども確認したうえで選ぶようにしてください。

副業で収入を増やしたいなら、在宅ワークという方法もあります。

無理をせず、子どもとの時間を大切にしながら上手にスケジュール管理をしながら仕事をしましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。