田舎起業での成功例と失敗例を紹介!!成功のポイントとは!?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事では、田舎起業の成功例と失敗例ついて知りたい
という方のために、田舎起業の成功例と失敗例ついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 田舎起業が注目されている理由を知ることができる
  2. 田舎起業の成功例がわかる
  3. 田舎起業の失敗例がわかる
  4. どのようにすれば田舎起業が成功するのかポイントを理解できる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、田舎起業の成功例と失敗例ついて解説をしていきます。

 

若者の間で人気!田舎起業が増えている理由を解説します!

起業するために、都会に出るというのは昔のイメージです。

最近では、田舎でビジネスを始めて成功している人も多くいます。

田舎起業にはどのようなメリットがあるのでしょう。

田舎起業が注目されている5つの理由を紹介します。

低コストでも起業ができる

田舎は都会と比べて家賃や人件費が安いため、低コストで会社を運営することができます。

例えば、都会でオフィスや店舗を借りれば大きなコストがかかってしまいます。

しかし、田舎であれば比較的安い価格でオフィスや店舗を借りることができ、ランニングコストを抑えることが可能です。

さらに、飲食店の仕入れなども農産品の直売所を使うことで安くすることができます。

起業する際に最も気がかりなのは資金面です。

初期資金、運営資金両面で安く済ませようと考えるのであれば田舎での起業をおすすめします。

ライバルが少ない

都会と比較して田舎の方が、競合他社が少ないこともメリットの一つです。

都会には、すでにさまざまなサービスが存在しており、サービスの内容で他社と差別化を図ることが難しくなっています。

その点田舎は、提供されているサービスの種類も量も豊富ではないため、新規の事業を始めやすく、多くの人から注目されやすい環境にあります。

田舎起業に限らず、新規に事業を始める場合はその土地にどのようなサービスがあるのか、ライバルがいるのかどうかを事前にチェックしておきましょう。

自分らしい暮らし方、働き方の選択肢が増えている

近年は、その人らしい自由な暮らし方、働き方への注目が高まっています。

また、インターネットや配送サービスの発達によって、私たちが選択できる幅も大きく広がりました。

一昔前であれば、成功といえば高い学歴を獲得して都会でバリバリ働くことをイメージする方も多かったかもしれません。

しかし、現代では収入が多くなくても、自分にあった暮らし方、働き方を選びたいと考える人が増えています。

時間に追われたくない、余裕を持って人生を楽しみたいという思いを持つ人も多いです。

田舎で起業すれば、そんな思いを実現することもできるかもしれません。

「UターンやIターンで地方移住をしたい」、「地方と都会両方に拠点を持って暮らしたい」といった考えも生き方、暮らし方の選択肢の一つです。

自分の故郷で暮らしたい方や、喧騒を離れた生活にあこがれている方にも田舎暮らしや地方移住が受け入れられています。

自然環境が豊か

もちろん都会と田舎ではそれぞれに環境に違いがあり、優劣をつけることはできません。

都会のように情報や人があふれている環境が良いという人もいれば、豊かな自然環境や澄んだ空気に魅力を感じる方もいます。

都会のマンション暮らしよりも、田舎の一軒家で家庭菜園やペットとの暮らしを楽しみたいと感じる方には田舎暮らしの方が適していると言えます。

また、家族がいれば自然豊かな場所で子どもを育てたいと考えるかもしれません。

利益や効率を重視する生活よりも、ゆったりとしたスローライフを楽しみたい方には、田舎暮らしが向いているでしょう。

生活にかかるコストが安い

生活にかかるコストを抑えられるのも田舎暮らしの大きなメリットです。

都会に比べて田舎の方が家賃が安く、また同じ家賃を支払うのでも田舎の方が好条件の物件を借りることができます。

都会で狭いアパートに住むよりも、田舎で一軒家を借りたいと考える方もいるでしょう。

また、田舎に住むことで家賃だけでなく、生活するときにかかるさまざまな費用が安く済む場合もあります。

都会に比べて田舎は物価が安いことが多く、近くに住む農家の人にもらった作物や自宅の庭で収穫した野菜を食べることで、食費を抑えることができるかもしれません。

都会での生活は田舎に比べて誘惑が多く、外食やショッピングにお金を使いがちです。

また、飲食店やコンビニも多いため、飲み会やちょっとした買い物でお金を使ってしまうという方も。

田舎であればそういった誘惑が少なくなるので、無駄遣いをしなくなるという点もメリットです。

ただし、田舎に住んで周囲にあまりに何もないような状況だと、自家用車が必要になります。

自動車購入費用と、維持費、ガソリン代で出費がかさんでしまうこともあります。

また一軒家や庭があれば、家の手入れや草刈りで手間と時間がかかってしまうかもしれません。

田舎に住むときには、単純に生活コストが安いと信じ込むのではなく、何にお金がかかるのか、通勤や買い物はどのようにするのかなど、実際に生活するイメージを具体的に持っておきましょう。

田舎で起業して成功した例をご紹介します!

田舎で起業して成功する人は数多くいます。

どのような人が成功しているのか、田舎起業で成功した例を紹介するので、ビジネスを始めるときの参考にしてください。

田舎起業をストーリーにした民宿や飲食店

世の中には美味しいお店や心地よいホテルはたくさんあります。

その中でも特に人を惹きつけるのは、ストーリーを体験させてくれるお店です。

例えば同じパンであっても「国産小麦を使った美味しいパン」よりも、「○○の美味しい水や小麦をふんだんに使った優しいパン」の方が、ストーリー性があり、人の心に訴えかることができます。

なぜなら、多くの人は食品やサービスそのものよりも、その背景にあるストーリーに魅力を感じるからです。

美味しいパンであれば都会にもあります。

しかし、その土地にしかない、手作りの窯を使って焼いていると聞くと、実際に食べた際に商品の背景にあるストーリーを含めて体験することができます。

これは、民宿や雑貨店の経営にも同じことです。

ただの宿泊施設や雑貨店であれば、世界中どこにでもあります。

しかし、その土地の自然に惹かれた夫婦が始めた、その土地の焼き物に心を奪われて弟子入りしたと聞くと、オリジナルのストーリーを持った店舗になるのです。

特にクラウドファンディングで起業の資金を調達する場合には、背景にあるストーリーが注目されます。

説得力があり、人の心をつかむストーリーや商品に込めた想いを発信できれば、多くの人の関心を呼び、SNSやメディアでも拡散されていくかもしれません。

成功した飲食店や古民家カフェなどの多くが、独自のストーリーを持っています。

ストーリーは特別なものでなくても構いません。

どうして起業しようと思ったのか、何を目標としているのか、自分の気持ちをまっすぐに伝えましょう。

その土地にしかない良いものを探す

その土地にしかない手芸品や工芸品は多くの人を惹きつけます。

古くから作られている組紐や編み物も田舎起業で使われている商材です。

「その土地で作られたもの」「手作りで高品質のもの」という付加価値があるため、価格帯が高くても支持を集めます。

商品によっては、クラフト体験で観光資源にすることも可能です。

大切なのは、その土地で作っているということに加え、品質やデザイン性に優れていることです。

また、昔ながらのものを現代的にアレンジするなどの工夫も欠かせません。

和紙の小物や着物の端切れを使った生活雑貨、文房具などは海外からも引き合いが多い商品です。

伝統工芸品をスマホケースやストラップにアレンジしたり、購入しやすい商品にしたりアイデア次第でさまざまな商品を生み出すことが可能です。

イベントの開催やITを活用する

その地域の魅力を伝えるために、効果的なのがイベントやワークショップを開催することです。

ワイナリーや酒造が観光客を呼び込むイベントをしたり、雑貨店が工芸品を作るワークショップをしたりすることで、さまざまな人にその土地の魅力を発信することができます。

また、移住者や企業を呼び込むためにその土地に移住を考えている人向けのイベントも開催されています。

田舎起業で大切なのが、ITの活用です。

都会でもIT企業などさまざまな業種でリモートワークの導入が進んでいます。

ITに強い人材は、場所を選ばず仕事ができるため、どこにいても一定の生産性を発揮することができます。

SNSを使った魅力の発信も、ITを活用することの一つの例です。

田舎での起業や事業の立ち上げを考えている場合には、どの程度ITが活用できるか、ITに強い人材を雇用できるかを事前に考えておきましょう。

失敗から学ぶ!田舎で起業して失敗した例を紹介します!

田舎で起業して成功した例があれば、残念ながら失敗した例もあります。

もしかすると、これから起業しようと考えている方にとっては、失敗例の方が役に立つかもしれません。

田舎起業で失敗した例を紹介するので、事業を立ち上げる際の参考にしてください。

初期費用の配分を間違えて収益化前に撤退

田舎起業に限らず、起業時には十分な初期費用を用意しなければいけません。

しかし、田舎での起業なら少ない資金でも大丈夫なはずと考えてしまい、十分な資金を用意せずに起業してしまうケースがあります。

起業しようとすると、想定よりも費用が大きくなってしまうことは珍しくありません。

店舗やオフィスの家賃は安くても改装や厨房機器の費用が大きくなってしまうケースもあるでしょう。

また意外な誤算がガソリン代です。

田舎は都会ほど交通網が整備されていないため、事業のためには自動車が必要になる可能性があります。

自動車の購入費用や維持費、ガソリン代がかかってしまった場合も考えておきましょう。

このように予想外に費用を使ってしまい、思った以上に早く運転資金がなくなってしまうケースは珍しくありません。

また新規の事業は、黒字になるまでに時間がかかってしまうこともあります。

起業のために資金を用意する場合は、しばらくは赤字でも続けられる程度の費用は事前に準備しておきましょう。

また、起業するときにさまざまなことにこだわりすぎて費用がかかるケースもあります。

予算と合わない部分は切り捨てて、資金に余裕ができてからイメージに合わせていくといった方法もあります。

需要を読み間違える

田舎起業でありがちなのが、需要の読み間違えです。

競合相手がいないからと、飲食店やショップを開店しても、そもそもその土地にサービスに対しての需要がなければ商売が成立しません。

例えば、若者が少ないのに若者向けのショップをオープンしても上手くはいきません。

田舎は都会と比較して人口が少ないので、消費行動も少なくなります。

交通の利便性も低いので、わざわざ遠方から来店する人もあまりいないでしょう。

飲食店やショップをオープンするのであれば、その土地に需要があるかどうかを考えることが大切です。

また、ネットショップをメインにして、実店舗は在庫管理を兼ねてオープンするといった方法もあります。

都会とのギャップで生活が苦しくなる

都会から田舎に移住した場合、生活や暮らしのギャップに苦しむケースも考えられます。

今まで都会で便利な生活をしていた場合は、田舎で急に暮らしが変わって耐えられなくなる場合もあります。

また、閉鎖的な土地であれば人付き合いが難しい可能性もあるでしょう。

田舎暮らしは良いことばかりではありません。

順応できない場合、コミュニケーションがとれずにストレスを抱えてしまう場合もあるので、注意が必要です。

はじめのうちは都会暮らしと並行して、徐々に田舎で生活する日を増やすことも検討してください。

まとめ

サテライトオフィスの設置やテレワークの普及によって、暮らし方、働き方の幅も広がっています。

多くの企業が田舎に目を向けるようになったことで、田舎で仕事をしやすい環境も見つけやすくなりました。

現在、田舎での生活や起業は多くの人の間で選択肢の一つとなっています。

どのようなビジネスが可能なのか、成功例、失敗例から学んで自分のビジネスに活用しましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。