副業禁止の会社でバレずに副業をするならクラウドワークスがおすすめ!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではクラウドワークスを利用した副業について知りたい
という方のために、クラウドワークスを利用した副業のメリットやデメリットについて解説をします。
この記事を読むことで、

  1. クラウドワークスを利用した副業のメリットとデメリットがわかる
  2. 会社員をしながらクラウドワークスを利用して副業ができるかどうかわかる
  3. クラウドワークスで副業をおすすめする理由がわかる
  4. クラウドワークスでの副業が会社にバレにくい理由がわかる
  5. 副業でクラウドワークスを利用すると税務にも有利になる理由がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、クラウドワークスで副業をするメリットとデメリットについて解説をしていきます。

会社の規定で副業が禁止されているけれど、どうしても諦めることができない!中にはそのような方もいらっしゃるでしょう。
副業が禁止されている会社でわざわざ副業をすれば、会社にバレてしまったときのリスクが大きくなります。

それでも副業をしなければいけないのであれば、クラウドソーシングサービスの「クラウドワークス」を利用してみるといいかもしれません。

クラウドワークスの副業は会社にバレる!? メリット・デメリットについて詳しく解説します!

副業が禁止されている会社に勤めているのに、どうしても副業をしなければいけないのであれば、会社に副業をしていることがバレるのは絶対に避けなければいけません。
それならクラウドワークスを活用して副業にチャレンジしてみるのはどうでしょうか。

この項では、クラウドワークスを活用した副業のメリットとデメリットについて考えていきます。

クラウドワークスで副業をするメリット

クラウドワークスで副業をするメリットとしてまず挙げられるのが、「作業のほとんどをネット上で完結できる」ということです。

副業がバレてしまう理由はたくさんありますが、実店舗での接客業務をしているところを目撃されてしまい、副業していることが会社にバレてしまうケースがあります。

そのため、全てネット上で完結するような副業ができれば理想的です。
しかし、求人サイトで検索してみてもフルリモートで行えるようなアルバイトなどは簡単に見つかりませんし、そのようなアルバイトは人気があるため、競争率が非常に高いという現状があります。

クラウドワークスを利用すればネットで完結するような仕事を受注することが可能です。
なおかつ、クラウドワークスで得た収入は事業所得として計上することができるため、給与所得となってしまうケースよりも格段に会社にバレにくくなるでしょう。

クラウドワークスで副業をするデメリット

クラウドワークスで副業をするデメリットは、「仕事を受注できるかどうかわからない」という点がまず挙げられます。

ネットで完結するような副業は、新型コロナウイルスの影響もあり多くの方が応募しているのが現状で、その中で自分が希望している案件の受注を勝ち取るのは容易ではありません。
そのため、クラウドワークスで仕事を探すのであれば自分のスキルを活かせるようなものを選ぶのが得策と言えます。

普段から文章を作成する業務に携わっていて、日本語には自信があるという方であればライティング業務、Excelを使って様々なデータを整理しているのであればデータ入力業務と言ったように、自分の強みを活かせる仕事があるなら積極的にそのような仕事に応募するべきでしょう。

案件を安定して受注したいのであれば、クラウドワークスのプロフィール文に力を入れることも忘れないでください。
クラウドワークスを通じて仕事を発注する立場に立てばわかることではありますが、素性のわからない方に仕事を依頼するのは様々なリスクがあります。

そのため、プロフィール欄を適当に埋めたユーザーと、しっかりと埋めたユーザーでは、仕事の依頼数に大きな差が生まれます。
仕事を受注するためには様々なポイントがありますが、プロフィール文をしっかりと入力し、なおかつ自分の強みをアピールすることができれば、問い合わせが少しずつ入ってくるかもしれません。
1つでもいいので実績を作ることができれば、それを足がかりにしてこちらから積極的に営業をかけることができます。

クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを通じて案件の受注を狙うのであれば、積極的な姿勢を保ち続けることが大切だということを忘れないでください。

会社員をしながらクラウドワークスで副業はできるのかを検証しました!

会社員として働いている方がクラウドワークスで副業ができるのか、という点について、2つの角度から考えていきます。

・会社にバレず、クラウドワークスで副業ができるのか?
先程も説明した通り、クラウドワークスでオンラインで完結する仕事を受注すれば、働いているところを直接目撃されてしまうようなバレ方はしないでしょう。

・会社員として働いているのにクラウドワークスでの仕事を両立させることはできるのか?
会社員として働いている場合、毎日同じ時間に出社して、時には残業があるかもしれません。
出社時間が決まっているような副業先であるなら、残業が長引いてしまった結果、副業を休まざるを得なくなってしまい、副業先のスタッフに迷惑をかけてしまうかもしれません。

しかし、クラウドワークスで受注できる仕事のほとんどは、どの時間に仕事をしても問題ないので、本業と両立させることができます。
副業をするときはスケジュール管理と体調管理が重要になるので、それさえ気を付けることができれば、会社員として働きながらクラウドワークスで副業をすることはできるでしょう。

クラウドワークスを副業でおすすめする理由を解説します!

副業をするならクラウドワークスをおすすめする理由は、先程いくつか紹介しましたが、ここでは数あるクラウドソーシングサービスの中で、クラウドワークスが優れている理由をいくつか紹介していきます。

・月に2回報酬振り込みのタイミングがある
クラウドソーシングサービスによっては、報酬の振り込みタイミングを月に1回に設定しているところもありますが、クラウドワークスでは月に2回の振り込みタイミングを設定しているので、報酬をこまめに受け取りたいという方にとっては魅力的です。

ただ、報酬の振り込みには毎回手数料が発生してしまうので、振り込みを月1回にしたいという方もいるでしょう。

そのような場合でも振り込み方法を変更することにより、振込手数料を節約することができます。

また、すぐにでもお金が必要な場合は「クイック出金」サービスを利用することをおすすめします。

クイック出金サービスは、振込手数料に加えて出金額に5%上乗せすることにより、3営業日以内に指定口座へ報酬を出金してもらえるサービスのことです。
サービスの利用手数料が5%と高く設定されているので利用するタイミングは限定されるかもしれませんが、すぐにでもお金が必要なときには大変便利なサービスです。

・大手企業が利用している
クラウドワークスの魅力は大手企業を始めとする72万社が仕事を発注している点にあります。
大手企業からの仕事を受注することができれば、作業単価が高くなることが見込まれますし、長期での契約が期待できます。

クラウドワークスではどんな仕事を受けられる?

クラウドワークスの魅力について紹介しましたが、クラウドワークスでは具体的にどのような仕事を受注できるのでしょう。

クラウドワークスを通じて受注できる仕事をいくつか紹介していきたいと思います。

Webライター

クラウドワークスで受注できる案件の中でも代表的な仕事が「Webライター」です。
Webライターはクライアントの指示を受けて文章の執筆を行いますが、簡単な調べごとができて、なおかつ日本語の読み書きがある程度できるのであれば問題ありません。

しかし、他の仕事と比べると参入しやすい仕事のため、ライバルが多いというデメリットがあります。
特に単価の高い仕事に対しては応募者数が1つの案件に対して数十人となってしまい、採用されるのが難しいという実情があります。
Webライターとして案件を受注するのであれば、ある程度の単価のものから応募していき実績を積み重ねるか、自分の専門知識を生かした分野の案件に応募するのがおすすめです。

クライアントの中にはそもそも実績が一切無い方の応募を受け付けていない場合もあるので、まずは単価などを気にせず案件を受注し、実績を作るところからスタートさせましょう。

データ入力

クラウドワークスで人気のある仕事に、Webライターに並んでデータ入力があります。
データ入力とは、その名の通りクライアントに決められたデータをExcelなどに打ち込んでいくわけですが、仕事でExcelを扱う方であれば、効率よく作業を進めることができるでしょう。

ただし、データ入力は単純な作業ゆえのデメリットがいくつかあることを覚えておかなければいけません。
まず、単価が他の仕事と比べると低めに設定されていることです。

単価の幅はクライアントによって多少異なりますが、データ入力は指定されたデータを入力していくだけの単調な作業なので、単価はどうしても低く設定されてしまいがちです。そのため、一生懸命データ入力を行ったのにも関わらず、得られる報酬は最低時給以下、なんてことも。

次に、データ入力の仕事をするにはMicrosoftのExcelがほぼ必須だということです。
データ入力の仕事をするのでExcelが必要なのは当たり前ではありますが、私物のパソコンにExcelがインストールされていないという方もいるかもしれません。
仕事のための出費なので経費計上することは可能ですが、データ入力の仕事をする場合は初期費用が発生するかもしれないということを覚えておきましょう。

ネーミング

会社のサービスや商品に対して名前を付ける「ネーミング」という仕事もクラウドワークスでは人気があります。

ネーミングはアイデア勝負のため特別なスキルを必要としないのですが、それゆえに応募者が多いのも実情です。

クラウドワークスの副業が会社にバレづらい理由を解説します!

クラウドワークスでの副業は会社にバレにくいのでおすすめですが、そもそもどうしてバレにくいのか考えてみましょう。
まず「大体の仕事がネット上で完結する」ことです。
これは先程も説明しましたが、クラウドワークスの仕事はほとんどネット上で完結するので、働いているところを実際に目撃されるリスクがありません。

また、税金の仕組みでバレにくいという理由が挙げられます。
詳しくは次の項で説明しますが、税金の仕組みが通常のアルバイトと、クラウドワークスでの仕事とで異なるため、会社に副業がバレにくいのです。

副業でクラウドワークスを活用すると税務にも有利になるってホント?徹底解説します!

副業が禁止されている会社に在籍しながら副業をするのであれば、会社に絶対にバレてはいけませんが、通常のアルバイトでは税金が理由で会社にバレてしまう可能性があります。

会社に勤務していると、基本的に納めるべき税金は天引きされています。
会社の経理部門が給料を自治体に報告して、さらに自治体が納めるべき税金を会社側に通知しているからです。

他の会社で副業をすると給料が増えてしまい、納めるべき税金が増えてしまうわけですが、本業の会社が支払っている給料と納めるべき税金の整合性が取れなくなるため副業が発覚してしまいます。

これは、副業で得た収入が「給与所得」として計上されていることに理由があります。
給与所得は複数の会社から得ていたとしても、税金に関する処理は最も多くの所得を得た会社が行うので、副業が発覚してしまうのです。

しかし、クラウドワークスで得た収入は「事業所得」として計上することができます。

事業所得に関する税金は自分で納めることができるので、副業が会社にバレにくいのです。

まとめ

ここまで、クラウドワークスでの副業をおすすめする理由などを紹介しました。
クラウドワークスで仕事を受注すれば、普通の会社で副業をするよりも格段にバレる可能性を下げることができます。

しかし、意外なところから副業がバレてしまうこともありますので、注意してください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事をぜひ読んでください。