ラクマでキャンセルの方法を徹底解説!!横取りキャンセルについても解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ラクマのキャンセルの方法を知りたい
という方のために、購入者と販売者におけるキャンセルについて解説をしていきます

この記事を読むことで、

  1. ラクマの購入者側のキャンセルの方法がわかります。
  2. ラクマの出品者側のキャンセルの方法がわかります
  3. ラクマの自動キャンセルについて知ることができます。
  4. ラクマの横取りキャンセルについて知ることができます。
  5. ラクマの支払い方法をわかります。
  6. ラクマの販売者側のキャンセル理由を知ることができます。
  7. ラクマの購入者側のキャンセル理由を知ることができます。

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

フリマアプリは気軽にものを販売をしたり購入をすることができますが、それゆえに商品の取引がキャンセルになることがあります。

あなたも購入をする時にキャンセルをしたり、販売をした商品がキャンセルをされた経験はありませんか?

今回、紹介するラクマでもキャンセルはゼロではなく起こりうることです。

キャンセルをすることによって、悪い評価がつく可能性もありますので注意が必要です。

今回の記事では基本的なキャンセルの仕方や自動キャンセル、フリマアプリ特有の横取りキャンセルなど、徹底的に解説していますので、ラクマを始めてまだ日の浅い方やキャンセルの仕方がわからない!という方は必見の内容となっています。

ぜひ、ラクマのキャンセルについてまとめましたぼで、参考にしてみてください。

それではラクマのキャンセルについて解説していきます。

目次

ラクマでの販売者がキャンセルするケース(販売者原因)

すでに売れてしまった商品を何らかの理由でキャンセルせざるを得ない状況になってしまった場合、ラクマでのキャンセルはできます。

ただし、ラクマを通してキャンセル申請をしなくてはなりませんのでご注意を。

もちろん、購入者の方にも、事情を説明しなくてはなりませんので、なるべくならキャンセルのない状態にするのがベストです。

ここからは販売者側でよく起こるキャンセルしなくてはならなくなるケースをご説明していきます。

ラクマで販売した商品が在庫切れ

ラクマで販売した商品が、ふと見てみたら在庫切れだったというパターンです。ハンドメイド作品などによくあるケースですね。

きちんと在庫の管理をし、「あるもの」と「ないもの」を分けておくようにしましょう。

ラクマで販売した商品が壊れていた

いざ、商品を送ろうと梱包していたら、商品に壊れている箇所や汚れている箇所が合った場合も販売者都合のキャンセルとなります。

きちんと購入者に事情を話すしかありません。購入者は商品を楽しみにしていたでしょうから、残念に思い、文句を言われても仕方がありません。そこの部分だけは覚悟しておきましょう。

ラクマで販売した商品の価格を間違えていた

例えば、明らかに高いもの(パソコンなどの電子機器)を2000円で売ってしまい、売れてしまった場合、価格を間違えて出品していたことを購入者に説明しなくてはなりません。

出品者側のミスということで、取引をキャンセルせざるを得えないでしょう。

この場合も、購入者は嬉しい気持ちだったはずですので、きちんと謝罪をすることが大事です。

そして、今後は出品するときにこのようなミスをしないようにすることが大切になってきます。

ラクマで販売した商品が他のサイトで売れてしまった

メルカリやヤフオクなどで同時に同じものを出品している場合に起こりやすいケースです。ラクマで出品していて、それと同時にメルカリでも売れてしまった!そんなときは、どちらかの購入者にしか商品を渡すことができません。

同時に物が売れてしまうのはタイミングもあるので仕方がないのですが、出品欄に「他のフリマサイトでも出品しているのでご購入の際はコメントをください」などの注意書きをしておきましょう。

ラクマでの販売者がキャンセルするケース(購入者原因)

購入のあとで、キャンセルするケースもあります。つまりは、購入者が原因で取引のキャンセルがとり行われるケースです。

なるべくならキャンセルのないようにしたいところですが、どうしても!という理由の場合は、販売者に相談するしかありません。

では、どのようなケースがあるのでしょうか?

商品を間違えた・サイズや色を勘違いした

ラクマだけに限った話ではありませんが、ネットショッピングでよく起こるのが、サイズや色を間違えて購入してしまうケースです。

「ピンクを買うはずが赤を買ってしまった!」や「Mサイズを買おうと思ってたのにLサイズを買ってしまった!」などです。

自分の欲しいものではないもののため、販売者に相談してキャンセルしてもらうしかないでしょう。

購入後にその商品がいらないことに気づく

少し身勝手なキャンセルになりますが、購入後に「やっぱりこの商品いらないな」となってしまったケースです。

つまりは「気が変わってしまった」ということですね。

このケースも販売者にはものすごく申し訳ないことですが、キャンセルをお願いするしかありません。

ラクマで販売者が購入者にキャンセル依頼する方法

ここでは、ラクマで販売者が購入者にキャンセル依頼をする方法をお伝えします。

ラクマで販売者が購入者にキャンセル依頼する手順

  1. 取引メッセージで購入者にキャンセルの旨を伝え、謝罪する
  2. 購入者にキャンセルの同意を得る
  3. ラクマの事務局に問い合わせて、取引キャンセル申請をする
  4. ラクマの事務局からの連絡を待つ
  5. 取引がキャンセルされたら購入者に返金される

以上のような流れで、販売者からのキャンセルを購入者にすることができます。

ラクマで販売者が購入者にキャンセル依頼をして断られた場合の対応

ラクマで販売者が購入者にキャンセルを断られたときは、誠心誠意断るしかありません。例えば在庫のない商品を、キャンセル申請に同意してくれなかったとしても、ないものはないのですから、同意してもらわなくてはなりません。

その旨をきちんと伝え、謝罪も加え、誠心誠意できる限り丁寧な文章で相手に伝えるしか手段がありません。

ラクマで販売者が購入者にキャンセル依頼をする時の例文

  • 商品に不備があった場合
お世話になっております。ご購入いただきました商品についてお伝えしたいことがあり、ご連絡をしました。

先ほど、商品の発送準備をしていたのですが、商品に一部、欠けている部分があることに気が付きました。

「商品の状態」欄に「新品、未使用」と記載していたので、ご連絡をした次第です。

こちらの確認不足で申し訳ありません。不良品をお送りするのも申し訳ないので、お取り引きをキャンセルさせていただこうと思うのですが、いかがでしょうか?お返事をいただけますと幸いです。

 

  • 商品の在庫がない場合
お世話になっております。先日、ご購入いただきました商品についてご連絡したいことがあり、メッセージを送ります。

こちらの手違いで大変申し訳ないのですが、ご購入いただきました商品の在庫がありませんでした。

こちらと同じ商品を別の商品ページでも販売していたことを忘れており、二重に出品をしてしまっていました……大変申し訳ありません。

お取り引きのキャンセル、返金をさせていただきたく思います。

今後はこのようなことがないよう、十分に気を付けたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

このような丁寧な謝罪の文章を送ることで、購入者の方も少し気持ちも落ち着くのではないかと思います。

ぜひ、活用してみてください!

ラクマで購入者が販売者にキャンセル依頼する方法

ラクマで、購入者が販売者へキャンセルを依頼する方法をお伝えしていきます。

なるべくならキャンセルはしないにこしたことはないのですが、「どうしても」な理由があった際には、キャンセルを申し立てましょう。

ラクマで購入者が販売者にキャンセル依頼する手順

  1. 【購入申請あり(承認前)】の状態のとき:販売者の商品ページでキャンセルしたい旨をコメント欄に書き込みをします。ここで同意が得られればそのままキャンセルも可能です。
  2. 【支払い待ち(承認後)】の状態のとき:販売者へメッセージで取引キャンセルの旨を伝えてください。支払っていない段階なので、そのまま放置すると、自動キャンセルになりますが、販売者に迷惑がかかるので、控えましょう。
  3. 【商品の発送待ち】の状態のとき:ラクマではキャンセルができません。購入者と出品者の間で話し合いをするようにしてください。

発送日の目安の日にちから3日以上経っても、商品が発送されない場合、購入者のみ取引のキャンセルを申請することが可能です。

ラクマで購入者が販売者にキャンセル依頼をして断られた場合の対応

ラクマでは原則として、購入申請をしたものに関しては、取引キャンセル不可となっています。さらに、キャンセルするには販売者の同意も必要にです。

どうしてもキャンセルしたい場合は、熱くその旨を伝えるしかありませんが、それでも販売者が納得いく答えを出してくれない場合は、その商品を購入するしかないでしょう。

ラクマで購入者が販売者にキャンセル依頼をする時の例文

  • 支払いが出来なくなった場合
お世話になっております。ご相談があり、連絡をしました。

先日こちらの商品を購入させていただいたのですが、大変申し上げにくいのですが、思いがけない出費が続いてしまい、商品のお支払いが難しくなってしまいました。

身勝手な理由で大変申し訳ないのですが、お取り引きをキャンセルしていただけないでしょうか?お返事をお待ちしております。

 

  • 間違って商品を購入してしまった場合
お世話になっております。

先日、購入をさせていただいた商品なのですが……大変申し訳ないのですが、私の確認不足でサイズの合わないものを購入していました。

こちらの都合で本当に申し訳ないのですが、購入をキャンセルさせていただくことは可能でしょうか?

お忙しいところ恐れ入りますが、お返事をいただけましたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

ラクマでキャンセルをした時の評価

ラクマで購入者側からキャンセルを申し立てた場合、評価はどうなるのか気になりますよね。

ここでは、購入者がキャンセルしたときの評価についてご説明いたします。

ラクマでキャンセルをした時悪い評価はつく?

ラクマでは、お互いに同意の上でキャンセルをした場合、お互いにお互いを評価できない仕組みになっています。

そのため、悪い評価がつくことはありません。その点は安心です。

ラクマで横取りキャンセルの対応

ラクマに限らず、メルカリでもよく起こる「横取り」ですが、横取りされた場合のキャンセル対応はどうなるのでしょうか?

ここでは「横取り」とはなにか?横取りが起こる原因や横取りへの対応についてご説明していきます。

ラクマの横取りキャンセルとは?

横取りとは、「○○様専用」となっているいわゆる「専用出品商品」を横入りして専用にしてもらっている人ではない人が購入することをいいます。

横取りをする人もいるのですが、横取り対策はどうしたらいいのでしょうか?また、横取りの起こる原因はなんなのでしょうか?ご説明していきます。

ラクマのいいね機能のせいで横取りが起こる?

ラクマは、商品の「いいね」ボタンを押した人に対し、値下げがあったときには通知がいくようになっています。

その通知のせいで、値下げ交渉した人がいた時に横取りが起こるのです。

値下げ交渉した人は、自分が買える!と喜びますが、少しでもラクマを放置していると、ほかの人に横取りされてしまう可能性もあります。

もちろん「専用出品」になっていても横取りはあり得ますし、フリマアプリは基本的に早い者勝ちの世界なので、仕方ないといえばそれまでです。

横取りキャンセルするかは販売主次第

横取りされてしまった商品を、もともと買うはずだった人に購入させてくれるかは、販売主次第です。

販売者が良心的な人であれば、横取りした人の購入をキャンセルして再出品してくれる場合もあります。

そこは、販売者の判断次第なので、コメント欄に書いてみるしかありません。

ラクマの自動キャンセルによる評価はどうなる?

ラクマには、支払い期日が設けられています。

その、支払い期日を過ぎてしまうと自動キャンセルとなってしまいますが、自動キャンセルになると、その後どうなるのでしょうか?

また、自動キャンセルになりうる支払い方法は何があるのでしょうか?

ここではラクマの自動キャンセルについて解説していきます。

ラクマの自動キャンセルとは?

自動キャンセルとは、上記でご説明したように、支払い期限をすぎてしまい、自動的に取引がキャンセルとなってしまうことをいいます。

自動キャンセルは販売者に迷惑のかかることなので、購入者の方は、きちんとすぐに支払いをし、自動キャンセルにならないようにしましょう。

支払い期限のある支払い方法

支払い期限のある支払い方法は、下記の通りです。

  • クレジットカード払い
  • 楽天ペイ
  • FamiPay
  • Paydy
  • d払い
  • 売上金で全額支払う
  • 楽天スーパーポイント/キャッシュで全額支払う
  • ラクマポイントで全額支払う

これらの支払い方法なら、購入時にすぐ決済ができるので、販売者はすぐに商品を発送することができます。

逆に、すぐに発送できない支払い方法は後払いのものです。

  • コンビニ支払い(ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマート)
  • 郵便局/ATM支払い

上記の支払い方法の場合は商品購入後に支払い期日が設けられているのです。

支払い期日は商品を購入した日から翌々日23時59分までとなっていますので、早めに支払いを済ませておきましょう。

自動キャンセルになると悪い評価がつく

支払い期日をすぎると、残念ながら自動キャンセルとなります。

その後、販売者になんの連絡も入れなかった場合は、高確率で悪い評価がつくこととなるのが一般的です。

自動キャンセルにならないように、計画的にラクマを利用しましょう。

ラクマでの購入者と販売者のそれぞれのキャンセルまとめ

ここまで、ラクマのキャンセルについてお伝えしてきました。

販売者の方は商品のキャンセルの要因を知ることで事前に対策をして、キャンセルを防ぐこともできます。

スムーズに取引ができるようにしておきましょう。

また購入者の方も自分本意なキャンセルがないようにしましょう。