ラクマの商品が次々売れる9個のポイントとコツを公開!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ラクマで商品をもっと売りたい!!
という方のために、ラクマで商品が次々売れる9つのポイントを解説します

この記事を読むことで、

  1. ラクマで売れる商品がわかります。
  2. ラクマでの商品の売り方がわかります。
  3. ラクマの複数アカウントを知ることができます。

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

最近では、フリマアプリのラクマやメルカリで気軽に商品を販売することができます。

しかし、思ったように商品が売れていないという方も少なくありません。

ここではフリマアプリのラクマで、より商品が売れる秘訣をご紹介していきます。

目次

ラクマで商品を売る手順と方法

まずはラクマを利用して商品を売る流れを説明します。

(1)ラクマに登録して自己のプロフィールを作成する

(2)カメラで商品を撮影する

(3)商品出品画面よりタイトル、商品説明を付け加えて出品手続きを行う

(4)ラクマ利用者より購入依頼が来る

(5)購入されると商品の発送手続きを行う

(6)商品が購入者に届いたら購入者の評価を行う

(7)売上金を振込申請をして売上金を受け取る

というような流れになります。

ラクマで初心者が売れない理由

ラクマを初めてみたが思ったように売れないという方がいてますが、商品が売れないのには理由があります。

ここにはラクマに出品しても売れない理由をご紹介しているので、自分に当てはまっていないか確認をしてみてください。

ラクマでは出品をしても評価が0では売れない

ラクマでは信頼されていないと売れにくくなります。ラクマでの評価が0であると購入者本当に買っても大丈夫なのかなどの不安な印象を与えてしまいます。

出品者の評価は商品画面よりすぐに確認することができ、他の購入者のコメントなどを参考に購入を考えます。そのため評価が悪いと購入してもらえないということになるのです。

評価を見るボタン

ラクマ評価画面

また、プロフィールが充実していないなども購入者に不安を与えることになるので、気を付けましょう。

ラクマに出品した商品画像が悪いまたは少ない

ラクマなどのフリマアプリを使用する際に重要となってくるのが商品の写真などの画像です。

画像がぼやけていたり、照明が暗くて見えづらいと商品に対しての不安感がでてくるので、購入に至りません。

また、画像が1枚だけだと商品のイメージが湧きにくいので、売れにくくなります。

ラクマに出品する時間帯を気にしていない

ラクマの初心者に多いのが、手の空いた時間に商品を出品しているということです。

初心者にはあまり知られていませんが、ラクマには売れやすい時間帯というものが存在します。

そのためいつ出店しても売れるというわけではありません。

まずは購入者に商品を見られないと購入はしてもらえないのです。

ラクマで売れる商品を出品していない

ラクマはフリマアプリなので、普段使わない物や必要がなくなったものなどなんでも売ることができます。

しかし、やはり需要が少ない物は売れにくいという特徴があります。

また、たとえ需要があるものであっても需要がある時期でなければ売れません。

例えば冬に水着を購入したいと考える方は非常に少ないです。

そのように、ラクマで売れる時期や売れる商品を知って出品を行っていない方は売れにくいという特徴があります。

ラクマで商品を売るポイントとコツ 

ラクマで売れない理由を知ったら、今度は売れるポイントとコツを抑えて販売方法を工夫してみましょう。

ラクマで商品を売れるようにするための10個のポイントとコツを一つずつ詳しく説明していきます。

ラクマで売り上げを伸ばしたい方必見なので、ぜひ参考にしてください。

ラクマの出品は商品タイトルをわかりやすいものにする 

ラクマで商品を出品する際に必ずタイトルをつける必要がありますが、タイトルを付ける際に「検索エンジン対策」を行います。

「検索エンジン対策」という言葉は初心者の方にはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、この技術を使用することでラクマでの商品購入率が上がります。

まず「検索エンジン」とは、特定のキーワードで検索したときに出品した商品が適切に表示されるようにすることです。

ラクマ利用者はカテゴリー検索も行いますが、多いのは自分が欲しい商品のキーワードを入力して商品を探している人が多いのです。

どれだけよい商品でも、検索画面に出てこなければ商品を購入してもらうことはできません。

そのため、検索されやすいキーワードをタイトルに入れ込んでおきましょう。

タイトルをつける際のコツ

・ブランド名

・商品名(型番)

・サイズ

・カラー

・商品の状態(新品、新品同様、試着のみ、美品など)

・購入時期(今季購入、先月購入など)

・商品のレア度(限定品など)

 

商品タイトルについて

画像のようにポイントをふまえてタイトルに記載すると、キーワード検索にひっかかりやすくなるので一度試してみてください。

ラクマの出品は画像の質や枚数に注意する 

明るくて綺麗な写真はラクマで出品するためには必須です。実物が確認できないネットショッピングでは、購入者は商品の写真を見て商品の状態を確認します。

そのため売れる商品の写真は綺麗で見やすいものが多いのが特徴です。

他にも売れる商品の画像の特徴をまとめました。

・全体的に明るくピントがあっている

・商品の全体写真だけでなく、細部や角度を変えて撮影した画像が掲載されいている

・ブランド名やロゴなどが画像に映っている

・最低でも3枚以上の画像がアップされている


商品の画像を撮影するためには、日光を使用し照明などにも注意を払い明るく、商品がしっかりと確認できるようにピントがあっている画像を使用するほうが良いです。

また、画像は最低でも3枚以上掲載するようにし、画像は正面からとサイドからと裏側など角度を変えて撮影し、商品をイメージしやすくすることをおすすめします。

商品の確認

商品に傷がある場合には、損傷部分の画像を追加することで購入者の判断材料となり、販売者への信頼性を高め、トラブルを防止する役割も担います。

ネットショッピングでは画像は非常に重要な指標となります。少し写真の取り方を工夫したり、購入者の目線に立った画像を表示してあげることで売り上げアップに繋がります。

ラクマの出品は説明文は購入者にわかりやすくする 

タイトル作成でも挙げたブランド名や商品名、サイズ、商品の状態などの基本情報はしっかりと記載します。

特に商品の正式名称や品番、特徴などを記載すると売れやすいので、ゲーム機や家電製品を販売の際には商品の型をしっかりと記載することをおすすめします。

ラクマでは、商品の特徴やスペックなどが具体的に記載されているほうが購入されているという傾向があります。

見た目や素材、着心地など画像では伝わりにくい特徴を記載しておくと購入の判断材料となり、購入されやすくなります。

説明文に記載するとよいポイント

・タイトルと同様の基本情報

・商品の正式名称、品番、型

・メーカー保証の有無

・模様や柄(ボーダー、花柄、チェック)

・素材(カシミヤ、ウール100%、綿)

・使用回数や使用感(新品、未使用、5回以上など)

・生地の質感(裏起毛、厚手、薄手、肌触りが良い、しわになりにくいなど)

 

商品サイズを記載

画像のようにサイズも詳細に記載しましょう。また、商品を出品した理由を合わせて記載することで、購入者の安心感が得られます。

ラクマの利用者は基本的にスマホを使用している方が多いので、商品説明はスマホで見やすいように工夫するのもポイントです。

ラクマで出品した商品がライバルと比べて価格設定が適当か

ラクマなどにフリマアプリの利用者は、基本的に値段を安く購入したい方が利用するので、出品価格が高すぎず商品に対して妥当な価格なのかが重要となります。

ラクマを利用している方は安く購入したいので、商品の販売価格やメルカリなど他のフリマアプリで商品の価格を比較している方がほとんどです。

そのため出品数が少ない商品であれば、多少高く設定していても売れることがありますが、すでに同じような商品が安値で販売されていると売るのが難しくなってきます。

商品の価格設定を行う前に他のフリマアプリで検索し、販売価格の相場を確認してから決定することをおすすめします。

ラクマで売れる曜日や時間帯について把握する

ラクマでは商品を出品する曜日や時間帯によって売れやすさが変わります。

ラクマでは、トップページを開くとすぐに新着商品が表示される仕組みになっています。

新着商品のページ

新着商品は新着順で表示されるため、利用者が多い時間帯に出品すると出品した商品をチェックしてもらいやすくなるため売れやすくなります。

実際にラクマでは出品される商品の50%以上は、商品を出品してから24時間以内に売れてます。つまり新着商品に表示されている時間に多くの方にみてもらえれば売れる確率が高くなるということです。

それではラクマでの売れやすい時間帯をみてみましょう。

ラクマでの売れやすい時間帯

①夜:19時~0時

②昼:12時~18時

③朝:8時~11時

 

ラクマでは夜の19時~23時が一番アクセスが多く売れやすい時間帯ということがわかっています。また、夜でも就寝前の21時~0時がゆっくりとスマホを見れる時間帯であり、購入しやすい時間帯となっています。ちなみに平日でも土日でも夜の時間帯が売れやすくなっています。

次は曜日別に見ていきましょう。ラクマでは平日よりも金曜日~日曜日の夕方~夜にかけてアクセス数が多くなる傾向があります。

そのため、出品するならできるだけ金・土・日曜日の夕方から夜にかけて出品することをおすすめします。

ラクマでの商品出品ページの工夫

ラクマで商品を出品するのに大切なのが、いかにして利用者に「欲しい」と思ってもらう商品ページを作成するかです。

理想とされる商品ページは、必要な情報がわかりやすく書かれており、まとまっていて見やすいページです。

ラクマ利用者は購入したい商品を検索し、表示された画像と価格を見た後に、さらに詳細を知りたいと商品ページにアクセスを行います。

せっかく商品ページにアクセスしてもらっても、見づらかったりよくわからないページだと購入を諦めてしまうことがあります。

興味を持ってくれた方にしっかりと商品をアピールできるような商品ページを作成する必要があります。

ラクマの出品者プロフィールが充実している

ラクマで商品を出品するならプロフィールをしっかり書いておきましょう。プロフィールが充実していると購入者からの信頼度が上がり、購入してもらいやすくなります。

出品者情報

プロフィールに記載しておくと良いこと

・プロフィールを見てくれた方への感謝の言葉

・簡単な自己紹介と対応可能時間帯

・今までの出品経験

・梱包のやり方や注意事項

・ペットの有無、喫煙者かどうか

・複数購入者へ割引対応するなどお得な情報

このような内容を記載しておくと購入希望の印象がいいです。また、出品者の評価も非常に重要な基準になってくるので、常に誠実な態度を心掛けるようにしましょう。

ラクマで購入率が高い物を取り扱う

ラクマは国内でも最大規模のフリマアプリですが、品物によっては売れるものと売れにくいものがあります。

それには利用者の性別や年齢も関係してきます。ラクマでは他のフリマアプリに比べて女性の利用率が高く、また20代から40代の年齢層の利用率が高くなっています。

下記にグラフでまとめてみました。

フリマアプリ利用者(男女別)

ラクマの性別年代別利用者比率

グラフの利用者からわかるのは、ラクマでは20代から40代の女性が興味を持つジャンルの商品が売れやすいということです。

例えば、人気のブランド品や美容やダイエット、コスメに関する商品、またレディースファッション、ベビーグッズや子供用品はラクマでよく売れている商品です。

出品する商品が決まっていない方は参考にしましょう。

ラクマの出品は季節に合った商品を売り出す

ラクマで売り上げを上げたいのであれば季節や時期に応じた商品を販売することがポイントです。

夏にはやはり水着や扇風機、浴衣などの夏に関係のある商品が多く購入されます。

逆に夏にこたつや冬物のコートなどは需要がありません。

そのため季節の変わり目が近づく頃に、次の季節に必要になってくる商品を出品するのが高く売れるコツです。

その季節になってからでも売れますが、商品の使用期間が短くなってきてしまうため、購入者は値引きや安値の商品を求めます。

高く売りたいのなら季節の変わり目が狙いでしょう。

他にもラクマやメルカリで売り切れとなっている今人気の商品を調べてみるのもおすすめです。

今流行のものや購入者の求めるものを知り、参考にすることができます。

ラクマでよく売れる商品ランキング 

ラクマでよく売れる人気の商品をご紹介します。出品する商品が決まっていない方や売り上げを上げたい方は参考にしてみてください。

ラクマでの人気ブランド品 

ラクマで圧倒的に人気なのはブランド品です。ルイ・ヴィトンやグッチなどの高級ブランド品は出品した瞬間から多くの購入希望者が集まります。

人気ブランドの商品

また、ナイキやアディダスなどのスポーツブランド品やディズニーキャラクターのグッズ、ジャニーズなどのアイドル商品が人気となっています。

ラクマでよく売れる家電製品 

家電製品もラクマでは非常に売れやすい商品が多いです。テレビやミキサー、ドライヤーや加湿器など必要なくなったら売ってみてはいかがでしょうか?

人気の家電製品

特にダイソンやパナソニックなど人気のメーカーはとても売れやすい傾向があります。

ラクマでよく売れるスマートフォンやタブレット端末

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンやタブレット端末はラクマで人気の商品です。

中古・新品に関係なく購入希望があり、多少傷がついていても購入されます。

スマホや関連商品の例

誰もが使用しているスマホ・タブレットなので、需要が高い商品と言えます。

また、画面が割れていたり電源が入らない場合でもしっかりと状態を記載して「ジャンク品」として販売すれば、スマホの部品を使用したい方などから購入されることがあります。

ジャンク商品の例

ラクマでよく売れるレディースファッション 

女性利用者が多いラクマでは、レディースファッションが売れやすいという特徴があります。

レディースファッションと言っても種類は様々ですが、特に人気のファッションブランドの商品は売れ行きが良いです。

ラクマでは好きなブランドを登録しておくことができるので、ブランド名で検索される方も多くいます。

使用しない有名ブランドのレディースファッションアイテムがあればすぐにラクマに出品するのがおすすめです。

ラクマでよく売れるベビー用品・子供服 

子供服やベビー用品、おもちゃなどは比較的に売れるのが早い商品です。

ラクマ利用者が20代~40代の女性が多く、子供用品は使用期間が短いので中古品で購入品したいと考える方が多いようです。

ラクマが公式発表した都道府県別の売れ筋とは

2019年8月にサービス開始7周年を迎えたラクマがこれまでの販売履歴をまとめたデータを公開しました。

その中には都道府県別の売れ筋ランキングがあり、ある県では驚きの商品が売り上げ上位に入っていたのでご紹介します。

都道府県別人気商品

・広島県

広島県の人気商品

広島東洋カープの本拠地である広島県では、「広島東洋カープ」の応援グッズやユニフォームが堂々の売れ筋第2位でした。

レプリカのユニフォームや球団旗にはプレミア価格がついている物があるので、家にグッズが眠っている方はぜひ一度出品してみてはいかがでしょうか?

・兵庫県

兵庫県の人気商品の例

兵庫県では子供ブランド服である「familiar」が1位にランクインしました。familiarの本社がある兵庫県では、身近なブランド物として兵庫県民に親しまれている需要の高い商品です。

子供服はフリマアプリの定番なので、売るのも買うのもお得です。使用する必要がなくなったらぜひ出品してみてはいかがでしょうか? 

ラクマでは実はこんなものまで売れる

ラクマではこんなものが売れるの?と思う意外なものが売れることがあります。意外と需要のある面白い商品をご紹介します。

  • 応募券

コンビニではよく「くじを引けるキャンペーン」をしています。ハズレ券は意外と集めずすぐに捨ててしまっている方が多いのでないでしょうか?

ラクマでは、お金を出してでも応募券を集めて抽選に応募したい方もいるのです。他にもヤマザキパンの応募券シールなど様々な応募券が出品され、Sold outになっています。

応募券の人気商品の例

・ハッピーセットのおもちゃ

マクドナルドではハッピーセットを購入すると子供用のおもちゃがついてきます。キャンペーン内容は期間ごとに変わるので、なかなか全種類を集めるは難しいです。そのため手に入らなかったおもちゃを子供のためにメルカリで探す方がいてます。

相場は1つ200円~300円ですが、高いものだと500円以上で購入されている物もあります。

ハッピーセットの人気商品の例

ラクマで複数アカウント活用

ラクマでは複数のアカウントを作成することも可能です。複数アカウントを使用する目的には、評価の良いアカウントを作ったり、ジャンルや購入用と出品用で使い分けたりするためです。

複数アカウントを上手に使い分けることによって効率よく商品を売ったり買ったりすることが可能です。

ラクマでは犯罪を防止するために基本的に複数のアカウントを使用することは禁止されています。複数アカウントの使い分け自体は犯罪ではないため、節度を持った利用をすることをおすすめします。

ラクマで商品が売れるコツについてのまとめ

ラクマで商品が売れるコツについてご紹介しました。

今回のポイントを踏まえて出品をすることで、商品が売れやすくなるので試してみてください。