Qoo10仕入れの無在庫転売をして稼ぐことはできるのかを徹底解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Qoo10を使った無在庫転売について知りたい
という方のために、Qoo10で仕入れて無在庫転売をする方法やコツについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 無在庫転売の基本的な内容を知ることができる
  2. Qoo10で仕入れの無在庫転売するまでの流れがわかる
  3. Qoo10を仕入れの無在庫転売の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではQoo10仕入れの無在庫販売について解説していきます。

目次

Qoo10で無在庫転売をする前に知っておくべきこと

Qoo10での無在庫転売方法について解説する前に、簡単にはなりますが無在庫転売について解説をします。

無在庫転売は在庫を抱えることなく商品を販売できる方法です。

通常の有在庫転売はまず商品を仕入れ、その商品を販売することによって利益を得ます。

仕入れた商品が全て売れると良いですが、売れなかった場合は在庫を抱えることになり、利益も赤字となってしまうリスクがつきまといます。

無在庫転売は、まず先に注文を受けてその商品だけを仕入れるという順序になります。

先にまとめて商品を仕入れることがなく、大量の在庫を抱える必要がありません。

なので初心者にも手軽に始めやすく、リスクの低い転売方法です。

無在庫転売の仕入れ先にQoo10がおすすめである理由

無在庫転売の仕入れ先としておすすめなのがQoo10というサイトです。

Qoo10はどんなサイトなのか、無在庫転売に向いている理由とともにご説明します。

Qoo10はECモールのひとつ

Qoo10は「EC(Electronic Commerce)モール」と呼ばれるもののひとつです。
Qoo10というひとつのお店がすべての商品を販売しているのではなく、さまざまな出店者が存在しています。
それぞれ経営者の違うお店が集まった、インターネット上のショッピングモールのようなものを想像するとわかりやすいでしょう。

同じような形態のECモールで有名なものには、Amazonマーケットプレイスや楽天などがあります。

Qoo10はまだ知名度が低いため無在庫転売の仕入れ先に向いている

無在庫転売の仕入れ先として、Qoo10はまだそんなに知名度が高くありません。
そのため、あらゆる商品を比較的安く仕入れることができます。
それを、メルカリやヤフオクなどよく知られたサイトに流し込むことで、高値で売るというのが無在庫転売のビジネスモデルということになります。

まだ広く知られていないプラットフォームで商品を安く仕入れ、よく知られているプラットフォームで高く売ることで利益を出すことができるというわけです。

Qoo10を含めた国内の無在庫転売をするデメリット

このように良いことがとても多い無在庫転売ですが、もちろんデメリットもあります。

安全に取引するために、おさえるべきところはキッチリおさえておきましょう。

無在庫転売はライバルも多い

無在庫転売は誰でも始めやすくリスクも少ないため、当然ながらライバルも多いです。
そのため、継続的に利益を上げていくためには、他店にはない強みを打ち出していく必要があります。
信頼できる仕入れ先の確保や独自の商品選びなど、他店との差別化を図る工夫が必要です。

無在庫転売は時間がかかる

無在庫転売は在庫を持つことなく販売できる方法です。
しかし、売買が成立したあとの仕入れとなるため、どうしても通常の発送よりも時間がかかってしまいます。

これについては、販売するサイトのショップ紹介や商品説明の欄に、発送まで数日かかるということをあらかじめ明記しておくなどの対策をしておくとよいでしょう。

無在庫転売は仕入れに失敗することがある

無在庫転売は売買が成立してからの仕入れとなるため、商品をいざ仕入れようとした段階で在庫なしとなっている可能性もゼロではありません。

新たな仕入れ先を探すことができず、一方的にキャンセルするなどの事態になってしまうと厄介です。
また、別の仕入れ先を確保したとしても仕入れ値が高くついてしまい、かえって赤字になるという可能性もあります。

在庫切れになりにくい仕入れ先や商品を選ぶなど、あらかじめよくリサーチしておくことが重要です。

無在庫転売はクレームにつながりやすい

上記のようなことから、無在庫転売は通常の販売・転売よりもクレームにつながりやすいという点がデメリットです。
クレームが多かったり、出品者都合でのキャンセルが重なったりすると低評価がついてしまいますし、最悪の場合アカウント停止ということもありえます。
そういった事態を避けるため、上に述べたような対策をしっかりとしておくようにしましょう。

無在庫転売の規制が厳しいサイトに注意

そもそも、ECモールの中には無在庫転売を禁止しているところも多いです。
(中には、表向き禁止となっていても実質的には容認しているようなモールもあります)
商品画像が転売元からの無断転載だったり、ツールを使っての大量出品があからさまだったりすると、アカウントを停止される確率が上がってしまいます。
規制のゆるいサイトを選びつつ、商品撮影用にひとつだけでも事前に購入する、出品時間を調整するなど工夫が必要です。

Qoo10で無在庫転売をする流れ

それでは実際に、Qoo10を使ってどのような手順で無在庫転売をするのかを説明していきます。

Qoo10で無在庫転売をするために準備するもの

・クレジットカードまたはデビットカード
Qoo10で無在庫転売をするにあたり、商品が実際に売れてから現物を仕入れるために使います。
現金でも仕入れることはできますが、カードのほうが仕入れ時の決済がスピーディー。
デビットカードは審査もなく誰でも持てますので、クレジットカードを持っていない人や持ちたくない人にはおすすめです。

・販売するサイトのアカウント
Qoo10で仕入れたものを無在庫転売するためのサイトにアカウント登録をする必要があります。
アカウントを作ってしまえば、すぐにでも取引を始めることができます。

・銀行口座
Qoo10で無在庫転売した代金の受け取りに使うための銀行口座も、忘れずに準備しておきましょう。

販売用に選んだサイトで売れ筋商品のリサーチをする

販売するサイトを決めたら、そのサイトでどのようなものがたくさん売れているか、また高く売れているのか、傾向をチェックします。
サイトによって利用者層がわかれているため、売れ行きの良い商品にも違いがあります。
それぞれのサイトの特徴を見極めることが大切です。

たとえばヤフオクで売ると決めた場合には「オークファン」というツールを利用するのがおすすめです。
オークファンで商品を検索すると、過去の販売価格を調べることができます。
より高値のつきやすい商品を発掘するとよいでしょう。

また、Amazonの場合は「モノレート」というツールが便利です。
こちらも商品名で検索をかけると、相場や出品者数、ランキング、ユーザー数などの情報を知ることができます。
また、それぞれの数値の推移をグラフで確認することも可能です。

メルカリを選択する場合は、そのままメルカリアプリから検索をかけます。
「販売状況」の中にある「売り切れ」のチェックボックスにチェックを入れると、これまでに売り切れた(=売れ行きの良い)商品と、その価格を絞り込んで調べることができます。

Qoo10での売れ行きをリサーチする

販売したいサイトで商品の目星をつけたら、今度はQoo10で同じ商品の情報をチェックしましょう。
販売したいサイトでの相場と仕入れ価格の差が大きければ大きいほど、大きな利益が見込めるということになります。

このとき、Qoo10側での売れ行き、回転もチェックするとよいです。

商品を販売サイトに出品する

扱う商品を決めたら、いよいよ出品しましょう。

このとき注意することとしては、多くのサイトでは無在庫転売を禁止しているため、一見して無在庫転売とわかる状態での出品は避けるようにしてください。
運営サイドから直接、無在庫転売ということを確認できるわけではありません。
しかし、新規アカウントで大量出品したり、遅延やキャンセルが多かったり、購入者からの通報があったりすると無在庫転売とみなされることがあります。

商品はQoo10から購入者へ直送するのではなく、時間と手間がかかっても一度受け取ってから購入者に発送するほうが安心です。

無在庫転売する商品をQoo10で安く手に入れるためのコツ

Qoo10で仕入れて無在庫転売をする手順はシンプルです。
ただし、利益を上げるには少しでも安く手に入れることが必要不可欠。
Qoo10では商品を安く手に入れることができる仕組みがいくつかありますので、紹介します。

Qoo10のクーポンやセールもとに無在庫転売する商品を仕入れる

Qoo10では、販売促進のために毎日のようにクーポンが発行されたり、セールが実施されたりしています。
まずはそこからチェックしてください。

セール期間にかかっているものや、クーポンが適用される商品をねらって販売していきましょう。
シーズンものは要チェックです。
また、どの商品にも使えるクーポンなども発行されていますので、積極的に利用するようにしてください。

Qoo10のタイムセールを利用して無在庫転売する商品を仕入れる

Qoo10では毎日、タイムセールが実施されています。
時間帯は0:00-10:00/10:00-17:00/17:00-24:00。
ここでどのようなものが売れているか、傾向をチェックしてみましょう。
売れ筋商品は売り切れも補充も早く回転がよいので、転売に向く商品を探す手掛かりになります。

Qoo10で「今日の特価」をチェックして無在庫転売する商品を仕入れる

Qoo10にはタイムセールの他に、一日限定のセールがあります。
こちらも毎日変わるとはいえ、どんなものがよく売れているか、回転率がよいかを判断する基準になります。
とくに海外製(韓国、中国など)のものは売れ行きがよい傾向がありますので、そういったものを優先的に売っていくのもひとつの方法です。

Qoo10の共同購入を使って無在庫転売する商品を仕入れる

Qoo10には共同購入という仕組みがあります。
期間内に購入者が一定人数に達すれば、商品購入額が割引になるというシステムです。
すでに割引対象人数に達している商品、売れ行きが伸びそうな商品を選んで無在庫転売するという方法もあります。

ただし、既定の人数に足りなかった場合は自動的にキャンセルとなってしまうので、その点は注意が必要です。

Qoo10のランキングを参考にして無在庫転売する商品を仕入れる

Qoo10では、常に売り上げランキングが掲載されています。
ランキング上位のものは確実に回転がよく、他のプラットフォームでも売れる確率が高いといえますので、そのような商品を優先的に販売するのもいいでしょう。

ただし、上位であれば上位であるほど、ライバルも多いもの。
同じ商品が多数出品されれば、おのずと価格競争が激しくなり、利益を上げることが難しくなります。
ランキングはあくまで参考程度にして、傾向を見ながら商品を選ぶようにしてください。

Qoo10で無在庫転売をする際の注意点

Qoo10でよくない出品者に当たらないように気をつける

Qoo10には多くの出品者がいるため、中には発送が遅い、商品間違いが多い、商品の質が悪いなどの出品者に当たってしまう可能性もあります。
出品者のそれまでの取引のようすや評価などをチェックして、慎重に選ぶようにしましょう。

Qoo10で海外からの出品者に気をつける

Qoo10には海外からの出品もあります。
その場合、いざ商品が売れて仕入れ…となった際に、商品の到着までかなり時間がかかってしまうという事態が考えられます。
また、海外の業者は検品がやや甘い傾向があるのも事実。
自分用に購入する分には自己責任で納得できても、転売だとクレームのもとになるリスクが大きいといえそうです。

販売するサイトによっては、海外発送の取引を禁止していることもあります。
一度自宅を経由して購入者に発送することで規約違反を回避することもできますが、それでも時間がかかるというデメリットは残ります。
海外サイトでは驚くほど安値で手に入るものもあるので魅力的ではありますが、これらのリスクを考えて慎重に判断するようにしましょう。

Qoo10で無在庫転売をする際の納品書について

無在庫転売の際、発送には二つの方法があります。
ひとつは、Qoo10から自宅宛てに配送してもらうよう手配し、届いた商品を購入者に発送する方法。
もうひとつは、Qoo10から直接、購入者宛てに配送するよう手配する方法です。

前者の方法は、自分を経由するぶん時間と手間はかかってしまいますが、無在庫転売であることが購入者にわかってしまうリスクは低いといえます。

一方後者の方法で問題になってくるのが、納品書の扱いです。
Qoo10からの納品書が同封されていると、それが無在庫転売であることが購入者にわかってしまい、クレームが入る可能性が高くなります。
Qoo10から購入者に直接配送する場合は、納品書なしで発送してもらうことができるかどうかを必ず確認するようにしましょう。

また、納品書がなくても箱などで無在庫転売であるとわかってしまうケースもあります。
Qoo10から購入者への直接の配送はたしかにかかる時間が短く、その意味ではひとつのデメリットを解消するともいえます。
しかし、さまざまなリスクを考えると、やはり一旦自宅で受け取ってからすぐに発送する、というやり方がおすすめです。
その際、商品に不備がないかどうかも確認してから、自分で準備した箱に梱包し直すとより安心かもしれません。