無在庫転売で知っておくべき販売と仕入れサイトのまとめ

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
手元の資金の残る無在庫転売したい
という方のために、無在庫転売にオススメのサイトについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 無在庫転売の基本を知ることができる
  2. 無在庫転売のメリットとデメリットを知ることができる
  3. 無在庫転売の注意点を知り、失敗を避けられる
  4. 無在庫転売のおすすめサイトを知り、成功につなげられる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは無在庫転売のおすすめサイトについて解説をしていきます。

無在庫転売のメリットとデメリット

無在庫転売とは在庫を持たずに転売することで、仕入サイトで取り扱いたい商品を探してその商品に利益を上乗せして販売する方法です。

注文がきたら仕入れをして商品を送ります。

無在庫転売の最大の特徴は在庫を持たないこと。

在庫を持たずに済むのは大きなメリットです。

無在庫転売には他にもメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

無在庫転売をしようと考えてい方に、メリットとデメリットもお伝えしていきます。

無在庫転売のメリット

無在庫転売の大きなメリットは、在庫を持たずに済むことです。

通常は在庫を仕入れてから販売します。

そのための資金も必要ですべて売れれば問題ありませんが、売れ残れば損をすることになります。

さらに、商品にもよりますが、在庫を置いておくスペースも必要です。

倉庫などを借りればその分の費用も発生します。

しかし無在庫転売であれば、そのような資金も必要ありません。

初期投資をしなくて済むので、初心者でも始めやすい方法と言えます。

在庫を抱えてずにそのまま注文を受けて、仕入れ先から購入者の方に直接発送をしてもらうこともできます。

注文きた時だけ作業をすれば良いので、忙し方にもおすすめになります。

無在庫転売のデメリット

デメリットの一つが、在庫がないため仕入れに時間がかかることがある点です。

特に海外の仕入れサイトなどでは、かなりの時間がかかってしまうこともあります。

購入者にとっては、注文をしたら少しでも早く商品をほしいものです。

時間がかかるとなると、リピートは望めない可能性があります。

また、注文があっても仕入れ先に商品がないという問題が生じることも。

これは信用問題にも発展するので、仕入れ先の商品はこまめにチェックすることが大事です。

さらに、プラットフォームによっては無在庫転売を禁止している場合があります。

規約で禁止していることがあるので、確認が必要です。

無在庫転売の販売先でおすすめのモール型サイト

在庫を持たずに販売をする方法は在庫を抱えるリスクもなく、初期投資も少ないなどメリットも多いです。

無在庫転売のメリットを活かすためには販売をするサイト選びが重要となりますので、ここでは販売におすすめのサイトを紹介します。

販売先のサイトのおすすめはモール型ネットショップです。

モール型のネットショップは1つのサイトにさまざまな店舗が集まったネット上のショッピングモールのようなサイトのことです。

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、Buyma、ebayなどがあげられます。

モール型ネットショップは商品を販売する際におすすめですが、その理由の一つは集客力が大きいことです。

ネットで商品を販売する際には、集客力がないと売れません。

少しでもたくさんの人に商品を見てもらうことが販売につながります。

自分だけでサイトを立ち上げても、集客力を高めるには努力が必要です。

しかしモール型ネットショップであれば、何もしなくてもお客様が集まってきます。

また、知名度があり多くのお客様が集まるAmazon、楽天、Yahoo!ショッピング、Buyma、ebayなどは、信頼度も高いです。

インターネットで商品を購入する際には、多くの人が信頼できるサイトを利用するもの。

その点、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、Buyma、ebayは大きな信頼を得ているので、購入に結び付きやすいのです。

ただし、モール型ネットショップにはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

一つはそれぞれのサイトに規約やルールがあるため、販売をする際にはそれに従う必要があることです。

後で説明をししますが、販売サイトでは無在庫転売を禁止していることもあります。

このことについてはネット上で情報が錯綜して、無在庫転売が許可されているサイトでも禁止といっていたり、逆に禁止のサイトが可能と情報を記載している方もいますので注意しましょう。

無在庫転売の販売先としてのフリマアプリ

モール型のサイト以外でフリマアプリでの無在庫販売もネット上には情報があります。

フリマアプリの代表としてメルカリ、ラクマ、ヤフオクがあります。

フリマアプリとは基本的に個人と個人が物のやりとりをするものなので、業者の販売はメインではありません。

そのため無在庫販売を禁止していることが多いので、その点も踏まえて説明をしていきます。

無在庫転売が禁止のメルカリ

メルカリでは手元にないものの出品、無在庫販売を禁止しています。

手元に商品がないと、購入者に配送できなかったり遅延したりする可能性があり、それが原因でトラブルを引き起こすことがあるからです。

また、他社のECサイトから購入者に商品を発送したり、配送代行サービスを利用したりすることも禁止しています。
これらを禁止しているのは、購入者とのトラブルを避けるためです。

集客が期待でき、利用者も多いメルカリは商品を出品するには魅力的なサイトです。
出品する際には、在庫のチェックなどをしっかり行い、購入者とのトラブルにならないよう、十分な配慮をしましょう。

無在庫転売が禁止のヤフオク

ヤフオクでも商品の現物が手元にない状態での出品、無在庫販売を禁止されています。
出品する際には、在庫の仕入れがしっかりできるもの、できることを確認することが必要です。

無在庫転売の販売先としてのネットショップ

無在庫転売が禁止・違反でないBASE

ネットショップ作成サービス・BASEは、テレビCMなどで知っている人もいるかもしれません。

2012年にサービスをスタートさせ、100万以上のショップが開設されています。

ネットショップを開設するとなると、デザインやHTMLなどの知識や技術が必要だと考える人が多いでしょう。

しかしBASEならそれらの知識や技術は必要ありません。

そのため、誰でも簡単にネットショップのオーナーになれます。

BASEでは20~30代のオーナーが多いのも特徴です。

ファッション関係が約半数で、どちらかというと若い年齢層向けのサイトです。

ショップを開設する際の登録料、月額利用料、手数料はかかりません。

このように、ショップを開設するまでの初期費用がかからないのはメリットです。

また、在庫を持たずに販売する際、在庫の費用がかからなくても手数料などが高額では、利益も下がってしまいます。

その点BASEなら、無料でショップを開設できるのが魅力です。

さらに機能が豊富で、集客や商品購入につながりやすいのもメリットの一つ。

クーポン券の発行やレビュー機能、商品検索などさまざまな機能が購入をサポートしてくれます。

それらの機能を追加したり、活用したりするのも難しくありません。

サイト作成やネットショップ運営に関する専門知識がなくても、スムーズにサイト・ショップ管理が可能です。

商品登録なども簡単なので、取り扱う商品が多くても手間をかけずに済みます。

さらに商品登録数も無制限。

ただし、1日に登録できるのは最大1,000件となっています。

また、BASEの特徴の一つはデジタルコンテンツを販売することができる点です。

音楽やテキスト、写真などのデジタルコンテンツをダウンロードして販売できます。

購入したお客様は、メールに記載されているURLをクリックすればダウンロードが可能です。

くわえて動画や電子書籍なども取り扱い可能となっています。

BGM素材や写真素材、PDFなど書類データを販売したい場合におすすめです。

メリットの多いBASEですが、デメリットもあります。

一つは売上ごとにかかる手数料です。

売上が高くなるほど手数料もかかるので、利益に影響してしまいます。

また、楽天やAmazonなどの大手と比較すると集客力が期待できません。

しかし、楽天やAmazonなどと比べると販売方法の規約などは自由な点が多いので、自分の希望通りの販売ができるでしょう。

無在庫転売が禁止・違反でないMakeShop

MakeShopはGMOインターネットが提供するネットショップサービス。

月額費用と初期費用がそれぞれ10,000円かかりますが、販売手数料が無料になります。

どれだけ商品が売れても売上手数料がかからないので、たくさん販売したいという人におすすめです。

MakeShopは全店舗総流通額が1,734億円。

8年連続で業界トップを獲得しているネットショップサービスです。

人気の理由の一つが豊富な機能。

その数は651という多さで、さまざまな活用方法が可能です。

デザインテンプレート一つをとっても、その数は173種類。

ネットショップのプロが作成したデザインテンプレートは、好きなものを選択するだけで自動的にデザインができるという便利なものです。

さらにTOP・商品・カテゴリページなどHTML編集が可能で、オリジナルページを最大10,000ページまで作成することができます。

豊富な機能はデザインだけでなく、買い物かごページのレイアウトやクレジットカード決済ページ表示など、自分やお客様が使いやすいサイト

作成が可能となっています。

ネットショップをスムーズに運営していくには、効率的で効果的なサイトであることが必要です。

MakeShopには複数で管理できる機能や、外部解析ツールへの対応など、運営に便利な機能もあります。

さらに重要である集客に役立つ機能も満載。

ステップメールや自動返信メールなど高機能メール配信、Twitter、Facebookなど各種SNSとの連動機能、ユーザー評価機能などがあります。

また、ネットショップの集客を高める方法としてSEO対策は重要です。

SEO対策をすることで検索順位をアップできれば売上にもつながります。

MakeShopでは簡単にSEOの設定ができます。

全部の商品のカテゴリごとに一括登録ができたり、ページごと、商品ごとにキーワードやディスクリプションを設定したりすることも可能です。

MakeShopは多彩な機能だけでなく、それを使いこなせるようサポート体制が充実しています。

しかし、機能が充実していてもそれを活用できなければ意味がありません。

初心者でも簡単、と言われてもできないことも。

その際には電話やメール、オンライン掲示板などでサポートをしてくれます。

ECアドバイザーが管理画面を見ながら、使い方などをていねいに教えてくれます。

使い方のほか、ネットショップの運営などに関する不安や疑問などにも対応可能です。

あらゆる不安を解消してくれるでしょう。

3つのプランから選べるカラーミーショップ

国内で約40,000店舗を導入しているカラーミーショップ。

エコノミー、レギュラー、ラージの3つのプランが用意されています。

・エコノミー
月額費用は834円~、ディスク容量は200MB、登録画像数は1商品につき4枚まで、フリーページは10ページです。
機能がシンプルで使いやすく、低コストで出品できます。

・レギュラー
月額費用は3,000円、ディスク容量は5GB、登録画像数は1商品につき50枚まで、フリーページは10,000ページです。

豊富な機能が使い放題。

コスト率もよいので人気のプランです。

・ラージ
月額費用は7,223円、ディスク容量は100GB、登録画像数は1商品につき50枚まで、フリーページは10,000ページ。

大容量が必要な場合におすすめです。

どのプランも商品登録数は無制限なので、好きなだけ登録可能。

販売手数料は無料、決済手段・手数料はそれぞれクレジットカード・後払いは4.0%~、コンビニ払いは130円~、代引き決済は280円~、

AmazonPayは月額2,000円+4%、楽天ペイオンライン決済は月額2,000円+5%かかります。

エコノミープランにおいては、テンプレートプラス・FTPアップロード費用は月額500円です。

カラーミーショップはデザインや集客のための機能が豊富なのも特徴。

デザインテンプレートは100種類以上あり自由にカスタマイズできるので、本格的で個性的なショップデザインが可能となっています。

登録方法も簡単でテンプレートを選ぶだけです。

テンプレートは「ファッションにおすすめ」「食品におすすめ」「雑貨・インテリアにおすすめ」のほか、「写真が小さくてもOK」「スライドショー付き」 などといったキーワードを選択すれば、好みや商品に適したサイトデザインかできます。

フリーページではショップの紹介、キャンペーン情報などを自由に編集できます。

自分のサイトに購入ボタンを設置可能で、お客様を誘導することも可能です。

SNSで商品を紹介でき、購入促進に役立つでしょう。

またネットショップ運営初心者でも安心のサポートも充実。

開店サポートでは、専任のスタッフからアドバイスがもらえます。

気になる部分だけしっかり教えてもらえるコースや、デザインをまるごとプロに依頼できるコースがあります。

さらに、カラーミーショップを利用したデザイン制作をしてくれる、制作会社の紹介も可能です。

メールでは質問の意図が伝わらないなど、ストレスになる場合は電話でサポートをしてくれるのも安心のポイント。

また、ネットショップ運営・開業セミナーも開催しており、新規開業したい、運営での悩みがある、もっと知識をつけたいという人におすすめです。

仕入れ先もいろいろ!無在庫転売におすすめのサイト

無在庫転売を成功させるには、仕入れ先選びも重要です。

仕入れ先におすすめのサイトを紹介しましょう。

・NETSEA
メーカーや問屋、卸会社が商品の情報や価格を掲載しています。

仕入れ側とのマッチングで希望に合った商品を取り引きすることができます。

こちらはネット卸サイトの中では老舗で安心して利用できますし、会員登録も無料です。

・Top Seller
ネットショップ専門の商品仕入れサイトです。

契約数は1,000ストア以上、商品点数は約25万点という実績があります。

現在何が売れているか、売れている商品などの情報もリアルタイムでチェックすることができ、新商品追加などの情報もすぐにわかるところがポイントです。

・未来問屋
腕時計専門の仕入れサイトです。

デポジット制なので、あらかじめ指定口座に保証金を納めます。

こちらは最短即日出荷が可能です。

商品管理がしやすい「BOXリスト」機能、発送の負担を軽減する「直送&納品書作成」サービスなど、サポート体制も充実しています。

・商材王
日本最大級の家具卸サイト。

品数は3,000万点以上、登録社数は6,000社以上です。

3ヵ月保証サービスやスタートアップセミナーなど、初心者が安心できるサポートがあります。

オリジナル商品も数多くそろえているので、他社との差別化が図りやすいでしょう。

・マストバイ
40年の実績があり、百貨店や通販会社に人気商品を提供しています。

実績によって培った商品開発力、売れる商品の目利きがあるサイトです。

不良率は1%以下で、品質も安心。

充実したサポート体制で、インテリアに関する知識がなくても安心して仕入れができます。

・スーパーデリバリー
ファッションや生活雑貨、食品、家具やインテリア、電化製品などさまざまな商品を取り扱っています。

売れ筋ランキングや注目ブランドなど、仕入れの際に役立つ情報も満載。

お店づくりなどに役立つ情報も得ることができるサイトです。

季節によるセールなどの開催も魅力の一つといえます。