無在庫転売の始め方から注意点を徹底解説!!副業のスタートに適したビジネス!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
無在庫転売の方法について知りたい
という方のために、無在庫転売の方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 無在庫転売の方法を知ることができる
  2. 無在庫転売のコツやメリットがわかる
  3. 無在庫転売の始め方を知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは無在庫転売の方法にについて解説をしていきます。

目次

無在庫転売(ドロップシッピング)とは

無在庫転売とは在庫を持たずに商品を販売する方法になります。

別名ではドロップシッピングと言われ、商品が売れてから商品を仕入れます。

イメージが付きづらい方は予約販売や取り寄せ販売をイメージしてもらうをわかりやすいです。

それに対して先に商品を仕入れて販売する方法を有在庫販売といいます。

無在庫転売を理解するには有在庫転売と比較をするとわかり易いので、比較をして説明をしてみます。

有在庫転売と無在庫転売とは

有在庫転売の流れ

有在庫転売は先の商品を仕入れるので商品が売れるかどうかリサーチをして、その結果に基づいて仕入れて商品を出品します。

その出品した商品がお客様から受注をして売り上げとなり、商品を梱包して発送います。

有在庫転売は

  1. リサーチ
  2. 仕入れ
  3. 出品
  4. 注文
  5. 発送

という流れになります。

無在庫販売の流れ

一方で無在庫転売は先に商品を仕入れないので、有在庫転売ほど商品のリサーチをしません。

売れるであろう商品を出品をして、さきに受注がきます。

そのあとにその受注をした商品を仕入れて梱包して、お客様に発送をします。

もしくは仕入れ先から直接もすることができます。

無在庫転売は

  1. 出品
  2. 注文
  3. 仕入れ
  4. 発送

という流れになります。

一般的な販売業や転売の場合は売るものを決めた後には、自分で仕入れを行って在庫を保管しなければいけません。

しかし、無在庫転売の場合は売れた商品だけを仕入れます。

無在庫転売を副業でおすすめする理由

無在庫転売はリスクが低い副業ビジネス

多くのビジネスは始めるに当たって膨大な費用がかかるのが当たり前でした。

しかし、無在庫転売であれば初期費用をかけることなくスタートすることができます。

転売という商品の価格差を利用して利益を得るわかり易いビジネスなので誰でも始めることができます。

転売の悩みである不良在庫を抱え込むことがなく、資金繰りも良くのでリスクも抑えることが可能です。

そのため最近では副業のスタートとして選ばれる方が増えてきました。

無在庫転売は時間や場所を選ばず稼ぐことができる

無在庫転売は基本的にパソコンでの出品や注文の受付対応、仕入れが中心になるため時間取れないという人にも向いています。

店舗に商品を仕入れにいく必要もありませんし、直送という形で商品を直接お客様に送る場合であれば、梱包や発送という作業もありません。

日中はサラリーマンとして働いている、小さい子供がいるから働きに出れないという人にも無在庫転売というスタイルは合っているとも言えます。

無在庫転売は失敗が少なく経験を積める

無在庫転売はこれまで販売業やショップ運営の経験がない人であってもスタートすることができます。

商品が売れなくても在庫を仕入れていないため、資金は減りません。

そのため出品や販売の経験を無在庫転売で経験を積むことができます。

無在庫転売のメリットとは

無在庫転売は初期費用が少ない

在庫を持つ転売の場合、まず商品を仕入れなければいけません。

仕入れて在庫を持ち、転売するというサイクルなので、ある程度の規模の仕入れと在庫は必要です。

そのため仕入れを行うための資金力が必要になります。

多くの人にとっては資金がハードルとなって、出店することが難しくなります。

一方で無在庫転売であれば在庫を持つ必要はありません。

注文を受けて売り上げが確定してから仕入れることができます。

例えば仕入れの支払いをクレジットカード決済にすることもできるでしょう。

無在庫転売は資金ゼロでもスタートすることができるビジネスです。

無在庫転売は不良在庫を抱えずに販売できる

転売をする上で特に悩ましいのが仕入れの量です。

仕入れが多すぎると商品が売れ残ってしまいます。

また仕入れが足りなければ、需要があるのに売り切れとなりせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことに。

在庫を持って販売する場合、基本的には仕入れた商品だけを販売することになるので、需要を読み間違えてしまうと「もっと仕入れておけば稼げたのに…」といった事態が起こることもあります。

無在庫転売は必要な分だけ仕入れることができるので、売れ残ったらどうしよう、もしくは足りなかったらどうしようという心配はいりません。

無在庫転売は資金がなくても利益を出すことができる

在庫を持つビジネスで、できるだけいろいろな商品を取り揃えて利益を上げようとすれば、それだけ大量の在庫を持つことになります。

そのため不良在庫や赤字が出てもビジネスとしてやっていける資金力が必要となります。

個人では、企業に匹敵するような在庫や資金力を持つことは困難です。

結果、在庫を持つビジネスは規模や資金力を持っている企業が有利になる傾向があります。

一方で無在庫転売の場合は、在庫を抱えることがないため資金力は必要ありません。

個人であっても企業と十分に肩を並べて商売することができる市場です。

無在庫転売は失敗してもい資金が減らない

不良在庫のない無在庫転売は扱う商品に制限はありません。
ちょっとした思い付きや感覚で仕入れた商品が爆発的なヒットを生み出すこともあります。
ブルーオーシャンを見つければ大きく儲けることも可能です。

無在庫転売は在庫の保管スペースは必要ない

一般的な販売業は、儲かる商品をたくさん売れば売るほど、多く稼ぐことができます。

しかし、在庫を持つ転売だと大量の商品を売るためには、大量の在庫が必要です。

商品が増えれば保管用のスペースも必要になり、管理も煩雑になります。

注文に合わせて商品を探して梱包する手間も増えるでしょう。

特に、個人の副業として転売をおこなう場合、自宅で作業することが多くなるため、大量の在庫に生活ス

ペースが圧迫されてしまう可能性もあります。

無在庫転売であれば売れた分の商品を手配するだけなので、在庫の無駄は生じません。

また仕入れたけれど売れない、いわゆる不良在庫を抱えるリスクも最低限に抑えることができます。

無在庫転売のデメリットとは

無在庫転売は発送が遅れることがある

注文を受けてから仕入れる無在庫販売は、在庫を保有する販売店に比べてどうしても発送が遅れます。

販売ページにお届け日を記載をすることや、先にお届け日をお伝えすることで解決をすることができますが、仕入れ先の関係で止むを得ず遅れてしまうこともあります。

無在庫転売は在庫切れのリスクがある

無在庫転売は注文を受けてから仕入れをおこなうため、出品時には仕入れることができた商品が売り切れになってしまうことがあります。

無在庫転売が規約で禁止の販売サイトがある

無在庫転売は法律に反しているわけではありません。
しかし、メルカリやラクマといったフリマアプリなどでは規約で禁止されています。
規約で禁止されているのに無在庫転売を続けた場合、出品取り消しやアカウントの停止といった措置が取られる可能性もあります。

無在庫転売の手順と始め方

無在庫転売はノウハウさえあれば今日からでもスタートできるビジネスです。

まずは基本的な無在庫販売の流れを紹介します。

無在庫転売では仕入れ先と販売先を決める

無在庫転売では仕入れ先と販売サイトを決めます。

無在庫転売では特定の商品を販売をするのでなく、仕入れサイトのあらゆる商品を販売することができます。

なので商品のカテゴリーやジャンルも自由で、商品の大きさ価格も問いません。

販売をする際はショップに統一感を持たせるのであれば、ある程度ジャンルを絞って販売することも考えてみましょう。

仕入れ先は

  • Amazon
  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • Qoo10
  • ebay

といったモール型のサイトでも可能ですし、

  • メルカリ
  • ラクマ
  • ヤフオク
  • PayPayモール

といったフリマアプリでも可能ですし、

  • NETSEA
  • トップセラー

といった卸サイトでも可能ですし、ネットショップでも可能です。

近年はAmazonをはじめとした大手ECサイトも買った商品の配送が早くなっているため、無在庫販売の仕入れ先として利用することが多く傾向があります。

販売サイトについては無在庫転売が可能なサイトと規約で禁止しているサイトがありますので、その点は注意しましょう。

無在庫転売は手動出品かファイル出品かツール出品

無在庫転売の出品方法は手動で出品をするか、ファイルでまとめて出品をするか、ツールで出品をするかになります。

手動出品とはそのまま手動で1品1品出品をしていきます。

ファイル出品は販売サイトによってはファイルでまとめて一括で出品をすることができる機能があります。

もし販売サイトがそのような機能がある場合は活用してみましょう。

最後にツールでの出品ですが無在庫販売ではツールで出品や価格の設定を自動でするツールも存在します。

現在中川のツールについては、数ヶ月先まで予約待ちの状態ですが希望の方はLINEにお問い合わせくださいませ。

無在庫転売の仕入れ

出品した商品受注がきましたら商品の仕入れをします。

仕入れ先で商品を購入をします。

お客様の手元に届く予定日がわかるようなら、早めにお客様に連絡をしてみましょう。

仕入れ先によっては直送をすることができることもあるので、直送を選択をすれば自分を介さずに商品をお客様にお届けすることもできます。

無在庫転売の梱包・発送

一度自分の手元に送った場合、購入をした商品が届きましたら中身を確認して梱包をします。

納品書などが入っていた場合は、その納品書を取り除き発送をしましょう。

段ボールの状態がよければ、そのままの状態で送ることもできますが箱に仕入れ先のロゴなどがある場合は無地の段ボールに変更した方が良い場合もあります。

無在庫転売での注意点とトラブルを起こさないポイント

無在庫転売の注意点とトラブルの防止の対策について解説をします。

無在庫転売ではお届け日数(リードタイム)をショップに明記する

無在庫転売はお客様の手元に商品が届くまで時間がかかってしまいます。

注文したのになかなか届かないといったクレームを避けるためにも、商品説明、ショップ説明などでお届け日数の目安を記載しておきましょう。

また商品の発送日時がわかった時、発送した時などにこまめに連絡するとお客様も安心して商品を待つことができます。

無在庫転売では在庫切れには注意

無在庫転売で怖いのは商品が売れたのに仕入れられないことです。

在庫数が少ない希少なものであれば、在庫がなくなってしまうかもしれません。

無在庫転売をするときには在庫を十分にある商品を出品をする、もしくは仕入れ先の在庫を定期的に確認をした上で出品をすることで在庫切れのリスクを低くすることができます。

無在庫転売では仕入れ先の直送の納品書(領収書)の同梱に注意

仕入れ先から直送ができる時は仕入れ先の外箱で届いてしまったり、仕入れ先からの納品書が同封されたりすることもあります。

ギフト発送で納品書を同封しないサービスや、無地の段ボールに変更が可能なサイトであればそれを活用しましょう。

もし今まで利用したことがない仕入れ先でそのようなサービスがない場合は手間はかかりますが、一度自分を経由して梱包をして再発送をするのがおすすめです。

無在庫転売で稼ぐコツとテクニック

無在庫転売では利益率と利益額にこだわる

無在庫転売とは受注の度に商品を仕入れるのが基本です。

そのため利益率が低く利益額が小さい商品は向いていません。

例えば1つ商品が売れて500円の利益に商品であれば、その注文を受けてから仕入れをして再梱包をして発送をするという作業の時間とコストの方がかかるからです。

そのため無在庫転売では少なくても数千円、理想は1つの販売で1万円以上の利益、さらには1つで数万円から数十万円の利益を得ることができる商品を扱うべきです。

無在庫転売では売れた商品が答え

無在庫転売では有在庫転売のように先に商品を仕入れないので、売れる可能性がある商品を出品することができます。

なので商品が売れた後に出品が合っていたと答えがわかり、その商品の関連商品を出品をすれば良いです。

無在庫販売では商品が1つ、2つ売れていく中で商品の幅は広がり出品を進めていく中で広げていくことができます。