無在庫転売は稼げるのか!?初心者がノーリスクでできる始め方を徹底解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
無在庫転売って稼げる?どうやって始めるのか?

という方のために、無在庫転売の始め方を解説していきます。

この記事を読むことで、

  1. 無在庫転売のやり方がわかります。
  2. 無在庫転売で稼ぐ方法がわかります

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは無在庫転売について解説していきます。

無在庫転売とは

転売は商品を安く仕入れて、仕入れた価格以上の金額で販売をすることで利益を得ます。

普通は先に商品を仕入れてそれから販売をするのですが、商品を仕入ずに先に販売をするのが無在庫販売です。

別の言葉でドロップシッピングとも言われています。

イメージがつきにくい方は、予約販売や受注販売を思い浮かべましょう。

注文を受けてから商品を仕入れて注文をした方に発送をします。

なので先に自分の資金を使用せずに、注文の入金が決まってから仕入れるのが特徴です。

無在庫転売のメリット

これから無在庫転売を始めたいという方にために、メリットについてお伝えします。

初期費用がかからない

先に伝えましたが無在庫転売は、注文がきてから仕入れをします。

なので先に自分の資金から大きな金額を使用しなくても始めることができます。

在庫を仕入れてする有在庫転売の場合、先に商品を仕入れないと始めることができません。

最初から資金があるのであれば有在庫転売からスタートすることも可能ですが、経験もないまま大きな金額で仕入れをするのはリスクになります。

最初から何十万、何百万と資金を用意することは難しいですし、用意できたとしてもビジネスで失敗しないコツは初期費用をかけないことです。

無在庫転売は初期費用がかからないので資金がなくても始めることができます。

不良在庫にならない

無在庫転売は注文がきてから商品を仕入れるので、不良在庫になることが少ないです。

転売をする方で多くの方が失敗するのが不良在庫です。

お金を得るために始めたにもかかわらず、不良在庫ばかりが貯まり手元に資金が残るどころか逆に減ってしまいます。

注文がきた商品だけを仕入れることで、不良在庫を最小限にすることができるのが無在庫転売のすごいところです。

資金繰りがいい

無在庫転売では先に注文を受けて、入金の手続きが完了してから仕入れをします。

転売で重要なので資金繰りです。

有在庫転売のように先にお金を支払い商品を仕入れた場合、仕入れた商品が売れるまで資金は減ったままで増えません。

無在庫販売の場合は資金を減らさないまま、増やすことができます。

仕入れをする時はクレジットカードで決済をすることで、引き落としの期日まで資金は減りません、

このように無在庫販売では資金繰りがとても良いです。

難しいリサーチの必要がない

転売は売れる商品を見つけなければいけません。

ですが、なんと無在庫販売ではリサーチスキルを必要としません。

その理由はたとえ出品した商品が売れなくても、お金を払い在庫を仕入れていないからです。

有在庫転売では【絶対に売れる商品】というリサーチではなく、無在庫転売では【売れるかもしれない商品】というリサーチで良いです。

もちろん、いい加減なリサーチを良しとしているわけではありませんが、【絶対に売れる商品】というリサーチをする必要がないので、初心者の方でもどんどんリサーチをすることができます。

仕入先が無限にある

無在庫転売は仕入れ先が無限にあります。

有在庫転売では自分の資金の中で、仕入れた商品だけを出品をして販売します。

資金の成約があり、売れる人気商品を見つけないといけないので商品の種類も多いありません。

一方、無在庫販売では自分の資金を気にせず、商品を出品して販売することができます。

売れるであろう商品を出品をするだけなので、商品もたくさんあります。

リアルの店舗の商品でもいいですし、インターネット上にある商品も無在庫販売の対象なのであらゆる商品を販売することができます。

無在庫転売のデメリット

無在庫販売にももちろんデメリットがありますので、こちらを解説していきます。

注文を受けた商品の在庫切れ

お客様から注文を受けた商品をいざ仕入れようとした時に、仕入先の在庫を確認すると在庫がないことも全くないわけではありません。

在庫がないと注文した方に商品を届けることができませんので、そのような状況がないようにしなければなりません。

最近は在庫についてはツールやシステムで在庫を管理しており、在庫がなくなってしまった商品を教えてくれるものがあります。

なので自分が仕入れたいサイトのツールやシステムがあるかを確認しておきましょう。

最初は在庫が大量にある商品から販売することをおすすめします。

発送までに時間がかかる

無在庫転売は注文がきてから発送をします。

なので注文がきてからすぐに発送ができるのではなく、注文がきてから商品を仕入れる時間がかかります。

先に在庫を仕入れて発送をするのと、無在庫転売ではお客様に商品をお届けできる日数が変わってきます。

なので、事前に何日でお届けをするこっとができるかをお客様に伝えておきましょう。

発送に手間がかかる

先に同じ商品を大量に仕入れて販売する方法であれば、売れる商品が手元にあるので梱包をして準備することもできます。

無在庫転売の場合は手元に在庫がないので、梱包をする準備もできません。

また売れる商品もバラバラなので梱包に時間がかかることもあります。

受注管理が複雑になる

無在庫転売の場合、注文数が少ないうち問題はないのですが注文数が増えると受注管理が複雑になってきます。

というのは注文がきてから仕入れるので、仕入れがまだできていない商品、仕入れが完了して発送していない商品、発送済みの商品と管理する必要がります。

注文数が増えると先に在庫をもっている販売方法と比較すると管理がやや複雑になります。

無在庫転売の始め方

無在庫販売は簡単に始めることができます。

この手順ですすめていきます。

<無在庫転売の始め方>

  1. 商品を出品をする(在庫は仕入れない)
  2. お客様からの注文
  3. お客様から入金の手続きあり
  4. 注文を受けた商品を仕入れる
  5. 仕入れ元にお金を支払う
  6. 商品をお客様に届ける

無在庫販売を比べるために有在庫販売の手順も説明すると、

<有在庫転売の始め方>

  1. 商品を仕入れる
  2. 仕入れ元にお金を支払う
  3. 商品の出品をする
  4. お客様からの注文
  5. お客様から入金の手続きあり
  6. 商品をお客様に届ける

となります。

流れでは商品を先に仕入れるか、注文がきてから仕入れるかだけのちがいになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は無在庫転売のメリットとデメリットと始め方について解説しました。

無在庫転売では在庫を先に仕入れずに自分の資金を先出しせずに転売をすることができ、リスクが低い販売方法です。

また難しリサーチがなく、扱える商品数多いので初心者でも簡単にできます。

注意点としては在庫の管理などのなってきますが、まずは在庫の変動が少ない商品を扱うことですぐにでも始めることができます。

初心者の方こそ無在庫転売をおすすめします。

無在庫転売についての質問や相談はLINEからぜひどうぞ。