無在庫転売のトラブル対策!!無在庫転売が可能な販売サイトを解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
無在庫転売で起こるトラブル対策について知りたい
という方のために、無在庫転売で起こるリスクへの対策ついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 無在庫転売で起きやすいトラブルを知ることができる
  2. 無在庫転売のトラブル対処法がわかる
  3. トラブルやクレームを予防する方法がわかる
  4. お客様と気持ちよく取引をして収入を得ることができます。

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは無在庫転売のトラブル対策について解説をしていきます。

無在庫転売で起きるトラブルとは

無在庫転売は在庫を持つことがなく、お客様から注文を受けてから商品を仕入れます。

在庫を持つことがないため初期費用も少なく、個人でもすぐにショップを立ち上げることができるでしょう。

しかし、無在庫転売だからこそ起きるトラブルやクレームもあります。

どのようなトラブルがあるのでしょうか。

注文後に仕入れた商品が届かない

無在庫転売が抱えるリスクの中でも優先して考えなくてはいけないのが、仕入れができない場合です。

無在庫転売はお客様が注文してから商品を仕入れるため、注文を受けてから商品が手に入らなくなる可能性があります。

特にお客様の不満やクレームにつながりやすいトラブルなので注意しなければいけません。

注文後に仕入れた商品が不良品

一般的な販売業の場合でも不良品を販売してしまうことはあります。
ただし、無在庫転売でメーカーや仕入れ先から直接商品を送っているような場合は、商品自体を見ていないため問題がややこしくなってしまいがちです。
お客様は仕入れ先ではなく、窓口であるショップに連絡をします。
ショップ側はお客様には誠意をもって慎重に対応する必要があります。

Amazonなど他業者の段ボールで届いてしまう

無在庫転売の中でも仕入れ先から商品を直接送る場合は、配送や梱包の手間がありません。
ただし、納品書や段ボールの箱が仕入れ先であるECサイトの名前になってしまうことがあります。
例えばAmazonから仕入れた商品の場合は、Amazonの箱でAmazonの納品書が入ってしまうというケースです。
納品書や箱のショップ名が違うことで、すぐにクレームになるとは限りません。
しかし、敏感なお客様の場合はこのことで不信感を持つ可能性もあるでしょう。

規約禁止で無在庫をするとアカウント停止の可能性

無在庫転売は違法ではありません。

しかし、一部のECサイトでは在庫を持たない商品の販売を禁止しています。

規約などで無在庫転売を禁止されているにもかかわらず、無在庫転売をおこなうと出品の停止やアカウントの締結といった処置が行われることも。

例えば、ラクマやメルカリといったフリマアプリでは無在庫転売が禁止されています。

またebayも規約で無在庫転売が禁止されているプラットフォームです。

ショップを開設する前には規約への同意をおこないます。

その際には必ず内容をよく確認しておくようにしてください。

無在庫転売で知っておきたいトラブル対策

無在庫転売を軌道に乗せるためには、起こりうるトラブルに対しては事前にシミュレーションして対策を考えておきましょう。

どのような対策があるのか紹介します。

商品が不良品だった場合

商品が不良品だった場合、まずはお客様に謝罪をして商品の返品交換をおこないます。

お客様から仕入れ先に送っていただくように、電話かメールで連絡しましょう。

また仕入れ先に連絡を入れておきます。

仕入れ先によって返品交換への対応は違います。

Amazonの場合は返品理由を「商品不具合」にして着払いで送ることができるので配送料の負担がありません。

交換の場合は新しい商品を再度仕入れてお客様に配送します。

また無在庫転売の仕入れ先として良く知られているトップセラーでも原則初期不良と商品違いがあった場合にのみ返品交換を受け付けています。

ネットショップを開設する場合は必ず特定商取引法に関する表記が必要です。

特定商取引法に関する表記には、返品交換に関する内容も含まれているのでショップの対応を必ず入力してください。

また不良品の心配がある商品に関しては、仕入れた際に自分で検品をおこなうことも検討しましょう。

安い商品を海外から仕入れたような場合は現物を見て不良品でないかチェックすることをおすすめします。

在庫切れを防ぐには

無在庫転売はお客様が注文してから商品を仕入れるため、仕入れ先で在庫切れになってしまうこともあります。

また商品の価格が高騰して、販売価格よりも仕入れ価格のほうが値上がりして損失が出るケースもあるかもしれません。

在庫切れは在庫数が変動しやすい仕入れ先を利用すると起きやすくなります。

例えばAmazonは利用者も多く、価格の変動幅が大きいのが特徴。

出品した時の値段や在庫を確認しても、翌日には商品が在庫切れや高騰している可能性もあります。

在庫と商品の価格をこまめにチェックして修正することで、このようなトラブルは防ぐことができるでしょう。

しかし、出品した商品の価格を一つ一つ仕入れ先と比較して、在庫数や価格改定をするのは手間と時間がかかります。

商品情報を切り替えている間に商品が売れてしまったなんていうトラブルも起きるかもしれません。

そこで便利なのが無在庫転売に特化したツールです。

商品数が大量になればなるほど、巡回には時間がかかり、在庫切れも起きやすくなるものです。

在庫切れを完璧に防ぐのは難しいので、あらかじめ対応策を考えておきましょう。

在庫切れになった時の対策を考えておこう

在庫切れは絶対に起きないようにできるわけではありません。

在庫切れになった場合の対処法についても、事前に対策を考えておくようにおすすめします。

例えば仕入れ先であるECサイトを一つに限定せずに、違うECサイトを探しておくのも一つの方法です。

他のショップで同じものがあればそれを購入して販売することができます。

また、扱っている商品の類似品を探すという手段もあります。

類似品があれば、お客様に連絡して在庫切れの謝罪とともに、類似品の提案をしてください。

類似品で問題がなければそのまま商品を仕入れて販売。

類似品でご納得いただけない時には、謝罪したうえで取引をキャンセル、返金対応をおこないます。

無在庫転売をおこなうプラットフォームによっては店舗都合のキャンセルは店舗評価に影響します。

可能であればお客様からキャンセルしてもらった方が良いでしょう。

赤字になってしまう場合

仕入れ価格が急に高騰して赤字になってしまう場合、まずは赤字がどの程度になるか計算します。

ショップオーナーの判断にはなりますが、お客様にご迷惑をかけるのであれば多少の赤字には目をつぶって取引を行うことも検討してください。

お客様に説明して、返金やキャンセル対応をおこなうには手間も時間もかかります。

そのため多少の赤字であれば必要経費と考えておくことも必要です。

赤字があまりに大きくなるという場合は、お客様に連絡して事情を伝えるなどして対応をするのも1つです。

配送の梱包材の箱を変える

Amazonなどの他のECサイトから購入した場合、ECサイトの段ボールに入っていたり、納品書が同封されていたりすることがあります。

そのような場合はECによって箱の詰め替えをした方がよいです。

自宅に一度配送してもらって、自分の手で箱を詰め替えたり、納品書を入れ替えたりすることによって、トラブルに対処することができます。

また自分で梱包するのは大変、配送料が高くなってしまうから利益が出ないという人もいるかもしれません。

無在庫転売が軌道に乗ると発送件数も増えるため、自分で梱包や配送の手配をする手間や時間も取りにくくなってしまいます。

在庫を持たないのが無在庫転売のメリットですが、無在庫転売なのに自宅に商品が積まれてしまうことも。

無在庫転売の商品を梱包、配送してもらうのであれば、物流サービスを利用しましょう。

物流サービスの業者を利用すれば、オンラインで指示するだけで商品の梱包から配送まで請け負ってくれます。

お客様とのコミュニケーション次第でクレームを減らすことも

クレームには、ショップ側の努力では減らすことができないものもあります。

しかし、クレームの中にはお客様とのコミュニケーションの取り方次第で減らせるものも多いです。

例えば、ショップ説明や発送した時の連絡メールに「海外から発送する商品につきましては、お届けまでお時間をいただきますのでご了承ください。」や「梱包発送に関しては他倉庫に委託しております。」といった一文を付け加えるだけでも良いでしょう。

お客様がその文章を見れば、商品が届くまでに時間がかかることや他の業者の箱で配送されることに対して心構えをすることができます。

あらかじめ注意事項として伝えておくことによって、商品を急いで手に入れたいという人や他のショップで届いて都合が悪い人は利用を考え直すこともできます。

無在庫転売が可能なプラットフォームで販売

無在庫転売が禁止されているプラットフォームもありますが、無在庫転売が認められているプラットフォームもたくさんあります。

無在庫転売をおこなうのであれば、規約で禁止されていないプラットフォームを利用しましょう。

無在庫転売ができるプラットフォームとは?

無在庫転売が認められているECサイトにはさまざまな種類があります。

自分が立ち上げたいと考えているショップのコンセプトや特徴に合わせて選びましょう。

無在庫が前提のプラットフォーム

BUYMAは無在庫転売を前提として提供されているプラットフォームです。

ファッションなどのブランド品の扱いに強く、またキッチン、コスメなどの雑貨インテリア類も販売されています。

日本で未入荷の商品がBUYMAでは販売されていることも多く、海外セレブの動向に関心があってトレンドに敏感な女性に人気です。

BUYMAでは海外のショップで販売されている商品を取り寄せて販売します。

それはバイヤーが在庫を持つという意味ではなく、海外のショップを代わりに買い付けるということなのでそもそも無在庫転売が前提となっているのです。

日本国内と海外では商品に値段の差があります。

日本ではヨーロッパやアメリカのブランド品が高く価格設定されていることが多いでしょう。

現地で買った方が安いものを仕入れて、日本の定価よりも安く販売することができれば、海外と国内の価格差で利益を出すことができるのです。

海外からの仕入れは海外の通販サイトやセレクトショップでおこなうことができるため、ネットだけで完結します。

在庫を保有する場合は現地買い付けや海外在住者に代行を頼むこともできます。

また日本国内のアウトレットで購入した商品を販売することも可能です。

無在庫転売が前提になっているためBUYMAではショップ側で買い付けができなかったとしてキャンセルすることができます。

ただし、受注確定後のキャンセルは買い付け成功率に反映されるので注意しましょう。

無在庫が可能なプラットフォーム

Yahoo!ショッピング、楽天、Amazonのように多くのショップが出店しているプラットフォームは多くの人が利用しています。

これらのプラットフォームは複数のショップが集まることで一つの大きなショップを形成しています。

インターネット上になる百貨店やショッピングモールというとイメージしやすいかもしれません。

モール型のプラットフォームはモール自体に集客力があるため、他のショップからもお客様の流入が期待できます。

そのため自分で集客しなければいけない自社のネットショップよりも、集客のコストははるかに軽減されるでしょう。

ネットを利用した犯罪が増える中で、セキュリティ意識が強い人の中には無名のショップを利用することに抵抗を感じる人も少なくありません。

しかし、モール自体が大手だとショップが無名であってもモールのブランド力からお客様が安心して購入できる環境を作ることができます。

モール型のプラットフォームでも条件を満たすことで無在庫転売することができます。

しかし、これらのプラットフォームは、自身の信用力やブランドを守るためにショップに寄せられたクレームやトラブルに対して厳しく対処します。

商品の出荷が極端に遅いなどのトラブルでクレームが入ると、ショップの評価が下がってしまうかもしれません。

また返金率などの指標でパフォーマンスを図っているので、無在庫転売でなくてもショップの評価が低いと警告やアカウント凍結などの処置が行われます。

そのため無在庫転売を利用する場合は、特にトラブルやクレームへの慎重な対応が求められます。

無在庫が可能なネットショップ型サービス

STORESやBASEなどのネットショップ型のサービスは、気軽に自分のショップをオープンできるサービスとして認知度が高まっています。

モール型のブランド力はないため、初めの集客に弱さはありますが、独自のショップの世界観や個性をお客様にアピールしやすいというメリットがあります。

またSTORESやBASEモール型のようなテナント料はかかりません。

資金ゼロからでもスタートすることができるので、無在庫転売とも相性が良いサービスといえるでしょう。

また弱みである集客に関しても、インターネット広告を出すなどのプロモーション方法があります。

近年ではSNSを利用したプロモーションも存在感が高まっています。

例えばTwitterやInstagramなどのSNSで告知を行うことでお客様の流入を増やすことができます。

無在庫転売でもネットショップ型のサービスは便利

ネットショップ型のサービスはネットショップを簡単に始めることができるサービスです。

一からネットショップを立ち上げようとすればショッピングカートのシステムやお客様の支払い方法の問題があります。

しかし、ネットショップ型のサービスを利用してショップを立ち上げれば、ショップに必要な機能は初めから全て備わった状態でスタートすることが可能です。

例えばSTORESやBASEといったネットショップ型のサービスは固定費無料で使うこともできます。

初期資金なしでもショップオーナーになることができます。

ネットショップ型のサービスを使うメリットを紹介しましょう。

多彩な決済手段を導入できる

幅広いお客様を呼び寄せるためにも決済手段は多いほうが良いです

しかし、自分でECサイトを立ち上げて決済手段を導入しようとすれば、クレジットカードそれぞれの審査が必要になり、手間も時間もかかります。

例えばSTORESは最大で9種類の決済手段を利用可能。

コンビニ決済やキャリア決済などお客様の都合が良い決済手段を選んでもらうことができます。

すぐにショップオーナーになれる

ネットショップ型のサービスはアカウントを作成して必要な情報を入力すれば、思い立ったその日でもすぐにショップとして公開することができます。

ネットショップ型のサービスなら魅力的な商品を見つけたその日にビジネスを開始することもできます。

多様な販売方法を選べる

無在庫転売のリスクを減らすために便利なのが予約販売や受注販売機能です。

予約販売や受注販売であれば、あらかじめ注文を受けて指定した期間に商品を発送することができます。

また販売期間を指定する機能もあるので、季節や期間限定で売り上げが見込める商品を、期間を絞って販売することができます。

SNS連携が役立つ

ネットショップ型のサービスはモール型のプラットフォームと違って、他ショップからのお客様の流入は期待できません。

そのためショップ自身が積極的にプロモーションしてお客様を呼び込む必要があります。

例えばトレンドに敏感な女性が多いInstagramはプロモーションにもピッタリなSNS。

BASEやSTORESではInstagramと連携しているため、お客様がInstagramからそのままショップの購入ページに遷移することができます。

お客様がよりショッピングを手軽に楽しむため、お客様のホスピタリティを高めるためにもSNS連携は優秀な機能です。

トラブルやクレームがショップ成功のヒントになることも

ショップ運営をしていてトラブルやクレームというと、どうしても身構えてしまったり、対応を心配したりしてしまう人が多いかもしれません。

しかし、ショップ運営をする以上、トラブルとクレーム対応は業務として切り離せないと考えるべきです。

特に対面取引がメインだった昔と比較して、インターネットショッピングの存在感は増しています。

インターネットショッピングが普及するにつれて、問い合わせやクレームも伝えやすくなりました。

それはクレームが増えてショップの手間が増えたというより、よりお客様とコミュニケーションが取りやすくなったといえます。

ショップを利用したお客様だからわかる課題もあるでしょう。

それを、自分に責任はないと逃げていてはショップの成長はありません。

成長しなければ、次のトラブルやクレームを防ぐことは不可能です。

クレームをきっかけにしてお客様のニーズや要望に気が付くことは珍しくありません。

クレームやトラブルがあった時には目を背けることなく、ショップがよりよく成長するチャンスと考えましょう。