国内無在庫転売が稼げない理由とは?世界の商品仕入れる輸入無在庫転売とは!?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
国内の無在庫転売をしているが、海外から仕入れをする無在庫販売について知りたい
という方のために、無在庫転売をする際に国外から仕入れる方法ついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 無在庫転売で起こりがちな失敗を知ることができる
  2. 海外で仕入れて無在庫転売するメリットがわかる
  3. 海外から仕入れるための方法を知ることができる
  4. 無在庫転売で利益を出すためのコツを知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、無在庫転売で海外から仕入れる方法について解説をしていきます。

国内無在庫転売は稼げないのか?

無在庫転売はお客様の注文を受けてから、該当する商品を仕入れる販売手法です。

先に注文を受けるので在庫を保有することがないので、在庫のための倉庫や管理のためのコストが必要ありません。

お客様から注文を受けた時点で利益が確定するため、リスクを抑えて始められるビジネスとして副業でスタートする人もたくさんいます。

しかし、無在庫転売はスタートする人が多い一方で、上手くいかずに撤退する人も後を絶ちません。

どうしてリスクが低い無在庫転売で上手くいかなくなるのでしょうか。

そこで、起こりがちな無在庫転売の落とし穴についてまとめました。

仕入れられないことがある

無在庫転売は商品が売れてから他の業者に注文して仕入れをします。

一般的な物販であれば、まず商品を仕入れてから在庫を持って商品を販売します。

そのため、在庫管理や入力に間違えがなければ、まず間違いなくお客様に商品を送ることができるでしょう。

一方で無在庫転売の場合、出品した時には在庫があった商品も、いざお客様からの注文で仕入れようとしても在庫がないというケースがあります。

無在庫転売ではこのような商品を仕入れられないリスクを考えておかなければいけません。

在庫切れを起こしやすい仕入れ先はできるだけ使わないように注意するべきです。

また、仕入れられない時はお客様に説明して丁寧に謝罪してください。

特に、モール型のネットショップの場合は、お客様のクレームが多いと出店することに差し障ってしまうリスクもあります。

このような仕入れられないリスクについては、無在庫転売をスタートする前に考えておくようにおすすめします。

価格競争になりやすい

無在庫転売は倉庫などがなくてもスタートすることができるため、企業だけでなく個人でも多くの人が始めています。

しかし、同じような仕入れ先を使ってしまうと、他のショップと商品が重複してしまうことも多いはずです。

お客様の立場であれば、どうしても少しでも安いショップで買い物をしたくなります。

その結果、お客様を呼び込むために他店よりも安くするため価格競争になってしまうことも多いでしょう。

価格競争を始めてしまうと、どんどん利益がでにくくなってしまいます。

あまり利益が出ないのに手間ばかりかかるため無在庫転売から撤退してしまうのです。

ライバルが多い

リスクが低く参入しやすい無在庫転売は多くの個人が始めています。

副業としてする人だけでなく、本業で無在庫転売をする人もいるでしょう。

ライバルが多い状況で、他のお店よりも少しでも売り上げを増やそうとすると、他店にはないチャレンジや工夫が必要になります。

専門性を高めて商品のラインナップを増やしたりプロモーションに力を注いだりと、他のショップにはない取り組みにチャレンジしなければ差別化は難しいかもしれません。

利益が薄い

無在庫転売の利益は販売価格から仕入れ値と送料などの必要経費を差し引いた額で計算されます。

当然ですが、販売価格が高ければ高いほど利益は出しやすくなります。

しかし、より安い価格で出品しているライバルが多ければ価格を下げざるを得ません。

無在庫転売では商品の仕入れ価格だけでなく、送料や梱包資材の費用まで計算して利益を出す必要があります。

仕入れ先からの差し引かれる送料とお客様に送るための送料、梱包などの費用を考えると思ったよりも利益が出ないというショップも多いはずです。

しっかり利益計算していないと、手間と時間ばかりかかり利益は出ているのかわからないというような事態にもなりかねません。

無在庫転売は海外から仕入れてみよう

無在庫転売の仕組みはシンプルです。

売れる商品をリサーチして出品、注文があればできるだけ安く仕入れてお客様に発送します。

しかし、利益を出すためにはどこで商品を探して仕入れるかが重要になります。

無在庫転売で人と差をつけるのであれば、海外から仕入れることも検討してみるのもおすすめです。

輸入転売でも国内の無在庫転売とすることは変わりません。

リサーチするときには日本のネットショップだけではなく、海外のネットショップで転売できる商品を探してください。

海外のネットショップの多くは英語対応しています。

最低限の単語さえわかれば、日本のネットショップを同じような仕組みになっているでしょう。

海外では日本では高価な品がリーズナブルに販売されていることがあります。

特に、ヨーロッパでデザインされたインテリアや衣服は日本でも人気が高く、国内に入荷するときには高くなる傾向があります。

また、できるだけ安価な商品を販売したいというのであれば、中国や東南アジアの製品が良いかもしれません。

こういった商品を他のショップよりも安く販売すれば、格段に利益を出しやすくなります。

無在庫転売の際、海外から仕入れるメリットは?

海外から仕入れるというと日本国内だけで仕入れるよりも手間も時間もかかると躊躇するかもしれません。

しかし、海外から仕入れることにはそのようなコストを差し引いても残るメリットがあります。

それでは、海外から仕入れることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ライバルが少なくなる

海外から仕入れることはハードルが高いかもしれませんが、このハードルの高さがメリットでもあります。

海外からの仕入れは上級者向けと思われる傾向があり、自分では無理かも…としり込みする人もいるでしょう。

その結果、ライバルが少なくなって商売上有利になります。

扱える商品の幅は広がる

世界に目を向けることによって、扱うことができる商品の幅は圧倒的に広がります。

日本では扱いがないような珍しい商品もあるかもしれません。

他のショップでは扱っていないような商品を集めれば、他のショップにはない強みになるはずです。

このお店に行けば面白いものが見つかる!ということにお客様が気づいてくれることでリピーター増加につながります。

利益率を上げられる

安定して利益を出し続けるために、意識したいのが利益率です。

薄利多売の商売は労働集約的な要素が強く、労働量を増やさないと利益を上げることができません。

そのため、最初は良くても作業コストや時間の制約で無在庫転売をやめていく人が多いです。

長く利益を上げ続けるためには、利益率を上げることにも力を注いでください。

中国製品などは仕入れ値が日本と比較して圧倒的に安く、利益率を上げてもリーズナブルです。

利益率が高ければキャッシュフローも良くなって、資金繰りの苦労も少ないでしょう。

無在庫転売で海外から仕入れる際に注意しておくこと

多くのメリットがある海外からの仕入れですが、デメリットもないわけではありません。

それでは、海外から仕入れるデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

商品が増えすぎると手間も増える

海外のネットショップは星の数ほどあり、ついついいろいろな商品を集めたくなってしまいます。

しかし、商品数が多くなればなるほど在庫や価格変動などチェックの手間が増えていきます。

チェックが甘くなれば、出品したものの実際に品切れしてしまっているというケースもあるでしょう。

商品をあまりに増やすと手間もミスも増やしてしまうことがあります。

顧客トラブルには注意

海外から輸入した商品の場合、日本国内の商品よりは品質で劣ることが多いでしょう。

もちろん、海外でも品質が良い商品はたくさんあります。

しかし、写真しか判断材料がない状態での仕入れでは、品質を丁寧にチェックすることはできません。

特に、日本製品のクオリティになれている日本人にとっては、海外製品の品質に不満を持ってしまうこともあります。

商品の仕上げや縫製に難がある商品の場合は、商品説明などであらかじめお客様にお知らせしておくことも検討してください。

商品の到着が遅くなる

無在庫転売はお客様の注文を受けてから仕入れるため、通常の販売と比較して商品の発送が遅くなります。

特に海外製品となれば、物理的に距離も広がって税関などでの手続きも必要になるので時間がかかってしまうでしょう。

多くのお客様はAmazonや楽天などを使って注文から数日で商品が手元に届くのに慣れています。

海外からの無在庫転売で時間がかかってしまうことにより不満を感じやすくなるかもしれません。

クレームやトラブルでアカウント停止になることも

商品の品質や到着の遅れが頻発するとお客様からのクレームや問い合わせも増えてしまいます。

特にモール型のショッピングサイトの場合、お客様からのショップ評価が下がれば検索順位の調整がおこなわれて商品があまり露出されなくなってしまうことがあります。

また、あまりにクレームが多かったり低評価が付けられたりするようであれば、アカウントが凍結されてしまうというケースになることもあるでしょう。

アカウントが凍結されれば、出品が停止になるだけでなく、ショップとして運営することもできなくなってしまいます。

クレームやトラブルを避けるためには顧客対応の丁寧さやスピーディーさは欠かすことができません。

多くのクレームはお客様とのコミュニケーション不足で起こります。

お客様の立場であれば、商品の品質や配送遅れは全てショップの責任です。

海外から仕入れているから仕方がないというような態度は、不信感の元になります。

モール型のショッピングサイトは集客力、販売力においてメリットは大きいものの、出品者への対応が厳しい面もあるので注意が必要です。

偽物が出回っていることも

あまりに安価な商品の場合は偽物であることがあります。

特に、無在庫転売で多くの商品を扱う場合は、その中に偽物が紛れ込んでしまうこともあり得るでしょう。

キャラクター商品や商標の商品は偽物も多く出回っているため注意が必要です。

偽物の商品を転売すると商標権の侵害行為に該当します。

不正競争防止法違反として10年以下の懲役や1,000万円以下の罰金が課せられることもあるので慎重にリサーチしてください。

無在庫転売でトラブルを避けるためにできること

海外仕入れによる無在庫転売はトラブルが起きることもあるでしょう。

しかし、トラブルの多くは事前に対策しておいたり、慎重に対応したりすることで回避できます。

それでは、トラブルを避けるためにどのようなことができるのでしょうか。

ショップ説明や商品説明に一言添える

海外仕入れの商品は商品が届くのに時間がかかります。

あらかじめ商品が届くまでに時間がかかるとわかっているのであれば、ショップ説明や商品説明に時間がかかることを一言添えておきましょう。

海外から仕入れるため時間がかかる旨を添えておけば、急いで商品が必要という人は注文を避けます。

時間がかかっても欲しいという人だけが注文するため、配送が遅いというクレームは少なくなります。

また、商品についてもわかっている品質面の情報はあらかじめ説明しておいてください。

裏側の縫製や柄の出方が商品ごとに違う、自然素材を使用しているためバラツキがある、といった情報はあらかじめ伝えておくことができます。

商品の顧客直送は避ける

無在庫転売の商品は仕入れ先からお客様にダイレクトに送ることで、より早くお客様の手元に届けることができます。

また、梱包の手間や配送料などのコスト削減になります。

しかし、慣れるまでの間は海外仕入れの商品で顧客直送するのは危険です。

海外仕入れだとやり取りも煩雑になるため、間違った商品が届いてしまうこともあります。

また、商品のパッケージなどが雑なこともあるかもしれません。

商品を直接送ることによってクレームやトラブルの可能性は高くなってしまいます。

特に、仕入れ先との信頼関係を築いていない間は、配送料や梱包費用がかかっても必要経費と考えましょう。

海外の長期休暇は把握しておこう

海外の仕入れ先は商慣習だけでなく、暦も日本と違います。

そのため、日本にはない大型連休によって仕入れがストップしてしまうことがあります。

海外から仕入れる場合はその国の大型連休は把握しておくようにしてください。

例えば中国では、旧正月である春節(2月上旬)と建国記念日にあたる国慶節(10月1日~)は長期連休になります。

また欧米でもバカンスの時期には長期休暇となることがあります。

うっかり海外の長期休暇中にお客様から大量に注文を受けてしまえば、仕入れ先と連絡が取れずに配送が滞ってしまうことに。

前もってわかっていれば、長期休暇によって商品配送が遅れることをお客様にお知らせすることができます。

スケジュールを告知しておくことでトラブルを避けることができるでしょう。

海外の仕入れ先にはどのようなところがある?

海外の仕入れ先はたくさんあるため、仕入れ先によって扱う商品やショップ運営も変わるでしょう。

どのような仕入れ先があるのか有名なところを紹介します。

海外版Amazon

もともとAmazonはアメリカ発祥のECサイトです。

アメリカ本家のAmazonには日本のAmazonで取り扱っていない商品も多数あります。

また、品ぞろえも豊富なので、さまざまなジャンルから商品を探すことができるでしょう。

アメリカ版なので英語ですが、サイトのレイアウトやデザインなどは日本版Amazonと変わりません。

海外からの仕入れに不安があるという人も、アメリカ版Amazonであれば安心です。

Alibaba.com

中国からの輸入といえばまず名前が挙がるのがアリババです。

グローバルECの代表格といわれるまでに成長したサイトで、主に企業間のBtoBをおこなっています。

工場や卸業者も出店しているため、中国の卸価格で仕入れが可能です。

基本的には企業間取引なので大きなロットでないと仕入れられないショップもありますが、小口注文ができるショップも増えてきました。

またAlibaba.comはグローバルビジネスを前提にしているため、英語でコンタクトを取ることもできます。

天猫

天猫商城(ティエンマオ)は、中国国内のBtoCのネットショッピングモールです。

中国国内で高いシェアを誇るサイトで、日本でいうなら楽天などをイメージすると良いでしょう。

天猫は高品質の製品や正規品だけを扱っているため、安心して使うことができるのがメリット。

見やすいサイトになっているので、海外仕入れ初心者にもおすすめです。

無在庫転売を始めるときの注意点

無在庫転売は違法性がある取引ではありませんが、ECサイトによっては規約で無在庫転売を禁止している場合もあります。

例えば、メルカリやラクマでは手元にない商品の出品を禁止しています。

また、ebayでもシステム上はできますが、規約では禁止です。

加えて、事業として中古品を転売する場合には古物商許可が必要になるので注意しましょう。

さらに医薬品や酒類、たばこを許可なく個人輸入した場合は違法になります。

サプリメントはコンパクトで利益が出やすい商品ですが、医薬品に使われている成分が含まれている場合医薬品とみなされることがあるため慎重に取引してください。

無在庫転売におすすめの転売先

無在庫転売は海外サイトから仕入れて自分のショップで販売します。

それでは、どのようなサイトで販売することができるのでしょうか。

おすすめのサイトを紹介します。

BUYMA

無在庫転売はECサイトによっては禁止されています。

一方で、逆に無在庫転売を前提にしているBUYMAというサイトもあります。

BUYMAは海外ファッションを中心にしてパーソナルショッパー(出品者)から商品を購入することができるソーシャルショッピングサイトです。

BUYMAでは無在庫転売が前提で、お客様が注文した商品をパーソナルショッパーに買い付け依頼するシステムになっています。

もちろん海外在住者で注文に応じて買い付けに出向くショッパーもいますが、日本からでも海外のECサイトを通じて購入することで誰でもショッパーになることができます。

BUYMAでは注文を受けてから商品が完売になっている場合でもショッパー側からキャンセルが可能です。

さらに、配送までの期間も長くとっているため無在庫転売向きといえます。

BUYMAはハイブランドを好むユーザー層が多いため、大きな利益も期待できます。

ファッションアイテムだけでなくインテリアや雑貨なども扱っているので、広い販路を作ることもできるでしょう。

モール型ECサイト

Amazonや楽天などモール型ECサイトはお客様を誘導しなくても集客ができるという強みがあります。

また、AmazonのFBA(fulfillment by amazon)は在庫を保管して発送代行してくれるサービスです。Amazonの物流拠点であるフルフィルメントセンター(FBA倉庫)に商品を事前に納品しておけば、注文に合わせて発送や返品などすべてを代行してくれます。

これなら在庫販売も併用したいけれども倉庫がない、という人にも便利です。

集客力に優れているというメリットがある一方で、他店にお客様も取られやすく、自分のショップらしさを表現しにくい点がデメリットでしょう。

また、出店するために費用が必要なモールも多いため、無在庫転売初心者には使いにくいかもしれません。

ネットショップ型サービス

ネットショップ型サービスは簡単な登録だけでショップを立ち上げることができるサービスです。

ショッピングカート機能や決済方法などはあらかじめ用意されているため、ショップ名や商品を登録すればすぐにでもショップとして世界に公開することができます。

ネットショップ型サービスにはいくつかありますが、例えばSTORESやBASEであれば無料でショップを立ち上げることが可能です。

ネットショップ型サービスはショップデザインをテンプレートなどを使ってアレンジすることができるため、パソコンの知識がない人であっても簡単に自分らしい

ショップをデザインすることができます。

ただし、モール型のショップと比較して集客力がないため、自分の力でお客様を集めなければいけません。

例えば、SNSで商品をアピールしてから直接ショップへ誘導したり、クーポンを独自に作ったりといった営業も検討してみましょう。

海外からの仕入れを活用した無在庫転売で利益を出すコツ

無在庫転売で儲けるためのポイントは何といってもリサーチです。

今すでに売れているものは他の人も目をつけているためライバルが多く、大きな利益は期待できません。

売れているものの傾向をつかみつつ、関連商品やその次に売れる商品を探しましょう。

新商品をどんどん出品できるのは無在庫転売の強みです。

コツをつかんだら利益が取りやすい商品、扱いやすい商品を厳選して専門化していっても良いでしょう。

料理やアウトドア、ハンドクラフトなど自分が得意なフィールドがあるのであれば、専門知識を生かしたショップを立ち上げることもできます。

商品をただ並べるだけでなく専門知識をプラスすることで、品物に付加価値を与えることができます。

商品数がある程度増加すれば、出品管理をツール化してできるだけ労力をかけずに利益を出すように工夫をしましょう。

例えば、配送を物流サービスにアウトソーシングしたり、リサーチや出品のために外注したりすることもひとつの方法。

無在庫転売は初期資金がほとんど必要ないため、個人でも企業をライバルにして利益を出すことも可能です。

まずはどんな商品に人気があるのかリサーチするところからスタートしてください。