無在庫転売で売れ筋商品は売れない?理由と対策について

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
無在庫転売で、売れ筋商品を売っているのに売れない理由と対策について知りたい
という方のために、無在庫転売で売れ筋商品が売れない理由と対策について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 無在庫転売での売れ筋商品を知ることができる
  2. 売れ筋商品のメリットを知ることができる
  3. 売れ筋商品が売れない理由を知ることができる
  4. 売れ筋商品が売れない原因を知り対策を立てることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、無在庫転売で売れ筋商品を売っているのに売れない理由と対策について、解説をしていきます。

売れ筋商品なら無在庫転売に失敗しない?

無在庫転売を始めるとき、まずは何を売るかを決めます。

商品選びに頭を悩ます人も多いでしょう。

何を出品すれば売れるのかほとんどの人がリサーチをします。

そこで目につくのが、売れ筋商品です。

無在庫転売の商材としてメリットの多い売れ筋商品

売れ筋商品なら、初心者でも売りやすいと考えられます。

安心感もあるので売れ筋商品を取り扱う人も多いでしょう。

仕入れ先も豊富で、価格の安いところを選ぶことができ、在庫を確保しやすい点も安心とされています。

情報も多く、リサーチもしやすいです。

回転率が低い商品は無在庫転売の商材として不向き?

売れ筋商品は回転率もよく、単価が安くても量が出れば利益につながります。

逆に回転率が悪い商品は売れにくく、利益も出にくいと考えられます。

在庫も確保しにくいため、売れたときに在庫がない場合のリスクも高いです。

ただし在庫に関しては、仕入れ先によって人気商品の方が在庫切れを起こしやすいということも考えられます。

売れ筋とは言えなくても、高単価商品は利益も高くなるといったメリットもあります。

一概に売れ筋商品は無在庫転売に不向きで、失敗するとは言えないでしょう。

売れ筋商品の特徴やメリットを理解することが大切

多くの人が扱う売れ筋商品ですが、売れ筋商品を扱ってもすべてにおいて売れるとは限りません。
人気商品などの売れ筋商品を出品しているのに売れない、ということもあります。

無在庫転売で売れない原因はいろいろ考えられます。
商品選びだけが原因ではない可能性も。

無在庫転売で失敗しないためには、売れ筋商品にはどのようなものがあるのか?また、無在庫転売で売れ筋商品を扱うメリット、売れない理由について知っておくことが必要です。

無在庫転売で売れ筋商品を扱うメリット

売れ筋商品と言われているものには、家電やホビー商品、食品といったものがあります。

それらの特徴や扱うメリットを商品ジャンル別に見ていきましょう。

生活必需品でもある家電商品

無在庫転売において一般的に売れ筋と言われている商品の一つが家電商品。

生活必需品でさまざまな種類がある家電は取り扱いが多いため、商品を確保しやすく安定しているのが特徴です。

冷蔵庫やテレビ、電子レンジや照明器具、洗濯機、ドライヤーなど、生活において必要なあらゆる製品があり、選びやすいというメリットもあります。

家電製品はインターネットの家電専門サイトから、家電量販店、ホームセンター、近所の電気屋さん、ショッピングセンター、スーパーなどさまざまな仕入れ先があります。

扱っているところが多ければ安く仕入れられる可能性も高くなるということです。

安く仕入れることが可能で利益を上げやすい商品であることから、無在庫転売で取り扱う人も多くなります。

早いスパンで新商品が販売される家電は、少しでも古い型番の製品は中古品として在庫処分されることも少なくありません。

かなり安い価格で仕入れることも可能でしょう。

最新式ではなくても、比較的新しい商品を安い価格で購入するお客様も多いです。

また、価格が安ければ古い型番でも気にせず購入するケースも少なくありません。

家電製品には、ドライヤーやラジオ、髭剃り、美容器具など価格帯の安い商品もあり、無在庫転売をはじめて行う人や手元資金がない人にとっても扱いやすい点もメリットです。

コレクターも多いホビー商品

ホビー商品といっても幅広いですが、アニメのキャラクターグッズやアイドルグッズは売れ筋商品となることが多いです。

年代も幅広く、国内だけでなく世界的に人気があり売りやすいとされています。

フィギュアやDVD、CDのほか、タオルやTシャツ、クリアファイルなど、さまざまなアイテムがあるので、選びやすいのもメリットです。

価格帯も幅広く、無理なく転売できる商品を選ぶこともできます。

手に入りにくいレア商品もあり、プレミア価格で売ることもできるでしょう。

コレクターが多い人気アニメのフィギュアなどは、セット販売をすれば高値で売ることが可能です。

比較的流行や人気度がわかりやすく、転売のタイミングをはかりやすいのもメリットとされています。

安定した利益が期待できる食品

消耗品である食品は一度の大量購入が期待できます。

買い置きしたり何度も買ったりするので、量を売ることができるのが食品のメリットです。

回転率が高い食品は、安定した転売ができると言えます。

回転率が高いと、Amazonなどにおいて数多くの評価を得られるでしょう。

信頼できるとなれば高い評価も集まりやすく、集客を増やすことも可能です。

また、食品には管理が難しい商品もあります。

仕入れた商品を保管しておくには、商品によって温度や湿度管理をしなければならないこともあるかもしれません。

その点無在庫転売であれば、自宅で保管しなくてすみます。

専門業者から配送してもらうため、保管の手間も配慮も必要ありません。

ターゲットを決めて売りやすいのも食品のメリットです。

健康ドリンクや美容ドリンク、新鮮野菜、スイーツ、お米や水、醤油や味噌など、さまざまな商品の中から自分の売りやすいものを決めて転売できます。

人気商品などもあり、一見無在庫転売の商材として取り扱う人が多そうな食品ですが、比較的ライバルが少ないのも特徴です。

衛生面への配慮、消費期限や賞味期限がある食品は、細かな配慮が必要で扱いにくいと考える人も多いためでしょう。

また、Amazonなどにおいて、食品は梱包や取り扱いができる食品などに制限やルールがあり、それを守らなければなりません。

それが面倒だと考える人も少なくないため、ライバルがあまりいないです。

家電商品ほど、価格競争で苦労することもないと考えられます。

食品は仕入れ先も多く、いつでも購入できるのもメリットです。

無在庫転売においてスムーズに仕入れができることは信頼にもかかわり、その後の売上にも影響することなので重要なポイントでしょう。

無在庫転売で売れ筋商品が売れない理由

需要が多い、人気商品である、回転率が高いなど、メリットの要素が多い売れ筋商品ですが、売れ筋商品を出品しているのに売れない、という場合があります。

それはなぜなのでしょうか?

価格競争に勝てない

売れ筋商品を出品しているのに売れない大きな理由は価格競争に勝てないのが原因でしょう。

無在庫転売をしている人は売れ筋商品を出品するパターンがほとんどです。

売れ筋商品は仕入れもしやすく注文があったときに在庫がない、というリスクも少なくなっています。

売れ筋商品なのだから売れるだろうと簡単に考えている人もいます。

安心して出品できる売れ筋商品は、その分ライバルが多くなるということです。

同じ商品なら当然価格の安いところから買うでしょう。

ライバルに勝つためには価格を安くしなければならなくなり、利益は減ってしまいます。

だからといってそれができないと売れない、という悪循環になってしまいます。

プラットフォームの選択ミス

プラットフォームにはさまざまな形態があり、それぞれ特徴やメリット、デメリットがあります。

自分に適しているプラットフォームを選択していないと売れない、といったことがあるかもしれません。

・モール型ECサイト
Amazonやヤフーショッピング、楽天などのモール型ECサイトは、集客力があり何もしなくてもお客様が集まってきます。

それは無在庫転売において大きなメリットとなります。

ただし、その分ライバルが多く価格競争になりやすい点がデメリットです。

登録料や販売手数料などがかかることもあり、利益が減ってしまうこともあります。

中には無在庫転売に対する条件を設けている場合もあるので、注意しないとアカウント停止処分などになりかねないので気を付ける必要があります。

・ヤフオク、メルカリ、ebayなどのオークションサイト
オークションサイトは高値で売れる可能性があります。

レア商品などは予想以上の高額で売れることも。

ただし、ヤフオクやメルカリ、ebayでは、規約で無在庫転売を禁止しています。

それを踏まえたうえで仕入れでの活用などを検討した方がよいでしょう。

・STORESやBASEなどのネットショップサービス
自分でネットショップを開設する方法もあります。

自分のネットショップなら自由に無在庫転売をすることが可能です。

ただし、集客するにはかなりの努力が必要となります。

サイトデザインやコンテンツ、商品記事の紹介ページなども、魅力的なオリジナルページやサイトを作成する必要があります。

SEO対策などをしなければ商品を見てもらうこともできず売れない、ということになりかねません。

STORESやBASEなどのネットショップサービスを利用すれば、簡単に魅力的なサイト作成が可能です。

すべてオリジナルでサイトを開設するより集客も期待できるでしょう。

タイミングが悪い

商品を出品するタイミングの悪さが売れない理由となることがあります。

新商品が売り出される、流行しているなどのタイミングや、季節やイベントなどで同じ商品でも売れる時期と売れない時期があります。

そのタイミングを逃してしまうと売れにくくなることもあるかもしれません。

しかし、需要が多ければライバルも増え、価格競争になり販売価格を下げないと売れないこともあります。

リサーチ不足

人気がある、売れ筋商品だと思って選んだ商材なのに売れない場合、選んだ商材が売れ筋商品ではないという可能性もあります。

家電や食品、ブランド品などは売りやすいジャンルではありますが、商品によっては売れ筋ではないものもあります。

電化製品ならすべてが売れるとは限りません。

何が売れ筋で何がそうでないのかは、リサーチが必要です。

リサーチ不足だと本当の売れ筋商品を見極めることができないでしょう。

また、購入しているのは主に女性か男性や、年齢層は、いつ購入するか、などのリサーチも必要です。

ターゲットによっては無在庫転売をするプラットフォームや商品紹介のポイントなども変わってきます。

・リサーチツールを使用しているのに売れないことも

徹底したリサーチは大切ですが、膨大なデータを収集し分析するのは時間も手間もかかります。

そこで、便利なのがリサーチツールです。

リサーチツールを活用すれば、正確で欲しいデータがすぐに手に入ります。

売れ筋商品やおすすめのレア商品なども教えてくれるでしょう。

しかし、同じ情報をライバルも持っているので勝てるとは限りません。

また、リサーチツールだけに頼っていると経験が積めないため、分析力や判断力も身につきません。

何年無在庫転売をしていても売れない、ということにつながってしまうこともあります。

出品している商品が目につかない

商品を出品していても、お客様の目に留まらないことがあります。

売れ筋商品を転売している人は数多くいるため、その中で選んで購入してもらうには、まず自分の出品している商品ページを見てもらう必要があるでしょう。

お客様が検索するキーワードが含まれていなかったり、「大特価」「安い」などのアピールポイントを示していなかったりすると、お客様の目に留まらない可能性があります。

または検索して上位に上がる工夫をしていないと商品を見てもらえないこともあります。

経費がかかりすぎて価格を下げられない

売れ筋商品を取り扱う場合、数多くいる販売者の中から選んで購入してもらうには価格を下げることが必要です。

しかし、価格を下げられない理由に経費がかかりすぎて、思い切って低価格にできないというケースがあります。

送料が高い商品ばかり選んでいる、ツールなどに費用をかけすぎている、仕入れ先やプラットフォームなどの登録料や販売手数料が高いなど、無駄な経費を削ることも必要です。

商品別に見る売れない理由

無在庫転売におすすめとよく言われる家電商品や食品でも、売れない場合があります。

その理由としては、次のようなことが考えられます。

家電商品

・仕入れ値が高い商品がある
冷蔵庫や洗濯機、大型テレビなど大型家電は人気があります。

型落ちであれば安く仕入れることも可能なので、利益も出しやすいでしょう。

そうはいっても、大型家電となると仕入れる際に費用がかかります。

無在庫転売とはいえお金が入ってから仕入れるわけではないので、受注したら在庫を押さえたり、配送の準備にとりかかったりしなければなりません。

そのときに費用がかかってしまうため、資金がないと売れ筋商品を出品できないことになります。

・返品されることがある
家電商品は返品されることもあります。

返品されれば売上につながらないので、売れないということになってしまいます。

ホビー商品

・知識不足だと難しい
特にフィギュアやレトロ玩具などは、専門的な知識がないとレア商品を見分けることもできず、高値で売ることもできません。

本来ならもっと高い金額で売れる商品を低価格で売ってしまう、などの失敗も考えられます。

・送付する際には細心の配慮が必要
ホビー商品の中でもフィギュアやおもちゃなどは破損しないように配慮して梱包をする必要があります。

箱を開けたら腕が折れていた、などといったことになれば返品されたり、返品されても価値が下がってしまったりすることもあります。

通常よりも梱包資材や方法などに配慮が必要であり、費用もかかってしまうかもしれません。

・商品によっては薄利多売になることも
流通量が多いものは安値で取り引きされることも多いです。

利益が十円単位、百円単位になることも考えられ、薄利多売になってしまうこともあります。

食品

・多くの商品が薄利多売になりやすい
食品は、高級フルーツやキャビアなどのような高級食材でない限り単価が低いものがほとんどです。

そのため、手間をかけてたくさん売っても利益が少ないことが多いでしょう。

そのせいで疲れてしまい、転売する気力がなくなってしまう可能性もあります。

・品質には細心の注意が必要
口に入るものなので、万が一ということはあってはいけません。

体調不良や病気の原因にでもなったら、信用問題にも発展し大変です。

夏場のチョコレートやアイスなどはしっかりした保冷配送をする、等品質に問題がないようにしましょう。

無在庫転売で売れ筋が売れない!を防ぐために

無在庫転売をする際には売れ筋商品を扱いたくなるものです。

レア商品は仕入れも難しく売れる確率も低くなり、特に初心者には高い壁に感じられるかもしれません。

しかし、売れ筋商品を売っているのに売れないとなるとどうしてよいかわからなくなってしまいます。

売れない原因を把握し、改善していくことで売れるようになるでしょう。

それでは、無在庫転売で人気の家電商品やホビー商品、食品において失敗を避けるポイントや、転売をする際の注意点について解説します。

家電商品で失敗を避けるコツ

・大型サイズの家電を売る
冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は生活必需品で需要が多い商品です。

保管場所や送料などがかかるため、取り扱いを避けるケースもあるでしょう。

ライバルが少なく、高い利益が期待できる大型家電を選ぶのも一つの方法です。

・デジタル家電を売る
パソコンやデジタルカメラ、スマートフォンなどのデジタル家電は、家電商品の中でも特に需要が高い商品です。

知識があるなら、ターゲットを絞って売ることもできるでしょう。

・パソコン周辺機器を売る
インクなどの消耗品やマウス、ケーブル、液晶用の掃除用具、マウスパッドなど関連商品を取り扱うのもおすすめです。

特に消耗品は回転率が高いので大量に売れるかもしれません。

軽量で小型なので送料も安くすみます。

・美容器具を売る
美容器具もターゲットを絞りやすく、年代や肌の悩み別など、ピンポイントで需要のある商品を選ぶとよいでしょう。

新製品が出るサイクルも早いので新品同様の中古品が出回ることも多く、安く仕入れられる可能性もあります。

美顔器やヘアアイロン、ムダ毛ケア用の電気シェーバーなど、それぞれの特徴を把握し、ターゲットやタイミングを考慮して出品してください。

・家電を購入するタイミング
生活用品は壊れたり古くなったりしたタイミングのほか、引っ越しシーズンやボーナス時期、年末年始やクリスマスが需要の多いタイミングです。

・保証書のついたものを売る
家電などの電化製品は、保証書が付いている方が安心して購入できます。

そのため、できるだけ保証書のついたものを売るようにしましょう。

ホビー商品を売るコツ

・専門知識をつける
マニアやコレクター向けのホビー商品は、バージョンが違うだけで価格が異なることもあります。

どのような商品が高値で売れるかを見極められることが利益につながります。

さまざまなグッズを見たり勉強をしたりして専門知識をつけると転売しやすくなるでしょう。

また、箱の有り無し、新品と中古などでは価格に大きく影響する場合があります。

一度空けてしまったものは新品とは言いません。

未開封ではないものを新品として売ってしまうと、クレームがついたり返品されたりすることもあります。

そういった知識も持っていた方がよいでしょう。

・専門の仕入れ先を見つける
レアな商品を扱う場合は、アニメキャラクター専門、アイドルグッズ専門、おもちゃ専門など、専門の仕入れ先を見つけましょう。

フィギュア専門店でも、どの分野に強いのかなどもチェックし、自分の転売したい商品に適したお店やサイトを見つけることが大切です。

・高値を期待するならオークションサイト
商品の価値が分かるお客様であれば高値でも購入します。

高い利益を期待するならオークションサイトがおすすめです。

ただし、オークションサイトでは無在庫転売ができないケースも多いので、規約違反をしないよう注意が必要となります。

マニア向けなどターゲットを絞って転売をするなら、自分でネットショップを開設するのも一つの方法です。

信頼を得ることができれば、リピーターも増えるでしょう。

食品を扱う際の注意点や売るためのコツ

・品質管理が行き届いた仕入れ先を選ぶ
食品は衛生面も含め、賞味期限や味など品質管理が重要です。

無在庫転売では現物を見ずに配送することも多いので、その分品質のよいもの、品質管理が行き届いている仕入れ先を選ぶことが重要となります。

・セット売りがおすすめ
消耗品や日常生活で頻繁に使うものはセットで売るのがおすすめです。

単品で売るよりも、利益が出やすいでしょう。

・便利で役立つ情報満載の商品ページを作成する
食品によっては、健康・美容効果が期待できたりするものがあります。

食材などを取り扱うなら、それを使ったレシピや保存方法など、役に立つ情報を提供するのもおすすめです。

商品ページにそういった便利で役に立つ情報が掲載されていれば、集客につながる可能性もあります。

商品の基本的な情報だけを掲載しているライバルとの差別化を図ってください。

・お酒を売る際には免許が必要
インターネットでお酒を売る際には「通信販売種類小売業免許」が必要です。

メルカリやヤフオクなどにお酒を出品している人もいるため、資格や免許が必要だとは思っていない人も多いでしょう。

確かに、人からもらったけれど飲まないから売る、買ったけれど余ってしまったので売る、といったことであれば違法とは言いません。

しかし、何度も継続してお酒を売っている場合は、違法になる場合があります。

そもそも無在庫転売でお酒を扱う場合は、免許を取得しなければ違法となる可能性が高いです。

お酒を取り扱う場合は、免許を取得しておきましょう。

無在庫転売で売れない、失敗した、という場合、何かしら原因があるはずです。

それは商材選びだったり、商品知識のなさだったり、考えられる原因はさまざまあります。

自分の売り方を見直し、売れない原因を見つけ、改善していきましょう。