無在庫転売は詐欺や法律で違反なのか!?知っておくべき注意点とは

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
無在庫転売は詐欺や法律で違反なのか?わからない
という方のために、無在庫転売についての正しい知識と注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 無在庫転売が詐欺や法律で違反なのかを知ることができる
  2. 無在庫転売での注意点を知り、安心して転売をすることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、無在庫転売で詐欺と言われないための注意点について解説をしていきます。

無在庫転売は詐欺や違法ではなく法律で禁止されていない

無在庫転売とは、商品の注文を受けてから仕入れをして注文者に届ける販売方法のことをいいます。

無在庫転売は初期投資がほとんどなく、在庫を抱えるリスクがないなどメリットが多いことから、販売をして利益を得たいと考える人にとって始めやすい方法です。

しかし、在庫を確保しないまま転売するのは詐欺ではないのか?違法ではないのか?と不安に思うこともあるかもしれません。

結論からお伝えをしますと、無在庫転売は詐欺でも違法でもありません。

在庫を仕入れないという無在庫という言葉を聞いて、十分な知識がない方がインターネット上で詐欺や違法と情報を記載していますが、それは間違いになります。

違法ではありませんが、注意しないといけない点もあります。

無在庫転売を含んだ販売で違法となるケース

無在庫転売は違法ではありませんが、

  • 在庫を仕入れる有在庫
  • 在庫を仕入れない無在庫

と転売すべてにおける売り方や取り扱う商品によっては違法となるケースもあります。

違法となる可能性のある行為について知っておきましょう。

債務不履行責任

債務不履行は約束をしたのに従わなかった場合、契約解除や損害賠償を請求されることを指します。
購入者に売るという目的で出品し販売したのに、在庫がないからと商品を売れなかった場合、損害賠償を請求される可能性もあるということです。

詐欺罪

仕入れができないとわかっていたり、仕入れが難しいと知っていたりするのに販売をしてしまった場合、詐欺罪に該当する可能性があります。

中古の販売で古物商許可証が必要なもの

無許可で中古品の転売をした場合、違法になる可能性があります。
自分が使用していたものや、知人から譲られたものなどを売る場合は違法にはなりませんが、中古品を売る場合は「古物商許可証」が必要です。

古物には使用するために取引されたものも含まれるため、使用していない新品でも古物として扱われます。
なお、商品そのものだけでなく、部品や商品の一部を売る場合も許可が必要です。

一般酒類小売業免許が必要なお酒の転売

お酒を転売するには「一般酒類小売業免許」を取得しなければいけません。

無許可でお酒を転売するのは酒税法によって禁止されているので、注意してください。

自分で飲むことが目的で購入したお酒が余ってしまった、贈り物だけれど飲まないのでフリマに出した、などといったケースは免許が必要ありません。

ただし、営利目的で継続的に販売していれば、違法になる可能性があります。

ブランド品の偽物などの他人の権利や利益を侵害する商標権侵害の可能性があるもの

偽ブランド品、模造品、レプリカ、類似品、無許可で画像などを使用した商品、他人の名誉を毀損する商品、肖像権を侵害する商品、ブランド品を加工したリメイク品、ブランドの包装紙を模倣したもの、ブランドロゴを使用した商品など。

偽物は「商標法」という法律によって禁止されています。ブランドの商標を侵害したとみなされます。

ロゴやデザイン、名前などを無断で使用するのも違法なので注意が必要です。

企業から賠償金の請求をされるケースもあります。

法律で販売や所持が禁止されているもの

銃や刀剣、麻薬や盗品、医薬成分を含む健康食品、ワシントン条約などにより取引が規制されているものなど

譲渡や転売が禁止されているもの

クレジットカードやキャッシュカード、口座、チケットなど

公序良俗、モラルに関するものや青少年の保護育成上好ましくないもの

盗撮写真やビデオ、犯罪性の高い商品、嫌悪感や不快感を与える商品、アダルトグッズなど

危険物

毒性のあるものや劇薬、爆発する危険性のあるもの、催涙スプレーや武器として使用されるおそれのあるものなど

悪用される可能性があるもの

免許証、パスポート、社員証、制服、パスワード、IDなど

違法ダウンロードを含めた他人の権利や利益を侵害する商標権侵害の可能性があるもの

著作権を侵害するもの(音楽CD、DVD、ゲームソフト、コンピューターソフト、テレビやラジオ番組など)

デジタルコンテンツの販売は違法です。

インターネットに記載されている文章や映像、音楽などのコンテンツをダウンロードし、販売してはいけません。

電子書籍やソフトウェア、映画なども同様で、映画を盗撮して販売するのも違法です。

さらにコンテンツの内容などを変更し販売すれば、著作権侵害となる可能性もあります。

チケットの転売

コンサートやイベントに行くつもりで購入したチケットを、定価よりも安い価格で売るのは違法行為ではありませんが、転売目的や営利目的で購入したチケットを売るのは違法です。

また、定価よりも高額で売るのも違法となります。

無在庫転売を規約で禁止しているプラットフォームがある

無在庫転売は法律違反ではありませんが、販売先のプラットフォームで規約で禁止しているものがあります。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ・ヤフオクや海外販売であればebay。

よくebayは無在庫は問題ないと情報を発信をしてる方がいますが、規約では禁止になります。

ebay公式サイトからの引用

無在庫販売についてはプラットフォームがそれぞれ規約にどのように記載しているのか、また運営が判断していると考えてもらったら良いです。

例えば

  • 規約で無在庫を許可している
  • 規約で無在庫を条件付きで許可している
  • 規約で無在庫を許可していない

といったことになります。

情報発信をしている方の情報で判断をするのでなく、規約を自分で確認して判断しましょう。

無在庫転売を悪用した詐欺について

無在庫販売は法律で違法ではなく、商品を取り寄せをして販売をする方法であり商品のお届けまでに時間がかかります。

その方法を悪用して商品を送らずに詐欺をする方もゼロではありません。

これは有在庫販売でも在庫がありますとネット上で謳っておき、商品を送らないことと同じですが、無在庫転売はお客様に商品をお届けするまでに時間がかかりますので、お客様を不安にさせないようにしっかりと連絡をするようにしましょう。

無在庫転売での注意点と対策

無在庫転売では商品を取り寄せて販売をするので、正しい知識をなく始めるとトラブルを起こしてしまうこともあります。

トラブルを起こすと、アカウント停止になりプラットフォームを利用できなくなったりすることもあります。

そうならないためにも、無在庫転売を行う際には注意が必要です。

安心して無在庫転売をするために、知っておくべきポイントをお伝えします。

在庫切れをツールで対策

無在庫転売ではお客様から注文を受けてから商品をお届けするので、注文を受けた商品の在庫を仕入れようとしても在庫がなくなってしまう可能性もゼロではありません。

無在庫販売はニッチな商品やレア商品は高単価になりやすく、そのような商品を扱うこともあり、単品でも利益が出やすいですが、在庫の確保が難しいことがあります。

このように在庫の数が限られている商品を無在庫販売で販売をする場合は、在庫管理ツールが必須になってきますので在庫管理ツールを使用しましょう。

在庫管理ツールを使用することで、受注をしても在庫がなかったり、タイミングが悪く仕入れができないということを防ぐことができます。

またに無在庫転売に慣れないうちは、複数のサイトに仕入れ先があるなど、在庫の確保がしやすいものを選んだ方が安全です。

偽物の仕入れに注意する

無在庫販売では注文を受けたあとに商品を仕入れをします。

注文を受けた後に仕入れ先を決めることができるので、仕入れ値が安いショップから仕入れをすることができますが、偽物を販売しているショップもあります。

極端に価格が安いショップやデザインが雑、ドメインが最近のもの、など偽物を販売しているサイトを見分ける方法はありますが、初めて物販を始めた方にはサイトの見分けはわからないと思います。

ネットショップの見分け方については、また別のページで説明をしますが最初は公式ショップや大手のモールから購入をするなどで実施しましょう。

特にブランド品を扱う際には注意しましょう。

ハンドリングタイム・リードタイムの納期に注意する

注文してから商品を仕入れ発送をするまでのハンドリングタイムと、お客様に商品をお届けするまでのリードタイムが通常より長くなります。

商品ページにお届けまでのハンドリングタイムとリードタイムについて記載をしておくことと、注文を受けたらメッセージでいつ発送をするのか、お届けがいつになるかを連絡をしましょう。

そうすることでお客様を不安にさせることなく、商品のお届けまでの取引をすることができます。

途中でのキャンセルなどの可能性も減らすことができます。

プラットフォームでは商品のお届けまでの期間を守れたかの評価もありますので、この評価基準を維持できるようにしましょう。

無在庫転売は詐欺や法律で違反なのかのまとめ

まず無在庫転売は詐欺ではなく、法律で違反ではありません。

法律については無在庫販売だからではなく、転売全体と同じ内容になります。

またプラットフォームによって、

  • 無在庫が可能なサイト
  • 条件で許可しているサイト
  • 禁止されているサイト

があります。

規約は常に変わるので、情報発信者がこのサイトは無在庫可能と言っていた、禁止といっていたと言うのでなく、自分で販売先の規約を自分で確認しましょう。

また販売サイトを確認してもらえばわかりますが、禁止しているプラットフォームでも無在庫で販売をしている方はいますので、自分もするのかしないのかは、自身の判断になります。

逆に規約で禁止されている中で、評価が高いセラーがいるのはなぜか?ということも考えるのも1つになります。