paypayフリマで無在庫転売は禁止!?規約や注意事項を解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
paypayフリマで無在庫転売ができるかどうかについて知りたい
という方のために、paypayフリマでの無在庫転売の扱いについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. paypayフリマで無在庫転売が規約違反になるのかどうかを知ることができる
  2. paypayフリマの無在庫転売が違法なのかどうかがわかる
  3. paypayフリマで無在庫転売とみなされた場合のペナルティを知ることができる
  4. paypayフリマで無在庫転売をしてアカウント停止となるケースについて知ることできる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではpaypayフリマにおける無在庫転売について解説をしていきます。

paypayフリマでの無在庫転売は法律の違反ではない

最初から結論ですが無在庫転売そのものは法律違反には当たりません。

現物が手元にない・現物の所有者が自分ではない等の場合でも、それだけで違法とはなりません。

不動産売買などは所有者とは別の業者(不動産会社)が間に入って売買取引をするのが一般的とされています。

また、家を建てるときなども現物がない状態で、着工前に契約をするケースがほとんどです。

それと同じと考えると、無在庫転売という販売形式そのものに違法性はないといえます。

では無在庫転売が違法となってしまうのはどのような場合なのかというと、

「債務不履行」つまり、売買が成立したにもかかわらず商品を発送できない場合です。

注文があり代金を頂いた後に商品をお届けしないことは違法になります。

paypayフリマでの無在庫転売は規約で禁止

paypayフリマの規約では「商品の現物が手元にない状態で出品すること」は禁止となっています。

なので、無在庫転売・ドロップシッピングなどの販売方法は禁止されているということです。

なのでpaypayフリマで商品を販売したい方は無在庫ではなく、商品を仕入れた状態で出品するという通常の販売形式をとるのが望ましいです。

paypayフリマでの無在庫転売をするのは自己責任

paypayフリマでは無在庫転売をするのは規約で禁止されています。

なのでもし、無在庫転売をするのであれば自己責任でしましょう。

推奨をする訳ではありませんが、販売者が有在庫販売なのか無在庫販売を判断をするには、実施に在庫の有無を確認することしかできません。

なので、無在庫転売をするのであれば、

・商品説明文に注意すること
・商品の在庫切れを防ぐ
・発送を規定の日数内でお届けする
・大量出品をしない
・納品書の処理と商品の箱を無地にする

お客様に迷惑がかからないようにした上で、上記に気をつけましょう。

paypayフリマでの無在庫転売は商品説明注意

当たり前になりますがpaypayフリマでは無在庫転売を禁止していますので、「お取り寄せ」といった言葉を商品説明に記載をしないにしましょう。

記載するのであれば「仕事の関係で発送はOO日になります。」など工夫をして商品説明を記載しましょう。

paypayフリマでの無在庫転売は在庫切れを防ぐ

前者については、商品説明に注文後の仕入れであることを示す文言がある、取引後に在庫切れだった場合の説明があるなどといったことが挙げられます。
これはトラブルが起きたり通報があったりする場合でなくとも、ショップのプロフィールや出品情報から判断されてしまいます。
逆に言えば、無在庫転売をほのめかすような情報を避けていれば、こういった判断をされることはないといえるでしょう。

paypayフリマでの無在庫転売は在庫切れを防ぐ

無在庫販売では在庫を仕入れず販売をしますので、商品が売れた後に在庫がないという状況を防ぐことが必要です。

仕入れ元の在庫のチェックを定期的にすること。

またツールなどで在庫状況を常に監視をして、更新をする仕組みを持った上でする必要があります。

paypayフリマでは発送を規定の日数内でお届けする

無在庫転売は、仕入れと売買の順序が逆転したものと考えれば、ものを仕入れて売るということにはかわりありません。
在庫を持たずに販売していることをほのめかす文言や実績(お客様からのクレーム)がなければ、運営側からもこれ以上の判断はできないことになります。

注文を受けた品物を、責任をもって購入者のもとに届けるということを徹底していれば起きない問題であるともいえるでしょう。
そのように考えれば、無在庫転売と言っても通常の販売方法の心構えと何ら変わるところはありません。

paypayフリマでは大量出品をしない

しかし、paypayフリマで一度に大量出品すると、規制がかかってしまう可能性が大きくなります。

例えば、ヤフーショッピングなどでは業者の利用が許可されています。
それに対して、paypayフリマでは利用できるのは個人のみです。
そのため、一度に大量の商品を出品すると、転売業者とみなされてしまう危険性があります。

paypayフリマをはじめとした多くのフリマアプリでは、一度に出品可能な商品数は、大体20商品程度といわれています。
その数を大きく超えて出品があると、業者利用やツール使用を疑われてペナルティを受けてしまうかもしれません。
数をたくさん売って利益を上げていきたいなら、paypayフリマではなくヤフーショッピングのほうが適しているといえます。

paypayフリマで無在庫転売をして利益を上げたい場合は、利益率のよい商品を厳選して、こつこつと売り上げをのばしていくしかありません。
ここは、販売者のリサーチ力とセンスが問われるところといえるでしょう。

paypayフリマでは納品書の処理と商品の箱を無地にする

一方後者は、商品が届いたら箱がAmazonのものだった、納品書の氏名が販売者とちがっていたなど、商品到着後に転売とわかるケースです。
取引後にトラブルに発展したり、不信感を抱かれ商品がキャンセルになってしまったりする場合もあります。
また、せっかく注文が入ったのに仕入れ先で売り切れてしまい商品が送れない、ということも無在庫販売ならではのトラブルです。

これらは、仕入れ先から直送ではなく一旦自宅に配送してから梱包し直して購入者に送付する、在庫切れが起きにくい仕入れ先を選ぶことで、回避することができます。
それでも在庫が切れてしまった場合は、個別に連絡をしてすみやかに対処するように心がけてください。
大切なのは、あくまで「在庫切れが起きる前提」で商品ページを作っておかないことです。
在庫切れはイレギュラーであり、起きてしまった場合はできるだけ誠実な対応をすることがショップの信用を落とさないポイントとなります。

paypayフリマで無在庫転売のペナルティとは

万が一、paypayフリマ運営から無在庫転売と判断されてしまったとき、どのようなペナルティが課されるのでしょうか。
順番に説明していきます。

paypayフリマで無在庫転売がバレるとどうなる?

まず、paypayフリマで無在庫転売をしていることがわかると、これは規約違反とみなされてしまいます。
その場合、利用停止や出品制限がかかってしまうことがあります。
一時的にアカウントの利用ができなくなったり、出品しているものについて取引ができないように制限がかかってしまったりということです。

paypayフリマで利用停止となってしまった場合、規約によれば、以下のことができなくなってしまいます。

・商品の出品、購入
・取引画面の閲覧、操作(配送コードの発行、発送連絡、受取評価、取引メッセージの送信、取引のキャンセル)
・いいね!の追加
・出品者への質問
・価格の相談

また、取引途中の商品についてもストップしてしまうため、返金申請に応じるなどの手続きが必要となります。
取引途中でのストップは購入者にも迷惑がかかり、ショップの評価そのものにも響いてきてしまいます。
こういった事態はできるだけ避けるように気を付けてください。

paypayフリマでの無在庫転売でペナルティを受けないための方法

paypayフリマで無在庫転売をしてペナルティをうけることがないようにするには、規約違反とみなされるような行為をしないことが重要です。

常識的な範疇で節度を守って正しく利用することに加え、無在庫転売であることが疑われるような行為をしないようにしましょう。
具体的には、無在庫を匂わせる文言を入れない、無在庫である前提のルールを書かない、仕入れ先から直送しない、一度に大量の出品をしない、などです。
「paypayフリマで無在庫転売をする方法はある?」で述べた注意点を守ることが、安全な取引につながります。

無在庫転売ということが疑われれば、即規約違反認定からのペナルティにつながると考えて、慎重に取引するようにしましょう。

paypayフリマで無在庫販売でアカウントの停止?

paypayフリマで無在庫転売がバレてしまった場合のペナルティについ述べましたが、最悪の場合はアカウント停止ということもありえるのでしょうか。
また、アカウント停止になるとどうなるのかについても解説します。

paypayフリマで無在庫転売がわかるとアカウント停止などのペナルティがある

paypayフリマの運営に無在庫転売が疑われたり、はっきりと規約違反であると判断されたりすると、アカウント停止となってしまうことがあります。

paypayフリマでアカウント停止処分になってしまうと、当然出品したすべての商品が公開されません。

また、アカウント停止となったからといって、メールアドレス等の情報を偽って何度もアカウントを作成したりすると、ただの規約違反ではなくなる可能性もあります。
上でも少し述べたように、偽計業務妨害罪や不正アクセス防止法違反に問われてしまうケースもあります。

いずれにせよ、一度失った信用はなかなか取り戻すのが難しいものです。
そのような事態を招かないように、しっかりと対策しておくようにしましょう。