無在庫転売はヤフオクでできる!?規約と禁止事項はこれでOK!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ヤフオクの無在庫転売に関する規約について知りたい
という方のために、ヤフオクの無在庫転売に関する規約について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ヤフオクの無在庫転売に関する規約を知ることができる
  2. ヤフオクの禁止事項について知ることができる
  3. ヤフオクで規約違反をした際のペナルティを知ることができる
  4. ヤフオクで無在庫転売をする際の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ヤフオクの無在庫転売について解説をしていきます。

無在庫販売は法律の違反なのか?

無在庫転売は違法ではない

無在庫という言葉を聞くだけで違反と反応をする方もいますが、無在庫転売は法律で違法ではありません。

無在庫転売は受注販売や予約販売などの形式が多く、商品の取り寄せ販売です。

昔から現在まである販売方法であり、多くの企業が取り入れています。

無在庫転売をしたからといって、罰則や罰金などが科せられることはありません。

無在庫販売での注意点

無在庫転売は法律違反にはなりませんが、商品を取り寄せ式の販売方法なので方法を理解しておかないと、商品のお届けが遅くなってしまったり、取り寄せる予定だった在庫がなくなってしまう。

ということもあります。

法律で違反でなくともお客様に迷惑を掛けてはいけませんので、無在庫販売での注意点を理解して実施しましょう。

違法になる販売方法とは

無在庫・有在庫に問わず、ブランドののコピー品や模造品などを出品は違法になります。

また偽物を本物として売れば詐欺罪などの罪に問われる可能性もあります。

また、許可を取らずに中古品やお酒などを転売したり、利益目的でチケットを転売したりするのも違法です。

さらに、取り扱いが禁止されている銃や刀、動植物などを売ることもできません。

無在庫転売は規約で禁止?

ヤフオクでは無在庫転売は禁止

ヤフオクの規約である”ヤフオク!ガイドライン”には下記のように記載されています。

第1編 ヤフオク!ガイドライン細則

A.出品者の禁止行為

商品の現物が手元にない状態で出品すること

現物が手元にないとは
メーカーなどから直送されるもの落札後に発注するもの取り寄せが必要なもの、商品入荷後に落札者に発送するものなど、在庫がない状態での出品と当社が判断するもの
・商品代金が未払いのもの、入札前に在庫確認を求めるもの、落札後に在庫切れだった場合の条件があるなど、商品の現物が手元にないことを示唆するものも含みます

※なお、以下のすべてを満たす券面を出品する場合および当社が特に認めた場合においてはこの限りではありません。
・メーカーや正規販売店など、引換対象物・役務の提供主体が発行した券面であること
・提示することによって引換対象物・役務を確実に確保できる状態にあることを示す券面であること
・引換対象物・役務の代金を支払い済みであること

ヤフオクのガイドライン細則において、出品者の禁止行為の中で、商品の現物が手元にない状態で出品することは禁止となっています。

メーカーなどから直送することや商品を落札してから発注すること、取り寄せが必要な商品、入荷してから発送すること、在庫がない状態のまま出品することなどを禁止しています。

さらに未払いの商品を出品することや、入札の前に在庫確認を求めるもの、落札した後に在庫切れの可能性があるなどの条件をつけているものに関しても禁止です。

そのタ

出品での禁止行為

ヤフオクのガイドラインでは、手元に商品がないものの出品を禁止するほか、出品者の禁止行為として、次のような行為も禁止しています。

・販売する意思がないのに出品する行為
「この商品がどれくらいの金額がつくのか知りたい」というだけで出品するのは禁止です。
在庫が手元にない状態で出品する無在庫転売は、販売する意思がないとみなされてしまう可能性もあるので注意が必要となります。

・同じような商品を1日に2オークションIDで出品する行為
第三者から指摘されたものだけでなく、規格や種類、性質などが同じだと判断された場合は禁止行為とみなされます。
ヤフオクではIDアカウントを複数持つことが可能です。
ただし、利用方法によっては違反となるので注意しましょう。

・設定販売数と実際の取引数が異なる取引
商品ページには個数を1としておきながら「在庫があるので複数購入できます」など、数を増やして落札できるようにすることも禁止となっています。

・商品説明が不十分
商品の状態について、傷や汚れがあるのにそれを記載しなかったり詳細は別にご連絡しますなど、商品についての説明を記載しなかったりする行為は違反です。
「おまけ」や「福袋」なども禁止なので注意しましょう。

・自動的に出品するツールの使用
大量に出品する場合などに便利なツールですが、ヤフオクで認めていないツールの使用は禁止されています。

・発送元の地域を設定しない
海外から発送する場合、商品説明には発送する国や地域を明記することが決められています。

このように、ヤフオクにはガイドラインによって出品者の違反行為を挙げています。

他にもいろいろなルールがあるので出品前に確認するようにしてください。

無在庫転売を疑われていなくても、違反行為をすればチェックされることもあります。

その結果、無在庫転売を行っていることがわかってしまうかもしれません。

違反行為はしないよう、注意して出品するようにしましょう。

無在庫転売のペナルティとは

無在庫転売を規約で禁止している以上、発覚した場合はペナルティを受ける可能性があります。

ヤフオクで無在庫転売をした場合、出品制限、利用停止、登録削除といったペナルティのリスクがあることを理解しましょう。

それぞれどのようなペナルティなのか、解説します。

出品制限

出品中のオークションが取り消しになるペナルティです。

出品機能や再出品機能も利用できなくなります。

Yahoo!JAPAN IDでログインすると、評価に「出品制限中」と表示され、機能が利用できない状態になります。

出品制限中であることはほかの利用者にはわからず、取引中のオークションは継続可能です。

出品制限中はヤフオクの機能がすべて利用できないわけではなく、入札、評価、取引ナビの利用、出品者への質問などは利用することができます。

利用停止

利用停止のペナルティを受けると出品中のオークションが取り消されるほか、出品や入札、取引相手への評価、取引ナビの投稿や閲覧、連絡掲示板へ投稿、落札者の削除、ウォッチリストへの追加、出品者への質問といった機能が利用できなくなります。

連絡掲示板に関しては、閲覧のみ可能です。

出品制限よりも利用できる機能が少なくなり、より厳しいペナルティとなります。

登録削除

出品制限や利用停止より、さらに厳しいペナルティがYahoo!JAPAN IDの登録削除です。

Yahoo!JAPAN IDの登録が削除されると、本来ログインをして利用する機能がすべて使えなくなります。

評価が「登録削除済み」となり、再登録や利用再開ができなくなります。

無在庫転売でアカウントの停止?

プラットフォームによって無在庫転売を禁止している場合、アカウントの停止処分をされるケースがあります。

ヤフオクでも登録削除はアカウントの停止処分を意味します。

アカウント停止は重いペナルティ

ヤフオクでは規約違反をすると出品制限、利用停止になる可能性がありますが、悪質だと判断された場合はYahoo!JAPAN IDの登録削除(アカウントの停止)といった重いペナルティが科せられる可能性があります。

どの程度の違反なのかによってペナルティは異なりますが、それはYahoo!JAPANの判断次第です。

措置が行われると、メールでその旨の連絡が来ます。

取引中に利用停止や登録削除になった場合

取引を行っている間でも、違反が発覚すれば利用停止や登録解除の措置が取られることがあります。

商品を発送する前であれば、発送することなく取引中止です。

落札者が支払いを済ませている場合は、返金申請されることもあります。

商品を発送した後は、自動的に売上金が反映されます。

その際、落札者と連絡を取ることはできません。

アカウント停止の解除は可能?

違反をしたうえで登録削除になってしまうと、ヤフオクの利用ができなくなります。

基本的に同じYahoo!JAPAN IDの再登録や利用再開はできません。

ただし、利用停止や出品制限の場合は、解除の余地が全くないわけではないようです。

解除を申し出たい場合は、「出品制限・利用停止の解除依頼フォーム」から連絡をします。

Yahoo!JAPAN が内容を確認し、解除が妥当だと判断されれば解除してもらうことが可能です。

もし何等かのペナルティを受けて解除を申し出る際には誠意を持って謝罪し、今後は注意をすること、誰にも迷惑をかけないよう出品するという姿勢が伝わる内容にしましょう。

解除ができる場合は、1週間以内に通知メールがきます。

解除ができない場合には返信はきません。

無在庫販売の通報とは

ヤフオクで違反商品や違反行為を見つけた場合は、Yahoo!JAPANに連絡をするよう、ホームページで促しています。

無在庫転売も通報される可能性もゼロではありません。

違反を申告する方法

違反申告の方法は、商品ページにある「違反商品の申告」から、該当する違反内容を選択して送信するだけなので、簡単に違反を通報することが可能です。

または、「ヤフオク!ガイドライン違反申告フォームから、オークションIDと違反理由を入力して送信されることもあります。

通報された場合、Yahoo!JAPANが内容を確認し、出品制限や利用停止、登録削除などの措置が取られる可能性があります。

もし、自分が違反商品の申告を受けたら、ガイドラインを再度チェックし自分の出品しているものが違反しているかどうかを確認しましょう。

違反商品の申告は利用者の判断でできるものです。

Yahoo!JAPANが不適切だと判断しない限り、ペナルティを受けることはありません。

違反していなければそのままで大丈夫ですが、もし不安になった場合は商品説明を書き直したり、その商品を取り消したりするなどといった対応をすることをおすすめします。

その他の注意点と対策

ヤフオクで販売をする上でのその他の注意点について解説をします。

出品禁止物に注意

ヤフオクのガイドラインに記載されている出品禁止物はしっかり目を通すことは必須です。

アダルト商品や偽物のブランド品やレプリカ、無断でコピーをしたCDやDVD、たばこ、医薬品、転売目的のチケットなどは出品が禁止されています。

毒物や劇薬などの危険物はもちろん、危険ドラッグや精力剤、毒性植物など法律で取り扱いが禁止されていなくても人体や生物体への毒性や刺激のために使用される薬物や食品、植物なども出品できません。

ボウガンや催涙スプレー、ヌンチャクなど武器としての目的を持つものも禁止です。

ヤフオクでは個人で輸入した化粧品やコンタクトレンズ、保存期間の短い食品や取り扱いが難しい魚類なども禁止しています。

製品の一部でも象牙が使われているものや、利用制限のかかった携帯電話なども出品することができません。

他にもさまざまな商品が禁止されているので、一通り確認してください。

確認をしたつもりでも、うっかり商品として出してしまうこともあります。

「これなら大丈夫だろう」「これくらいならわからないだろう」といった自己判断は禁物です。

出品をしてペナルティを受ける前に、不安な商品は出品を避けた方がよいでしょう。

違反申告の連絡が来たらすぐ対応

違反申告は利用者が連絡できるものです。

もし違反申告の連絡がきたら、すぐに出品を取り消した方がよいでしょう。

Yahoo!JaAPANに調べられると、無在庫転売をしていることが発覚してしまう可能性が高いです。

調べられる前に商品を取り下げた方が、アカウント停止などのペナルティを避けられる可能性があります。

最初から高額商品ばかり出さない

高額商品は高単価で高い利益が期待できますが、高額商品ばかり出品しているとチェックの対象になる可能性があります。

ヤフオクでの高額商品の取引はトラブルも多いため、チェックされやすいようです。

まだヤフオクでの取引の実績がない状態での高額商品の出品は特に注意が必要となります。

ヤフオクでの取引実績がない場合、規約などを把握しきれていないこともあり、トラブルに巻き込まれやすくなります。

トラブルとなりやすいことの一つは、商品に問題がある場合です。

商品説明が不足していて誤解を招いたり、傷や汚れがあったのにそれを情報として伝えてなかったりすると、商品が高額なだけにクレームになりやすくなります。

ブランド物は高額商品になりやすいですが、中には偽物やレプリカなどを出品する悪質な利用者もいます。

そのため、返品や返金などのトラブルになる可能性が高いです。

トラブルの原因は出品者だけではありません。

出品者が傷や汚れなどの状態についてもきちんと記載していても、それをよく確認せずに落札し、後でクレームをつけてくるケースなどもあります。

高いお金を出して購入するという意識も、トラブルにつながりやすい要因です。

トラブルを繰り返していると印象も悪くなり、ヤフオクで無在庫転売をしにくくなります。

高額商品を取り扱う際には、嘘の情報はもちろん、商品の状態を正確に、また詳細に記載するようにしましょう。

評価を高めて販売

ヤフオクでは、商品の出品者と落札者が行った取引に関して、お互いを評価するシステムがあります。

5段階評価で、「良い」場合は+1、「悪い」場合は-1をつけるシステムです。

評価には、出品時の評価と落札時の評価があり、出品時の商品ページには2つを合わせた総合評価が示されています。

この評価は件数ではなく人数計算なので、同じ人が評価をつけても数が増えることはありません。

落札者はこの評価の数を参考にする場合が多くあります。

評価の数はそのまま信頼度につながるからです。

評価数が多ければ安心して落札することができますが、逆に少ないと不安になってしまうかもしれません。

新規の出品者よりも実績があり、よい評価数が多い出品者を選ぶのが普通です。

反対に評価数が少ない、悪い評価が多い利用者は、トラブルを引き起こす可能性が高いと見られ、落札者だけでなくYahoo!JAPAN側のチェック対象となる場合もあります。

ヤフオクをスムーズに利用するためには、よい評価数を増やすことです。
そのためには、正確で詳細な情報提供、誠意を持った対応、迅速な対応、ていねいな梱包など細かい点にまで気を配るなどといったことを守るようにしましょう。

大量出品は実績がついてから

ヤフオクでの実績がなく評価数も少ない状態で大量出品をしても、信頼が足りずに利用されないことがあります。

実績がなく、よい評価もない状態での大量出品は避けた方がよいでしょう。

また、大量出品はヤフオク側にチェックされやすいので注意が必要です。

ヤフオクでの実績がなく売れるかどうかもわからないのに、何故そこまで在庫が仕入れてあるのか?と無在庫転売を疑われる可能性もあります。

仕入れ先からの直送には配慮が必要

ヤフオクでの商品の直送は禁止されていますので、実施する場合は自己責任になります。

直送については、仕入れ先から早く納品できますが、その場合は商品の箱に配慮が必要となります。

箱にAmazonや他のサイトの名前が記載されていると、無在庫転売の可能性を疑われてしまいます。

また直送の場合は、商品や梱包の状態を自分でチェックすることもできませんので、直送しても問題がない仕入れ先を選ぶことが必要です。

商品説明の記載に注意

ヤフオクの商品説明には商品の状態や納期などを記載することができます。

商品の状態を良い方が、納期が早い方がよく売れますが、商品内容と解離してしまう場合はクレームになってしまうことがあります。

商品説明の記載には注意しましょう。

在庫切れしにくい商品を出品

ヤフオクでは在庫が確保できていない商品を販売を禁止しています。

そのようなことがないよう、出品をした商品の在庫が切れないようにしておきましょう。

まとめ

無在庫販売は法律で違反ではありませんが、ヤフオクでは規約で禁止をしています。

まずはヤフオクのガイドラインを確認しましょう。

その上でヤフオクの規約を理解した上で、販売ををしていきましょう。

また販売をする上で大事なことは、落札者の方に迷惑をかけないことです。

商品を販売する際には注意を払い実施していきましょう。