無在庫転売はヤフオクで禁止!?無在庫転売する方法や注意点のまとめ

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ヤフオクでの無在庫転売について知りたい
という方のために、ヤフオクで無在庫転売するメリットやその方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ヤフオクで無在庫転売をする方法がわかる
  2. ヤフオクで無在庫転売のリサーチ方法を知ることができる
  3. ヤフオクを使って外注で利益を出す方法を知ることができる
  4. ヤフオクで無在庫転売の評価を集める理由とその方法を知ることができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではヤフオクでの無在庫転売について解説をしていきます。

 

ヤフオクで無在庫転売をする方法とは

オークションサイトがここまで普及したのはヤフオクの影響が大きいといえます。
ヤフオク!はYahoo! JAPANが提供するインターネットオークションサービスです。
一昔前であればオークションといえばお金持ち、資産家が参加するようなイメージがありましたが、ヤフオクは1998年にアメリカで拡張サービスとしてスタートし、インターネットの普及とともに個人でも簡単にオークションに参加できるプラットフォームとして一般化しました。

ヤフオクで無在庫転売ってできるの?

インターネットの発達の中でインターネットショッピングの市場規模も年々拡大しています。
また物流網も広がって自宅にいながら数日で気に入った商品を手に入れることが可能となっており、そんななかで生まれた物販ビジネスが無在庫転売です。

無在庫転売はその名前からわかるように、在庫を持たずに商品を販売する手法。
仕入れ先の商品を仕入れずに出品して、お客様から注文があったら仕入れるという物販手法です。
例えば、Amazonで販売されている商品をヤフオクで出品、ヤフオクで落札されたらAmazonからお客様に商品を発送します。
ここで利益が出るポイントがプラットフォームごとの価格差です。
Amazonで仕入れた価格よりも高く出品して落札されれば、その差額が利益になります。

どうしてヤフオクが儲かるの?

ECサイトごとの価格差を利用するのであれば、他のサイトでも価格差があれば無在庫転売することができます。
ヤフオクが無在庫転売でよく利用されている理由の一つがユーザー数の多さです。
メールや天気などさまざまなサービスを提供しているyahoo!JAPANは利用者数も多く、検索サイトとしても一定のシェアを誇ります。
顧客をヤフオクに誘導するため、yahoo!で検索するとヤフオクでの検索結果も表示されます。

ヤフオクのシステムの優秀さも、選ばれる理由の一つです。
ヤフオクは落札者への入金スピードが速く、平日の午後1時までに振込依頼をすれば、翌営業日には振り込まれます。
無在庫転売は仕入れと出品を繰り返すため、キャッシュフローが重要です。
資金をため込むことがないヤフオクであれば、初期資金が少なくても無在庫転売しやすいでしょう。

また、ヤフオクはメルカリなどと違って業者が利用することもできるため、大量出品も可能です。
1アカウントで3,000出品までおこなうことができます。
無在庫転売は在庫を持たないため、バリエーションも広く、数多くの商品を扱えるのがメリット。
無在庫転売のメリットを生かすのであれば、大量出品が可能なプラットフォームが必須です。

ヤフオクで無在庫転売のリサーチ方法とは

一般的な物販でも無在庫転売でも、大切なのは何を売るかです。
せっかく出品しても需要がなければ売れません。
何を売るか考えるときに大切なのがリサーチです。
需要があり、さらに利益を見込める商品は限られています。
では、無在庫転売をする人はどのようにしてリサーチしているのでしょうか。

波を読む相乗りリサーチ

初心者で何を売るか検討中の人は、まずどのような商品が売れているのかランキングを見てみましょう。
例えばアパレルアイテムや家電など、気になっているカテゴリでどのようなものが売れるのかを調べます。

Amazonや楽天などでランキングをチェックしてみてください。
中にはAmazonなどでヤフオクよりも安値で取引されているものも少なくありません。
このように価格差がある商品は転売で利益を出すことができる商品です。

ヤフオクの場合は終了したオークションでも売れてから120日以内であればデータの検索が可能。
「終了したオークション」をクリックして過去の取引を見てみましょう。
なんとなく見ているだけでも売れ筋や高値になっている商品が目に付くはずです。
このように過去の取引を見ることで、ある程度売れ筋や動向をつかむことができます。
売れ筋の商品を売っている出品者を見たら、その人の出品数や落札された商品数をチェックしてみてください。
成約率が高い出品者はそれだけ的確な商品リサーチをおこなっていることがわかります。
このような優秀な出品者と相乗りすることも立派なテクニックです。

ただし、何度も売れている、ランキングに入っているという事実はライバルが多いことを示しています。
無在庫転売は在庫を持つ転売よりも発送が遅れやすく、同じ条件で競争すると不利になるかもしれません。
売れ筋の動向を読むのであれば、ライバルが少ないカテゴリを探すか、もしくは売れ筋から少しはずしたものを取り扱うのがおすすめです。
家電であれば売れ筋商品の周辺機器、スマートフォンであればスマートフォンのフィルムなど少しはずしたもので、需要はあるけれどランキング上位には入らないアイテムを狙うという戦略も検討してみてください。

新しい市場を開拓するリサーチ

できるだけ利益が取れる無在庫転売を目指すなら、新しいフィールドで商品を選定しましょう。
もちろん、いきなりヒット商品を自力で見つけるのは困難です。
ライバルが少ないということは商品に需要がないか、売れる可能性はあっても気づいている人が少ないか、という両方の可能性があります。
目指すのはまだライバルが気づいていない売れ筋商品を見つけることです。
初めのうちは売れる商品を見分けることが得意な出品者を探しましょう。
センスの良い出品者を見つけて模倣するところからコツをつかんでください。

商品リサーチツールを使ってみる

売れ筋の商品をチェックして、プラットフォームごとに価格差があり、かつ儲かる商品を探すのは時間がかかるものです。
商品ひとつひとつをチェックしているとパソコンにずっと張り付いていることになってしまいます。
時間が無くてなかなか商品リサーチができないという人におすすめなのが、商品リサーチツールです。

オークファンプロなどの商品リサーチツールを使うと、簡単にカテゴリ別の売り上げランキングや分析機能で稼ぎやすい商品を見つけることができます。
多くの商品リサーチツールは有料ですが、無在庫転売を続けて行くのであれば作業の効率化のためにも導入を検討してみてください。

ヤフオクで無在庫転売を外注するには

ヤフオクでの無在庫転売は出品して仕入れて取引するという流れでおこなうため、薄利でも取引を積み重ねればコツをつかめるでしょう。
しかし、出品数を増やして取引や売り上げが大きくなればなるほど必要な手続きや作業は増えます。
売り上げがアップしても対応する時間が取れないという人もいるかもしれません。
そんな人に考えていただきたいのが無在庫転売の外注化です。
では、どのようにして外注化すればよいのでしょうか。

無在庫転売の外注化ってなに?

無在庫転売初心者の人の中には、外注化と聞いてもピンとこない人もいるでしょう。
外注化とは、今自分でおこなっている作業を、報酬を支払って他の人に代行してもらうことを言います。
簡単に言えば、人を雇って代わりに出品や発送の作業をしてもらうということです。

外注化するメリットとは

外注化というと、そこまでしなくても稼げるのに、人を使うのは不安という声も聞かれます。
しかし、安定した利益を上げ続けるためには外注化も必要です。
無在庫転売を一人でスタートした場合、抱えている作業はリサーチから出品や発送、顧客対応など数多くあります。

売り上げを倍にしようとすれば、当然作業の量も倍です。
しかし、一人で仕事を抱えていて倍の作業をこなそうとしても限界があり、このような労働集約的なビジネスはいずれ労働力の限界が訪れます。
しかし外注化をすれば、利益を上げつつも必要な作業にだけ力を注ぐことができるでしょう。
無在庫転売は構造的に取扱商品を多く、規模を大きくするのと比例して、収益を伸ばしやすくなります。
そのため一人ですべての作業を背負うよりも、仕組みを作って人を雇う方が儲かりやすくなります。

外注化するために必要なこと

外注化するためには、外注のための人を雇わなければいけません。
例えば、クラウドワーカーとマッチングしてくれるサービスを利用すれば、必要な時に必要なだけの人材を確保することができます。
ネットショップ関連の仕事は自宅でできるため、応募する人も多い人気の仕事です。
実際にどのような募集があるか調べると、報酬などをリサーチすることもできます。

募集をかけて応募が来たら、順次採用して仕事を依頼します。
まずは全員採用して、トライアルしてみてもいいかもしれません。
条件などが折り合わない場合は、採用前に断ることもできます。

採用者が決まったら、作業指示をおこない商品の発送までの一連の作業を依頼してみましょう。
これらのやり取りはメールやチャットでおこないます。
規模が大きい場合は出品作業だけなど、依頼を細分化して誰にでもできるように分散させることも検討してください。

外注化がマネジメントの経験に

無在庫転売を外注すること自体は難しくありません。
しかし、生身の人を使う、仕事を依頼するということには苦労もあるかもしれません。
どのように依頼したら伝わりやすいのか、相手のモチベーションを高めるためにはどうすればいいのかなど、学ばなければいけないことはたくさんあります。

人に仕事を任せてアウトプットを安定させるというのは、多くの管理職に必要なマネジメントスキルです。
このように人に仕事を外注することで身についたマネジメントスキルは、他の仕事でも役立てることができるでしょう。

ヤフオクでの無在庫転売における返金の対処

無在庫転売は一般的な物販と比較してトラブルが起きやすくなります。
無在庫転売で失敗しないためには、あらかじめトラブルへの対処法を考えておきましょう。

支払い前に取引中止になってしまったら…

ヤフオクは1対1の取引です。
自分の都合、もしくはお客様の都合で取引が中止になってしまうことは珍しくありません。
例えば間違って入札してしまったというお客様もいるでしょう。

そのような場合、支払いをしているかどうかによって処理が変わります。
取引がキャンセルになった場合、多くは取引メッセージなどで連絡が来ます。
出品者側は落札者の削除をおこなうことで取引中止(キャンセル)することが可能です。
ただし、オークション終了日から14日経過すると削除できません。
さらに利用料が確定してから落札者を削除しても利用料はかかります。

落札者を削除するときには「落札者の都合」もしくは「出品者の都合」を選択します。
システム上、選んだ側に「非常に悪い」の評価がついてしまいますので、その点についても必ず合意したうえで削除するようにしてください。

支払いした後に取引中止となった場合は?

商品の支払いがあった後で、商品をまだ発送していない段階での取引中止の場合も、取引ナビから操作が可能です。
「取引を中止する」というリンクを操作することで返金することができ、キャンセルが正常に実行できたかどうかは、売上金管理ページから確認できます。
該当する取引に「キャンセル」と表示されているかどうか確認しましょう。

商品発送後のキャンセルはどうする?

商品を発送してしまったのに取引が中止になった場合は、取引ナビからキャンセルすることはできません。
この場合は、お客様との間で振込先の金融機関口座を知らせるなど返金方法を相談して、返金の手続きを取ることになります。
返品する商品をどのように送るか、送料の負担などを話し合うようにしてください。
商品送付後に取引中止となるケースの多くは、届いた商品の間違いや不良品などです。
この場合、お客様との取引で返金となるとやり取りや手続きの手間、手数料などのコストがかかってしまいます。
商品について特記事項がある場合はわかりやすく明示したり、品質に不安がある商品は自分で検品、梱包したりするなど取引中止にならないように対策しておきましょう。

取引中止でも利用料がかかる!

ヤフオクでは出品した商品が落札されると落札システム利用料がかかります。
これは落札単位で、取引ごとの落札額に応じて計算されます。
落札システム手数料はヤフープレミアム会員で8.8%(税込)、ヤフープレミアム会員登録がないと10%(税込)。
加えて入札があったオークションを取り消すと、出品取り消しシステム利用料が1出品当たり550円(税込)です。

落札システム利用料は実際にどのような取引がおこなわれたかではなく、出品したオークションが落札され、落札者がいるということをよって発生します。
そのため利用料が確定してから取引を中止しても、利用料はかかってしまいます。
利用料は落札価格に応じて計算されるため、高額の商品だと利用料も高くなる仕組みです。
手間やコストをかけないためにも、取引中止にならないように注意しましょう。

取引中止にならないためには

取引の中止は手間も時間もかかるため、可能であれば避けたいものです。
取引が中止にならないためにはクレームやトラブルになるような取引は避けましょう。
例えば、仕入れ先は必ず決まった日数で仕入れられる場所を使ってください。
出品した商品が在庫切れになってしまっていたり、急に値上がりしたりすることによってキャンセルしなければならなくなるケースもあります。

また海外のサイトなどを利用する場合は、本当に信頼できるサイトのみを利用することもポイントです。
その国ごとに商慣習や祝日も違うため、商品が届くまでの時間も変わってきます。
取引する前に確認してください。

当たり前ではありますが、商品については嘘をつくことなく、商品についてわかっている情報を記載します。
商品ごとにばらつきがあるなどクレームになりやすい説明不足をなくしましょう。
どうしても発送までに時間がかかってしまうという場合は、それもあらかじめ商品の説明ページに記載しておくようにします。

ヤフオクで無在庫販売の評価について

ヤフオクで無在庫転売を軌道に乗せるために、どうしても必要になるのは資金ではなく評価です。
ヤフオクで評価がどうして大切なのか、評価を集めるためにはどうすればいいのかを紹介します。

ヤフオクの評価ってなに?

ヤフオクを使ったことがある人は知っているでしょうが、ヤフオクは取引した出品者と落札者がお互いに満足度を評価する機能を用意しています。
評価は5段階で、一番良い「非常に良い」で評価ポイントが「+1」、「良い」で「+1」、「どちらでもない」で「0」、「悪い」もしくは「非常に悪い」で「-1」となり、評価ポイントの合計がその人の総合評価です。
落札しようとしている人は商品ページの「落札者情報」から見ることができます。

ただの口コミやレーティングと思うかもしれませんが、ヤフオクではこの評価がショップの指針となります。
例えば全く評価がない状態で無在庫転売として急に大量の商品を出品すると、ヤフオクの事務局からストップがかかる可能性も。
一度アカウント停止や制限になってしまえば、アカウントの取り直しやアカウントの復活にも手間がかかってしまうものです。
まずは実績を積んで評価を集めることをおすすめします。

ヤフオクの評価集めとは

ヤフオクで評価を集めるのは決して難しくありません。
通常のオークションとしての取引をスムーズに重ねれば、おのずと評価も貯まっていきます。

初めのうちはヤフオクの操作に慣れるためにも、家にある不用品を出品してみてください。
洋服類や雑貨、古本など売れるのか不安なものも意外と落札されることがあります。
あくまで評価集めなので、1円スタートで成約数を増やすことを目指しましょう。

また、商品を落札してみることもおすすめです。
ヤフオクでは送料がかからない画像などもたくさん販売されています。
落札者としての評価も同じようにカウントされるので、探してみるのもおすすめです。

ただし、同じIDとの評価は1件だけしかカウントされません。
つまり、100の評価が欲しければ100人の出品者や落札者と取引することになります。

評価が貯まったらいよいよスタート

同じように評価を貯めるために、出品と落札を繰り返す人は少なくありません。
そのため、比較的すぐに評価は溜まっていくでしょう。
80から100程度評価が貯まったら、いよいよ出品の開始です。
リサーチしておいた商品を出品してみましょう。
ヤフオクでの取引の経験はいずれ自分のショップを持つための経験になりますし、また将来的に実店舗を持ちたいと考えている人の資金作りにもなります。
ヤフオクでの無在庫転売を一つのきっかけにして、自分のビジネスを成長させてください。