【Amazonせどり】儲からないって本当?稼ぐコツと方法をお教えします

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
Amazonのせどりで本当に儲かるのか知りたい
という方のために、Amazonのせどりで稼ぐコツを紹介します。

この記事を読むことで、

  1. Amazonでのせどりがオワコンなのかを確認できる
  2. せどりでAmazonを使うメリットがあるのか確認できる
  3. せどりでAmazonを使うリスクが分かる
  4. Amazonのせどりで儲からない人の特徴が分かる
  5. Amazonのせどりで儲かるコツが分かる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではAmazonでのせどりについて、解説をしていきます。

Amazonせどりはオワコンなのか

なにか副業を始めようと思いたち、Amazonでせどりをしようと思ったものの、Amazonでのせどりは「オワコン」と言われていることに不安を覚える方もいるかもしれません。

まず覚えておきたいのは、「そもそもせどり自体が厳しい」ということです。
せどりは、数年前まではポピュラーな副業の一つでしたが、人気が高いため広く取り上げられるようになりました。
その結果、多くの方がせどりをすることになり、競争率が非常に高くなってしまいました。
せどりは商品を安く仕入れ、高く販売するというシンプルな方法です。
参入しやすいのですが、参入者が増えると一気にせどりがしにくくなってしまうデメリットがあります。
そのため、「せどり自体がオワコン」と考える人もいるのです。

しかし、Amazonでのせどりは、まだある程度稼ぐことができます。
この記事ではAmazonでのせどりで利益を出したい方に向けて、さまざまな角度からAmazonでのせどりを紹介していきたいと思います。

せどりにAmazonを使うメリット

せどりでは商品を安く仕入れることが大切なので、Amazonに固執しなくてもいいと考える方もいるかもしれません。
しかし、せどりをAmazonで始めるメリットは非常に大きいと言えます。
この項ではAmazonでせどりをするメリットについて、いくつか紹介していきます。

・集客力がある
Amazonでせどりをするメリットといえば、やはり「集客力」があることです。
例えば、あなたが離島に商店を開いたとします。
たとえいい商品を置いたとしても、お店の知名度が低く、そもそも離島に立地しているためお客さんの数が少なくて苦労することが想定されます。
逆に、Amazonで商品を販売したらどうなるでしょう。
Amazonの知名度や集客力についてはご存知かと思います。
魅力的な商品を適正価格で販売すれば、すぐに商品が完売する可能性も十分にあります。

・FBAという便利な制度がある
Amazonで商品を出品する場合、FBA(フルフィルメント by Amazon)を使用することができます。
FBAを使用すれば、梱包から発送を代行してくれるので、手間を省くことができます。
FBAの利用には一定の使用料を支払う必要がありますが、梱包や発送という煩雑な作業を委託することができるのは魅力的なポイントと言えるでしょう。

Amazonせどりに潜むリスク

さきほどは、Amazonでせどりを始めるメリットについて紹介しました。
この項ではリスクについても、いくつか紹介していきたいと思います。

・競争相手が多い
Amazonというプラットフォームは知名度が高く、集客力があるというメリットを紹介しました。
しかし、それゆえに出品者も多いということを忘れてはいけません。
出品者が少なければ消費者にとっての選択肢が少なくなってしまうので、客離れを起こしてしまう可能性があります。
かといって、出品者が多ければ価格競争は免れません。

・サービスの利用には手数料を払わなければいけない
Amazonで商品を販売する場合は、さまざまな手数料を支払わなければいけません。
まず基本料ですが、大口出品プラン、もしくは小口出品プランを選んで支払う必要があります。
大口出品プランは毎月4,900円を支払うことになりますが、そのかわり、いくら商品を販売しても同額です。
逆に小口出品プランは月額費用は発生しませんが、商品を販売するごとに100円支払う必要があります。

次に販売手数料です。
販売手数料は、販売した商品の価格に対して8%~15%かかります。

その他にはメディア商品(本、ビデオ、DVD)などを販売した場合、成約料として80円から140円かかります。
この他にも配送料が発生するので、Amazonで商品を販売する際は、これらの手数料を支払うことを考えて利益を出さなければいけません。

Amazonでせどりで儲からない人の特徴

Amazonのせどりで利益を出そうと思い色々行動したもののなかなか結果が出ない、といった方もいるでしょう。
この項では、なぜAmazonのせどりで利益を出せないかについて考えていきます。

行動量の不足

Amazonに限らず、せどりで少しでも稼ぎたいのであれば、とにかく行動することが重要です。
Amazonでのせどりは、ポピュラーで手軽な方法のため、多くの人が挑戦しています。
成功させるためには、そのライバルに勝たなければいけません。

基本的にAmazonで稼げないという人は、行動量(作業量)が不足していることが多いと考えられます。
副業ではなかなかリソースを注げないかもしれませんが、そうであれば作業の効率化を図り、作業量ではなく作業の質で勝負していきましょう。
作業の効率化については後述しますので、参考にしてみてください。

ノウハウ・情報不足

Amazonのせどりを始める際に、いくつかの情報を参考にしているかと思います。
インターネットや書籍をチェックする人も多いと思いますが、その情報は古いかもしれません。
Amazonのせどりに限らず、副業を成功させるためには、情報が鍵となります。
利益に直結する情報が古ければ、Amazonでのせどりを成功させるのは非常に難しいです。

また、Amazonのせどりを我流で行おうとする人もいますが、それで成功するのは一握りです。
確かにセンスのある人は我流でも成功するのですが、残念ながら全ての人にAmazonのせどりで稼げるセンスがあるとは言えません。
初心者こそ自分のセンスに頼らず、先駆者の真似を愚直にするべきです。
オリジナリティを出すのは、基本的な部分をマスターしてからでも遅くはありません。
まずは、Amazonのせどりで結果を出している人のやり方を参考にしていきましょう。

リサーチ不足

Amazonでのせどりに限らず、「物販」で大切なのは、「どのような商品が売れるのか」を調べることです。
この調査(リサーチ)をせずに、自分の好きなものだけを販売していても、思うような利益はあげられないでしょう。
どうしても好きな商品に絞って販売していきたいとしても、最低限のトレンド商品は取り扱うようにしてください。
トレンド商品から、自分が力を入れている商品にお客さんが流れることもあるので、トレンドを抑えることは物販において「絶対」なのです。

利益計算していない

Amazonで商品を販売すると、前述の通り、さまざまな手数料が発生します。
この手数料を計算に入れていないため、利益が出ないということも。
せどりの目的とは利益を出すことであり、ただ商品を販売することではありません。

Amazonせどりで稼ぐコツ

Amazonでのせどりで稼ぐためには、基本的な事項をしっかりととこなす必要がありますが、それ以外にもコツがあります。
この項では、Amazonのせどりで稼ぐためのコツやポイントをいくつか紹介していきます。
Amazonのせどりでしっかりと稼ぎたい人は参考にしてみて下さい。

FBAの活用

Amazonでのせどりで利益を出すためには、いかに「効率化」するかが大切です。
そのためには、FBAの活用が重要となります。
FBAとは前述のとおり、発送に関する作業を一部代行してくれるサービスのことです。
FBAを利用するメリットはいくつかあります。

・面倒な作業を代行してくれる
Amazonせどりに限らず、物販作業で大変なのが、商品の梱包や発送などの作業でしょう。
効率よくできれば問題ないのですが、商品が売れるタイミングはまばらです。
よって、その度に発送作業を行わなければいけません。
FBAを利用することによって、大変な梱包や発送を自分でやらなくて済みます。

・お客さんが送料を支払わなくて良くなる
FBAによって出品された商品にはPrimeマークが表示され、送料が無料になります。
Amazonで買い物をする人にとって、Primeマークは信頼の証と言えます。
なかなか中古商品に手を出せないという人でも、Primeマークが付いているなら購入してもいいと考える方もいるかもしれません。

外注化の仕組み作り

面倒な作業を外注化するということは、ビジネスの効率を上げることで重要なことです。
先ほど紹介したFBAも外注化の一環と言えます。

FBA以外で外注できる作業が、「出品作業」です。
細かいデータ入力ができる人材を確保できれば、出品作業については問題なくクリアできると思います。

問題は、どこで出品作業者を募集するかということになります。
オーソドックスな方法は、クラウドソーシングで人材を募集する方法です。
クラウドソーシングは、作業者の評価が可視化されているので、どのような人に依頼すればいいのかが分かりやすくなっています。
作業を外注するにあたってはマニュアルが必要になるわけですが、マニュアルを作成するためには自分でも作業の内容を理解する必要があります。
そのため、作業を外注するのは、ある程度自分でも作業をこなしてからになるでしょう。
最初から外注しようと思っても、そもそも何をどうしていいのか分からないということが想定されるためです。

市場の変化に対応

Amazonのせどりに限った話ではありませんが、市場の変化に対して敏感であり続けることが物販では重要になります。
どのような商品が売れるのか、それを理解することができれば、せどりは大きく成功に近づきます。
逆に、トレンドとは一切無関係のものを仕入れてばかりいては、せどりで稼ぐのは厳しいでしょう。

トレンドを理解すると言っても、トレンド調査には苦労するものです。
そんなときは、Amazonで実績のある出品者について調査するのも一つの手と言えます。
ライバルがどのような商品を出品しているのかをリサーチすることにより、どのようなトレンドが発生しているのかが分かります。

学んだら即実践

Amazonのせどりで成功するためにいろいろ勉強してみたものの、そこで満足してしまう人がたまにいます。
せっかく蓄えた知識を活用しないというのは、もったいないです。
知識は活かすためのものであり、それはAmazonでのせどりでも同じと言えます。
成功するか失敗するかは分かりませんが、まずはトライしてみる気持ちを大事にしてください。

Amazonせどりのまとめ

この記事ではAmazonのせどりを始めてみようと考えている方に向けて、Amazonでせどりを行うメリットや、儲からない人の特徴、稼ぐコツなどを紹介しました。
Amazonでのせどりで稼ぐためには、地道な作業が必要不可欠です。
いきなり稼ぐのではなく、少しずつ稼ぐところからスタートしましょう。
小さな成功を積み重ねれば、いつか大きな成功を手にできる可能性も高くなります。