【せどりの必須アプリ】無料で使えるおすすめアプリを一挙に紹介!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
せどりアプリについて知りたい
という方のために、せどりアプリのメリットや注意点、おすすめアプリについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. せどりアプリのメリットがわかる
  2. おすすめのリサーチアプリを知ることができる
  3. おすすめのAmazon公認アプリがわかる
  4. おすすめの地図系アプリがわかる
  5. さまざまなおすすめアプリがわかる
  6. せどりアプリの選び方がわかる
  7. せどりアプリを利用する際の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、せどりアプリについて解説をしていきます。

せどりを成功させるならアプリを使った方がよい、と言われています。
アプリを使えばリサーチの時間が短縮できたり、作業が楽になったりといった、さまざまなメリットがあるからです。
アプリによって作業が効率化されれば、もっと楽に利益を出せる可能性も高まるでしょう。

せどりでアプリを使うメリット

せどりで稼ぐには、商品リサーチが欠かせません。
しかし、仕入れ先も販売先もさまざまな種類があり、何が売れ筋商品なのかを把握するだけでも時間がかかってしまうでしょう。
リサーチに時間をかけるのは大切ですが、結果がわかる頃には売れるタイミングを逃していた、ということでは利益を出せなくなってしまいます。

そのような失敗を回避できるのがアプリです。
アプリには。その他にもさまざまなメリットがあります。

せどりアプリはリサーチを効率化できる

せどりでアプリを使う大きなメリットは、リサーチを効率的にできることです。
せどりで利益を出すには、売れる商品を見つけなければなりません。

そのためには、ECサイトで売れ筋商品や価格を見るだけでなく、いつ売れているか、出品からどれくらいの期間で売れているか、どの年代に人気があるかなど、さまざまな項目をチェックする必要があります。
カテゴリは多種多様なため、複数のジャンルについての情報を知るには、それぞれを確認しなければなりません。
それらのデータを集めるだけでも相当な時間と労力が必要です。

初心者の場合、特にコツや方法もわからないため、時間がかかってしまいます。
リサーチは重要な作業ですが、じっくり行っていては売れる時期を逃してしまう可能性があります。
大変な作業なため、途中で疲れてしまうかもしれません。

そのようなデメリットを解消してくれるのがアプリです。
アプリを使用すれば、売れ筋商品や傾向、売れている時期、価格、売れるまでのスピードなど、商品に関する情報をスピーディに教えてくれます。
せどりアプリで、どの商品をいつどれくらい仕入れ、いくらで売れば利益が出るのかを決める重要な情報を短時間で知ることができれば、利益につながりやすいでしょう。

せどりアプリはさまざまな情報を簡単に入手できる

商品を売るために、あれも知りたいこれも知りたいなど、入手したい情報は山のように出てくるでしょう。
アプリを使用すれば、さまざまな情報を簡単に手に入れることもできます。
あらゆるデータに基づいた分析結果で、利益を出せる商品を導き出すことが可能です。

せどりアプリは出品作業が効率化できる

アプリの中には出品作業をサポートしてくれるものがあります。
商品の出品作業は、ECサイトにもよりますが、手間がかかることが多いです。
仕入れ値の確認や出品情報の登録、コメント作成など、細かい確認や入力が必要となりますが、それらを自動化できるアプリがあります。
設定をしておけば、出品中の商品の価格を相場に合わせて、自動で上げたり下げたりしてくれるアプリもあります。

せどりアプリでミスを減らせる

アプリを利用すれば、ミスを減らすことができます。
例えば、出品してはいけない商品や制限・規制があるものがありますが、初心者の場合すべてを把握するのは困難です。
不安な場合は、アプリで確認すれば簡単に出品可能か許可が必要かなどの情報を得ることができます。
うっかり違反するなどのミスを回避することが可能です。

せどりアプリを利用すれば自分の時間が増える

アプリにはさまざまな機能があります。
それらを活用することで、せどりに関わるさまざまな作業の効率化が図れます。
作業時間が減れば、その時間を自由に使うこともできるでしょう。

興味のある商品や売れ筋商品に関する知識を増やしたり、リサーチやコスト管理、仕入れ先や販売先のリサーチなどの勉強をしたりする時間にできます。
もちろん、プライベートの時間を増やし、ストレスを発散したり、家族サービスをしたりすることもできます。

作業に追われて精神的にも身体的にも疲労してしまうと、ストレスになってしまうかもしれません。
副業などでせどりをする場合、ストレスは増やしたくないものです。
せどりアプリを利用すれば、精神的にも余裕を持ってせどりに取り組めるようになります。

せどりアプリで根拠のある仕入れができる

アプリで商品リサーチをすることで、根拠に基づいた確かな仕入れが可能になります。
商品を仕入れる際、「今はこれが人気だから売れるだろう」と安易に考えて商品を仕入れ販売しても、売れないことがあります。

人気商品は多くの人が扱うため価格競争になりやすいです。
人気があっても、仕入れて売る時にはすでに需要が下がっているかもしれませんし、実際は予想よりも売れていないことも起こりえます。

感覚だけで売れる商品を見つけるのは難しいです。
せどりの経験が豊富な人であれば、経験によって培われた勘やスキルで売れ筋商品を探りあてることができる可能性はあります。
しかし、せどり初心者が勘だけで売れる商品を見つけて利益を出せるほど、せどりは簡単ではありません。

経験者であっても、アプリを利用している人は多くいます。
それは、アプリによって正確なデータを入手し、売れる根拠を抑えた商品を見つけられるからです。
もちろん感覚も大切ですが、その感覚に裏打ちできるデータがあれば、より確実に利益を出せるでしょう。

せどりおすすめリサーチアプリ

せどりの必須ツールとも言えるのが、リサーチアプリです。
せどりで利益を出すには、有用なツールと言えます。
リサーチアプリにもさまざまなものがありますが、中でもおすすめアプリを紹介します。

せどりすと・せどろいど

・無料のスマホアプリ
せどりのリサーチツールとしておすすめアプリの一つが、せどりすと・せどろいどです。
せどりすとがiPhone版で、せどろいどはアンドロイド版になります。
せどりすと・せどろいどは仕入れをサポートするスマホアプリとなっています。
ダウンロード数も多く、多くのせどりをしている人たちが使用しているという点も、おすすめする理由です。

・仕入れをサポート
せどりすと・せどろいどは商品の価格やライバル数、ランキングなどせどりの仕入れをするうえで必要な情報を、一瞬で教えてくれる検索ツールです。
使い方は、バーコードリーダーでスキャンする、カメラでバーコードを読み取る、またはJANやキーワードを入力し検索したりして使用します。
検索結果では、現在の最安値や手数料を引いた利益なども確認できるので、仕入れ対象になるか、ならないかを判断できます。

・せどりすと・せどろいどは無料ツール
せどりアプリには、有料ツールと無料ツールがありますが、せどりすと・せどろいどは無料ツールなのもメリットです。
そういった面でも初心者にもおすすめなツールと言えます。

せどりすとシリーズには他に、せどりすとプレミアムがあります。
せどりすとプレミアムは、検索スピードが速い、新品と中古、店舗別の設定が可能、出品者なし商品の表示などができる、出品機能があるなど機能性が高いアプリです。
月額5,500円で利用することができます。

Azサーチ

Azサーチは、アンドロイド版のみで使用できるリサーチアプリとなっています。
Amazonの商品価格相場や販売状況などを探すというより、特定の商品の仕入れ先を探すのにおすすめのアプリです。
バーコードを読み込んだり、キーワード入力をしたりすれば、Amzomやヤフオク、メルカリ、楽天市場、ヨドバシカメラなど、9つのショップの商品の販売価格を知ることができます。

DELTA tracer

DELTA tracerはGoogle Chromeの拡張機能の一つで、Amazonの商品に関してさまざまなリサーチができるアプリです。
Amazonに出品されている商品の最安値、ランキング、出品者数、見込み利益などを知ることができます。
設定した条件に合ったものがあれば、プッシュ機能で知らせてくれます。
現在は、アンドロイド版のみに対応しているようです。

おすすめAmazon公認せどりアプリ

せどりの仕入れ先や販売先としてAmazonは欠かせません。
Amazonには公認のせどりアプリがあり、Amazonに特化した機能となっています。
その中でもおすすめのアプリソフトを紹介します。

Amazon Seller

アマゾンセラーセントラルページをスマホで利用できるアプリが、Amazon Sellerです。
アマゾンセラーセントラルは、販売用アカウントを管理するページですが、Amazon Sellerを使うことでより効率的に確認ができるようになります。
どのような場合に便利かというと、注文情報を確認したいときや、出品している商品や在庫切れの商品をチェックしたいとき、また出品制限の有無を確認したいときです。
販売個数の管理や売上高の管理をする際にも便利なツールとなっています。

Amazon Sellerは購入者とのやりとりにも役立ちます。
購入者からメッセージや問い合わせなどにはできるだけ迅速な対応が必要ですが、アプリを活用すればそれも可能です。

Amacode

Amacodeは、特にせどりの店舗仕入れをする際に便利なアプリです。
店舗で商品のバーコードをスキャンすれば、Amazonに出品されている商品の販売価格や販売手数料がわかります。
その情報を得ることで、仕入れた方がよい商品か、そうでないかを判断できるというわけです。

プライスター

Amazonへの出品をサポートしてくれるツールです。
プライスターの主な機能には次のようなものがあります。

・出品サポート
ジャンルやコンディション別にコメントを決めて表示できたり、複数の商品を一度に出品できたり、出品の手間を減らしてくれます。

・価格の自動変更
最安値の商品に合わせて早く売れるよう設定したり、ライバルの商品と価格を合わせて高く売れるよう設定したりといった、5つのパターンから選ぶことで、価格を自動変更できます。
自分でいちいちチェックし、価格の調整を行う手間を省くことができるでしょう。

・売上の自動計算
商品ごとの利益計算や在庫管理もしてくれます。
仕入れ価格の管理、商品ごとの手数料の計算、月間の売上などを自動で計算してくれるので、利益がどのようになっているかを毎日把握できます。
仕入れなどの計画を立てやすくなるのがメリットです。

・サンクスメール機能
商品を購入してくれたお客様に、自動でお礼と評価依頼のメールを送ってくれます。
サンクスメールは購入者へのマナーです。
また、評価はお願いしないとしてくれないケースも多いので、それをお願いすることも重要です。
高い評価を得られることで、売上アップにつながりやすくなります。

・月間ランキング
ユーザーの月間売上ランキングをチェックできます。
ライバルの売上をチェックし目標を決めたり、自分がどれくらい売り上げているのかを把握できたりするため、モチベーションアップにつながるでしょう。

・利益率を確認できる
出品したページや売れたものページで暫定粗利や粗利益、利益率を確認できます。

せどりにおすすめ地図系アプリ

店舗せどりでは仕入れ可能なお店や、お店からお店への移動手段などを把握することが必要です。
また、仕入れに向いているのに、自分では知らない、気づいていないなど未開拓の店舗もあるかもしれません。
地図系アプリは店舗せどりをする際の必須アプリと言ってもよいでしょう。
効率的な店舗探しにおすすめの地図系アプリを紹介します。

ロケスマ

商店や飲食店など、あらゆるジャンルの目的地をスピーディにマップ上に表示してくれるアプリです。
どこに目的の店舗があるのかを瞬時に把握できるので、ルートプランを立てやすく、効率的にお店を見て回ることができます。
移動すれば、その周辺にあるお店が次々に表示されます。
また、地図を拡大していくとさらに店舗が表示されるようになっているので、その地域にある店舗を網羅することも可能です。
検索窓があるので、目的のジャンルや店名などを入力して検索することもできます。
画面に表示された店舗の取り扱い商品や、営業時間などの情報も教えてくれる便利なアプリです。

GoogleMap

目的のジャンルやキーワードを入力すると、大規模店舗だけでなく小規模の店舗も表示されるのがGoogleMapのメリットです。
お気に入りに登録することもでき、記録することで、次回の仕入れをより効率化できます。
GoogleMapからは、グーグルカレンダーやGmailなどのツールにアクセスできるので便利です。

せどりでその他の便利なアプリ

他にも、せどりをする際に利用したいおすすめで便利なアプリがあるので紹介します。

メルカリ

メルカリは知名度が高く、ユーザー数も多いフリマアプリです。
国内最大級とも言われるフリマアプリなので、仕入れ先としても販売先としてもおすすめのサイトと言えます。
特に20代~30代の女性をターゲットにする場合は、メルカリを利用すると効率的に売れる可能性が高いです。
せどりをする際、Amazonでは出品制限のある商品がありますが、メルカリなら販売できるケースもあります。
メルカリは登録もサイトの操作も簡単なので、使いやすい点もメリットです。

ヤフオク

国内最大級のオークションサイトで、利用者も出品数も多いです。
年齢層も幅広く、あらゆるジャンルの商品があります。
レアな商品を仕入れることができたり、レアな商品を高額で販売したりできるかもしれません。
ヤフオクはコレクターなどがチェックしていることも多いので、手に入れたい商品があれば高額でも購入する可能性があるでしょう。
そのため、売れた場合は高い利益率が期待できます。

楽天

Amazonと肩を並べる大規模なECサイトです。
魅力の一つが楽天ポイントでしょう。
100円の買い物で1ポイント付与される通常ポイントのほか、楽天スーパーセールやお買い物マラソンなど、キャンペーン期間中は多くのポイントが加算されます。
会員ランクを上げるほど、特別優待セールや楽天クーポンなどの配信といった特典を受けられます。
利用すればするほどポイントが貯まり、仕入れコストを抑えることが可能です。

keepa

Amazonの価格変動、出品数、ランキングをグラフで表示させることができるツールです。
商品価格や売上の推移が一目でわかるのは便利です。
目安となる金額を設定することで、その商品の価格が下がったときに通知させることができたり、メールなどで通知を受けたら、そのタイミングで仕入れたりすることができます。
ただし、一部の機能は有料となっています。

MONOZON

オンラインストアの情報を得る際におすすめのアプリです。
商品の回転率を把握できるのが特徴となっています。
MONOZONでは、商品が売れるまでの期間を予測することができます。
1ヵ月で何回売れているなど、商品の販売ペースをつかむことが可能です。
過去3ヵ月分の月ごとの販売個数や平均数などが一目でわかります。

ショッピーズ

利用者のほとんどが女性で、アパレル関連、小物、コスメ関連などの商品を扱うなら抑えておきたいフリマアプリです。
ショッピーズには独自のアフィリエイト機能があり、コーデを投稿すると売上の1%を獲得できるというシステムがあります。
商品を撮影した画像をアップロードし、商品説明を記入するだけなので簡単に出品できます。
登録料は無料、出品手数料は成約時に販売価格の10%です。

Shufoo!

家電量販店やドラッグストア、スーパーやホームセンターなど、さまざまな店舗のチラシをチェックできるアプリです。
Shufoo!アプリをダウンロードしておくと、翌日のチラシを前の晩に確認できるので、翌日の仕入れプランを検討することができます。
日用品など低価格で回転率のよい商品を扱いたい人におすすめです。
ポイントも付与されるので、仕入れにも役立ちます。

フリマウォッチ

メルカリやラクマなど、フリマサイトの情報を効率的に入手できるアプリです。
フリマウォッチに条件を登録しておくと、その条件に合った商品が販売されたタイミングでスマホに連絡が来ます。
利益が取れそうな商品や、関連する商品のキーワードを設定しておくことで、売れそうな商品をスピーディに仕入れることが可能です。
複数のフリマアプリを登録し、瞬時に確認できるのでリサーチの時間を短縮することができます。
シンプルで簡単に使用できる初心者向けのアプリとなっています。

マネーフォワード

家計簿アプリの代表的なもので、使いやすく利用者も多いです。
せどりのコスト管理をする際におすすめのアプリと言えます。
仕入れの際にクレジットカードを使用することも多いと思いますが、カード会社とマネーフォワードを連携させると、使用履歴を一目で確認できるという便利な機能があります。

クレジットカードだけでなく、複数の銀行口座を登録することも可能です。
せどりで利用するカードや銀行口座を登録しておけば、コストや入金履歴を一括で管理できます。

シンプル利益計算

メルカリ、ヤフオク、PayPayフリマ、Amazon、ラクマを利用する際に、利益計算ができるアプリです。
商品の仕入れ価格や送料、希望落札価格などを入力すれば、利益がどれくらい出るかを算出してくれます。
見込み利益がわかれば、仕入れをするかしないかの判断もしやすいです。
複数のサイトを利用している場合、それぞれのサイトごとの利益やコストを比較することもできます。

せどりアプリの選び方

せどりアプリは数百種類もあると言われています。
どのアプリを使えばよいのか、どのように選べばよいのか、選び方のポイントを紹介します。

利用者の多い定番アプリを選ぶ

何を使うか迷ったときには、利用者数の多いアプリを選ぶと失敗が少ないです。
定番アプリは利用者も多いものです。
利用者が多いということは、それだけ利用しやすい、信頼できるということでもあるので、安心して使うことができます。
利用者が多いほど、評判や口コミ、使い方のポイントなどの情報も多く、自分が使う際の参考になるはずです。

また、利用者が多いアプリは、バージョンアップなどもされやすく、便利な機能が増えたり、使いやすく改良されたりしています。
より便利に、簡単に使いこなすことができるでしょう。

有料アプリの方がよいとは言い切れない

せどりアプリには、無料アプリと有料アプリがあります。
有料アプリは買い切りだったり、月額制だったりします。
有料だと機能が多く、サポートが充実しているといったメリットがありますが、必ずおすすめだとは言い切れません。

初心者なら有料アプリの方が安心して使えるのではないか、と思う人もいるかもしれませんが、初心者だとさまざまな機能を使いこなせる可能性は低いと言えます。
それではお金をかけるだけ無駄になってしまいます。
また、せどりを始めて間もない時期にたくさん稼いでいる人は少ないでしょう。
利益もほとんど出ていないときに、アプリにお金をかけて赤字になってしまうのは避けたいことです。

現在では無料アプリでも高機能・高性能なものが多くあります。
無料アプリの機能でも、しっかり稼ぐことが可能です。
今後せどりを本格的に始め、より多機能のツールが必要になったときには、有料アプリを検討するのもよいかもしれません。
しかし、その前に無料アプリで基本的なツールの機能を使いこなすことが大切です。
無料アプリならさまざまなタイプを試し、自分に合ったものを選ぶことができます。
まずはいろいろ試してみて、自分のビジネスの方法に合ったものや必要性が高いアプリを選びましょう。

たくさんのアプリを使うより必須アプリを使いこなす

せどりアプリにはさまざまな種類があります。
リサーチアプリや地図系アプリ、家計簿アプリ、出品作業を効率化するアプリなど、それぞれの作業に特化したアプリもあります。
一方で、せどりに必要なアプリ機能がある程度搭載されているものもあります。
さまざまな種類のアプリを使うより、基本的な機能が搭載されているアプリを使いこなした方が効率的です。

アプリはそれぞれ使い方も異なり、機能や操作を覚えるのに時間がかかります。
時間を無駄にしないためにも、必要最低限の種類のアプリを選び、それを使いこなした方がよいでしょう。

お試し期間を利用する

有料アプリを使いたい場合は、お試し期間を利用してください。
有料アプリには、30日間無料など、無料期間が設けられていることが少なくありません。
無料期間中に自分の使いたい機能があるか、使い勝手はよいか、費用をかけるだけの機能があるか、などを確認し、有料アプリを使うかどうかを判断しましょう。

せどりアプリを使用する際の注意点

せどりをする際に使うことで作業の効率化ができ、さらに売上にもつながりやすいなどメリットの多いアプリですが、使う際には注意したい点があります。

アプリは正しく使う

アプリは正しく使うことが大切です。
便利な機能が搭載されていても、正しく使わないと正しいデータが出せなくなります。
基本的なことですが、iPhone用とアンドロイド用などを間違うと使用できません。
アプリの設定や見方、活用方法など、最初はわからない可能性もあります。
今までアプリを使っていた人でも、新しいアプリにすると使い方が異なり、正しく使えないこともあるでしょう。
アプリには細かな取扱説明書などもほとんどないので、自分で調べて理解しなければなりません。
慣れるまでは時間がかかることもありますが、使っていれば慣れていき、便利に使いこなせるようになるので一つひとつていねいに理解して使ってください。

使ったことのないアプリを導入するのは、時間や精神的に余裕があるときがおすすめです。

お店での使用には注意

せどりアプリの中には、店舗で商品のバーコードを読み取り情報を入手するものがあります。
お店によっては転売を禁止していることもあり、バーコードで商品情報を読み取っていると注意を受けたり、最悪の場合は入店禁止になったりすることもあるので注意が必要です。
せどりを禁止しているお店では、バーコードを読み取れなくしているケースもあります。

もちろん、バーコードを剥がすような行為はしてはいけません。
商品を傷つけたり、乱暴に扱ったりする行為もNGです。
手に取った商品は、きちんと元の場所にしまってください。

せどりを禁止していなくても、お店側にとっては迷惑となることもあるので、お客さんが少ない時間帯に行くなど注意が必要です。
バーコードが読み取れない場合は、キーワード検索やJANコード検索、規格品番検索などで情報を入手しましょう。

追加機能は有料になることもある

無料のせどりアプリの中には、機能によっては有料になることもあります。
基本的な機能にお金はかからなくても、より高度な機能を使おうとすると別料金がかかることがあります。
金額はさまざまなので、コスト管理をしたうえで検討するようにしましょう。

確認だけでなく活用が大切

アプリをダウンロードし商品の情報をチェックしたら、その情報を活用しなければ意味がありません。
売れ筋商品やランキングなどを確認して納得したら、仕入れや販売に活用することが大切です。
せどりアプリは作業効率を高め、売上につなげるためのツールであるため、情報を得るだけで満足していては売上につながりません。

アプリを選びダウンロードして、機能や操作方法などを確認したら、その情報を利用して仕入れをしてみてください。
始めてのせどりであれば、最初は低価格の商品を少量扱うとよいかもしれません。

せどりアプリのまとめ

せどりを始めたばかりだと、せどりそのものを把握するだけでも苦労しているのに、アプリまで気が回らないと感じる人もいるでしょう。
せどりを成功させるには、商品リサーチは欠かせません。
アプリを利用しないと、時間ばかりかかって売れる商品もタイミングを逃してしまいます。

アプリを利用することで、リサーチや出品作業、コスト管理が楽になり、時間を効率的に使えるようになります。
まずは1つ、興味を持ったアプリをダウンロードして使ってみてください。