ポイ活でおすすめのクレジットカードは?クレカを使ってポイ活を攻略しよう!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
クレジットカードを利用したポイ活について知りたい
という方のために、クレジットカードを利用したポイ活について解説をします。

この記事を読むことで

  1. ポイ活でクレジットカードを使うメリットがわかる
  2. ポイ活でクレジットカードを使うデメリットがわかる
  3. ポイ活用のクレジットカードの選び方がわかる
  4. ポイ活におすすめのクレジットカードがわかる
  5. クレジットカードの発行を申し込むときの注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、クレジットカードを使ったポイ活について解説をしていきます。

クレジットカードを使ったポイ活とは?

クレジットカードを使ったことが無い方は、クレジットカードを使ったポイ活を具体的にどのようにやるのかわからないかもしれません。
通常クレジットカードは、利用金額に対して一定の割合でポイントなどの還元を行います。
このポイントを上手に利用して商品などの購入代金に充てるのが、クレジットカードによるポイ活の流れです。

ポイ活でクレジットカードを使うメリット

クレジットカードを使ったポイ活は、ポイ活の中でもメジャーな方法です。
それでは、どうしてクレジットカードを使うポイ活が人気となっているのか、メリットをいくつか紹介していきます。

ポイ活は毎日の買い物で貯まる

クレジットカードの利用料金に応じてポイントをゲットすることができるため、すべきことは「クレジットカードを使って買い物するだけ」です。
ポイントをゲットするためには、面倒な手順をいくつか踏まないといけないと勘違いされがちですが、クレジットカードを使ったポイ活なら簡単にできます。
ポイ活が初めてという方も気軽にトライしてみましょう。

ポイ活は即日で成果が出はじめる

クレジットカードの中には、ポイントを即日で付与してくれるものもあります。
ポイ活に関する成果が可視化されたら、モチベーションも一気に高まるかもしれません。
ポイントが貯まっているという実感を得たいのであれば、すぐにポイントを付与してくれるようなクレジットカードを選んでください。
利用明細ごとにポイントを即座に反映してくれる「LINE Payカード」などがおすすめです。

ポイ活でクレジットカードを使うデメリット

ポイ活に大変便利なクレジットカードですが、クレジットカードを使ったポイ活にはいくつかのデメリットがあります。

無駄遣いしてしまう

節約のためにポイントをゲットするのが目的なのに、ポイントをゲットすることだけが目的になってしまう方がときどきいるようです。
高還元率カードを手にしたとしても、無駄遣いが増えてしまったら何の意味もありません。
クレジットカードで商品を買うときは、それが本当に必要なのかを冷静になって考えましょう。

ポイ活に疲れる

これはクレジットカードを使ったポイ活に限ったことではありませんが、ポイ活を続けていると、常にお得な情報を追い続けなければいけません。
どのカードが、どの決済方法がお得なのかを調べるのは根気のいる作業です。
もしポイ活に少し疲れてしまったら、思い切って離れてみるのも一つの手といえます。
メリハリを持ってポイ活をすることが何より大切です。

ポイ活用のカード選びのコツ

ポイ活のためにクレジットカードを発行してもらいたいけれど、どのクレジットカードを選んでいいかわからないという方も多いでしょう。
日本では非常に多くのクレジットカードが発行されていて、どのカードにもそれぞれ特長があるため、選ぶのになかなか時間がかかってしまうかもしれません。
ここではポイ活用のクレジットカードの選び方を、ポイントごとに解説していきます。

還元率

クレジットカードを利用すると、利用料金に対して一定の割合でポイントを還元してくれますが、この割合のことを「還元率」と言います。
還元率はクレジットカードごとに異なるのですが、年会費無料のカードなら1%が基準となり、できればこれより高い還元率のクレジットカードを使ってポイ活をしたいものです。

年会費を支払うタイプのカードは還元率が高く設定されていることが多いのですが、還元率だけでクレジットカードを発行してしまうと、年会費を支払わなければいけない分損をしてしまうかもしれません。
クレジットカードでポイ活をするのであれば、まずは年会費無料のカードで始めてみることをおすすめします。

ポイント利用の手軽さ

ここまでクレジットカードを利用すれば、利用料金に応じてポイントが還元されることを説明しました。
次に大切になるのは、このポイントが使いやすいかという点です。
ポイントの利用条件はクレジットカード会社によりさまざまで、1ポイント1円で使用できるカード会社もあれば、500ポイントからでないと利用できないこともあるので注意しなければいけません。
獲得したポイントを無駄なく利用できるかは、ポイ活専用のクレジットカードを選ぶ上で大切なポイントです。

年会費や手数料の安さ

クレジットカードには年会費や発行手数料がかかるものがあります。
これらの費用が発生するクレジットカードは、ポイ活をするなら極力避けるべきでしょう。
せっかく貯めたポイントが年会費で相殺されてしまったら、あなたはクレジットカードを使ったポイ活に虚しさを覚えてしまうかもしれません。
確かに年会費がかかるクレジットカードは保障も手厚いため、魅力的ではあります。
しかし、余計な費用がかかってしまうという時点でポイ活的にはNGです。

ポイ活におすすめなクレジットカード

ここからは実際にクレジットカードでポイ活をしようと考えている方のために、おすすめのクレジットカードをいくつか紹介します。

楽天カード

クレジットカードを発行するにあたり、楽天カードを選ぶという方が多いかもしれません。
CMなど積極的に広告展開している楽天カードは知名度も高く、クレジットカードでポイ活を始めてみようという方には有力な選択肢となるはずです。
では、楽天カードのポイントをいくつか説明していきたいと思います。

楽天カードのメリット

・付与されるのは「楽天ポイント」
楽天カードの使用料金に対して付与されるのは、「楽天ポイント」です。
楽天ポイントは1ポイント1円で利用することができ、自社のECサイトである「楽天市場」を始め、さまざまな場所で利用することができます。

また、スマートフォン用のアプリである「楽天ペイ」での支払いにも楽天ポイントを使用することができるので、楽天ポイントの使いみちに困ったときは、楽天ペイに対応している実店舗で使用してみましょう。

ちなみに、楽天ペイでは期間限定ポイントを使うことももちろん可能です。
楽天のサービスを活用していると多くのポイントが付与されますが、有効期限が設定されている期間限定ポイントが付与されることが多くあります。
楽天ペイではこの期間限定ポイントも1円単位で使用することが可能なので、期間限定ポイントの使いみちにいつも悩んでいるという方は、楽天ペイを使用してみてください。

・入会時に楽天ポイントをたくさんプレゼントしてくれる
クレジットカード会社は顧客を増やすために、さまざまなキャンペーンを展開しています。
楽天カードを発行している楽天もその会社の一つであり、入会時に数千ポイントをプレゼントしているキャンペーンを定期的に開催しています。
ポイント数はタイミングごとに異なるのですが、プレゼントされるのは5,000~8,000ポイントほどです。
年会費もかからない魅力的なカードなので、とりあえず発行申し込みだけでもしてみるのもいいかもしれません。

また、楽天カードは他社カードと比べると発行条件が厳しく設定されていないという声もあります。
審査基準は各カード会社で定められていて、その内容は基本的に非公開のため実際にどの程度審査が易しいのかは分かりませんが、審査が厳しいと言われているカードより発行しやすいのが実情のようです。

楽天カードのデメリット

・配信メールが非常に多くなる
楽天カードを発行すると、その後さまざまな広告メールが配信されるようになります。
楽天はこの広告メールの頻度が非常に高いため、大事なメールが埋もれてしまうこともあるでしょう。

しかし、楽天からの広告メールは不要であれば配信を停止することが可能です。
自分にとって必要なメールだけを受信するように設定をすれば、そこまで気にはなりません。

・付与されるのは期間限定ポイントが多い
楽天カードを楽天市場の買い物などで利用すると、利用額に対して20%など、非常にたくさんのポイントをゲットすることができます。
しかし、そのようなポイントの多くは「期間限定ポイント」として付与されるので、有効期限に注意しなければいけません。
もしご自宅の近くに楽天ペイを使用できる店舗があれば、そちらで期間限定ポイントを使うのがおすすめです。

楽天カードの発行に向いている人

楽天カードの発行には
・楽天市場で買い物をすることが多い
・自宅周辺に楽天ペイを使える店舗がある
という人が向いていると言えます。

dカード

みなさんはどの携帯会社と契約をしていますか?
もしあなたがドコモと契約しているのであれば、dカードは魅力的な選択肢のうちのひとつです。
dカードを発行するメリットとデメリットを紹介していきます。

dカードのメリット

・特約店の利用でポイント還元率が上がる
dカードのメリットはさまざまですが、まず紹介したいのが「特約店で還元率がアップする」ことです。

例えば、マツモトキヨシでは2%、スターバックスカードの購入時は3%のdポイントが、「上乗せ」で還元されます。
通常時の還元ポイントは1%なので、マツモトキヨシでは3%、スターバックスカードの購入時は4%の還元をトータルで受けることができます。
普段使うお店に特約店が含まれているなら、非常に多くのポイントをゲットするチャンスです。

・携帯電話を紛失、もしくは故障した際に保障が使える
通常カードは購入後から1年、ゴールドカードは購入後から3年、携帯を紛失、もしくは修理不可としてしまった場合、同一機種の携帯電話をdカードで購入する場合、その携帯電話の購入費用を一部負担してくれます。

毎日使う携帯電話は思わぬところで故障させてしまうものです。
しかしdカードの会員であれば、一定の条件下で新しい携帯電話の購入をサポートしてくれます。
ちなみに、購入補助額は通常カードの場合上限1万円まで、ゴールドカードの場合は上限10万円までです。

・ゴールドカードならドコモの使用料金から10%ポイント還元
普段ドコモの携帯電話を使っているなら、ゴールドカードを発行してみるのもいいかもしれません。
ゴールドカードを発行し、なおかつ毎月ドコモの携帯電話の使用料金を支払うと、税抜金額1,000円ごとに10%のポイント還元を得られます。
ゴールドカードにはこの他にも通常カードにはない魅力があるので、ドコモユーザーならぜひゴールドカードに申し込みましょう。

dカードのデメリット

・通常カードとゴールドカードの差が大きい
dカードのデメリットは、通常カードとゴールドカードで特典の差が大きいことです。
例えば、ゴールドカードには標準付帯している「海外旅行保険」、「国内旅行保険」は通常のカードでは保障の対象外となります。
旅行保険は別のカードでカバーするのであれば問題ありませんが、dカード1枚だけ持つのであれば注意が必要です。

dカードの発行に向いている人

dカードの発行には
・ドコモユーザー
・高額なスマートフォン、携帯電話を使っている
という人が向いています。

LINE Pay カード

普段誰かとコミュニケーションを取るときに、LINEを使うという方は多いと思います。
コミュニケーションツールとしての地位を確立したLINEが発行しているのが、「LINE Pay カード」です。
それではこのカードの魅力について紹介していきます。

LINE Pay カードのメリット

・還元率が3%
LINE Pay カード最大の魅力は、その還元率の高さにあります。
どのお店で使っても使用額に対して3%還元してくれるので、非常にお得度が高いです。
3%還元は2021年4月までの限定キャンペーンではありますが、その後にまた何かしらのキャンペーンを開催することが予想されるので期待が高まります。
新年度に向けて引っ越しを考えている方などは、家電などの一人暮らしに必要なものをこのカードで購入すれば、一気にポイントをゲットすることができるでしょう。

貯まったポイントはLINE Pay経由で使用できるので、普段使っているお店でお得に買物をすることができます。

・貯まったポイントに応じてクーポンをゲットできる
LINEでは貯めたポイントに応じてさまざまなクーポンを配布しています。
ポイントを貯めれば貯めるほどクーポンも多くゲットできるわけですが、このクレジットカードを使えば必然的にたくさんポイントが貯まるため、獲得できるクーポン数も多くなります。

・購入後すぐに利用明細がLINEで通知される
クレジットカードを使っていたら、支払額が膨らんでしまった、という人もいるでしょう。
確かに一般的なクレジットカードは明細を確認しない限り、自分がどれだけ使っているのか分かりません。

しかし、このカードの場合、カードで支払い後すぐに利用通知がLINEを通じて送られてきます。
メールで利用速報として送信してくれるカードもいくつかありますが、LINEで利用通知を確認できるのは非常に魅力的なポイントです。
また、利用通知がすぐに送付されてくるので、万が一クレジットカードが不正利用されてしまったとしても、すぐに気づくことができます。

LINE Payカードのデメリット

LINE Payカードのデメリットは、年会費が発生する点です。
年1回利用すればこの年会費は免除されますが、期間限定の3%還元が終了したら別のカードに切り替えてしまい、利用を一切しなくなる恐れがあります。
そして忘れた頃に年会費の請求が訪れます。

LINE Payカードの年会費は1,250円(税抜)。
通常カードの中でも少々高めに設定されているので、カードを使わないのに年会費を請求されてしまった、という事態は避けたいものです。

LINE Payカードの発行に向いている人

LINE Payカードは、
・高還元率のカードを探している
・利用速報をすぐ確認したい
という人に向いています。

au PAYカード

ドコモが発行するdカードの他に、大手通信会社が発行しているのが「au PAY カード」です。
auユーザーにとっては大変魅力的なカードとなっています。
au PAY カードのメリットとデメリットについて紹介していきます。

au PAYカードのメリット

・カードからau PAYへチャージすることで1.5%還元
au PAYへau PAYカードからチャージをして支払いを行うと、カードの1%分に加えてau PAYの0.5%分のポイントも取得できるので、結果1.5%の還元を受けることができます。
au PAYの使用できる店舗に限られますが、それでも常時1.5%の還元を受けられるのは大変魅力的です。

・ポイントはPontaポイントで還元される
au PAYカードの魅力は、利用代金に応じて「Pontaポイント」で還元されるというところです。
Pontaポイントも基本的に他のポイントと同様、1ポイント=1円で使用できるのですが、ローソンの「お試し引換券」に使用すれば、実質的な還元率は跳ね上がります。

お試し引換券とは、ローソンが発行している商品引換券のことです。
このお試し引換券は、Pontaポイントを使ってゲットすることができますが、還元率のいい商品の場合、100円分の商品と交換できるお試し引換券が、30ポイントで獲得できます。
自分の欲しい商品がお試し引換券の対象になっていれば非常にお得ですが、最近はお試し引換券への注目度が高まっているため、人気の高いお試し引換券への交換はすぐに終了してしまうようです。

・auユーザーなら年会費が無料
auに関する料金を支払っていれば、年会費の1,250円(税別)が無料になります。
auユーザー以外の方は、年1回以上カードを利用すれば年会費は無料です。

au PAYカードのデメリット

・au PAYが使えるお店がまだ少ない
au PAYカードの魅力的なポイントとして挙げた「1.5%」の還元ですが、この還元を受けられるのはau PAYを使用したときだけであって、そもそもau PAYを使えないお店では0,5%分の還元を受けることができません。
還元率1%となると、一般的なクレジットカードとの差はそう現れないので、アドバンテージがなくなってしまいます。

au PAYカードの発行に向いている人

au PAYカードの発行に向いているのは
・Pontaポイントを貯めたい
という人です。

セブンカード・プラス

普段コンビニでの買い物が多く、特に「セブンイレブン」の利用が多いという方におすすめしたいのが「セブンカード・プラス」です。
セブンカード・プラスにはどのようなメリット・デメリットがあるのかをチェックしていきましょう。

セブンカード・プラスのメリット

・電子マネーのnanacoと相性抜群
セブンカード・プラスは、電子マネーのnanacoにチャージできる唯一のクレジットカードです。
セブンカード・プラスがない場合は都度レジなどでチャージをお願いしなければいけませんが、そのやり取りを煩わしいと感じる方もいるかもしれません。
そういう方にとって、クレジットカードで簡単にチャージを行える仕組みは大変魅力的です。

また、オートチャージに対応しているのもセブンカード・プラスの魅力といえます。
電子マネー決済をする際は残高不足が気になりますが、セブンカード・プラスならオートチャージに対応しているので、その心配はありません。
普段からnanacoで買い物をするという方にとって大変魅力的なカードといえます。

・毎月8がつく日はイトーヨーカドーでの買い物がお得
食料品から衣料品、雑貨など幅広く商品を取り扱うイトーヨーカドー。
毎月8の日はイトーヨーカドーハッピーデーと称して、店内の商品を5%引きで購入することができます。
食料品や衣料品は生活の上で欠かせませんが、それを一律5%オフにしてくれるのはお得に感じられます。
近所にイトーヨーカドーがあるという方にぜひ発行してもらいたいのが、このセブンカード・プラスです。

・旅行代金も5%OFF
セブンカード・プラスの魅力は、旅行代金の割引も可能な点です。
「セブン旅デスク」から対象となる旅行を予約し、旅行代金をセブンカード・プラスで支払った場合、ツアーの基本旅行代金が5%割り引かれます。
さらにポイントも付与されるので、旅行へよく出かけるという方にとって非常に魅力的なカードと言えるでしょう。

セブンカード・プラスのデメリット

セブンカード・プラスのデメリットは、通常のポイント還元率が悪いことです。
利用料金200円に対して1ポイントしか還元されないので、還元率は0.5%。
普段からセブンイレブンやイトーヨーカドーをよく使うという方にとっては大変魅力的なカードなのですが、それ以外のお店を中心に使うのであれば、恩恵を受けることは難しいかもしれません。

セブンカード・プラスの発行に向いている人

セブンカード・プラスに向いているのは、
・セブンイレブン、イトーヨーカドーで買い物をする
・旅行が趣味
という人です。

REXカード

ポイント目当てでクレジットカードを発行する方は非常に多いですが、その使いみちに困ってしまったという経験をした方もいるかもしれません。
そんな方にこそぜひ試してもらいたいのが「REX」カードです。
このカードの魅力はどんなところにあるのか、紹介します。

REXカードのメリット

・1ポイント=1円でカードの利用料金に使える
クレジットカードの利用で貯まったポイントを何に使おうか迷ってしまった、ポイントの有効期限をうっかり忘れていてたくさんのポイントを失効させてしまった、そんな残念な経験をしたことがある方にこそ試してもらいたいのがこちらのREXカードです。

REXカードで貯まったポイントは、1ポイント=1円で利用料金の支払いに充当することができます。
この方法なら貯まったポイントをすぐに使うことができるので、有効期限を心配する必要もありませんし、どのポイントに交換すればいいのか迷うこともないでしょう。
面倒なポイント管理に時間をかけたくないという方にとって、うってつけのカードと言えます。

・非常に高い1.25%の還元率
一般的に年会費無料のクレジットカードの場合、還元率1%ですでに高水準と言われます。
しかし、REXカードなら利用した金額に対して1.25%のポイントを付与してくれます。
一般的な高還元率のカードと比べると、25%多くポイントをゲットできるのであれば、利用する価値があると言えるでしょう。

・不正利用に対する保証サービスが付帯
クレジットカードの発行をためらっている方の中には、「カードが不正利用されたらどうしよう」と考えている方もいるかもしれません。
しかし、REXカードなら90日前までの不正利用であれば、不正利用によって発生した損害を保証してくれる「ネットあんしんサービス」が付帯します。
クレジットカードを持つことになんとなく不安を感じている方でも、REXカードなら気軽に持つことができます。

REXカードのデメリット

・2,000円ごとのポイント還元
一般的なクレジットカードは、利用金額100円ごとに1ポイントなど、細かく還元単位を定めています。
しかし、REXカードは2,000円ごとに25ポイントの還元となっていて、2,000円未満の利用であればポイントは一切付与されません。
そのため、最大1,999円に対して付与されるポイントが無駄になってしまいます。
しっかりとポイントを獲得したいのであれば、利用履歴などをチェックして無駄なくカードを利用すべきでしょう。

REXカードの発行に向いている人

REXカードの発行は、
・ポイントの使い道に悩む人
が向いています。

Airカード

法人経営者や個人事業主の方は、経費計上のために私用のクレジットカードの他に、ビジネス用のクレジットカードを発行している方も多いかもしれません。
カード会社もその需要を見込んで、ビジネスカードを発行しています。
これからビジネスカードの発行を検討している方におすすめしたいのが「Airカード」です。

Airカードのメリット

・業界No.1の高還元率
クレジットカードを選ぶ基準にポイントの還元率を挙げる方も多いですが、Airカードはなんと利用額に対して1.5%のポイントを還元します。
経費の支払いはときには大きな金額となりますが、ポイント還元率の非常に高いこちらのカードを利用すれば、ポイントを一気に貯めることができるでしょう。

・ポイントサイトを経由して高額ポイントをゲットする
これはAirカードそのものの魅力ではありませんが、Airカードは広告に力を入れていて、ポイントサイトを経由して発行すると、非常に多くのポイントをゲットできるようです。
例えば、2021年3月時点では、ポイントサイト「モッピー」を経由しての発行で、56,000円分のポイントをゲットできるキャンペーンを開催していました。
このようなキャンペーンはいつまで開催されるか不透明ですが、積極的に狙っていきたいところです。

Airカードのデメリット

・法人、個人事業主しか申し込み不可
Airカードは申込みの対象を、法人、もしくは個人事業主に限定しています。
サラリーマンや主婦の方が申し込むことは不可能なので注意してください。

中にはサラリーマンや主婦なのに個人事業主と偽ってカードの申込みをしている方もいるようですが、これは絶対に止めてください。
昨年法人や個人事業主に対して給付された「持続化給付金」でも、個人事業主であると見せかけて持続化給付金を不正に受給する問題が相次ぎ、逮捕者も出ました。
詳しくは後述しますが、属性を偽ってカードに申し込みを行うのは犯罪行為なので控えましょう。

・年会費が発生する
こちらのカードは今まで紹介したカードとは異なり、年会費が発生します。
年会費は本会員5,500円、使用者3,300円(共に税込み)です。
初年度はキャンペーンが適用されれば年会費無料となりますが、翌年以降は上記の年会費が発生することに注意しましょう。

Airカードの発行に向いている人

Airカードの発行は、
・法人経営、もしくは個人事業主の方
・事業で経費に関する決済が多い方
が向いています。

クレジットカードを発行するときのポイント

先程はおすすめのクレジットカードについてご紹介し、カードごとのお得なポイントなどをまとめました。
ここからはカードを発行する際の注意点をいくつか紹介します。

クレジットカードの多重申し込みに注意

クレジットカードの発行までには、「審査」を経なければいけません。
「審査」とは、カード会社が申込者の属性などをチェックし、カードを発行しても問題ないかをチェックする過程のことです。
審査の基準はさまざまですが、特に「年収」や「勤続年数」についてはしっかりとチェックされます。
その際に審査担当者が加えて確認しているのが、「クレジットカードの発行状況」です。

ポイントサイトなどで、ポイントをたくさんゲットするためにクレジットカードをたくさん発行するのはよくあることですが、一度にたくさんのクレジットカードの発行を申し込んでしまうとカード会社から不審に思われてしまい、審査に落ちてしまうことがあります。
この状態ことを「申し込みブラック」といい、どれだけ審査のゆるいクレジットカードでも、発行してもらうのが難しくなってしまうのです。

それでもクレジットカードを何枚か発行してもらいたいときはどうすればいいのでしょう。

・クレジットヒストリーを整える
クレジットヒストリーとは、簡単に言えば「クレジットカードを適切に発行・利用してきたか」を示す指標です。
例えば、クレジットカードを発行したのに一度も利用せず解約してしまった場合、クレジットヒストリー的にはマイナスになってしまいます。
クレジットカードを発行したら、継続して利用していくことが大切になることを覚えておいてください。

また、クレジットヒストリーを磨いておきたいのであれば、利用料金の支払い遅延には注意しなければいけません。
一度でも支払いを遅延してしまったら、クレジットヒストリーに大きな傷ができてしまいます。
考えてみれば分かることなのですが、少しでも借金の返済期限に遅れた人にはもうお金を貸したくないと思うはずですが、それと同じことです。

・クレジットカードの多重申込以外で審査が不利になる原因
クレジットカードの審査に悪影響を及ぼすのは、クレジットヒストリーだけではありません。
例えば、携帯電話の分割支払いの入金が遅れた、奨学金の返済が遅れた、その他にも分割払いで購入した商品の代金入金が遅れた、このようなケースもクレジットカード発行の審査に対して不利に働いてしまいます。

つまり「支払うべき期日にお金を支払えなかった場合」は、ほぼ全てクレジットカードの審査に響いてしまいます。
思わぬところでつまずいてしまわないように注意しましょう。

・自分のクレジットヒストリーを確認する方法
クレジットカードを無事発行してもらうには、クレジットヒストリーを大切にすることを理解していただいたと思います。
クレジットカードの発行を申し込む中で、自分のクレジットヒストリーはどうなっているのか気になる方もいるかもしれません。
そんな方にぜひおすすめしたいのが、「クレジットヒストリーに関する情報の開示請求」です。

クレジットヒストリーに関する情報の開示請求は、各信用情報機関に対して所定の手続きを行い、一定の手数料を支払うことで可能となります。
もし未入金情報が掲載されていたら、クレジットカードの新規発行は難しいかもしれません。
ただ、一時的な未入金であれば24ヶ月で情報が確認できなくなるので、2年間しっかりとカード料金を支払い続ければ再度審査に通過する可能性があります。

クレジットカード発行の際はポイントサイトを経由すること

クレジットカードを申し込む際に公式サイトから申し込みを行っている場合、もしかしたら損をしているかもしれません。
特定のクレジットカードを申し込むのであれば、まずは「ポイントサイト」で広告が掲載されていないか確認しましょう。
もし広告が掲載されていたなら、そこから申し込みを行ってください。

無事クレジットカードが発行されれば、クレジットカード会社の新規キャンペーンによる特典と、ポイントサイトのポイントを両方ゲットすることが可能です。
ただ、ポイント目的でカードを何枚も申し込んでしまうと前述したような「申し込みブラック」になってしまう恐れがあります。
どんなお得なキャンペーンが開催されていたとしても、同時に発行を申し込むのは2枚程度に抑えておくのが無難です。

年収などの個人情報は正確に記載すること

クレジットカードを申し込む際には、勤務先の情報や年収などの情報を申込書などに記入する必要があります。
しかし、一部のカードは審査条件が非常に厳しく設定されているので、なかなかカードを手にすることができないというのが現状です。
それでも勤務先の情報や年収を偽ってカード発行を申し込んではいけません。

最近、アメックスのプラチナカードを発行するために、年収を偽って発行を申し込んだ方が逮捕されてしまいました。
年収が審査の対象になるので、審査に無事通過するように虚偽の数字で申請し、それがカードの詐取にあたったようです。
カードを発行する際に、どうしても審査を通過させたいがために年収を偽って申請していると、詐欺とみなされてしまう恐れがあるので注意が必要です。

審査条件が厳しいカードはそれだけステータス性が高く、付帯するサービスも大変充実しています。
喉から手が出るほどそのカードを発行したいのかもしれませんが、最悪の場合逮捕されて刑事告訴される可能性もあることを頭に入れておきましょう。

独立予定の方は注意

クレジットカードを発行する際に職業について記入する欄がありますが、毎月安定した収入が見込めるサラリーマンより、収入が不安定な自営業は審査で不利になってしまうことが多いようです。

実際、サラリーマン時代にはクレジットカードをたくさん発行できたのに、独立して自営業者になってからはなかなかクレジットカードを発行してもらえなくなったという声は多く聞きます。
確かに、クレジットカード会社の立場で考えれば、収入が不安定な自営業より、毎月安定して給料を得ているサラリーマンと契約したいと言うのが本音でしょう。
現在サラリーマンとして勤務していて今後は独立の予定がある方は、完全に独立してしまう前に必要なクレジットカードの申込みを済ませておいてください。

自営業者はクレジットカードの審査が不利になることはありますが、法人経営や自営業者専用のクレジットカードも発行されているので、一般的なカードの審査になかなか通らないという方はそちらにチャレンジしてみてもいいかもしれません。

ポイ活はクレジットカード利用!ポイ活攻略のまとめ

ポイ活で少しでもお得な生活をしたいのであれば、クレジットカードの発行はマストと言えます。
一度に多くのポイントをゲットできるクレジットカード案件は非常に魅力的ですが、一度に何枚もクレジットカードの発行に申し込んでしまうと、「申し込みブラック」になってしまう恐れがあることには注意が必要です。
クレジットカードを用いたポイ活には他のポイ活と比べると、非常に多くの魅力を感じられます。
上手にクレジットカードを使うことで、たくさんポイントをゲットしていきましょう。