ポイントサイトで役立つクレジットカードとポイントカードの登録と活用方法

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ポイントサイトにおけるクレジットカードの活用方法について知りたい
という方のために、ポイントサイトにおけるクレジットカードの活用方法や注意点、登録方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. dカードの入会方法とポイントサイトでの活用方法がわかる
  2. 三井住友カードのポイントサイトでの活用方法がわかる
  3. エポスカードのポイントサイトでの活用方法がわかる
  4. ヤフーカードのポイントサイトでの活用方法がわかる
  5. セゾンカードのポイントサイトでの活用方法がわかる
  6. JCBカードのポイントサイトでの活用方法がわかる
  7. ポイントサイトを利用したクレジットカード発行の方法と注意点がわかる
  8. ポイントサイトのショッピングでクレジットカードを活用する際のポイントがわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ポイントサイトにおけるクレジットカードの活用方法について解説をしていきます。

ポイントサイトで高いポイントを獲得する案件として、クレジットカード案件があります。
クレジットカードを新規発行して数千円、もしくは数万円相当のポイントを獲得できる魅力的な方法です。

ポイントサイトにはさまざまなクレジットカードの発行案件があります。
その際はポイント数だけではなく、自分に便利でお得なクレジットカードを発行したいものです。
そのためにも、主なクレジットカードの特徴やポイント、登録方法などについても知っておくことが必要です。

また、ポイントサイトにおけるクレジットカードの活用方法も知っておきましょう。

目次

dカード入会方法

NTTドコモが発行しているdカードですが、dカードには、

・ポイント還元率が常に1%
・100円につき1ポイント貯まる
・dカード特約店での利用でさらにポイント還元アップ
・年会費は永年無料

などといったメリットがあります。
ドコモユーザーでなくてもdポイントクラブに入会すれば、利用可能です。
現在ではポイントが貯まるお店も増えているので、持っていて損はないでしょう。

dカードの入会方法はいろいろありますが、お得になる入会方法を紹介していきます。

dカードサイトから申し込む

dカードサイトにアクセスし、新規入会の申し込みをすれば入会できます。
新規入会、各種設定、Webエントリー、利用で合計8,000ポイントがもらえるのでお得です。
さらに、ドコモユーザーには次のような特典があります。

・毎月のドコモの利用料金をdカード払いにすると、dポイント1,000ポイントプレゼント
・入会の翌々月末までに専用サイトからのWebエントリー・利用で+25%ポイント還元

特典を得るには条件がありますが、このような特典を受けられるのはメリットでしょう。

ポイントサイトから入会する

ポイントサイトからdカードに入会する方法があります。
ポイントサイトは数多くあるので、どこから入会すればよりお得なのか比較検討することが大事です。
ただしキャンペーンは期間があるので、常にポイントがもらえるわけではありません。
注意して入会してください。

LINEアプリのショッピングから入会

LINEアプリのショッピングを経由してdカードを申し込むと、公式キャンペーンで8,000円相当のプレゼントと、LINEポイントが1,000円相当付与されます。

dカードポイントサイトの活用方法

前述したように、dカードを発行するならポイントサイトを活用すると、ポイントサイトで高ポイントを獲得することが可能です。
どのポイントサイトでdカード発行案件を扱っているか、主なポイントサイトを確認していきます。

dカード入会でポイントがもらえるポイントサイト

・モッピー
dカードに入会する際には、特典が大きいなどよりお得なポイントサイトを経由することです。
モッピーはポイントサイのト中でも人気のサイトです。
モッピー経由でdカードゴールドカードを発行すると、最大40,000円相当のポイントがもらえます。

・ハピタス
ハピタスも人気のあるポイントサイトの一つです。
ハピタスからdカード新規発行で1,000円相当のポイントが付与されます。

・ライフメディア
ライフメディア経由でdカードを発行すると、23,500円相当のポイント還元になります。

ポイントサイトから入会する際の注意点

ポイントサイトで行っているクレジットカード案件には、ポイントが付与される条件があります。
その条件をクリアしていないとポイントがもらえないので注意しましょう。
条件はそれぞれのポイントサイトによって異なるので、dカードをはじめクレジットカードを申し込む際は、詳細をしっかりチェックすることをおすすめします。

また、申し込みができるのは、初めてdカード、dカードゴールドに申し込む場合です。
すでにdカードを持っている人は、申し込みできません。
そして、カードを作成しても即時解約するとポイントは付与されないので注意してください。
1回利用することなど、条件がある場合もあるので確認が必要です。

ポイントサイトによってポイントが付与されるタイミングは異なります。
いつポイントがもらえるかは、それぞれのポイントサイトでチェックしてみてください。

ポイント サイト 三井住友カード の使用方法と登録方法

三井住友カードは、日本で最初にVISAカードを発行した実績のあるクレジットカードです。
一般カードをはじめ、プラチナカードや学生カードなど種類も豊富。
また、クレジットカードで支払いをすると「Vポイント」が貯まるのが特徴です。
利用金額200円で1ポイント付与されます。

三井住友カードのポイント交換先

貯まったポイントは買い物やサービスに利用できたり、他のポイントに移行できたりします。
加えて、VISAギフトカードや日用品、食料品、家電などの景品とも交換可能。
キャッシュバックも10ポイント5円の交換レートで交換可能で、ポイント移行は、ANAマイル、楽天ポイント、Tポイントに交換できます。

三井住友カードの入会キャンペーン

新規入会の際には、主に次のような特典があります。

・最大11,000円相当キャンペーン
三井住友カード デビュープラス、三井住友デビュープラス(学生)カードが対象。
Vポイントギフトコード1,000円分と利用の10%、最大8,000円分キャッシュバックされます。

・家族カード申し込みで2,000円相当のVポイントプレゼント
対象カードに新規入会(インターネット入会限定)する際、家族カードに申し込むと2,000円相当のVポイントがもらえます。

このほかにも、さまざまな入会キャンペーンを期間限定で行っています。

入会・登録の流れは次の通りです。

1.三井住友カードのホームページから希望のクレジットカードを選択し、申し込み内容を入力
2.支払い口座を設定
3.入会審査・カード発行
4.自宅にカードが到着

三井住友カード発行におすすめのポイントサイト

三井住友カードを発行する際には、ポイントサイトからの入会がお得です。
クレジットカード入会案件を取り扱っている、主なポイントサイトは次の通りとなります。

・モッピー
カード発行で最大19,000円相当のポイントを獲得できます。
広告の使用・登録方法は以下の通りです。

1.ポイントサイト内の広告サイトにアクセス
2.「申し込みはこちら」をクリック
3.規約を確認し同意
4.必要事項を入力
5.審査
6.カード発行

・ライフメディア
三井住友カードナンバーレス発行で12,000円相当、三井カード デビュープラスの発行で8,500円相当のポイントを獲得できます。
早期終了することもあるので、気になる人は早めの手続きがおすすめです。

三井住友カードとモッピーでANAマイルを貯めよう

モッピーでは三井住友カードの新規発行で高ポイントが貯まりますが、モッピーはANAマイルも貯めやすいポイントサイトです。
モッピーはポイントを獲得することでポイントの有効期限が延長します。

ANAマイルを貯めるにはそれなりの時間が必要なので、うっかりするとポイントを失効してしまうことも。
モッピーならそのような心配も少ないので、着実にポイントを貯められます。
さらに三井住友カードのポイントもANAマイルに交換できるので、ポイントサイトで貯めたポイントと合わせれば効率的にANAマイルを貯められるでしょう。

ポイントサイト エポスカードの使用方法と登録方法

丸井グループが発行しているエポスカードは、即日発行可能なクレジットカードです。
マルイでのショッピングではカード利用で10%オフになるなど、マルイでの買い物が多い人におすすめのこちらのカードは、海外旅行保険が自動付帯で付いているのもメリットといえます。

カード払いで貯まるエポスポイント

エポスカードで支払いをすると貯まるのが、エポスポイントです。
200円ごとの利用で1ポイント付与されます。

貯まったポイントは日用品や食料品、ギフトカードの交換、買い物やサービスでの利用、他社へのポイント移行が可能です。
ポイントはJAL・ANAマイル、Tポイント、エポスVisaプリペイドカードに移行できます。

エポスカードはサイトから登録できますので、指示に従い操作をしましょう。

エポスカード入会キャンペーン

エポスカードに入会すると、2,000円相当のエポスポイントがもらえます。
さらに、マルイの店で利用可能な2,000分のクーポンもプレゼント。
Webから登録をした場合のみ、両方の特典をもらえることができます。

エポスカードの入会キャンペーンは、カードの種類や申し込み方法によって異なりますので、それぞれのカードの特徴を把握し適したカードを選んでから、キャンペーンの内容をチェックしてください。

エポスカード発行におすすめのポイントサイト

エポスカードの発行案件は、モッピーやワラウライフメディアなど、いろいろなポイントサイトで取り扱っています。
タイミングによっては10,000円相当のポイントが付与されることもありますが、相場としては2,000~3,000円相当のポイントを獲得できるようです。

ポイント獲得条件は、初めてエポスカードに申し込むことのほか、キャッシング利用枠ありカードの発行となっています。
申し込む際には、キャッシング利用希望枠を設定しなければなりません。

ポイントサイト ヤフーカードの使用方法と登録方法

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)は年会費無料で、Tポイントが貯まるのが特徴です。
利用金額100円につきTポイントが1%貯まります。
TUSTAYAをはじめ、全国のTポイント提携先(コンビニエンスストアやドラッグストアなど)で、Tポイントを貯めたり、使ったりできてお得です。

また、電子マネーPayPayと連携したため、PayPay支払いでPayPayボーナスライトも付与されます。

Tポイントを貯めてお得に利用

通常、Tポイントの提携先でヤフーカードを使えばポイントがつきますが、よりお得にポイントを獲得する方法があります。
一つは5のつく日は最大5%のポイントが付与、また通常の3倍のPayPayポイントが7倍にアップすることです。

Yahoo!プレミアム会員になれば、Yahoo!ショッピングでの買い物でポイントが5%にアップ。
さらにソフトバンクユーザーになれば、通常ポイントが1%、ソフトバンクユーザーとしてプラス5%、さらプレミアム会員として4%プラスされます。

・ヤフーカードへの登録方法
ヤフーカードへの登録方法は次の通りです。

1.Yahoo! JAPAN IDを取得
2.申し込みフォームに必要事項を入力(好きなカードデザインを選び、名前や住所などの情報を入力)
3.審査(最短2分で審査完了)
4.メールアドレスに審査結果が届く
5.カード発行(1週間~10日程度で届く)

さらにカードが手元に届いたら、初回登録手続きを行います。

1.カード会員サービスメニューの「会員の方はこちら」をクリック
2.ヤフーカード表面に記載されている番号・カード有効期限を入力
3.「登録して次へ」をクリックし、「Tポイント利用手続き」へ

・Yahoo! JAPANでTポイントを利用するための手続き
貯めたTポイントをYahoo! JAPAN で使うためには、Tポイント利用手続きが必要です。
会員サービスメニューにログインし、初回登録を行います。

・PayPayボーナスライトをもらうための登録方法
PayPayボーナスライトをもらうには、次の手順で登録します。

1.「PayPayに登録する」をタップ
2.携帯電話番号を登録
3.SMSで届いた確認コードを入力
4.利用規約に同意してPayPayに登録
5.PayPayの登録とYahoo!JAPAN IDの連携が完了

ヤフーカードの入会キャンペーン

過去には、10,000円相当のTポイントプレゼントや、4,000円相当のPayPayボーナスライトなどがもらえるキャンペーンを開催していたこともあるヤフーカードですが、入会キャンペーンを行わないことも多いです。

そうは言っても、入会するならキャンペーンで特典をもらった方がお得ですので、こまめにwebサイトをチェックしましょう。

ポイントとしては、カードの発行が少ない時期や出費が増える年末年始は注意してチェックすることです。
春や秋など転職や転勤が増える時期はクレジットカードが多く発行されるため、キャンペーンも開催しにくくなります。
一方、年末年始やクリスマスなど出費が多い時期には、クレジットの利用を促すためキャンペーンなどを開催しやすくなっています。

ポイントサイト利用でよりお得に

他のクレジットカードと同様、ヤフーカードもポイントサイトからの発行がおすすめ。
なかでもおすすめなのは、ポイントタウンやハピタス、モッピー、ちょびリッチ、ポイントインカムなどです。
タイミングにもよりますが、こちらのポイントサイトからヤフーカードを発行すると、5,000円~6,000円相当のポイントが付与されます。

また、ポイントサイト経由でのショッピングでもポイントが付与されるのでお得です。
購入金額やポイントサイトによってポイント還元率は異なりますが、商品代金の0.5~1%のポイントが付与されます。

ポイントサイト セゾンカードの使用方法と登録方法

クレディセゾンが発行しているセゾンカードの特徴は、永久不滅ポイントです。
貯めたポイントに有効期限がありません。

カードの種類も豊富ですが、スタンダードなセゾンカードインターナショナルも、年会費無料で永久不滅ポイントが貯まる人気のカードです。
アメリカン・エキスプレスカードと提携している点も特徴で、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはQUICPayの利用で3%相当のポイント還元が魅力となっています。

セゾンカードの永久不滅ポイントは1,000円で1ポイント

クレジットカードの利用で貯まるポイントは、利用金額1,000円ごとに1ポイントです。
貯まったポイントはJAL・ANAマイル、dポイントなどに移行可能。

または日用品や食料品、ギフトカードなどと交換もできます。

セゾンカードの入会キャンペーン

セゾンカードの入会キャンペーンは期間限定でいくつかありますが、主なものをクレジットカードの種類ごとに紹介します。

・セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
最大10,000円分割引クーポン、最大10,000円分のポイントプレゼント

・三井ショッピングパークカード《セゾン》
新規入会キャンペーン・最大3,500円分プレゼント

・セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
入会・利用で8,000円相当をプレゼント(WEB限定)

・さくら野セゾンカード
新規入会・クレジット払い限定「お買い物クーポン券500円分」プレゼント

・みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
公共料金等クレジットカード払い開始で100ポイントプレゼント

ポイントサイトからのセゾンカード発行

セゾンカードの発行案件はワラウで取り扱っています。
対象はMileagePlusセゾンカード。
新規カード発行で3,400円相当のポイントが付与されます。
獲得条件は、MileagePlusセゾンカードの申し込みが初めてで、カード発行後に受取完了することです。

MileagePlusセゾンカードはマイル還元率最大1.5%。
マイルの有効期限もなく、貯めたマイルはユナイテッド航空、ANAなどの特典航空券に交換可能です。
2年目以降は500マイルのプレゼントがあります。
さらに、最高3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されているのもメリットです。

ポイントサイトのJCBカードの使用方法と登録方法

日本唯一の国際ブランドJCBは、国内はもちろん、海外でも幅広く使える信頼性の高いクレジットカードです。
JCB独自のOki Dokiポイントは1,000円の利用ごとに1ポイントが貯まり、ポイント還元率は、年間のクレジット利用額に応じて、アップします。

Oki Dokiポイントの使い道

貯めたポイントは食料品や日用品、ギフトカードと交換したり、電子マネーや他社へのポイントに移行したりできます。
移行できるポイントが多いのも特徴です。

JAL・ANAマイル、デルタ航空マイル、Tポイント、nanacoポイント、WAONポイント、dポイント、楽天スーパーポイント、WALLETポイント、ビックポイントなどがあります。
さらに、楽天Edyやスターバックスカードなどにも移行可能です。

JCBカードはサイトから入会申し込みができます。

JCBカード入会キャンペーン

JCBカードは種類ごとに入会キャンペーンを実施しています。
期間限定なので、キャンペーンを見逃さないようにしましょう。

・JCB CARD W
新規入会でAmazonプライムギフトコードを3ヶ月分プレゼント。
Amazon.co.jp利用で最大30%キャッシュバック。

・JCB一般カード
最大4,000円相当分プレゼント。
スターバックスオンライン利用で最大8%相当還元。

・JCB CARD W Plus
Amazonプライムギフトコードを3ヶ月分プレゼント。
Amazon.co.jp利用で最大30%キャッシュバック。

・JCBプラチナ
8,000円相当分プレゼント。
スターバックスオンライン利用で最大8%相当還元。

・JCB EXATAGE GOLD
8,000円相当分プレゼント。

・JCBゴールドカード
5,000円相当プレゼント。
スターバックスオンライン利用で最大8%相当還元。

ポイントサイト経由でJCBカードを発行

JCBカードを発行するなら、ポイントサイトを利用しましょう。
JCBカード発行で、ポイントが獲得できる主なポイントサイトを紹介します。

・モッピー
ANA JCBカード(ソラチカカード)の新規発行で4,500円相当のポイントを獲得できます。
18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある人、日本に金融機関の個人口座を持っている人が対象です。
ポイント獲得条件は、申し込みから3ヶ月以内に新規カードの発行ができること。
ポイントの反映は発行後60日前後です。

・ECナビ
JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの新規カード発行で、12,000円相当のポイントを獲得できます。
ポイント加算条件は申し込みから3ヶ月以内にカードを発行すること。
ポイント加算時期は翌々月末頃です。

・げん玉
JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの初回カード発行で、8,000円相当のポイントを獲得できます。
有効ポイントは2ヶ月程度。
なお、このサービスで獲得したボーナスポイントは、友達還元ポイントの対象外です。

・ポイントインカム
JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの新規カード発行で、12,000円相当のポイントが獲得できます。
ポイント承認期間は、獲得条件達成後、約80日です。

・ハピタス
JCB一般法人カードの新規発行で22,000円相当のポイントが獲得できます。
判定までの期間は、カード受取後約120日です。

ポイントサイトを利用したカード発行の方法と注意点

クレジットカードを新規発行するなら、ポイントサイトを利用した方がお得です。
しかし、ポイントサイト経由でクレジットカードを発行する場合は、次の点に注意しなければいけません。

まずはポイントサイトに登録

ポイントサイトからクレジットカードを発行する場合、まずはポイントサイトに登録が必要です。
登録方法はポイントサイトのサイトから、「登録する」「新規会員登録(無料)はこちら」などをクリックすれば、登録画面に切り替わります。
そこで必要事項を入力すれば登録完了です。

また、クレジットカード案件のページからも登録画面にジャンプできます。
登録すればクレジットカード発行案件だけでなく、登録したポイントサイトのコンテンツを利用可能です。

ポイント獲得条件を確認

クレジットカード案件にはポイント獲得条件があるので、必ずチェックしましょう。
申し込みだけでなく利用した後にポイントが獲得できるものや、申し込みをしてすぐに解約するとポイントが獲得できないものもあります。

また3ヶ月以内に発行など、期間が指定されているものもあるので注意が必要です。
このように、それぞれのクレジットカードの条件をクリアしないと、ポイントが付与されません。

当然ですが、クレジットカードを発行する際には審査があります。
審査に通らないとクレジットカードは作成できないし、ポイントも獲得できません。
審査に落ちないよう、現在使用しているクレジットカードの支払いは、きちんと済ませるようにしてください。

短期間に複数枚の申し込みをしない

ポイントサイトのクレジットカード案件は、一度に高ポイントを稼げる魅力的な案件です。
しかし短期間に何枚も申し込むと、審査に通りにくくなるので注意しなければいけません。

短期間で何度も申し込むと、個人信用情報機関に影響することがあります。
クレジットカード会社がその情報を確認すると、「本当に支払いができるか?」と疑うので、審査が通りにくくなってしまいます。

クレジットカードの申し込みは多くても月に2枚程度にしておきましょう。

クレジットカード案件の選び方

ポイントサイトにはさまざまなクレジットカード案件があります。
そのため、どれを選べばよいか迷ってしまうかもしれません。
ここでは選び方のポイントを挙げてみます。

・ポイント数で選ぶ
少しでも高いポイントが欲しいなら、ポイント数で選ぶという方法もあります。
ただしポイントは変動することも多いので、早めに申し込みをした方がよいでしょう。
ポイントアップ期間などもあるので、そのタイミングで申し込むとよりお得です。

しかしポイント数が高い案件には、「リボ払い登録」や「キャッシング枠の登録」などの条件があることも。
これらは便利な機能ですが、使いすぎると支払いが大変になってしまいます。
本当に必要かどうかを検討し、申し込むようにしてください。

・ポイントサイトを比較する
同じクレジットカード案件でも、ポイントサイトによって獲得できるポイント数が異なります。
カードが発行される前でも、一度申し込んでしまうと他のサイトで同じ案件に申し込むことはできません。
複数のポイントサイトを比較し、高いポイントが獲得できるサイトを選びましょう。

ポイントはポイントサイトによって1p=1円とは限りません。
ポイントの交換レートも必ず確認してください。

また、複数のポイントサイトに登録するのはよいのですが、数が増えすぎるとデメリットもあるので注意が必要です。
そのデメリットの一つとは、個人情報の流出のリスクが高まること。
多くのポイントサイトではプライバシー保護をするなど、個人情報の取り扱いに配慮をしていますが、すべてのポイントサイトがそうとは限りません。

ポイントサイトを安易に増やすと、危険なサイトに登録してしまうリスクも高くなります。
そのようなことがないよう、信頼できるポイントサイトを選びましょう。

また、多くのポイントサイトに登録すると、メールマガジンなどのお知らせも増えていきます。
その数が多いと、本当に必要な情報を見逃してしまう可能性も。
そのようなことがないよう、ポイントサイトは増やしすぎないようにしてください。

・使用目的で選ぶ
クレジットカードには独自のポイントのほか、加盟店での利用でポイントが付与されるものが多いです。
自分がよく利用する店舗が加盟店に入っているかどうかを確認し、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを選びましょう。
また、年会費やポイント還元率、ポイントの有効期限なども比較し、使いやすいカードを選ぶことが大切です。

・クレジットカードのキャンペーンをチェック
クレジットカードが入会キャンペーンを開催している場合があります。
そのチャンスを利用しない手はありません。
キャンペーンでは高いポイントがプレゼントされたり、買い物の還元率が高くなったり、さまざまな特典があります。
クレジットカード本体のキャンペーンを確認し、そのタイミングで申し込むとお得です。

ポイントサイトのショッピングでクレジットカードを活用

ポイントサイトの活用法はクレジットカードの発行だけではありません。
ショッピングにおいてもクレジットカードのポイントを貯めることができます。

ポイントサイトからは、さまざまなショッピングサイトにアクセスすることが可能です。
ポイントサイト経由で買い物をすれば、ポイントサイトのポイント、ショッピングサイトのポイント、さらにクレジットカードを利用すればクレジットカードのポイントがつきます。

ポイントサイトを選ぶ際には、自分のクレジットカードを買い物やサービスで利用したとき、どれくらいの還元率になるかを比較してください。
また、ショップ先は多い方が便利ですね。

モッピーなら楽天市場や楽天トラベル、YAHOO!ショッピング、じゃらんやGU、ビックカメラなど3,000以上のショップが利用できます。
ハピタスもドミノピザやホットペッパービューティ、セブンネットなど3,000以上のサービスが利用可能。

ショップ数やショップの種類、還元率などを比較し、自分に適したポイントサイトで買い物をしたり、サービスを利用したりしましょう。

ポイントサイトで役立つクレジットカードと活用方法のまとめ

ポイントをしっかり貯めるなら、ポイントサイトを活用するのもおすすめです。
中でもクレジットカード発行案件は、高いポイントを獲得できるチャンスといえます。
ただし、ポイント数は日によっても変動するので、こまめにチェックしてチャンスを逃さないようにしてください。

また、ポイント数が高いからと使わないクレジットカードを発行しても意味がありません。
年会費やポイントの貯め方などを含め、自分に適したクレジットカードを選ぶことも必要です。
クレジットカードを手に入れたら、ポイントサイトでショッピングを楽しみましょう。
ただし、使いすぎには注意することも大切です。