Amazonでドロップシッピングはできる?メリットや注意点も解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
この記事ではAmazonでドロップシッピングができるのかどうかについて知りたい
という方のために、メリットや注意点について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. Amazonでドロップシッピングができるかどうかがわかる
  2. Amazonドロップシッピングのメリットがわかる
  3. Amazonドロップシッピングの注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、Amazonのドロップシッピングについて解説をしていきます。

Amazonでドロップシッピングはできる?

今や知らない人はいないといっても過言ではない大手通販サイト、Amazon。

圧倒的な品ぞろえとスピーディな配送で人気となり、日本国内でも多くの方が利用しています。

そのAmazonを利用してドロップシッピングビジネスを始めることはできるのかと疑問に思っている方もいるかもしれません。

結論からお伝えすると、Amazonドロップシッピングは可能です。

ここでは、Amazonドロップシッピングのメリットも併せてお伝えしましょう。

Amazonドロップシッピングは可能

Amazonを利用したドロップシッピングは可能です。

かつては、Amazonを利用した無在庫販売が後を絶たず、一時期は大きな問題にもなっていました。

オークションサイトやフリマアプリなどに出品されている商品の画像をAmazonに転用し、販売を行うといった手口が横行したのです。

さまざまなトラブルも発生し、一時期はドロップシッピングが禁止されるのではないかとの話もありました。

しかし、現在ではAmazonが正式にドロップシッピングを認めています。

Amazonが公式で、ドロップシッピングを認める声明を出したのです。

ただ、いかなる場合でも認められる場合ではなく、ドロップシッピングポリシーを遵守しているケースに限り認めています。

これについてはのちほど詳しくお話しします。

Amazonドロップシッピングのメリット

「わざわざAmazonを利用するメリットは何?」と疑問を感じた方もいるかもしれません。

いくつかのメリットが挙げられますが、ひとつには自身でネットショップを立ち上げる必要がないということです。

Amazonのプラットフォームをそのまま利用できるため、わざわざ自身でネットショップを作る必要がありません。

また、それ以外にもAmazonドロップシッピングには大きなメリットがあります。
詳しく見ていきましょう。

利用しやすいプラットフォーム

Amazonのプラットフォームは、誰もが利用しやすいよう緻密に計算されています。

だからこそAmazonは、世界中で高い人気を誇る通販サイトへと成長したのです。

ネットショップの運営において注力すべきポイントはいくつかありますが、ユーザービリティを意識したサイト設計はとても重要です。

見にくい、使いにくいといったサイトなら、お客様は好んで使いたいとは思えないでしょう。

その点、Amazonのプラットフォームは見やすいうえに使いやすく、ユーザービリティに配慮した設計となっています。

ユーザービリティまで細かく意識したサイトを自身で制作するのは難しいですが、Amazonドロップシッピングなら、最初からAmazonの使いやすいプラットフォームでビジネスを行えます。

世界的なブランド力

Amazonは、日本国内のみならず世界的な知名度を誇ります。

現在では、アメリカやイギリス、ドイツ、フランス、カナダ、インド、オーストラリアなど、世界中の人々がAmazonを利用しています。

世界的なブランド力を背景とした、集客力が魅力のひとつです。

ネットで買い物をするときはAmazonを使う、という方も多いかもしれません。

多くの方に、「ネット通販=Amazon」という図式が完成しているのです。

Amazonのサイトには、日常的に多くの方がアクセスします。

つまり、勝手にお客様がどんどん集まってくれるということです。

仮に、自身でネットショップを立ち上げた場合、集客するだけでも一苦労です。

圧倒的なブランド力と知名度を背景とした集客力こそ、Amazonドロップシッピングのメリットといえるでしょう。

Amazonドロップシッピングの注意点

いくつものメリットがあるAmazonドロップシッピングですが、覚えておくべき注意点があるのも事実です。

注意点を理解していないと、今後Amazonを利用したビジネスができなくなる恐れがあります。

覚えておくべきことは、ドロップシッピングポリシーを守る必要がある、権限が取り消される恐れがある、責任の所在は出品者にある、の3つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ドロップシッピングポリシーを守る必要がある

Amazonでドロップシッピングビジネスを行うにあたり、ドロップシッピングポリシーを守らなくてはなりません。

これは、Amazon側が決めた絶対的なルールです。

かつて、Amazonは無在庫販売の温床となっていました。

問題のある出品者も多く、Amazonが信頼を失ってしまうリスクも負っていました。

そこで、Amazonは今までグレーゾーンだった無在庫販売を管理するため、ドロップシッピングポリシーを制定したのです。

ドロップシッピングをAmazonで行うにあたり、絶対に守るべきルールを定めました。

ドロップシッピングポリシーには、出品者が守るべきルールや禁止事項などが定められておりAmazonを利用してビジネスを行う以上守る必要があります。

権限が取り消されるおそれがある

ドロップシッピングポリシーは、Amazonドロップシッピングに取り組むうえで絶対に守るべきルールです。

万が一ルールを破った場合、それなりのペナルティが科せられてしまいます。

具体的には、出品者の権限停止、または取り消しなどの処置をとられてしまう恐れがあります。

権限の一時停止なら時間が経てば再度利用できますが、取り消されてしまうと問題です。

権限を取り消された場合、今後Amazonドロップシッピングができなくなる可能性があります。

このような事態にならないよう、出品者は必ずドロップシッピングポリシーを守らなくてはなりません。

責任の所在は出品者にある

Amazonが定めたドロップシッピングポリシーには、責任の所在が出品者にあることを明記しています。

ドロップシッピングは認めるものの、購入者とのトラブルにAmazonは関知しない、責任はあくまで出品者にあるといった点です。

そのため、仮に購入者とトラブルになったときは、Amazonが仲介に入ってくれることはありません。

クレームへの対応やトラブルの処理も、すべて自身で行う必要があります。

Amazonでドロップシッピングを始めよう

覚えておくべき注意点があるのは事実ですが、それを差し引いてもAmazonドロップシッピングには大きなメリットがあります。

世界的なブランド力を活かした集客力は、Amazonならではです。

自身でネットショップを立ち上げる必要もないため、Amazonドロップシッピングはおすすめです。

ドロップシッピングポリシーを理解し、遵守しつつAmazonドロップシッピングにチャレンジしてみましょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。