ドロップシッピングでネットショップを開業するには?流れや注意点を紹介

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ネットショップを開業する方法について知りたい
という方のために、気軽にビジネスを始められるドロップシッピングでの開業方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ドロップシッピングでの開業がおすすめな理由を知ることができる
  2. ドロップシッピングでネットショップを開業する流れがわかる
  3. ドロップシッピングで開業・経営する際の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ドロップシッピングはどのような手順で開業できるのか、詳しく解説していきます。

ネットショップならドロップシッピングでの開業がおすすめ

ドロップシッピングにはいろいろなメリットがあり、普通にネットショップを立ち上げる方法よりも簡単に開業できます。

まずはドロップシッピングでの開業がおすすめな理由からご紹介しましょう。

仕入れから発送までの負担が少ない

ドロップシッピングの良いところは、仕入れから発送までの手間を省けることです。

本来のネットショップは売りたい商品を仕入れて在庫に保管し、注文を受けたら発送するという流れで販売を行います。

発送前には納品書や請求書の発行が必要で、梱包や発送の作業も基本的には自分で行うことになります。

一方、ドロップシッピングは在庫を抱えずにネットショップの経営が可能なシステムです。

注文が入ったら契約するメーカーや卸売業者に伝え、自分のお店名義で購入者に届けてもらえる仕組みとなっています。

つまり、仕入れに必要なコストや在庫管理、発送までの作業といった負担を少なくできるメリットがドロップシッピングにはあるのです。

開業届の提出や販売許可が基本的に不要

ドロップシッピングなら基本的に開業届や販売の許可が不要なので、その点も気軽に開業できる理由につながっています。

普通ならお店を開く際、管轄の税務署に開業届の提出が必要です。

さらに、化粧品や健康食品など売る商品によっては法律の関係上、許可の届出も必要となります。

ドロップシッピングだと販売自体は契約するメーカー・卸売業者となるので、基本的に開業届などの提出は不要なのです。

ただし、開業届の提出が必要となるケースもあります。

大手ショッピングモールへの出店や、税金の控除を受けるために青色申告で確定申告したい場合は開業届の提出が必要です。

ドロップシッピングでネットショップを開業する方法

ネットショップを開業したい方のために、ここからはドロップシッピングを始める流れをご紹介します。

DSPに登録

ドロップシッピングではDSPに登録して始めるケースが一般的です。

DSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダー)とは、ネットショップを経営したい人に向けてメーカーや卸売業者の仲介を行ってくれる代理店を指します。

登録すると代理店で取り扱う商品を自分のネットショップに掲載できるようになります。

お店の特徴などの情報は代理店から入手できるので、それを上手く活用して販売していくことが可能です。

DSPはいろいろなサービスがあります。

取り扱う商品のジャンルや、楽天市場やYahoo!ショッピングなど利用できる出店先などを確認して、自分に合ったDSPを選びましょう。

ネットショップを出店

次に売りたい商品を掲載する自分のネットショップを作っていきましょう。

ネットショップの出店方法には、モール型とASPカート型の2パターンがあります。

モール型の特徴

複数のショップが出店し、1つの巨大なショップを形成しているECサイトがモール型です。

代表的なECサイトには、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどがあります。

モール型のメリットは、簡単に出店できることです。

既存のプラットフォームを使ってネットショップを開けるので、わざわざ独自ドメインの取得やサイトのデザインを考えるといった手間を省けます。

知名度の高いECサイトへの出店であれば、利用者も多いので集客もしやすいというメリットもあります。

しかし、出店料や運営コスト、広告料、売上に応じた手数料など、さまざまな部分でコストがかかるところがデメリットです。

また、ECサイト内での運営となるのでお店のブランディングが難しい、類似商品の価格競争が激しく利益率が下がることもあるといった懸念もあります。

ASPカート型の特徴

ASPカート型は、ECサイトを作るうえで必要なシステムをクラウド形式で提供しているプロバイダーサービスのことです。

低コストで自分のECサイトを立ち上げることができ、システムの更新はプロバイダー側が行ってくれるので最新機能を利用できるメリットがあり、気軽に運用できます。

ただし、共通のプラットフォームをレンタルして運営する形となるので、機能のカスタマイズが基本的にできません。

独自サービスの提供や売り方は難しいというデメリットがあります。

しかし、最近はカスタマイズできるASPも登場するようになりました。

必要な機能の追加や豊富なテンプレートからデザインを選んでサイトを構築できるなど、自由度の高いASPもあります。

それぞれの出店方法にはメリットとデメリットがあるので、自分に合った方を選んで準備していきましょう。

販売したい商品を掲載

ネットショップを立ち上げたら、次はDSPの取り扱っている商品から売りたいものを選んで掲載していきましょう。

商品ごとに売れやすい時期が存在します。

まずはDSPの販促サポートなどを活用し、今売れやすい商品を探し出していくと良いでしょうです。

とくに新商品や季節イベントに関係する商品は売れる傾向があります。

集客活動

ネットショップを開業した時点では消費者に認知されていないので、自ら宣伝していきましょう。

宣伝方法はいろいろありますが、コストをかけずにできる方法はSNSの活用です。

SNSでは商品の写真とテキストを投稿して、売り出している商品やショップの宣伝ができます。

拡散機能もあるので、上手く拡散されれば自動的に集客されるメリットもあります。

ほかにもブログやリスティング広告、口コミも集客手段として有効です。

しかし、運用にコストもかかるので、コストをかけずに始めたいときはSNSや無料ブログを活用して集客していくと良いでしょう。

ドロップシッピングの開業・経営での注意点

ドロップシッピングでネットショップを開業・経営するにあたり、いろいろと注意点があります。

開業や経営を成功させるためにも、ここで注意点を確認していきましょう。

ネットショップのコンセプトを明確にする

ネットショップを開業する前に、まずはお店のコンセプトをはっきりさせましょう。

ドロップシッピングでは様々な商品があるので、売れそうな商品は多く掲載したいところです。

しかし、コンセプトを考えずにあれもこれもと商品を掲載してしまうと、見づらいネットショップになってしまいます。

ユーザーにとって効率良く、そして気持ち良くネットショッピングができるように、お店のコンセプトをしっかり作りましょう。

ネットショップは第一印象が大事

見づらいレイアウトだとユーザーの購買意欲が下がってしまうこともあるので、第一印象の良いECサイトを作りましょう。

ECサイトは必要な情報をわかりやすく伝えられる、シンプルなデザインにすると滞在時間や回遊率のアップにつながります。

また、アクセスして3秒で離脱するかどうかが決まると言われているので、ファーストビューでユーザーの心を掴む情報が必要となります。

見やすいサイトにするために、文字の大きさや配色などに配慮してデザインすることも大事です。

今はスマホからアクセスする人も多いので、どのデバイスでも見やすいサイトにしていく工夫も必要です。

集客に工夫が必要

SNSだけで集客が難しい場合は、ほかの方法でも集客が必要です。

ブログであれば、ネットでよく検索されるキーワードと掲載する商品に関連するキーワードを設定して、購入意欲を高める記事を作って宣伝していくと良いでしょう。

また、広告費がかかりますがリスティング広告もおすすめです。

リスティング広告とは、検索エンジンで検索されたキーワードと連動して表示される広告です。

手軽に集客できるリスティング広告だけでは、売上が伸びたとしても広告費により利益率は低くなってしまいます。

そのため、無料で利用できるSNSやブログ、動画などを組み合わせて集客し、一定の利益率を保っていきましょう。

売りたい商品の情報はよく調べる

ドロップシッピングで売りたい商品が決まったら、その商品の情報は細かく把握しておきましょう。

たまにお客様から商品に関する質問などをされることがあります。

しかし、商品のことを知らないと適切な回答ができません。

お問い合わせに対して誠実に回答できなければネットショップの信用に関わるので、積極的に情報を集めて対応できるようにしましょう。

頻繁に掲載商品の変更が必要

ドロップシッピングを使ったネットショップは、定期的に掲載商品の変更が必要になります。

掲載している商品の人気が下がったためにメーカーが製造を止めたり、卸売業者が取り扱いを止めたりすることがあります。

そうなると商品の販売ができなくなるので、掲載する商品の変更が必要です。

ほかにも、製造されていても人気がなくて売れない商品を掲載している、売り切れで注文を受けられないといったときも変更が必要です。

常に利益を上げられるように、頻繁な商品の入れ替えも大事な作業となります。

始め方を知ったうえで開業を検討してみよう

今回はドロップシッピングを活用したネットショップの開業方法をご紹介しました。

ネットショップへの開業にハードルを感じていた人も、ドロップシッピングでの始め方を知ることで前向きに検討できるでしょう。

ドロップシッピングなら在庫を抱える必要がなく、発送までの手間が省けるので気軽にネットショップの運営を実現できます。

ネットショップでお金を稼ぎたいという方は、ぜひドロップシッピングでネットショップ販売を始めてみてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。