【ドロップシッピング】トップセラーを選ぶ理由!使い方や運営のコツを解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
トップセラーついて知りたい
という方のために、トップセラーついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ドロップシッピング仕入れサイトのトップセラーの使い方がわかる
  2. トップセラーを選ぶメリット・デメリットがわかる
  3. トップセラーを利用すべきかどうかの判断ができる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではトップセラーについて解説をしていきます。

トップセラーの特徴

トップセラーとは、在庫を持たずにネット販売を行うことができるドロップシッピングサイトの1つです。

2020年4月にサービスを終了した「もしもドロップシッピング」が運営していることでも知られています。

トップセラーは25万点の商品数を出品しており、自分で在庫を持たずにネットショップを持つことができるところがポイントです。

自身での仕入れを行う必要がないことと、商品数の多さがトップセラーの大きな特徴となります。

取り扱っている商品もバラエティに富んでおり、ファッションやインテリアなどから家電やフードなど多岐に渡っています。

ジャンルが幅広いことや商品数の多さは、消費者にとっても魅力的なポイントです。

そしてトップセラーを利用すれば、ネットショップのノウハウを勉強することもできます。

ネットショップ運営を行う人には、初めにトップセラーでウォーミングアップをしてから、本格的に事業を広げていく人もいます。

このように、トップセラーの大きな特徴は在庫リスクがないことと、出品数の多さといえるのです。

トップセラーを利用する魅力

ドロップシッピングサイトの中からトップセラーを選ぶ理由とは、どんなものがあるのでしょうか。

トップセラーがドロップシッピングサイトとして選ばれるのは、利用者にとってなんらかの魅力があるからです。

ネットショップを運営する多くの人が感じているトップセラーを利用する魅力について、みていきましょう。

在庫リスクがない

トップセラーの大きな魅力は、在庫リスクがないことです。

ネットショップを運営するとき、頭を悩ませるのは在庫リスクではないでしょうか。

売れない在庫を抱えてしまうことは、ネットショップにとって大きなリスクです。

トップセラーは無在庫販売に特化しているため、商品数を多く扱っても在庫を抱えるリスクがありません。

無在庫販売ができる理由は、トップセラーが注文の発送をしてくれるからです。

お客さんからの注文を、トップセラーに注文を入れることで発送してくれます。

これにより、手間がかからず在庫を抱えることなく、ネットショップの運営を行うことが可能です。

少額資金でもはじめられる

トップセラーを利用するもうひとつの魅力は、少額資金でも始められることです。

通常ネットショップを始めるには、商品を仕入れる必要があります。

そのため運営を開始するにあたって、ある程度の資金を用意しておかなければなりません。

しかしトップセラーを利用する場合は、商品の発送はメーカー直送となるため資金が少ない状態でもスタートできます。

仕入資金がゼロの状態でも、トップセラーを利用すればドロップシッピングを行うことができるのです。

ネットショップ運営を始めたいけど資金が少ない、という人にとって、これは魅力的なポイントといえます。

ショッピングモールに出店可能

トップセラーを利用してネットショップを運営する魅力は他にもあり、ショッピングモールに出店することが可能なことも挙げられます。

ネット上のショッピングモールには楽天市場やYahoo!ショッピングなど、また独自のモールとしてカラーミーショップなどもあるのです。

既にネットショップを運営している人なら、ショッピングモールや自分のショップでトップセラーの商品を販売することが可能。

独自のネットショップに在庫数を増やすことができるため、幅広く集客を増やすことができます。

商品のデータはCSV形式でダウンロードできるため、画像や説明文などの素材も使用できるので手間もいりません。

トップセラーを利用するデメリット

メリットが多いトップセラーですが、注意点やデメリットもあります。

魅力があるドロップシッピングサイトだという認識は大事ですが、デメリットを理解しておくことが成功につながるポイントです。

ドロップシッピングサイトとしてトップセラーを利用する場合の注意点や、デメリットについてみていきましょう。

利益率が高くない

トップセラーを利用して大きな利益を得ることも可能ですが、基本的に自社ですべてをまかなうショップと比べると、利益率は低いと言われています。

これは、在庫リスクが少ないことを考えれば当然のことです。

在庫を抱えることがない代わりに、卸値はやや高い場合があります。

かりに利益率が高い商品を選んで販売したとしても、考えることはみんな同じなのでそれだけでは収益につながらないのです。

また、在庫を抱えず手間も掛けずに1万円の利益があるのなら、工夫次第ではより利益率を上げることもできます。

トップセラーで利益を多く出したいなら、利益率が高くないことをベースに戦略を立てていきましょう。

ライバルや競合が多い

トップセラーを利用するデメリットには、ライバルや競争相手が多いことも挙げられます。

ドロップシッピングサイトを利用してネットショップを運営している人は、予想以上に多くいるのです。

国内のドロップシッピングサイトはそう数が多いわけではないので、必然的にライバルも多いことに。

売れ筋の商品はかぶることが多いため在庫切れになりやすく、大手モールの値段の安さに負けてしまうなど、競争が激しい世界となります。

ライバルに勝つためには販売する商品の選択だけでなく、ブログなどを工夫するなど努力が必要です。

競争はデメリットですが、工夫次第でメリットに変えることも十分可能だと言えます。

手間がかかる

売上を伸ばすためには、ひと手間必要なこともデメリットです。

トップセラーは発送などの手間は掛かりませんが、利益を得るためには他の部分で手間が必要となります。

何もせずヒット商品が売れ続ければ問題ありませんが、継続する保証はありません。

トップセラーを利用して利益を出したいなら、サイトを工夫する必要があります。

ブログに自分の体験談を加えるなど工夫する、売れそうな商品を自ら売れ筋にする打ち出しを考えるなどのひと手間が必要です。

これらをデメリットと感じる部分もありますが、発送などの手間がない分そこに時間を割くことができることはメリットと言えます。

トップセラーのはじめ方

初心者の人が気になるトップセラーの始め方について解説していきます。

トップセラーを利用するにはどういう手順で進めていくのか、どういったことを準備すべきなのか知っておきましょう。

登録をする

トップセラーを利用する場合は、まずホームページから登録を行います。

公式トップセラーのホームページから、無料会員登録を選んで登録作業に進みます。

メールアドレスを入力すると、登録したアドレスにメールが届くので確認してください。

メールに添付されたURLをクリックし、本登録に進みます。

個人情報や、既にショップがある人はストアの情報を入力すれば登録完了です。

念の為、登録内容はしっかり確認するようにしましょう。

商品プランを選ぶ

トップセラーへの会員登録を済ませたら、商品プランを選びます。

セレクトコースと全商品コースがあるので、自分のプランに合う方を選びましょう。

全商品コースは、2万点以上の商品を掲載できるショップが対象で、取り扱うことができる商品は決まっており、セレクトコースは、上限は2万ですが好きな商品を選ぶことができるプランとなっています。

トップセラーは、掲載する商品の点数でプランが分かれていることが特徴です。

セレクトコースには、0円のお試しプランもあるので試してみるのもよいでしょう。

在庫自動同期オプション

トップセラーが対応しているショッピングモールを利用する場合は、在庫自動同期オプションを選ぶことができます。

トップセラー1つのアカウントに対して、3つのサイトまで利用可能です。

在庫自動同期オプションは、サイトに在庫が自動的に反映されます。

商品数をたくさん扱う場合は、在庫自動同期オプションがあると非常に便利です。

モールへの連携を考えている場合は、在庫自動同期オプションを検討してみましょう。

ネットショップを作成する

ネットショップをまだ持っていない人は、ネットショップを開設しましょう。

ネットショップの形態には、モール型とASPカート型があります。

簡単に言えば、モールは百貨店のテナントでASPカートは路面店ということです。

多くの集客を見込めるメリットはモール型ですが、自由度が高くオリジナリティを発揮できるのはASP型と言えます。

自分がどのようなショップを目指すのか、メリット・デメリットを理解して選びましょう。

商品を販売する

ネットショップを開設したら、必ずトップセラーにURLを登録しましょう。

URLを登録することで、トップセラーの商品を販売することが可能となります。

トップセラーの商品は毎日更新されています。

データは1日1回ですが、在庫状況は何度も更新されているのでチェックが必要です。

セレクトプランの場合はどんな商品を販売するのか選び、全商品プランの場合は内容をチェックしましょう。

トップセラーを上手く利用するコツ

トップセラーを上手く利用して、利益を上げるコツとはどんなものなのでしょうか。

ネットなどで、ドロップシッピングによってもうかったという記事も目にすると思いますが、成功するためにはそれぞれ秘けつがあるはずです。

トップセラーを上手く利用してネットショップを運営するコツについて、みていきましょう。

ネットショップを持つ

商品を販売したい場合、ブログなどのアフィリエイトで行うこともできます。

しかし、ある程度の売上げを考えた場合は、ネットショップを持つことが利益効果につながるのです。

ネットショップを立ち上げて自分で運営するとなると、ハードルが高くなってちゅうちょしてしまうかもしれません。

そんなとき、トップセラーを利用することで初めての人でも低リスクで始められます。

トップセラーを利用するなら、ネットショップを持つことがおすすめです。

モールとの連携などさまざまな手段で、ネットショップを広げることもできます。

独自のサービス

多くの人が利用する、トップセラーを使って商品販売を行う中で成功するためには、独自のサービスを打ち出していく必要があります。

他との差別化を図ることが、トップセラーを上手く利用するコツです。

同じ商品を販売する中でライバルに勝つためには、顧客が購買意欲を持ってくれることが重要となります。

まして大手ショッピングモールサイトとなれば、太刀打ちをすることは難しいこともあるでしょう。

成功するには、顧客が買いたくなるサービスを提供することが大事なのです。

販売する商品に関連する情報を盛り込むことや、画像などを工夫するなど独自のサービスで差別化を図りましょう。

商品はミックスする

ネットショップでトップセラーを利用する場合、数多くの商品を販売できることがメリットです。

しかし、よりネットショップの売上を伸ばしたいなら、商品展開でも差別化を図ることが効果的となります。

たとえば、オリジナルのTシャツやアクセサリーなどを、トップセラーの商品と合わせて展開するなどです。

つまり、本当に売りたい商品だけでは集客力がない場合でも、トップセラーの商品を合わせることで集客力を上げるということになります。

さらに商品量が多いことは、自社の商品の販売力を高める効果にもつながるのです。

トップセラーの評判

トップセラーの評判は、実際どんなことを言われているのでしょうか。

さまざまな声がある中で、多くある感想を紹介します。

ドロップシッピングサイトのトップセラーを利用しようと考えている人は、参考にしてください。

個人でもできる

トップセラーは、法人でなくても利用することができます。

もちろん法人でも利用できますが、個人で利用もできるので副業としてネットショップを運営したい人にとって便利です。

個人でネットショップを始める場合、資金力が少ないと運営することが大変になることも考えられます。

その点、トップセラーは資金力が少ない個人でも始めやすいメリットがあるので、副業としてスタートする人が多いというわけです。

商品数が増える

トップセラーを利用することで、商品数が増やせることが魅力という声が多くあります。

無在庫でありながら商品数が増やせるというのは、大きなメリットです。

個人でネットショップを始める場合、多くの商品数を集めたら費用がかかるだけでなくリスクも高まります。

また、オリジナルの商品だけでは難しい集客も、トップセラーの商品が呼び水となることもあるのです。

リスクなく商品数が増え、集客の入り口が広がることはトップセラーの良さといえます。

梱包作業や配送作業の手間がない

トップセラーを利用することで、梱包や発送の手間がかからないことも評判が良い点です。

特に個人で運営している場合、すべての作業を1人でやることは大変ですし効率が下がります。

しかしトップセラーはオーダーさえすれば、発送までの手続きを済ませてくれるので便利です。

発送作業などがない分、マーケティングやサイト構築などに時間をあてられるので、効率化を図れる点が魅力となっています。

ドロップシッピング仕入れサイトは使い方次第

トップセラーを選ぶ理由やメリット・デメリットについて紹介しました。

ドロップシッピングサイトを利用することは、メリットもデメリットもあります。

初めてネットショップ運営を個人で始める人にとっては、リスクの低さや商品数などは大きな魅力です。

メリットを活かすためには、デメリットについてもしっかり理解して上手に使うことをおすすめします。

トップセラーを入り口として考えることもひとつの手段で、さらに商品数を増やして規模を大きくするなど、使い方次第でお店が変わるでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。