ドロップシッピングトラブルに注意!詐欺の実例や回避方法を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ドロップシッピングトラブルついて知りたい
という方のために、ドロップシッピングトラブルついて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ドロップシッピングトラブルの手口がわかる
  2. ドロップシッピング詐欺を回避するためのポイントがわかる
  3. 安全にドロップシッピングを利用できるようになる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それではドロップシッピングトラブルについて解説していきます。

ドロップシッピングのトラブル例

副業として、ドロップシッピングを利用した商品販売を行う人が増えています。

すべてではありませんが、中にはドロップシッピングでトラブルに遭うケースがあることも事実です。

もちろん正当なドロップシッピングサイトもあるので、副業で成功することも可能ですが、注意も必要です。

ドロップシッピングのトラブル例について、みていきましょう。

高額なサービス料を請求された

ドロップシッピングトラブルの手口は、簡単に儲かるという勧誘から始まることが定番です。

その多くはSNSなどで勧誘する手口となっています。

サイト開設や準備などのサポートはすべて業者が行うので、初心者の人でも簡単に始められるというような誘いをかけてきます。

自身で行うのはお客さんからの問い合わせや発注業務で、無在庫販売であるため手間がかからないと言うのです。

しかし、その後ホームページ作成などの準備費用として高額な請求をされます。

卸値は高額であることが多く、実際に売上げが出ることはほとんどありません。

架空の商品を販売させられた

ドロップシッピングトラブルは、無在庫販売による落とし穴があることも特徴です。

在庫リスクがないことがドロップシッピングのメリットですが、そのメリットが詐欺の手口に使われることがあります。

それは、商品を格安で仕入れることができるため、他店よりも安く販売できると誘ってくる手口です。

しかしオーダーしても「在庫がない」と言われ、実際に販売することができないケースもあります。

この手口では、架空の商品を販売させられていて、業者はまったく在庫を持っていないのです。

あり得ないほどの低価格の卸値を言われる場合は、詐欺の可能性があるので注意が必要となります。

ドロップシッピング詐欺の手口

ドロップシッピングの詐欺に引っかからないためには、手口を知っておくことが大事です。

詐欺の手口はさまざまありますが、多くのケースで見られるポイントを知っておくことで防ぐことも可能となります。

ドロップシッピング詐欺によくある手口や注意ポイントについて、みていきましょう。

簡単に儲かると勧誘する

ドロップシッピング詐欺の手口は、まずターゲット者の心理をうまく利用しようとすることからはじめます。

その多くは、「簡単に儲かる」「ノーリスクで儲かる」などと誰でも必ず儲かると力説してくるのです。

当然ですがどんなビジネスであっても、ノーリスクで簡単に儲かるなんてことはありません。

ノウハウを学びマーケティングなどを調べることは必要ですし、リスクがないなんてことは考えられないのです。

知識がないと「簡単に儲かる」という言葉を信じてしまいがちですが、正当なドロップシッピングサイトはそんな誘い文句をしていません。

注文を受けるだけの簡単作業

すべての準備は業者が担当するので、注文を受けるだけの簡単作業だと言うことも詐欺の特徴です。

ドロップシッピングサイトを利用して商品を販売する場合、確かに注文を業者にする作業があります。

しかし、それ以外にも顧客対応やサイトの構築、商品選びなど売上げを伸ばすためには必要な作業があるのです。

言われるがままに簡単作業をしていればいいと言ってくるのは、詐欺の可能性が高いと言えます。

利益を保証するように勧誘

ドロップシッピング詐欺の手口は、簡単に儲かることに加えてバックアップがあることをうたい文句にして勧誘してきます。

販売売上げが思うように伸びない場合は、利益を保証すると勧誘してくるのです。

しかし、実際は高額な契約料を結ぶための嘘であることが多く、当然ながら利益の保証などはありません。

儲からなければ返金もできるといった内容を伝えて、契約させようとするのです。

このような誇大広告をする業者は、詐欺を疑ってみる必要があります。

高額な初期費用を請求してくる

信頼できるドロップシッピングサイトを利用する場合、プランの契約料はありますが低価格です。

まず、高額の初期費用を請求してくるのは詐欺の疑いがあります。

サイト開設や準備などに何十万円もの費用を請求されたという事例があり、2010年にドロップシッピング詐欺で逮捕された例もあるのです。

詐欺師の目的はこの初期費用なので、契約までにうまい話ばかり持ちかけてきます。

高額な初期費用を請求される場合は詐欺だと考えられるので、契約しないことが懸命です。

常に在庫切れと言う

必ず儲かると言っていたのに、いざ注文を入れると毎回「在庫切れ」と言われるためまったく販売することができないケースです。

すぐに儲かるどころか、1点も販売することができないということがあります。

これは、そもそも業者自体が無在庫なので、当然発注したところで商品はないのです。

業者は「在庫切れ」が続くと「販売店が倒産した」などとうそをつき、トラブルになりそうになると業者が商品を量販店などで購入し発送するということまでしていました。

ドロップシッピングで騙されないコツ

ドロップシッピング詐欺に遭わないためには、どんなポイントに注意すべきなのでしょうか。

甘い話というのは、人間にとって弱いところをつくので、自分は大丈夫と思っていてもだまされてしまう可能性はあります。

ドロップシッピングでトラブルに巻き込まれないためのコツや注意点について、みていきましょう。

信頼できる仲介業者を選ぶ

ドロップシッピング詐欺の被害に遭わないためには、信頼できる仲介業者を選ぶことが大事です。

多くの利用実績があるドロップシッピングサイトは、10年以上の実績ある老舗などがあります。

それらのサイトは会員が多いことや情報もたくさんあるため、信頼性があることがわかります。

ユーザーに対するサポートがあり、商品数が豊富であることも特徴です。

利用する際にプランの費用が掛かりますが、いずれも低価格なので高額の費用は請求されません。

SNSなどで見かける誇大広告を信用せずに、信頼性のある仲介業者を選びましょう。

契約前にしっかり検討する

どんな契約でも当然ですが、契約前にしっかりと検討するようにしましょう。

うまい話を聞いていると、いい部分しか頭に残らないものです。

詐欺師もそれをわかってやっているため、必死に説得しようとまくしたてるように話すこともあります。

それは、相手に考える余地を与えないためです。

その場で契約をすることは絶対に避けて、一旦契約前に検討する時間を持ちましょう。

自分の判断が心配な場合は、信頼できる友人や家族などに相談することをおすすめします。

業者が契約を迫ってくることも怪しい点なので、必ずその場で判断しないように注意してください。

高額請求されたら避ける

ドロップシッピング詐欺師の目的は、初期費用の高額請求です。

高額を支払わせて契約させることで、詐欺師の目的は達成します。

万が一詐欺師に会ったとしても、最終的にお金さえ払わなければ被害はないというわけです。

仲介業者が高額請求をしてきたら、避けるようにしましょう。

信頼できる仲介業者というのは、初期費用に何十万円も請求することはありません。

高額請求の話をされたら、契約しないことが被害を避けることになります。

詐欺師というのは人の心を操ることが上手です。

どんな上手いことを言われても、高額請求された時点で詐欺だと疑うべきと言えます。

ドロップシッピング詐欺の被害にあったら

ドロップシッピングの被害にあってしまった場合は、どんな対処をすべきなのでしょうか。

いくら詐欺に遭わないように注意していたつもりでも、ドロップシッピング詐欺に引っかかってしまうこともあり得ます。

万が一ドロップシッピング詐欺に遭ってしまった場合の対処方法について、みていきましょう。

クーリングオフを利用する

悪質な仲介業者との契約をしてしまった場合、どんなに言葉巧みに弁明をしてきたとしても真面目に対応する必要はありません。

契約前の話と実際の状況が異なるということは、明らかに詐欺です。

その場合、クーリングオフ制度が利用できるか検討してみることをおすすめします。

クーリングオフは、契約書の書面を受領してから20日間が行使期間なので、期間中であれば権利を主張することができます。

クーリングオフが利用できれば、返金を受ける権利があるのです。

国民生活センターに相談する

ドロップシッピング詐欺に遭った場合、どこに相談したらいいのかわからない人もいるでしょう。

どうしていいのかわからない場合は、国民生活センターに相談することをおすすめします。

近年、ドロップシッピング詐欺に関する相談は増加傾向にあり、同じような被害に対応してくれます。

国民生活センターとは、独立行政法人で消費者の被害防止や国民の生活安定に関する対応をしてくれる場所です。

国民生活センターの公式ホームページを見ると、詐欺などの相談事例を閲覧することもできます。

弁護士に相談する

ドロップシッピング詐欺に遭い、クーリングオフの手続きをしたいと思っても知識がないと難しいこともあります。

その場合は、スペシャリストである弁護士を頼ることがおすすめです。

クーリングオフを行うにしても書類など準備する必要があるため、個人では手間も時間もかかってしまうことになります。

弁護士に相談すれば、効率的に手続きを進めてくれるため安心です。

どのくらい費用が必要なのか心配な人は、無料相談をまず受けてみるとよいでしょう。

ドロップシッピングトラブルを回避して安全なビジネスを

ドロップシッピングトラブルの事例や対策について紹介しました。

副業をしたい人にとって、ドロップシッピングを利用したビジネスは低リスクなことから、初心者でも始めやすいビジネスです。

ネットなどでは儲かると書かれたものもありますが、簡単に儲かるというわけではありません。

儲かっている人は、マーケティングなどさまざまな努力をした結果だということを忘れないようにしましょう。

トラブルに遭わないために、簡単に稼げる、利益を保証する、なんていうことはないことを覚えておいてください。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。