ドロップシッピングでフィギュアを販売したい!初心者にもおすすめ通販サイト

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ドロップシッピングでフィギュアを販売できるかについて知りたい
という方のために、ドロップシッピングでフィギュアを販売する方法について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ドロップシッピングでフィギュアを売るメリット・デメリットが分かる
  2. ドロップシッピングでフィギュアを販売するコツが分かる
  3. ドロップシッピングでフィギュアを扱っている通販サイトが分かる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ドロップシッピングでのフィギュアの販売について詳しく解説していきます。

ドロップシッピングでフィギュアを売るメリット・デメリット

ドロップシッピングは、在庫を持たずに商品を販売できるオンラインビジネスです。
在庫を抱えるリスクがないことが特徴で、手元にフィギュアが無くても販売することができます。

しかし、収入や支出からきちんとした収益構造を計画しながら、販売を進めて行かなければなりません。
ただ、あなたが販売したいフィギュアを好きな値段で取り扱っていても、競合となるサイトではあなたのショップより魅力的な販売方法を行っていることもあります。
まずは、ドロップシッピングにおけるフィギュアを販売するメリットとデメリットについて考えて行きましょう。

メリット

ドロップシッピングでフィギュアを販売するメリットには、どのようなことが考えられるのかみていきましょう。

・海外でも日本のアニメは人気がある
・マスコットやキャラクターなどのフィギュアも人気 など

まずは、この2点が考えられます。

日本のアニメや漫画の影響力は大きいと言えます。
日本人の私たちでも日本をはじめ海外などの漫画やアニメにも共感し「感動した!」などといった意見も珍しくありません。
そんなアニメや漫画のフィギュアはもちろん、サンリオなどキティちゃんやマイメロディといった可愛いマスコットキャラクターなどのフィギュアも、日本のみならず海外でも人気の商品になっています。

デメリット

では、ドロップシッピングでフィギュアを販売するデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
以下にまとめてみました。

・人気の商品はライバルや競合が多い
・商品を確保できないこともある など

まず、人気のアニメキャラクターなどは販売したい競合も多く、また大手なら破格で販売していることもあります。
人気の高いフィギュアや商品を獲得することが困難な状況ばかりか、目的の商品が販売されているのを探すことすらできない状況に陥るケースもあります。

このような状況から販売したいフィギュアを販売することができず、経営が難しくなるといったことは珍しい話ではありません。

ドロップシッピングでフィギュアを販売するコツ

ドロップシッピングでフィギュアを販売するときに気を付けることも含め、コツなどを紹介していきます。
ドロップシッピングでのオンラインビジネスを考えているなら、

・初心者のうちは稼ぐことが難しい
・広告費を支払うことも視野に入れる
・ベネフィットを考える
・自分のおすすめフィギュアが売れるかは不明
・詳細を知らないフィギュアは売りにくい

といったことに気を付けるべきでしょう。

それでは、一つずつ解説していきます。

初心者のうちは稼ぐことが難しい

初心者のうちは、なかなか思うように収益につながらないことはよくあります。
セールストークが下手なことや、見た目が魅力的なサイトではないことも、収益につながらない原因となっていることもあるのです。

また、どのような商品やフィギュアが売れるのかや、売れるフィギュアを取り扱うお店の在庫確保が難しいといった点からも、初心者のうちは試行錯誤しながら、買い手がどんな商品を求め探しているのか考え、収益構造を計画していかなければ赤字になってしまいます。

経験のほとんどない初心者なら、このようなことは充分にあり得るのです。

広告費を支払うことも視野に入れる

初心者の多くは販売を行うにあたって、コストをできるだけかけずに行おうとしてしまいます。
オンラインビジネスでの経験のある人は、広告費を支払うことを視野に入れてビジネス設計しているケースは珍しいことではありません。
とくに、すべての商品に広告費を支払うのではなく、収益から広告費を差し引いても利益が出ると見込みのある商品に関してのみ広告費を支払うなど、これまでの経験や分析からわかることでしょう。

しかし、初心者のうちは売れる商品の見分け方はもちろん、どこに広告費を費やしていいのか分かりません。
まずは世の中の動きから、消費者の求める商品を予想し、売りたい商品には広告費を支払うことも視野にビジネスを展開していきましょう。

ベネフィットを考える

利益を考えることはもちろん、売りたい商品の広告費がかさんで赤字になることや、競合やライバルと差をつけようと商品の値段を下げ過ぎるのは危険な行為になります。
値段を下げ過ぎてしまい安売りをしてしまうことで、競合に勝つことができるかもしれません。

しかし、競合に勝てても価格を下げ過ぎて赤字になることや「本物のフィギュアではないのでは?」と消費者が混乱してしまうことも考えられるのです。
本当にフィギュアが好きな人は、少々高価でもきちんとしたお店で購入したいと考えます。
価格を下げることを考えるより、サイトの誠実さやフィギュアの取り扱いに気をつけ、適正価格を見極めることが重要です。

あなたが消費者なら、どのようなお店が信頼できて、どのような値段を打倒と思うのか?よく想像して値段の設定を行い、最終的な利益がいくらになるのか計算しておかなければなりません。

自分のおすすめフィギュアが売れるかは不明

あなたの売りたいフィギュアと、消費者が求めるフィギュアが同じとは限りません。
あなたの売りたいフィギュアだけではなく、人気のあるフィギュアやよく売れているキャラクターなどのフィギュアを取り扱うことも視野に入れておくべきでしょう。
消費者の気持ちになり考えることが、お店の利益につながることを忘れてはいけません。

まずはあなたが売りたいフィギュアに需要があるのか、よく検討してみることから始めていきましょう。

詳細を知らないフィギュアは売りにくい

在庫リスクがない便利なドロップシッピングですが、手元に商品が無いことでフィギュアの特徴や詳細が分からないことがあります。
見たことがあるフィギュアでも、詳細の分からないフィギュアは伝え方を間違えるとクレームにつながるだけでなく、あなたのお店の信用につながることも忘れてはいけません。
あなたが欲しい商品をインターネットで買い物するときに、その商品の詳細を知りたいですよね。

もちろん、実店舗にある商品ではなく手元にない商品なので、できるだけ商品の写真も加工されたものではなく、実物に近い色や形を知りたくありませんか?
消費者に対して誠実な対応を心がけること、詳細情報を掲載できないようならその商品を販売するか再検討することなどにも気をつけましょう。

ドロップシッピングでフィギュアを扱っている通販サイト

ドロップシッピングでフィギュアを扱っている通販サイトをいくつか紹介していきます。

Amazonや楽天でもドロップシッピングサイトを経由すれば、販売することもできますので、ぜひチェックしあなたの取り扱いたいフィギュアを探していきましょう。

Netsea

Netsea(ネッシー)はファッション雑貨、家電や家具、インテリアなど幅広い商品を取り扱っています。
ドロップシッピングを行う多くの人が利用しているサイトになります。
雑貨などでは、可愛いキャラクターなどのフィギュアを見つけられることもありますで、覗いて見るのもいいでしょう。

可愛いキャラクターグッズはもちろん、おしゃれなフィギュアも取り揃えています。
フィギュアなどを含むキャラクター雑貨だけでも、4万点を超えるほどの品を取り揃えていますので、お気に入りのフィギュアも見つけやすいかもしれません。

まずは、どこでドロップシッピングを始めればいいのか分からなければ、Netsea(ネッシー)を利用してみてはいかがでしょう?

TopSeller

Top Seller(トップセラー)なら、楽天やYahoo!ショッピング、カラーミーショップなどのお店から、あなたの売りたいフィギュアを探すことができるかもしれません。
なぜなら、Top Seller(トップセラー)に参加している店舗は1,000店舗以上、商品も30万点と品揃えも抜群です。

こちらの契約には「セレクトコース」と「全商品コース」の2種類があります。
個人ならセレクトコースがおすすめですが、2万点以上の商品を取り扱っている大型タイプなら全商品コースがおすすめです。
セレクトコースの「お試しプラン」なら月に5点を販売することができ、無料で始めることができます。

自分に向いているのか?始められそうか?不安な方は、お試しプランからはじめてみましょう。

ドロップシッピングでフィギュアを販売するならリスクも考えておこう

ドロップシッピングを始めたばかりの初心者のうちは、大きく稼ぐことが難しいことを覚えておきましょう。
あなたが売りたいフィギュアが必ずしも消費者に売れるとは限りません。
消費者の気持ちになり、どのような売り方だと商品を買いたくなるのか?などをふまえた、セールストークが必要です。

あなたのお店から消費者が「買いたい!」と思ってもらえるよう、さまざまな方法を学び、考えておかなければなりません。
またベネフィットはもちろん、リスクなどの対策もきちんと行っておくことで、よりドロップシッピングをスムーズに行えることでしょう。

物販を実践して結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。