Amazonでキャンセル率を維持しながら販売をする方法

Amazonで商品を販売をしていると時に注文を止むを得ず、キャンセルをしなければならないことがあります。

キャンセルについては、Amazonのアカウントヘルスの項目の1つであり、基準をみたして販売をする必要があります。

今回はアカウントヘルスにおけるキャンセル率を基準を満たして、販売する方法について解説します。

Amazonの販売のキャンセルとは

Amazonでは商品を販売した時に、

購入者から注文をキャンセルをするケースと、販売者から注文をキャンセルするケースがあります。

購入者からの注文をキャンセルするケースは、商品が必要でなくなったや間違えて購入したといった内容が主になります。

販売者からの注文をキャンセルするケースは、商品を届けることができなくなったという内容が主になります。

アカウントヘルスのキャンセル率に影響をするのは、販売者からの注文のキャンセルになります。

購入者からの注文のキャンセルについては、アカウントヘルスには影響はしません。

Amazonのアカウントヘルスのキャンセル率

アカウントヘルスのキャンセル率の基準は、取引数の2.5%となっています。

以前は自己発送とFBAでの販売の合計で評価がされていましたが、現在は自己発送は自己発送で評価され、FBAでの販売はFBAでの販売で評価されます。

なので、自己発送のキャンセル率で2.5%以内を維持する必要があり、FBAの販売でキャンセル率で2.5%以内維持するという形になりました。

ただFBAについては倉庫に納品をしており、注文がきたらAmazonが購入者に発送をするのでキャンセル自体は基本ないので、キャンセル率については自己発送について注意するべき基準になります。

Amazonの販売者都合のキャンセルの原因と対策

販売者都合のキャンセルは、

・注文を受けた商品が破損してしまった

・注文を受けた商品の在庫がない

といった在庫管理が主になります。

有在庫の場合は在庫の個数に誤差があり、在庫の個数よりも注文となってしまうケースがありますので、在庫の管理を確実にしておきましょう。

無在庫の場合は先に出品をしていたが、注文後にその商品がなくなってしまっているというケースが多いです。

無在庫予約販売で出品していた商品が販売日が延期といったことも、ゼロではありません。

無在庫の販売は在庫が切れにくい商品を販売をする間接的な在庫管理方法と、直接サイトに在庫があるかを確認をする直接的な管理方法があります。

まずは在庫が切れにくい商品を無在庫で出品をしてみましょう、その上で問題がなければ在庫数が少ない商品も無在庫に挑戦してみましょう。

無在庫で販売する商品が数百であれば、直接的管理も人力で可能になりますが4桁以上の出品数をする場合は、人力では管理が難しくなってくるのでシステムを使用を検討しましょう。

Amazonの販売者都合のキャンセルの対処

もし販売者都合ののキャンセルをしなくてはならない場合、キャンセルの処理をする前に購入者にキャンセルの依頼をしていただけるように連絡をするのも1rつの方法になります。

事情を説明をしてキャンセルの案内をする。

代替えに方法を提案をするなどをすることで、販売者都合でない形をとってもらえることもあります。

すぐには諦めず購入者に連絡もしてみましょう。

Amazonのキャンセル率の維持をする方法

販売をしている中で、キャンセル率が上がってしまった場合は取引数を増やしましょう。

自己発送で回転率がよい低額な商品を多く販売することで、取引数が増えキャンセル率が下がります。

このような形でアカウントヘルスのキャンセル率の数字をみながら、販売商品を調整をして取引数を増やして維持をしましょう。

まとめ

Amazonで商品を販売をしている中でアカウントヘルスの維持は大切です。

もし止むを得ず販売者都合のキャンセルとなってしまう場合は、購入者を調整をする。

回転率の高い商品を販売し、取引数を増やすといっ対応ができます。

実践をしてキャンセル率を保つアカウントヘルスの良い状態を維持しましょう。