【初心者講座】転売でお勧めのクレジットカードはどれか

インターネットで転売をしている時に、仕入れでクレジットカードで支払いをすることができます。

クレジットカードを使用することで、仕入れ金額の支払いを先にすることができ、ポイントも得ることができます。

そのポイントを現金にする、旅行をする、商品と交換など様々な使い方ができるので、転売をするのであればクレジットカードを用意しましょう。

今回おすすめのクレジットカードや、クレジットカードの審査が通らない方でもカードをもてることについてもお伝えしていきます。

転売をする時にクレジットカードを選ぶ6つのポイント

転売をする時にクレジットカードを選ぶ6つのポイントにですが、ブランド、支払いまでの期日、年会費、クレジットカードの上限枠、ポイントやマイルの還元率、付帯サービスなどがあります。

それぞれポイントについて解説していきます。

クレジットカードのブランド

クレジットカードのブランドについてですが、VISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinersと複数あります。

国内で使用するのであれば、どのブランドでも特に問題はありませんが、海外で商品を仕入れる場合などは、JCBが使用できないこともありますので、注意が必要です。

仕入れ先のショップでは、MASTER、JCB、AMEX、Dinersが使用できず、VISAだけのこともあるので、VISAが無難だともいえます。

支払い日までの期間

クレジットカードを使用をした後に支払い日までの期間がありますが、カードによって期間が異なります。

もちろん支払いの期間が長ければ、資金繰りがよいので支払いの期間が長いカードを選びましょう。

クレジットカードの年会費

クレジットカードの年会費ですが、年会費無料ものもあります。

年会費はかかるカードは使用することで、年会費以上のリターンを得ることができるので条件などをしっかり確認しておきましょう。

クレジットカードの上限枠

クレジットカードで使用できる金額の上限ですが、カードによってばらつきはあります。

カードによっては、発行時から100万円の枠があるカードもあれば、30万の枠のカードもあります。

仕入れをする上でクレジットカードの枠が多ければ、一度に仕入れることができる量も増えるので、上限が多いことに越したことはありません。

というのもクレジットカードを限度額まで使用した場合、翌月の支払いの場合支払いが完了するまではカードの限度額は復活しません。

なのでカードの限度額が100万円であっても、毎月100万円を使用できるわけではありません。

毎月半分の50万円を目安に使用できると考えた方が良いです。

なので毎月50万円を先出しせずに仕入れをすることができるということです。

またカードを使用していく中で上限の枠を上げることができますが、枠の上がり方も様々です。

一度に50万円上がるカードもあれば、10万円しか上がらないカードもあります。

最初から上限が多く、使用していく中で枠も上がり方が多いカードを選択しましょう。

ポイントやマイルへの還元率

ポイントやマイルの還元率は、0.5%〜2%といったものが多く、幅があります。

100万円を使用すると5000円〜2万円のポイントと変わってきます。

使用するカードが異なるだけで、得ることができるポイントが変わってきますので還元率が高いカードを選びましょう。

付帯サービス

ポイントやマイルの還元率だけでなく、カード自体の付帯サービスがあります。

空港のラウンジの使用やホテルの宿泊など、カードを持っているだけで利用できるサービスもありますので、付帯サービスもカードを選ぶ1つの要因です。

転売でクレジットカードを持つべき4つのメリット

仕入れの決済が簡単にできる

オンラインショップを利用して仕入れる時に、クレジットカード決済のみ扱っているショップがほとんどです。

海外のオンラインショップでもクレジットカード決済はあり、日本円または海外通貨決済を選択することもできます。

為替レートを確認して、どちらで決済をするかを選択したり、商品代金以外に関税も一度に決済することも可能なのも、クレジットカード決済のメリットです。

また、仕入れでよく利用するショップに、一度クレジットカード情報を登録しておけば、

毎回登録する手間も省くことができ、ワンクリックで効率良く仕入れをすることができるので、とても便利です。

キャッシュフローが良くなる

通常、商品を現金で仕入れた場合、商品を販売する前にその商品代金を支払うことになります。

それに対して、クレジットカードで商品代金を決済することで、販売の売上が仕入れ代金の支払い前にきますので、そのキャッシュを元に、商品を仕入れることもできます。

クレジットカードには締め日と支払日があり、会社ごとによって異なりますが、支払いの期日が大きくわけて、2つあります。

  • 前半カード:1日から15日までは、月末締め翌月27日払いのカード
  • 後半カード:15日から月末までは、15日締め翌月10日払いのカード

1日から15日までのを前半カード、15日から月末までは後半カードとなり、クレジットカードを前半カードと後半カードで使い分けるのが重要です。

商品を仕入れる際に、月末締めの前半カードを利用して仕入れた場合、仕入れ代金の支払いは、翌月の27日になります。

月初めから前半カードを利用したとすると、使用してから仕入れ代金の請求が来るまでの日数は、約2ヶ月後となります。

これが15日締め翌月10日払いの後半カードを月初めから利用して仕入れた場合、仕入れ代金の支払いは、翌月の10日になります。

そうすると支払いは約1ヶ月半後になります。

支払いまでのサイクルが長いカードを使いながら、キャッシュフローに余裕を持たせるように資金を運用していく事は、ビジネスで安定的に稼ぎ続けるためにはとても重要です。

クレジットカードの請求よリも売り上げ金が先に入金されることで、資金繰りが良くなりますので、手元に資金があまり無いという方や、ビジネスを始めたばかりの初心者にとっては、大きなメリットになってきます。

入出金状況の経理の管理がしやすい

転売をしていると、先に商品を仕入れて、商品が売れた後に入金されますので、現金で出納管理をすると経理処理が煩雑になってきます。

これもクレジットカードを使うことで、一目で履歴を見ることができますので、経理管理がしやすくなります。

特に、私も使用しているおすすめなサイトが、MFクラウド会計になります。

こちらは、複数のクレジットカードと簡単に連携できるだけでなくAmazonなどの販売サイトとも連携することができますので、一元管理がしやすくなります。

まだ使っていないという方にはおすすめです。

MFクラウド会計はこちら

MFクラウド

ポイントをたくさん貯めることができる

仕入れの際に、クレジットカードで決済すれば、利用金額に応じたポイントが付与されます。

特に、転売では仕入れ代金が高額になりますので、これをクレジットカード決済にすれば、仕入れをする度にいつの間にか相当のポイントが貯まります。

クレジットカード会社によって、ポイントなどの還元率や付帯サービスが大きく変わってくるので、どのクレジットカードを選ぶかは重視したいところです。

還元率が0.1%違うだけで、1年間仕入れをした際に付与されるポイントがかなり変わってくるので、クレジットカードを選ぶ基準にすると良いでしょう。

Amazon輸入ビジネスでおすすめのクレジットカード3

セゾンアメックスカード

セゾンアメックス

転売をする上で私が最もおすすめしているカードになります。

年会費は1万円かかりますが、ぜひ持っておいてほしいカードになります。
*今はキャンペーンで初年度年会費無料です

カードとして優れている点は多くありますが、まずクレジットカードの限度額が高いことです。

他のカードですと多くても50万円、普通であれば30万円というカードの上限金額がありますが、多くの方が100万円からスタートしています。

セゾンアメックスでない、アメックスのカードですと30万円からスタートが多く、限度額も10万円単位でし上がりませんでした。

セゾンアメックスであれば使用実績によりますが、30万円、50万円、100万円の単位で限度額が上がります。

また限度額以外にもポイント還元率が高いです。

よくプラチナカードを作成する際に「審査が通るのか?」という質問をうけます。

私からご紹介をさせて頂く場合、担当の方からご連絡をさせて頂くのでご状況などを聞かせて頂くので、今まで審査が通らなかった方も通過することもできています。

ご希望の方はLINEで「セゾンアメックス」についてとご連絡を頂きましたら、ご案内をさせて頂きます。

希望の方はこちらのLINEからご連絡ください。
http://nav.cx/evtitQk

楽天カード

楽天カードは、楽天銀行と連携して作ることができる上、

主婦でも作りやすいクレジットカードです。

また、楽天カードを頻繁に利用していれば、

割と簡単に、限度額の上限が上りやすいので、

Amazon輸入ビジネスで仕入れをする際に使いやすいです。

特に、楽天カードは、楽天ポイントカードが100円につき1ポイント貯まるので

楽天市場で仕入れをすればポイントを利用して、安く仕入れをすることができるので、

国内仕入れでも利益率を高くとることができるメリットもあります。

ぜひ1枚は持っておくと良いでしょう。

  • 年会費:無料
  • ブランド:マスターカード、JCBカード
  • ポイント還元率:1%、100円につき1円分
  • 利用可能額:最大100万円

こちらのハピタスから経由してカードを申し込むと、楽天のポイントとハピタスのポイントの2重でもらえます。

楽天 ハピタス

楽天 ハピタス

 

SPGアメックスカード

SPGカード

先ほどと同じ、アメックスのカードになります。

年会費が3万円かかりますが、毎年マリオットグループのホテルに泊まることができます。

宿泊できるホテルも豪華なホテルが多いので、その1泊だけでも年会費のもとがとれるカーードです。

またポイント還元率が非常に高いカードで、JALのマイルがよく貯まるので飛行機で移動する方や、旅行をよくする方にはおすすめになります。

カードの枠も最初から多く、50万〜100万円からスタートすることが多いので、枠も十分になります。

SPGカード

SPGカード

 

海外のオンラインショップでクレジットカードを使用する注意点

海外のオンラインショップでクレジットカードで決済をする時に、
その国の通貨で決済するか、日本円で決済をするかというポイントがあります。

この時に日本円で決済する場合、
クレジットカード会社の手数料ではなく、そのオンラインショップの独自の手数料がかかりますので注意しましょう。

クレジットカードのレートはこちらになります。

【クレジットカード手数料】

・VISA:1.63%
・マスターカード:1.63%
・JCB:1.6%
・アメリカン・エクスプレス:2%
・ダイナーズクラブ:1.3%
*クレジットカード会社によっては為替手数料が異なる場合があります

直接日本円で購入する場合と比較して、損をしないように
注意しましょう。

まとめ

転売をする上でクレジットカードを使用することで、資金繰りをよくすることができ、さらにはポイントも得ることができます。

クレジットカードによっては、利用の上限枠やポイントの還元率や付帯サービスがあるのでその点を考慮して、年会費よりも得るものがあればぜひ申し込んで使用していきましょう。