ヤフオクのオークション早期終了と最低落札価格の活用を解説

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ヤフオクのオークションの出品をして希望価格で売れるか心配
という方のために、出品の機能であるオークションの早期終了と最低落札価格の活用方法を解説していきます

この記事を読むことで、

  1. ヤフオクで希望価格以下で売れるのを防ぐことができます。
  2. オークションの最低落札価格と早期終了の活用方法がわかります。

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

今回はヤフオクのオークション早期終了と最低落札価格の解説をする前に、ヤフオクには「即決出品」と「オークション出品」の2つがあります。

今回はこのオークション出品についての内容になります。

「即決出品」と「オークション出品」についてはヤフオクの出品形式別のメリット・デメリット」という記事で説明をしていまうす。

どちらもメリット・デメリットがあるのですが、オークション出品のメリットとしては、

  • ほぼ確実に開催期間中に入札が入るので、商品を売り切ることができる
  • 値段が競りあがって、かなりの高値で売れることがある
  • 注目されやすい

などのメリットがありました。

その一方でデメリットとしては、

  • 注目が集まらないと安値で売れてしまう・・・

というデメリットがありました・・・

そのデメリットを解消するために、「注目のオークション」をかけたり定額で出品してウォッチ数を集めてからオークション形式に変える」と言った方法を紹介しました。

しかし、万が一これらの方法を駆使してもオークション終了間際で商品が安値で売れてしまいそうな場合、“ある方法”を使うことで安値で売れること防ぐことができます。

それでは解説をしていこうと思います。それでは内容に移っていきます!

ヤフオクのオークションで最低落札価格を設定する

まず一つ目は『最低落札価格』を設定する方法になります。

最低落札価格は、出品時にヤフオクに108円の費用を支払うことで設定することができます。

この額を設定することで、その価格以上の値段で入札されない限り落札されないオプションになります。

例えばあるカメラをオークション形式で、開始価格は1円に設定し、最低落札価格を15,000円で設定して出品する場合を考えてみましょう!

この商品にある落札者が、10,000円で入札したところ

入札することはできましたが、『最低落札価格に達していません』と表示された。

結局この商品は、最終的に13,000円までしか値段が競り上がらず、

誰も落札することができなかった・・・

以上のように最低落札価格を設定することで商品が自分が売りたい価格よりも安く売れてしまうのを防ぐことができます。

このオプションを導入することで、1円から出品しても『安い順』に探してきた購入者の

注目を引くことができつつも、安値で売れるリスクをケアすることができます。

しかしこの方法にはデメリットも存在します。

最低落札価格がある商品は、購入者にとっては「いくら払えば落札できるのか?」

ということが明確ではないので、このオプションが設定されている商品は嫌がられる傾向があります。

人によっては、最低落札価格が設定されている商品は全くみないという人もいるそうです。

なので、注目が集まっても入札されないという可能性あります・・・・

ヤフオクのオークションを早期終了で自分で終了させる

この方法は、オークション終了の約30秒前に商品が自分の望む額よりかなり下回っている時に

オークションを終了させてしまう方法になります。

(自動延長される場合は、そのままにして競り上がりを待ちましょう!)

入札が入っているオークションを取り消すには、540円のお金が必要になりますが、

商品単価が大きい商品を売って、赤字額が大きい場合はこの方法がかなり有効になります。

方法としては、ヤフオクのトップページから『マイオク』の『出品中』をクリックします。

自分が終了させたい商品の右端にある『管理』をクリックしましょう。

ヤフオク 出品中

ヤフオク 出品中

オークションの取り消し』をクリックします。

(「オークションの早期終了」と間違えないように、こちらをクリックすると、その時点での最高入札額で商品が落札されます。)

ヤフオク オークションの早期終了

ヤフオク オークションの早期終了

最後に画面したの『取り消し』をクリックして取り消し完了になります。

この方法では、最低落札額価格を設定した時のように毛嫌いされる心配はありませんので注目が集まらないということはありません。

しかしこの方法は、最後までオークションの競り合いを行なってくれ、その末に商品の購入が目前に迫った落札者にとってはかなり非人道的な手段になります。

なので、この方法は商品単価が高い場合と『ここぞ!!!』という時にのみ実行するようにしてください!!!

ヤフオクのオークション早期終了と最低落札価格のまとめ

ヤフオクなどのネット販売では商品を検索する時に「安い順」に探す人がとても多いです。

なので大きな注目を得るために1円出品という方法はかなり効果的です。

ただ希望価格に達しない可能性はあるので、その対策で最低落札価格の設定とオークションの早期終了を活用していきましょう。