副業が会社にバレる原因とその対策について解説!!

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
会社にバレない副業について知りたい
という方のために、会社にバレない副業などについて解説をします。

この記事を読むことで、

  1. 副業が求められている理由がわかる
  2. 会社が副業を禁止している理由がわかる
  3. 副業が会社にバレてしまう理由がわかる
  4. 副業が会社にバレないようにする方法がわかる
  5. 会社にバレない副業がわかる
  6. 女性におすすめしたい会社にバレない方法がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、会社にバレない副業とはどのようなものがあるのか、解説をしていきます。

会社から毎月もらっている給料だけでは生活が厳しい、どうしても欲しい物がある。

副業を始める理由は人それぞれだと思います。

近年、国は副業を支援する動きを見せていて、実際に企業側もそれに呼応するように副業を解禁しているケースもあります。

しかし、副業を許可・推奨している企業はそこまで多くはないのが現実であり、どうしても副業をしなければいけないけれど、会社に禁止されているのでなんとかバレないような副業を探しているという方も多いかもしれません。

この記事では、会社で副業を禁止されているけれど、どうしても副業をしなければならない人に向けて、副業をバレないようにする方法や、会社にバレない副業について見ていきます。

どうして副業が必要とされているのか?

そもそもどうして副業が求められているかについて考えていきましょう。

日本はバブル経済の崩壊から、経済成長の伸びを失っていて、さらに少子高齢化問題に直面しています。

終身雇用制度や年功序列制度などの、ある種日本の社会を象徴していたような制度もほころびが生じ始め、いつ崩壊してもおかしくない状況にあります。

旧来の働き方だけでは、生活を守ることができないため、副業に注目が集まっているのです。

本来、本業の収入だけで生活することが望ましいのですが、企業の中には不景気を理由にして、社員への給料を上げ渋っているという背景があります。

将来的に年金制度も崩壊すると囁かれている中、国、会社に依存しない「稼ぎ方」が求められています。

その中で副業に注目が集まっているのです。

厚生労働省も副業を推奨・支援しているので、これから副業を解禁する企業はどんどん増えてくると考えられます。

このように、副業はさまざまな面で必要なものだと認められているにも関わらず、それに異を唱えるの「一部の企業」が存在します。

会社が副業を禁止にするのはなぜか

国を挙げて副業を推進する機運があるのにも関わらず、副業を解禁しているのは一部の企業に留まっているのが現状であり、多くの会社は副業に関して積極的な姿勢を見せていません。

副業は将来的に必要になるのは言うまでもありませんが、どうして多くの企業は副業に関して非協力的な姿勢を取るのでしょう。

副業を解禁した方が企業にとってもメリットがあるのは事実ですが、副業を解禁することによって企業が抱えるリスクがあるのもまた事実です。
ここでは、企業が副業を禁止する理由について考えていきたいと思います。

企業が副業の解禁に積極的になれない理由

一部の企業は副業に対して積極的な姿勢を見せていて、実際に副業を解禁しているケースがいくつかあります。

しかし、副業を解禁している企業はあくまでも少数派であり、多くの企業は副業に消極的な姿勢のままです。

どうしてそのような企業は副業の解禁に踏み出せないのでしょう。

・社員の本業に対するパフォーマンス能力が落ちるから
企業が副業を禁止している理由として、まず挙げられるのが「本業に支障が出たら困るから」という点が挙げられます。

副業をするということは、本業に割ける時間が短くなってしまうため、残業をお願いしようと思っても副業を理由に断られてしまうかもしれません。

また、副業をするのであれば必然的に休息に充てる時間が短くなってしまうので、十分な休息を取ることができずに、本業でのパフォーマンス能力が落ちることが懸念されます。

人材は会社にとって重要な資産であり、採用から教育までさまざまなコストをかけてきています。
そのため、労働時間の範囲内であれば最大限のパフォーマンス能力を発揮してもらいたいと考えるのは、企業にとって自然なことです。

副業が原因で本業に対するパフォーマンス能力が落ちてしまった場合、本業の企業はただ損をするだけで、副業によるメリットを享受することができなくなってしまいます。

自分がスタッフを採用する側の立場に立って考えればわかると思いますが、本業に対するパフォーマンス能力が落ちる社員が続出してしまうと、その穴埋めをするために、残業時間を増やすか、新規にスタッフを採用しなければいけません。

期待しているパフォーマンス能力を発揮してくれれば、余計なコストを支払わなくて済むのに、副業を認めたことが原因となり余分なコストが発生してしまうのであれば、やはり副業は禁止せざるを得なくなるでしょう。

・本業で知り得た情報が漏洩するリスクがあるから
例えば、とある広告会社に勤務している社員が、別の広告会社への副業としての勤務を始めたとします。

このとき、本業で在籍している会社で培ったノウハウを利用して、副業先で仕事をしてしまった場合、副業先に技術が流出してしまうことになります。

そうなると、本業側の会社は経営上のダメージを負うことになってしまいます。

会社はさまざまな機密情報を取り扱う場所であり、外部に漏らしてはいけない情報がたくさんあります。

また、そのような社外秘の情報をライバル企業に漏らしてしまったとなったら、会社の業績に大きな悪影響を及ぼしてしまうかもしれません。

その他にも本業の市議とを終わらせて副業先に向かっている際に怪我を負った場合、労災上どちらが責任を負うべきなのか複雑になる、などといった理由が挙げられます。

副業が会社にバレてしまうのはなぜか

副業が禁止されている会社において、副業を解禁するように申し入れたとしても、それを聞き入れてもらえる可能性はほとんどないでしょう。

それでも副業をしなければいけない事情があるなら、会社にバレないように副業をしなければいけません。

しかし、残念ながら副業をしていることがバレてしまうケースもあるようです。

副業が禁止されているのにも関わらず副業をしていることが会社にバレてしまった場合、職務規定に違反しているためなんらかの処分が下されてしまいます。

また、副業の内容によっては残念ながら懲戒解雇の処分が下されてしまうかもしれません。

そもそもどうして副業をしていることが会社にバレてしまうのか、会社に副業をしていることがバレてしまうケースについていくつか考えていきたいと思います。

・働いていることを同僚や上司に目撃されてしまう
副業と言ってもさまざまな仕事があります。

接客系などの不特定多数と接するような仕事の場合、副業で働いていることがバレてしまうリスクが高いです。

接客の仕事をしている限り、同僚や上司がお客さんとして副業先にやってくる可能性は十分あります。

働いていることを直接見られてしまったら、もう言い逃れることはできません。

副業が禁止されている会社に勤務しているのに、接客業の仕事を選ぶのがそもそも無謀かもしれません。

副業が禁止されている会社に在籍しながら副業をするのであれば、不特定多数と接する可能性がある仕事は避けるのが無難です。

・住民税の税額が変わるので副業が発覚する
企業の経理担当者は、給与支払報告書を自治体に送付して、それを受けた自治体が住民税額を企業に通知し、その住民税額を企業は給与から天引きしています。

そのため、複数の企業で勤務していると、給与が最も高い企業で天引きを行うことになるので、給与支払報告書と自治体から通知される住民税額にズレが発生してしまうのです。

ズレが発生してしまった場合、経理担当者が自治体に確認を入れるため、副業をしていることが発覚してしまいます。

副業をしていることが発覚してしまうケースは基本的に「副業をしていることを直接目撃される」か「税金、社会保険の手続きで発覚する」かのどちらかとなります。

副業が会社にバレないようにする方法とは?

副業が禁止されている会社で副業をするのはリスクが大きいけれど、どうしても副業をしなければいけない。

そのようなときはどうすればいいのでしょう。

ここでは、副業をしていることが会社にバレないようにするための方法について考えていきます。

・住民税の納付方法を変更する
副業がバレてしまうケースについては先述したとおりで、大体は税額にズレが生じてしまい、そこから副業をしていることが発覚してしまうようです。

それなら、住民税の納付方法を変更することで、会社に副業をしていることをバレないようにする方法があります。

住民税は、サラリーマンの場合だと基本的に給料から天引きされます。

このことを特別徴収と言いますが、この徴収方法を特別徴収から普通徴収に変更するのです。

普通徴収の場合、自分で税金の支払いをしなければいけませんが、その代わり会社に税金絡みで副業をしていることがバレるリスクを回避することができます。

しかし、特別徴収から普通徴収に変更すること自体を不審がられるケースもあるので、この方法を用いる場合、普通徴収に変更する自然な理由を用意しておく必要がありそうです。

・確定申告をしなければ大丈夫?
副業がバレてしまうのは収入の存在を知られるからであって、確定申告などをしなければ大丈夫、そう考えている方もいるかもしれませんが、それは考え直した方がいいかもしれません。

収入をごまかすために確定申告をしなかった場合、確定申告をしなければいけなかったのにその義務を怠ったとして、さまざまなペナルティーを受けることになります。

支払うべき税金が増える、会社に副業をしていたことがバレる、会社から処分されるという負の連鎖は絶対に引き起こしたくないものです。

・どうしても副業をしたいのであれば転職を考えるのも一手
就業規定で副業そのものが禁止されていたとしても、特別な事情があるなら、上司に相談をすれば特別に許可されるかもしれません。

禁止されているならバレないように副業すればいいと考えるのは自然なことではありますが、就業規定に違反した場合、なんらかの処分を受ける可能性がありますし、社内での評価が下がってしまうでしょう。

そこまでリスクを抱えてまで副業をするのは、精神的にもよくありません。

それなら、思い切って副業が可能な会社への転職を試みるのも一手です。

副業がOKの会社は求人でその旨を掲載しているので、すぐに見つけることができます。

ただし、副業に関する規定は会社によってまちまちなので、副業をしようと考えているなら、あらかじめ副業に関するリサーチを行うべきでしょう。

副業禁止の会社で副業をバレないようにする方法は確かにいくつかあるのですが、転職以外の方法はどれもある程度のリスクを孕んでいます。

副業OKの会社に転職することができればベストではありますが、全ての方が転職に踏み切れるわけではないので、やはり会社に相談して、それでもNGと言われたらバレないように対策を取らなければいけません。

次の項以降では、会社にバレる可能性が低い副業について考えていきます。

会社にバレない副業はこれ!

事情があってどうしても副業しないといけないけれど、そもそも会社で副業が禁止されてしまっているので、どんな副業を選んでいいのかわからず途方にくれている。

ここではそんな方のために、会社にバレない副業について考えていきます。

・そもそも会社にバレにくい副業とは?
会社にバレない副業について考える前に、そもそも会社にバレにくい副業の条件について考えていきたいと思います。

まず、接客業のような不特定多数の方と関わるような仕事は避けましょう。

上司がお客さんとして来店したら一発アウトです。

実名が出てしまうような仕事も控えるべきです。

会社にバレにくい副業としてWebライターが挙げられますが、中にはペンネームを使用せずに本名で副業をスタートしてしまう方がいます。

会社にバレにくい副業として理想的なのは、「ネットで作業が完結する」ものが挙げられます。

それでは、ネットで作業が完結する具体的なアルバイトをチェックしていきましょう。

フリマアプリで不用品を売る

自宅に遊ばなくなったゲームやブランド品があれば、それをフリマアプリで販売することで副収入を得ることができます。

・フリマアプリで副収入を得るメリット
フリマアプリで不用品を販売して副収入を得るメリットとしては、「元手がかからない」ということがまず挙げられます。

基本的に不要となったものを販売しているだけなので、仕入れなどの費用は発生しません。

ちなみに、本格的に商品を仕入れて、それをフリマアプリで販売するのは「転売」となり、不用品の処分とは異なります。

・フリマアプリで副収入を得るデメリット
フリマアプリで不用品を処分する場合、不用品が無くなったら売ることができなくなるというデメリットがあります。

そのような場合、転売を始めるか、別の副業をスタートさせることになります。

また、不用品を出品したからと言っても、それが必ず売れるとは限らない点にも注意が必要です。

せっかく出品作業を行ったのに、まったく商品が売れなければ時間の無駄になってしまいます。

フリマアプリで転売を行う

不用品の処分である程度お金を得ることができても、不用品自体が無くなってしまったら、お金を稼ぐことができません。

それなら、フリマアプリを活用して「転売」に挑戦してみるのはどうでしょう。

・フリマアプリで転売を行うメリット
フリマアプリを利用して転売を行うメリットとしては、商品によって大きな利益を出せるということです。

どのような商品が利益を出せるのかをしっかりと見極めることが大切です。

人気商品をたくさん仕入れることができれば、収入アップが期待できます。

・フリマアプリで転売を行うデメリット
フリマアプリで商品を転売する場合、いくつかのデメリットがあります。

まず、商品が売れなかった場合、不良在庫となってしまうことです。

フリマアプリで商品を転売するなら、商品を仕入れることから始めます。

しかし、自分が想像していた値段で売れなければ、残念ながらその商品は不良在庫となってしまい赤字でも売りきらなければいけません。

その他には、転売が禁止されているものを誤って出品してしまうケースや、偽ブランド品などの商標権を侵害している商品を誤って出品してしまうケースもあるようです。

特に偽ブランド品の出品は、摘発されている異例が複数あるので注意しなければいけません。

ブランド品に関する知識に自信があればいいかもしれませんが、万が一偽ブランド品を掴まされてしまあえば、それが原因で逮捕されてしまう可能性もあります。

アフィリエイトで稼ぐ

何かしらのブログを執筆しているのであれば、そのブログ上に広告を掲出することにより、収入を得ることができるかもしれません。

ブログに掲出した広告をブログの閲覧者が利用した場合、ブログの運営者は広告主から収入を得ることができます。

・アフィリエイトで稼ぐメリット
アフィリエイトで稼ぐメリットとしては、広告の掲載元であるブログに良質な記事があれば閲覧者が増え、広告の利用者が増えることが挙げられます。

そもそもブログを訪問してもらわなければ広告を利用してもらえないので、ブログなどの広告を設置するメディアを宣伝する必要がありますが、人気になれば一気にアフィリエイト報酬をゲットできるということです。

・アフィリエイトで稼ぐデメリット
アフィリエイトで稼ぐ際のデメリットとしては、ブログなどの広告掲出元のメディア閲覧者全員が広告を利用するわけではない、という点がまず挙げられるでしょう。

最近は「広告ブロッカー」というブラウザの機能が登場して、広告を最初から表示しないようにブラウザの設定を変更してしまうユーザーもいます。

また、広告を利用してもらうために、コンテンツを更新し続けないといけないというのもデメリットの一つです。

肝心なコンテンツが弱いのに広告だけは力を入れて配置してしまったら、広告で稼ごうという魂胆が透けてしまうため、閲覧者の不興を買うかもしれません。

女性におすすめの会社にバレない副業

最後に会社にバレにくい副業の中でも、特に女性におすすめのものをいくつか紹介していきます。

写真販売

自分で撮影した写真を販売サイトにアップして、ダウンロード数に応じて収入を得ることができるのが写真販売です。

写真販売の副業の魅力は、普段使っているスマートフォンで稼ぐことができます。

副業の中には初期費用が必要なものがありますが、副業に失敗してしまうと、この初期費用ですら回収することができなくなってしまいます。

しかし、元手ゼロで始められる写真販売であれば、ノーリスクで副業に挑戦することが可能です。

写真販売のデメリットは、1枚あたりの単価がそこまで高くないということと、競争率が激しいということです。
あくまで副業の一つとして取り組むものであり、移動時間などに撮影を行う程度にとどめておくべきでしょう。

ネットショップ

ハンドメイド雑貨などの小物作りが得意であれば、ネットショップでの販売も立派な副業になります。

ネットショップでの販売と言われるとちょっと複雑な印象を受けるかもしれませんが、実際はそんなことはなく、簡単に商品を出品することができます。

まとめ

副業が禁止されている職場に在籍しているけれど、どうしても副業をしたい方におすすめの副業や、副業がバレる理由について解説してきました。

しかし、バレてしまったときの代償が大きいことを理解しなければいけません。

それでも副業をするのであれば、今回紹介した副業に挑戦するのも1つです。

また副業の物販を実践をして結果を出されている方で、丁寧に教えてくれる方をご紹介していますので、下の記事ぜひ読んでください。