【パソコン初心者】WindowsとmacでPC画面キャプチャーと画面の動画撮影する方法を解説

パソコンで作業をしている時に、画面の写真を撮る方法についてwindowsとmacのパソコンでする方法について解説をします。

PC

PC

キャプチャーとは

キャプチャーとは、パソコンの画面に表示されている画像情報をデータとして取り込む作業の事です。

パソコンの画面全体をキャプチャーする
②パソコンの画面の一部だけをキャプチャーする

この2種類があります。

Windowsでパソコンの画面の写真を撮る方法

画面全体をキャプチャーする方法

まず初めに、パソコンの画面全体をキャプチャーする方法です。

キーボードの右上あたりにある「Print Screen」キーを押すだけでできます。

ただ、キーボードによっては表示が違う場合があります。

ノートパソコンのキーボードは「Prt Sc」という表記になっていたりしますので、必ずしもPrint Screenとは書かれていません。

「Print Screen」キーを押すだけでスクリーンショットは撮れていますが、スクリーンショットを撮りましたよ、というような表示や効果音は出ません

取得した画像を保存する方法

保存するためには、どこかにこの保存した画面を貼り付けなくてはなりません。

貼り付ける先は「ペイント」というツールを使いましょう。

ペイント

ペイント

「Windowsアクセサリ」の「ペイント」という項目をクリックします。

ペイントが開いたら画面のメニューにある「貼り付け」をクリックします。

すると先ほどキャプチャーした画面が貼り付けられていると思います。

何も貼り付けられていない場合は、キャプチャー出来ていないということですので、再度初めから行ってください。

貼り付けを確認したら、ペイントのメニューにある「ファイル」から「名前をつけて保存」を選択、保存先を指定し保存します。

パソコン画面の一部だけをキャプチャーする

画面の一部だけをキャプチャーしたい時には、Snipping Tool(スニッピング ツール)を使います。

Windowsに標準搭載されている機能ですが、もし入っていない場合は以下からダウンロードしてください。

SnippingTool https://bit.ly/2uezGdO

a.デスクトップ画面左下にあるWindowsのアイコンをクリックしスタート画面を表示させたら、Windows アクセサリのフォルダーを開いてSnipping Toolをクリックして開く。

b.または、デスクトップ画面左下にある円形アイコン(Cortana)をクリックして、検索ボックスに「Snipping」と入力し、検索結果に出てきたSnipping Toolをクリックして開く。

この時、WindowsアクセサリにあるSnipping Toolを右クリックして「スタート画面にピン留めする」を選択すると、スタートメニューの右側(ライブタイル)にSnipping Toolのアイコンが表示されるようになります。

Snipping Toolを閉じてもアイコンが表示されたままになるので、次回からこのアイコンをクリックするだけでSnipping Toolが簡単に開きます。

キャプチャーの撮り方

①キャプチャーする画像を用意します。

②Snipping Toolの「新規作成」をクリックすると、画面全体がうっすらと白い幕がかかったように表示されます。

カーソルが十字型になるので、そのカーソルを使って保存したい範囲の四隅の一箇所で左ボタンを押し、対角線方向にドラッグしキャプチャーします。

すると選択された範囲だけ白い幕は消え、画面がはっきりと見えるようになります。

必要な範囲が選択できた段階で左ボタンを離すことで画像の取り込みが完了します。

キャプチャーした画像を保存するには、フロッピーディスクのアイコンをクリック。

PNG、GIF、JPG といった画像ファイルに保存できます。

この他にもSnipping Toolの「新規作成」ボタン右のプルダウンメニューでは、「四角形」だけでなく「自由形式領域」「ウィンドウ領域」「全画面領域」など、切り取り領域を選ぶことができたり、キャプチャした画像に、「ツール」から色つきペンや蛍光ペンで好きなように手書きで書き込みも可能です。

Windowsでパソコンの画面の写真を撮る方法

macは画面をキャプチャーして保存できる機能が標準搭載されています。

方法はいくつかありますが、一番簡単なキャプチャーの方法についてご紹介します。

OS標準搭載の全画面キャプチャー

「Command」と「Shift」と「3」キーを同時に押す、これだけです。

mac キーボード

mac キーボード

これらのボタンを押すだけで、デスクトップ上にディスプレイ全画面のスクリーンショット画像が表示されます。

そして「control」を押しながら「Command」と「Shift」と「3」キーを押すと、
スクリーンショット画像がクリップボードにコピーされます。

mac キーボード

mac キーボード

 

画面の一部分だけをキャプチャーする

「Command」と「Shift」と「4」キーを同時に押します。

mac キーボード

mac キーボード

すると、マウスの矢印が十字カーソルに切り替わるので、そのままドラッグをして撮影範囲を選択することが可能です。

撮影範囲を決めたらマウスのボタンを離してください。

デスクトップ上に、マウスドラッグで選択した撮影範囲が、スクリーンショットの画像として保存出来ています。

特定の場所のみを画面キャプチャーする

「Command」「Shift」「4」キーを同時に押します。

すると、カーソルが十字カーソルに変わるので、そのまま「スペース」を1回押すと、カーソルが「カメラ」に変わります。

「カメラ」に変更したのを確認後、自分が撮影をしたいと思う場所へウィンドウ上にカメラを移動し、
クリックをすれば、自分が選択した場所のみを撮影することが可能です。

mac キーボード

mac キーボード

Windowsで画面を録画をする方法

Windowsで気軽に録画したいという時におすすめするのが、Windows10に標準搭載されている録画(画面キャプチャ)機能です。

基本的にはゲームを録画する為についている機能ですが、ゲームに限らず簡単にブラウザ上の画面を録画する事が出来ます。

録画時間は最長で2時間までです。

録画したい動画を開き、F11を押し、全画面表示で再生させます。

Windowsボタン+Gを同時にクリックすると「ゲームバーを開きますか?」という表示が現れます。

windows 録画1

windows 録画

これにチェックを入れると、下のゲームバーが表示されます。

windows 録画

windows 録画

枠で囲った赤色ボタンをクリックすれば録画開始です。

※またはWindowsボタン+Alt+Rで録画を開始することもできます。

赤色ボタンの下にある録音マイクにチェックをつけると、外部の声(スピーカー以外のマイク)も拾って録音されます。

録画中はPCに触らずに待ちます。

録画された動画はビデオ>キャプチャに保存されます。
(保存先を変更したい場合は、設定画面から変更可能です。)

録画時間は最長で2時間までですが、録画時間を変更する場合は設定画面から変更可能です。

設定画面 → 一般の一番下にある、windowsの[設定]でその他の設定を変更しますをクリック。

ゲームDVRから変更が可能です。

Macで画面を録画をする方法

Mac(マック)にも、簡単に画面上の動画を撮る方法があります。

この機能を使ってWebセミナーを録画したり、パソコンにマイクが搭載されていれば、ご自身で解説動画を作成することもできます。

まずは、Macの標準のアプリであるQuickTime Playerをアプリケーションから起動させます。

アプリケーションからQuickTime Playerを開く方法

MacではQuickTime Playerは、「アプリケーション」フォルダにインストールされています。

QuickTime Player アプリケーション

QuickTime Player アプリケーション

「アプリケーション」フォルダは、Finder[移動]→[アプリケーション](command+shift+Aキー)から開くことができまます。

QuickTime Player

QuickTime Player

アップルメニューから開く場合は、commandキーを押しながら、アップルメニューの「最近使った項目」を開きます。

アプリケーションの項目が「”Adobe InDesign CS5.app”をFinderに表示」のように変化して表示されます。

QuickTime Playerが起動されているのかわかりにくいと思う人もいるようですが、パソコンの画面上の上の部分にメニューバーが出ていれば、アクティブになっていますので大丈夫です。

QuickTime Playerで録画する方法

メニューのファイルをクリックします。

QuickTime Player

QuickTime Player

「ファイル」 →「新規画面収録」を選びます。

QuickTime Player

QuickTime Player

画面収録が現れますので、PC画面全体を録画する場合は真ん中の赤丸「収録を開始」ボタンをクリックします。

もしPC画面の一部分を録画する場合は録画したい範囲をマウスで指定してから、赤ボタンをクリックします。

録画を止めたい場合は、ストップボタンを押すだけです。

録画した動画を保存したい場合は、また先ほどの「画面上のファイル」→「書き出す」で保存ができます。

「ファイル」→「共有」からは、直接YouTubeに投稿することも出来ます。

録画した動画を自分なりに編集したい時は、標準で入ってるアプリ「iMovie」でファイルを開けば色々編集が楽しめます。

iMovie

iMovie

録画した動画の一部分だけ使いたい場合は、QuickTime Playerのメニューバーから「編集」 →「トリム」で簡単に使いたい部分だけ切り取ることも出来ます。

マックの標準のアプリなので、是非活用してください。