ヤフーショッピングで無在庫転売は法律違反!?規約違反なのか!?

こんにちは。中川瞬(@shun01224)です。

中川
ヤフーショッピングで無在庫転売ができるかどうかについて知りたい
という方のために、ヤフーショッピングの規約について解説をします。

この記事を読むことで、

  1. ヤフーショッピングで無在庫転売をする際に注意したい規約がわかる
  2. 出品する際の禁止事項がわかる
  3. 規約違反をした場合のヤフーショッピングのペナルティを知ることができる
  4. 出品する際の注意点がわかる

この記事を書かせて頂いている私は、現在、輸出・輸入・国内の転売のノウハウをお伝えしています。

時間がない会社員の方や子育てをしている主婦の方に、指導や転売システムの提供をして、忙しくても副業で収入を得てもらっています。

それでは、ヤフーショッピングの無在庫転売に関連する規約について解説をしていきます。

無在庫転売は法律の違反なのか?

まず、無在庫転売が法律の違反なのかという点について解説をしていきます。

結論からいいますと、無在庫販売は法律違反ではありません。

店舗でも取り寄せ販売や予約販売があるように、無在庫販売は昔からある販売方法であり、最近では不要な在庫を生産せずに販売をすることができ多くの会社が取り入れるようになっています。

昔からオーダーメイドの商品の販売などでよく用いられ、車の販売でも試乗をしてから取り寄せるなど当たり前に行われています。

無在庫販売は法律の違反ではありませんので、問題なく実施することができます。

販売における免許が必要な商品

ヤフーショッピングを含んだ販売サイトで商品の販売をする上で、免許が必要な商品があります。

<中古品>
美術品や衣類、時計や宝石、自動車、道具類、書籍などの中古品を扱う場合は、古物商の許可が必要です。

中古品とは「すでに使用されたもの」「メンテナンスされたもの」のほか、「未使用でも一度消費者の手に渡ったもの」も中古品になります。
ただし、自分で使っていたものを売るだけであれば、免許は必要ありません。

<酒類>
通信販売酒類小売業免許が必要です。

<食品>
仕入れただけの食品の転売には必要ないことがほとんどですが、食品の種類や調理・加工によっては食品衛生上の許可が必要になることがあります。

これらの商品を扱う場合はヤフーショピング以外でも、免許や許可が必要なので注意をしましょう。

販売サイトでの違反

ヤフーショッピングを含んだ販売サイトでは、ブランド品の偽物や類似品をを販売をするといった行為は法律の違反になります。

不正コピーしたソフトやCD、DVDなどの販売も著作権侵害となり、罪に問われる可能性もあるので、そういった商品を取り扱わないようにしましょう。

無在庫転売は規約で禁止ではない

まずヤフーショッピングにおける無在庫転売の規約やガイドラインに基づいて、解説をしていきます。

無在庫転売は禁止ではない

ヤフーショッピングの規約のガイドラインを確認をすると、「商品の在庫が確保されていないにもかかわらず商品掲載を行う、見せかけ行為」を禁止しています。

無在庫・有在庫に問わず、商品の在庫を確保されていない見せかけ行為の販売はもちろん禁止です。

規約には無在庫販売や取り寄せ販売を禁止や制限についての内容はありません。

出店・出品には審査の通過が必要

ヤフーショッピングでは無在庫・有在庫に問わず、審査に通過しないと出店することができません。

審査についてはヤフーショッピングが定める審査基準、経営状況判断の基準を満たしていることが条件です。

ヤフーショッピング所定の審査基準については

・ストア決済サービスの加盟店審査
・受取口座の有効性確認
・取扱商品の確認

という内容があります。

経営状況判断基準については、

・指定収納会社
・第三者調査機関による与信審査

になります。

販売の注意点

<Amazonなどの通販サイトからの配送は禁止>
ヤフーショッピングでは注文を受けた商品を、Amazonやフリマアプリなどで購入してお客様に直接配送する行為を禁止しています。

規約違反になるので注意しましょう。

<ブランド品審査を受けずにブランド品の出品はできない>
ヤフーショッピングではブランド品を扱う際に審査があります。

審査を受けずにブランド品を出品するとペナルティを受ける可能性があるので、注意が必要です。

<福袋など内容を確認できない商品についての注意>
福袋のような商品の状態などが明確にわからない商品については、詳細な情報を記載しなければなりません。

商品点数や商品の種類、商品の価値の合計額など、わかりやすく商品説明に記載した方がよいでしょう。

<お客様から徴収してはいけない料金がある>
商品代金のほか、消費税、送料、運送業者が指定する梱包資材の費用、コンビニ決済・銀行振込決済(ペイジー)手数料、返品や交換にかかる送料や手数料等以外の料金を徴収することを禁止しています。

<他サイトのレビューを転載しない>
ヤフーショッピング以外の販売サイトで投稿された商品レビューをヤフーショッピングのサイトに記載してはいけません。

「同じ商品だからよいだろう」と安易に使用してしまうかもしれませんが、禁止しているので注意しましょう。

もちろん、購入者に自分にとって有利となるレビューや書き込みを依頼することも禁止です。

また、悪い評価だからといって正当な理由もなく削除するように要請することも禁止されています。

販売禁止商品

ヤフーショッピングで販売を禁止している商品がありますので、その中でも特に注意したい項目について紹介します。

<金券の販売>
金券を取り扱う場合には、在庫が手元にある状態で販売しなければなりません。

一般流通していないような金券や電子マネー、権利の移転ができない交通系ICカードなどは取り扱い禁止です。

また、Amazonギフト券も取り扱えません。
ギフト券、プリペイドカード、切手・はがき、貨幣・メダル、テレカ・プリペイドカードは出品可能です。

<健康食品・健康器具・化粧品・医薬品・医療機器の販売>
健康食品や健康器具、化粧品、医薬品、医療機器などのほか、人や動物の体に影響を与えるものに関しては、注意が必要です。

フーショッピングでは特別ルールによって、販売基準や記載方法に規定を設けていますので、確認をしておきましょう。

例えば、化粧品や整髪料、スキンケア商品については効果効能など決まった範囲を超えた表現などには注意が必要です。

<開運、魔よけなどの商品の販売>
開運や魔よけなどの効果を標榜する商品については、基本的に出品を禁止しています。

ただし、高額商品ではない、神秘的内容や商品説明、体験談などを記載しないなどの条件を満たせば、例外的に販売が認められる可能性があります。

<インナーや水着に関するルール>
インナーは補正用、ウェディング用、マタニティーウェア以外の使用済みインナーの取り扱いは一切禁止です。

水着や上記のインナーが使用済みの場合、クリーニング済みであることを明示することが必要となります。

人物が着用している画像の掲載も禁止です。

<希少野生動植物の個体は登録票が必要>
象牙、虎やヒョウの毛皮・剥製などは、種の保存法に基づいて発行された国際希少野生動植物種登録票がないと出品できません。

他にも出品が禁止されているものや、出品するには条件があるものなどがあります。

商品に関する規約もしっかり読んで違反をしないようにしましょう。

無在庫転売でアカウントは停止するのか?

ヤフーショッピングで無在庫転売という理由でアカウントが停止になることはありません。

通常に販売と同じようにお客様に迷惑をかけたりクレームになったりすれば、アカウントの停止などペナルティが科せられることがありますので注意しておきましょう。

ヤフーショッピングのペナルティについて、またペナルティを科せられないための対策について解説します。

規約違反と判断されたときのペナルティ

ヤフーショッピングのガイドラインではお客様に迷惑になる行為、トラブルの原因となる行為などを起こした場合、ペナルティを科せられることになります。

ヤフーショッピングでは常時、評価機能などにおいて出店者の運用状況をモニターしています。
一定期間内に平均2点以下の評価が複数確認されたりすると、チェックが入る可能性があるので注意が必要です。

ヤフーショッピング側が快適で適切な運用ではないと判断した場合、該当する商品の削除・非公開としたり、該当する内容の修正や削除、契約のすべて、もしくは一部を利用停止としたり、内容によっては即時解除することもあります。

次の点に注意しないとクレームになり、ペナルティの対象になる可能性がありますので注意をしましょう。

・納期の遅れにおけるクレーム
・誤った商品を送ってのクレーム
・受注した商品が破損してしまったクレーム

クレームやペナルティの対象にならないための対策

・商品情報は詳細に記載する

商品に関する情報は、詳細に嘘偽りのないように記載しましょう。
あやふやな内容だったり、傷や汚れがあるのにそれを記載していなかったりすると、トラブルの原因になります。

・配送する箱には注意
ヤフーショッピングでは、Amazonやフリマアプリで購入した商品を直送で、お客様にお届けをすることを禁止しています。

そのため、仕入れ先に箱のまま直送をすると、箱で規約違反が確定となります。

配送する箱は他サイトの名前が入った箱は使わない配慮が必要です。

・返品や交換、キャンセル特約についてはわかりやすく記載
ヤフーショッピングのガイドラインにも記載がある通り、返品や交換、キャンセルについては明記することが必要です。

その際には、ただ記載されているだけでなく、わかりやすいことが重要となります。

情報が少なかったり、わかりにくかったりするとトラブルの原因になってしまいます。

・お客様からの問い合わせには迅速に対応する
お客様から問い合わせなどがあった場合は、できるだけスピーディに対応してください。

長期間放置しておいたり、お客様に悪い印象を与えてしまうような対応をしたりすると、出品取り消し処分などの対象になる可能性があります。

ヤフーショッピングではお客様に迷惑がかかる対応をすると、利用停止や契約解除などといった処分を受ける可能性があります。
商品情報や納期を偽ったり、納品に相当な時間がかかったりしないようにしましょう。